M&Aマッチングサイトのおすすめ5選を比較【2022年版】

更新日:

    企業としてより多角的に成長していくためにはM&Aを検討してもよいでしょう。

    また、自社の事業を譲渡したいという企業にとってもM&Aは有力な選択肢の1つです。

    M&Aマッチングサイトはインターネット上で手軽にM&Aの相手先を探すことができるため、近年注目されています。

    本記事ではM&Aマッチングサイトとは何か、おすすめのサービスや利用する際のポイントなどを紹介しますので参考にしてください。

    M&Aマッチングサイトとは?

    M&Aマッチングサイト(事業継承サイト)とは、インターネット上でM&Aにおける売り手と買い手のマッチングを行うサービスのことを指します。

    後継者不足や事業の立て直しが必要といった課題を解消でき、働いている従業員の生活を守ることができるため、M&Aは決して後ろ向きな選択しではありません。

    M&Aマッチングサイトでは外部の適任者を紹介してくれたり、企業ごとM&Aを行なった方が良いかなど売り手企業の状況を適切に判断した上で適切な診断を行ってくれるサービスもあります。

    M&Aマッチングサイトを利用する流れとしては、以下の通りです。

    • 売り手または買い手がM&Aマッチングサイトに会員登録
    • 売り手側は売却案件の情報登録、買い手側は企業情報などの登録
    • 売却案件情報を閲覧した買い手側が売り手側にリクエストを送る(逆の場合もあり)
    • 相手側オファーに応じた時点でマッチングが成立

    おすすめM&Aマッチングサイト5選

    Batonz(バトンズ)

    特徴

    Batonzは、日本M&Aセンターグループである株式会社バトンズが提供しているM&A総合支援サービスです。

    M&Aの専門家による手厚いサポートを受けることができるだけでなく、全国対応が可能な支援専門家が多数登録しているため地方の企業でも無理なく利用することができるでしょう。

    最短1週間で成約に至ったケースもあり、短期間での成約事例が多いことが魅力的です。

    Batonzの料金は、売り手の場合は基本的に無料です。
    買い手の場合は、成約価額の2%の手数料が必要となり、最低報酬は25万円からとなっています。

    料金

    • 売り手側:無料
    • 買い手側:成約価格2%の手数料
    • 最低報酬:25万円〜

    ※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

    M&Aクラウド

    特徴

    株式会社M&Aクラウドが運営しているマッチングプラットフォームがM&Aクラウドです。

    仲介業者を通さず利用することができるため、1週間程度で面談まで進めることができたという事例が多く、スムーズな取引が実現できます。

    マッチング率は80%と高く、自社に最適な買い手が探しやすいサービスと言えるでしょう。

    料金

    • 売り手側:無料
    • 買い手側:要問い合わせ
    • 最低報酬:要問い合わせ

    ※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

    TRANBI(トランビ)

    特徴

    TRANBIは中小企業向けのマッチングプラットフォームで、使い勝手に優れたサービスとして評価されています。

    早ければ10日ほどでマッチング先が見つかる手軽さが魅力で、案件登録サポートなどオプション機能も豊富です。

    料金

    • 売り手側:無料
    • 買い手側:成約価格3%の手数料
    • 最低報酬:要問い合わせ

    ※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

    fundbook(ファンドブック)

    特徴

    fundbookはM&Aの仲介とアドバイザーとしてのサービスも提供しています。

    多くのサービスがプラットフォーム型かアドバイザリー型かのサービスで提供している中、ハイブリッド型として利便性の高いサービスを提供しており、安心のサポートを受けることができるため初めてM&Aマッチングサービスを利用する方にもおすすめです。

    料金

    • 基本合意時に報酬の10%、最終的な成約時に残り90%の支払い

    ※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

    ビズリーチ·サクシード

    特徴

    ビズリーチ·サクシードは審査制を採用しているM&Aプラットフォームです。

    審査を通過した案件だけが掲載されているため、質の良い優良案件とマッチングすることができます。

    売り手側の企業は3,000社以上、買い手側も7,000社登録しているため高いマッチング率となっています。

    利用企業にあったプランがさまざまに用意されているため、まずは相談してみると良いでしょう。

    料金

    • 売り手側:無料
    • 買い手側手数料:成約価格の2%〜
    • 最低報酬:150万円〜

    ※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

    M&Aマッチングサイト導入のメリット

    M&Aマッチングサイトを導入することで主に以下のメリットが得られます。

    自社で探すより選択肢が広がる

    有名なM&Aマッチングサイトには多くの企業が登録しています。

    自社だけで売却先やM&A先を探すとなると手間がかかるだけでなく、自社が持っている人脈の中でしか候補を探すことができません。

    M&Aマッチングサイトを利用すればさまざまな案件を業種などカテゴリーで絞って検索して最適な相手とマッチングできるためより良い条件の案件を探すことができますし、売り手側も自社にマッチした買い手を探しやすくなるというメリットがあります。

    中小企業や地方企業でも売り手を見つけることができる

    M&Aマッチングサイトは中小企業や地方企業の案件も多く取り扱っています。

    なかなか売却先が見つからないと悩んでいる企業でも、M&Aマッチングサイトに登録することで思わぬ買い手が見つかる場合もあります。

    買い手側も、自社の事業拡大に大きく貢献してくれる優れた案件と巡り会えることがあるでしょう。

    従業員の生活を守ることができる

    後継者がいない場合や売却先がすぐに見つからない場合、廃業しなくてはいけない可能性もあります。

    廃業になってしまった場合、従業員は再就職先を探さなければならず将来に対する不安は大きいでしょう。

    M&Aマッチングサイトを利用すれば、早いケースでは数日で面談まで進むことができ、事業譲渡先を短期間で決めることができます。

    事業譲渡先が決まっていれば従業員も安心して働き続けることができますし、退職するかの判断も早く決めることができるようになるというメリットが生まれます。

    M&Aマッチングサイトを選ぶ際のポイント·注意点

    M&Aマッチングサイトを導入する際は、以下のポイントに注意しながらサービスの比較検討を行いましょう。

    サービスのタイプを確認しておく

    M&Aマッチングサイトは大きく分けてマッチングに特化したタイプと、専門のアドバイザーの紹介、M&Aの仲介を行うタイプにわけられます。

    自社の目的やニーズを明確にした上で、どんなタイプのM&Aマッチングサイトが良いかを検討しましょう。

    売却案件や買取企業の登録数を確認

    売り手、買い手どちらにとっても登録している案件、企業数が多いほどより良い条件のものに巡り会える可能性が高まります。

    ですので、登録にあたってはどれくらいの登録数がされているサービスなのかを確認すると良いでしょう。

    ただし、登録数が多くても社会的に信用がない企業であったり、そもそもM&Aに本格的に取り組んでいない企業が多く登録されているようなサイトでは意味がありません。

    案件登録時に審査が行われているサイトであったり、これまでの実績が公表されているようなサイトを選ぶことが重要です。

    特徴を理解してM&Aマッチングサイトを使おう

    M&Aマッチングサイトについて、概要やおすすめのサービス、導入のメリットなどを紹介しました。

    M&Aマッチングサイトを利用すれば、自社だけでは見つけることができなかった優良な案件、買い手を見つけることができるため、今後M&Aや事業売買を考えている人にとっては選択肢の1つとなるでしょう。

    本記事で紹介したおすすめサービスや導入のポイントを参考にして自社にあったサービスを探してみてください。

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載