Logstorage(ログストレージ)の料金・評判について。ログを一元管理しよう

最終更新日 

みなさんの企業はシステム中の膨大なログをどのように管理していますか?膨大なログを管理するには手間もかかりますし、時間もかかってしまいます。そんなときに便利なのがログ監視・ログ管理ツールです。これらを使えば、日々適切なモニタリングと、情報漏洩防止が可能です。この記事ではログ監視・ログ管理ツールの1つである「Logstorage」についてご紹介します。

Logstorageの特徴・機能

充実した機能

1つ目の特徴が充実した機能です。統合ログ管理システムが備える機能が豊富で、ログの一元管理機能、ログの管理機能、ログの長期・圧縮管理機能・ログ形式の呼吸機能などさまざまなものがあります。このように充実した機能がありますので、機能がないと困ることはないでしょう。

検索機能

2つ目が検索機能です。検索機能を使えば、収集したログに対して検索を行うことができます。検索条件は、フリーキーワード、ログソース、アプリケーション、タグ、ファシリティなどさまざまな条件で検索を行えます。これによって検索で時間が取られることは少なくなるでしょう。

レポート作成機能

3つ目はレポート作成機能効果です。レポート機能は検索機能、集計機能、検知機能などさまざまなものがあります。ログをグラフにして可視化して、さまざまな角度から分析できるのです。ただグラフを制作するだけではなく、ニーズに合わせたグラフを作成できるので、より細かな分析ができます。

Logstorageのメリット

Logstorageのメリットは主に以下の2つです。

ログの管理が簡単になる
検索機能が充実している

1つ目の特徴がログの管理が簡単になります。ログの管理は手間もかかりますし、時間がかかるでしょう。しかしLogstorageを導入するとログの管理が簡単になるので、手間もかからなくなります。また、検索機能も充実していますので膨大なログの機能があったとしても目的のログを簡単に見つけられます。

Logstorageの注意点

Logstorageの注意点は使いこなし、使用方法の確定に時間がかかることです。カスタマイズ可能なのでその分使いやすくもできるのですが、使用方法を確定するまでに時間がかかる可能性があります。

Logstorageの価格・料金プラン

無料の試用版がありますので、お試ししたい方はまずそこから使ってみてください。料金の詳細についてはお問い合わせをしてみてください。

2021年9月時点

Logstorageの導入事例・評判

通常ならば3ヶ月で削除されてしまう利用ログも、Logstorageならば半永続的に集積してモニタリングできるため導入しました。事前に試用版で検証できたので、スムーズに導入ができました。
株式会社ウィルグループ

Logstorageは監査ログを保管するには最適なもので、他社製品との比較をしてもLogstorageの方が優れていたのでそちらを選択しました。ログイン失敗レポートの角に、アクセス検知などとても役に立っています。
日本ビジネスシステムズ株式会社

Logstorageの比較

サービス月額特徴
Watchdog0円からloT・アプリのデータをリアルタイムに自動通知
arGuss9,500円から復旧のオペレーションの自動化、24時間365日サーバーを監視
パトロールクラリス初年度:ライセンス料・年間使用料監視システムの運用費用・手間・時間を減らせる

WatchdogはloT・アプリのデータをリアルタイムに自動通知をする機能があり、アプリケーションの異常終了が起きても自動検知されます。見守り系のサービスで困っている企業におすすめです。arGussは9,500円から利用できるにもかかわらず、わかりやすい管理画面になっており、運用しやすいのが特徴です。パトロールクラリスは監視システムに関する費用や手間を減らせます。

Logstorageでログを一元管理しよう

Logstorageはなんといってもログで一元管理できることです。手間が減ったり、検査機機能はストレスの軽減にもつながります。ログの一元管理になれば、とても楽になりますので是非導入を検討してみてください。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  nanene0512@gmail.com

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載