FineReportの料金・評判・機能について。無料版もある?

最終更新日 

請求書や納品書などの帳票作成業務を効率化するために、ダッシュボードツールを活用する企業が増えてきました。
本記事では、簡単に操作できると評判のFineReportについて取り上げて、主な機能、特徴、料金プランなどをご紹介いたします。

FineReportとは

FineReportは、中国系企業の帆軟ソフトウェア株式会社が提供している帳票・BIダッシュボードツールです。
帳票の設計、管理・運用などに役立つ機能がいろいろと搭載されており、ドラッグ&ドロップだけで簡単に取り扱うことができます。
中国国内の企業をはじめ、日本やアメリカなど全世界15,000社以上で導入されています。

FineReportの類似サービス「GoodData」

サービス名

GoodData

月額費用

40,000円〜

初期費用

要問い合わせ

ユーザー数

無制限

無料お試し

あり

GoodDataは、米国に拠点を置くGoodData社が提供するBIツールで、国内では株式会社サムライズが販売代理店となっています。
データの収集から分析、ダッシュボード化までをGoodData1つでできることから、現在150万人のユーザーを抱え、15万社で利用されています。

FineReportの特徴・機能

ではFineReportにはどのような特徴や機能があるのでしょうか。
詳しく見ていきましょう

ドラッグ&ドロップで帳票作成

FineReportの特徴は、操作が簡単なことです。
ドラッグ&ドロップの操作だけで、さまざまな帳票の設計ができます。
プログラミング知識、Web開発の経験などは一切不要です。
わかりやすいインターフェースが用意されており、誰でも直感的に操作することができます。
Excelで作成したデータのインポートも簡単に行えます。

複雑なデザインの帳票も作成できる

さまざまなデザインに対応できる点も、FineReportの特徴です。
罫線、グラフ、バーコードの挿入することや位置の微調整なども行えます。

コラボレーション機能

FineReportには、コラボレーションが搭載されています。
この機能を活用すれば、複数の人たちと一緒に共同編集が可能です。
入力データは、リアルタイムで反映されるため、お互いにストレスなく作業を進めることができます。

マルチデータソース対応

FineReportは、マルチデータソースに対応しており、さまざまなデータベースの関連付けが可能です。
対応データベースは、NoSQLデータベース、ビッグデータなどがあります。
Excel、Xml、Textなどのデータもインポートできます。

FineReport導入のメリット

FineReportの強みは、一元管理が行えることです。
管理ポータルによって、帳票管理、ユーザー管理、権限管理などを一つに集約して、効率良く管理できます。
モバイルBIに対応していることも、FineReportの強みです。
iOS、Androidの両方に対応しており、スマートフォンでも、パソコンと同じ帳票の閲覧ができます。
さらに、他社のモバイルアプリ、Webサイトへの組み込みも可能です。

FineReportの価格・料金プラン

FineReportの価格や料金プランなどは、公表されていません。
詳細な料金については、要問い合わせです。
有料版のほかに、全機能が無料で試せるトライアル版も用意されています。
トライアル版は、公式サイト上にある「無料ダウンロード」ボタンから、お申し込み可能です。
2021年6月現在/詳細はFineReportの公式サイトを確認

FineReportの注意点

FineReportの注意点は、サポート言語が少ないことです。
現時点で対応している言語は、簡体字中国語、英語、日本語、繁体字中国語のみとなっています。
ただし、今後ほかの言語も追加される可能性は充分にあるため、基本的に注意すべき点はありませんのでおすすめです。

FineReportの導入事例・評判

現在調査中です。

類似サービスとの比較

FineReportと類似したサービスとしては、弥生株式会社が提供しているMisoca(ミソカ)があります。
Misocaの月額料金は、プラン15が800円、プラン100が3,000円、プラン1000が10,000円です。
そのほかに、月間請求書作成数が5通まで無料で利用できるプランもあります。
機能としては、請求書の一括作成、PDF発行・ダウンロード、売上レポート、チーム機能などを搭載しています。
見積書、納品書、請求書などのテンプレートが用意されており、効率良く帳票作成が行えるのです。

FineReportを導入して、帳票設計・管理業務の効率化を

FineReportは、プログラミング知識不要で帳票やダッシュボード設計が行える帳票・BIダッシュボードツールです。
公式サイトから無料トライアル版がダウンロードできますので、帳票作成や管理に最適なツールをお探しの方は、ぜひお試ししてみてはいかがでしょうか?

画像·データ出典:FineReport公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載