営業代行の契約書とは?記載する内容や作成時の注意点

更新日:
この製品は営業代行の製品です。

営業代行の製品をまとめて資料請求

営業代行に依頼することが決まり、本格的に仕事を任せる前には必ず契約書が必要となります。営業代行の契約書ではどのようなことが書かれているのでしょうか。

契約書を作成する流れや注意すべきポイントなども詳しく見ていきましょう。

おすすめの類似営業代行サービス

類似サービス: レタル

(4.5)

月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

レタルとは、株式会社Yui’sが運営している手紙マーケティングを活用した営業代行サービスです。 手紙を活用しているため、テレアポやDMなどの新規開拓営業と異なります。 具体的には、決裁者などの届けたい相手に直接届けることができ、開封率も高い点が特徴です。

   

高品質なリストを抽出

闇雲に手紙を出しても、コストがかかるばかりで思うような成果は得られません。 レタルでは、680万社という豊富なリストから、業界・従業員数・資本金といった情報でリストを精緻化しています。 また、公開情報に基づき、決済者情報を決定するため、品質の高いリスト作成が可能です。

高品質な手紙を作成

レタルで作成する手紙は、セールスライティングを活用しており、トップ営業マンのトークを複製するため、高い品質を実現することができます。 1枚の手紙で終わることなく、効果的なセールス文章で3枚〜4枚の手紙を作成し、潜在層〜顕在層にまでアプローチしてリードを獲得することが可能です。

手紙DXによる見込み顧客の可視化

アナログな手法である手紙は、効果測定が難しいのが大きな課題でした。 その点レタルでは、一社一社にパラメータを付与する「効果測定・追跡機能」によって、CVした顕在客はもちろん、CV前に離脱した潜在客を可視化して取りこぼしのない営業を可能としています。

この製品は営業代行の製品です。

営業代行の製品をまとめて資料請求

営業代行の契約書とは

業務委託契約

営業代行と一言で言いますが、実はいくつか契約の種類があります。企業の営業業務を代行する、通常の営業代行は業務委託契約です。自社の業務の一部を外部に依頼するパターンが当てはまります。

請負契約

仕事が終了し、報酬の支払いを約束する契約のスタイルが請負契約です。期待される売上がない場合は報酬の受け取りはありません。成果報酬型がこちらの契約のタイプです。

準委任契約

委託した業務を遂行する約束をするのが準委任契約です。成果を上げるということよりも、営業を代行する仕事そのものに報酬が支払われるという形です。営業代行では準委任契約での契約書のパターンが多いです。固定報酬型もこのタイプが多いでしょう。

営業代行の契約書に記載する内容

契約書にどんな内容が記載されているのかはあまり知らない人が多いのではないでしょうか。営業代行の場合はどのような契約書が交わされるのかを見ていきましょう。

営業代行の契約書に必ず記載されている内容は、
・タイトル
・契約の目的
・委託する業務の内容
・権利義務の帰属先
・委託業務の遂行方法
・報酬と支払時期(報酬の形態)
・諸経費
・損害賠償
・営業代行の実施報告
などです。法律で決められていることがないため、書かなくても契約はできるのですが、トラブルを回避するためにたくさんの項目を書く必要があるのです。

他にも双方で取り決めがある場合は契約書に盛り込みます。お互い合意の上で決定したことは契約書に書かれると考えましょう。

営業代行の契約書作成時の注意点

依頼する業務を明確にする

営業代行は直接成果に繋がるような業務だけではなく、市場調査・架電リスト作成・アポイントメント獲得なども依頼することができます。それは、その業務1つ1つに報酬がつくということです。

事前に依頼する内容を明確にしておくことで、営業代行の会社とのやり取りをスムーズに進めることができます。

経費の範囲を決めておく

営業活動には経費の発生がつきものです。それは営業代行も同じです。交通費や通信費などの経費は、報酬に含めるのか、依頼企業が実費を支払うのかという2パターンに分かれます。経費の扱いを営業代行会社と協議し、契約書に記載しましょう。

営業代行の契約書を交わす際の流れ

営業代行の契約書を交わすとき、どのような流れになるのかを見ていきましょう。

①委託する業務内容を明確にする
②報酬の支払いや振込期限を明確にする
③報告・連絡手段・相談について決定する
④秘密保持の有無の確認
⑤決定した内容を元に契約書を2枚作成、双方で保管
という流れです。

実際に契約書を書くための段階が長く、決定しなくてはならないことがたくさんあります。それだけ契約書がないと発生するようなトラブルが多いということなのです。

最終的には完成した契約書を2枚作成し、双方で保管します。お互いが保管しておくことで、トラブルの防止にも繋がります。

契約書は営業代行とのやり取りをスムーズに進めるための重要な要素

ただの口約束でも仕事をすることはできますが、契約書を交わしていなかったことで発生するトラブルがたくさんあります。契約書は、営業代行の仕事に限らず、スムーズに仕事や約束を進めるためにも重要な要素の1つなのです。

    その他の関連する記事

    これは 営業代行 の製品です。
    営業代行 の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【営業代行】

        類似サービス: UKABU

        (4.5)

                 
        月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ契約期間1年単位

        UKABUとは、株式会社UKABUが運営している、営業トーク支援ツールです。 手間のかかる電話/営業スクリプトの作成をワンクリックで実現し、営業準備にかける時間を削減することができます。 顧客との会話に合わせて柔軟にスクリプトの切り替えができるため、新人の営業マンでも落ち着いて商談を進めることが可能となり、営業の早期戦力化にも貢献します。

        商談準備にかける時間を短縮

        いざ商談を始める前、電話営業をする前、メールを送る前など、営業準備として顧客情報を調べてスクリプトを作成するのは時間がかかるものです。 UKABUには、顧客カルテの自動作成機能が搭載されており、「顧客名」「スクリプト種類」を入力するだけで、導入企業側で設定した顧客情報項目をWebから自動で収集してくれるため、顧客情報の収集にかける時間を大幅に効率化することができます。

        商談時の確認漏れを防止

        UKABUのヒアリングシート機能を利用することで、顧客情報と営業目的に合わせてヒアリングすべき項目を自動表示してくれるため、顧客との会話時における確認漏れを防止することができます。 また、話しながらも入力がしやすい選択肢を表示させることもできるため、会話に集中できなくなるということがありません。

        想定外の質問にも柔軟に対応できるようになる

        スクリプトを作成していても、顧客から想定外の質問がでることは珍しくありません。 FAQを簡単に検索できる機能が搭載されており、商品の機能についてや、専門性が求められる質問に対しても、会話中にFAQを調べて柔軟に対応することが可能となります。 商談中に顧客の疑問を残すことなく対応できることで、信頼性が向上するだけでなく、後日調べる工数が減ることで、業務負荷の軽減にもつながります。

        類似サービス: MAXIM

        (4.5)

        月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        MAXIMとは、株式会社Hパートナーが運営している営業代行サービスです。 大手情報通信サービスを提供する総合商社である光通信グループで、30年以上にわたり培った豊富な営業経験と実績をもとに、営業戦略と実行を支援、課題の解消を実現します。

               

        カスタムメイドの営業支援を実施

        MAXIMは、クライアント企業の要望・商材に合わせて専門コンサルタントが認定パートナー企業を選定、カスタムメイドの営業ソリューションを提案しています。 訪問営業や電話営業など、クライアント指定のリストに対してアプローチを行い、アポイント獲得を実現します。

        豊富な実績を活かしたノウハウ

        MAXIMには、30年以上の営業活動で培った経験や、実績、ノウハウがあります。 その幅広い知見を活かし、商材や業種、企業によって異なるマーケティング課題に対して、営業戦略の立案や新規顧客の開拓、営業リストの作成といった最適な提案を行います。

        類似サービス: Contact DM

        (4.5)

                 
        基本料金0円〜無料お試し要問い合わせ
        リスト費用0円送信単価25円〜

        Contact DMとは、エコノス株式会社が運営しているコンタクトフォーム問合せ代行サービスです。 企業のサイトに設置されているコンタクトフォーム(問合せフォーム)を活用したDM配信を代行してくれるため、自社で1件ずつフォームに入力する手間がかかりません。

               

        手入力配信のため、安心・安全

        プログラムやAIを活用して、自動でフォームへDMを送信するサービスでは、サイトに記載されている「営業お断り」といったNGワードを見落としてしまい、思わぬクレームにつながってしまうことがあります。 Contact DMでは、目視でNGワードの有無を確認し、送信可能なフォームにのみ送信してくれるため、クレーム発生率が非常に低く、安心して任せることができます。

        豊富な送り先を利用できる

        Contact DMは、100万件という豊富なDBを保有しており、その中から導入企業の商材にマッチした営業リストを用意してくれます。 営業リストは、「業種」と「地域」を掛け合わせるだけでなく、「テレワークを実施している企業」など、細かいセグメントで分けることが可能です。

        豊富な送り先を利用できる

        Contact DMは、100万件という豊富なDBを保有しており、その中から導入企業の商材にマッチした営業リストを用意してくれます。 営業リストは、「業種」と「地域」を掛け合わせるだけでなく、「テレワークを実施している企業」など、細かいセグメントで分けることが可能です。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載