アンケート調査を外注した際にかかる費用は?

更新日:
これは アンケート の製品です。

アンケート の製品をまとめて資料請求

「アンケート調査を外注したらどれくらい費用がかかるの、、」

「アンケート調査の選び方について知りたい、、」

本記事は、アンケート調査の費用について解説をします。
アンケート調査の外注を検討されていればぜひ参考にしてください。

おすすめの類似アンケートツール

コスパ抜群のセルフ型アンケートツール: freeasy

(4.5)

利用料金500円~無料お試しなし
初期費用0円導入会社3,000社以上

セルフ型のアンケートツール。業界最大規模の1300万人というモニターに対して、手軽にアンケートを行うことができ、500円からネットリサーチができる導入ハードルの低さが好評価を得ています。

ローコストでネットリサーチができる

Freeasyの魅力は、なんといっても手軽に利用できる導入コストの低さでしょう。 1問×1人×10円というわかりやすい料金体系で、最安500円から導入できる手軽さです。 初期費用や登録費用もかからないため、アンケートツールはコストがかかると思っている方には特におすすめできます。 本調査前のスクリーニング調査も可能なため、機能性にも優れています。

グラフカスタムでアウトプットが自由自在

Freeasyのアンケートは、単純に回答を集計するだけでなく、回収データをもとに、設問ごとにグラフカスタムすることが可能です。 グラフの形式や色、項目の並び順などを自由に編集して、PNG形式でダウンロードすることができるため、マーケティング資料として活用しやすいという利点があります。

直感的操作が可能

使いやすさも配慮されており、直感的に操作できるシンプルな設計になっています。 マルチデバイスへの対応はもちろん、外出先でも操作可能な使いやすさ、その一方で自由にカスタマイズできる汎用性の高さ、マトリクス設問やランダム表示といった詳細設定も可能など、利用者の知識やスキルに合わせた利用が可能です。

この製品はWEBアンケートの製品です。

WEBアンケートの製品をまとめて資料請求

アンケート調査を依頼できる主な外注先

アンケート調査の外注先についていくつか紹介をします。

リサーチ会社へ依頼する

リサーチ会社では、アンケートの質問作成から分析まで行ってもらえるという点が魅力です。

調査方法は、web調査・街頭調査・郵送調査などがあります。

作業工程が、多いため比較的費用はかかってしまいます。

クラウドソーシングで実施する

クラウドソーシングを使えば、費用を抑えることができます。
クラウドソーシングでは、簡単な作業であれば実行してもらえる可能性が高いです。

その代わり、サイトによって評価や報酬支払いのようなフローが発生するので手間がかかってしまう場合があります。

集計・分析代行会社へ依頼する

集計・分析代行会社は、アンケートを集める段階から業務委託ができます。

アンケートの設計・実施は、自社で行うため、全てを外注した場合よりも費用が抑えられます。

アンケートの外注にかかる費用

アンケートを外注する際にどの程度の費用がかかるのかを紹介します。

クラウドソーシングでかかる費用と相場

クラウドソーシングでは、タスク方式で1問あたり5円〜100円程度の費用が発生します。
回答者の規模や特徴を考慮して費用を見積もることが重要です。

リサーチ会社・代行会社へ依頼する際にかかる費用と相場

リサーチ会社のweb調査の費用相場は、数十万円〜数百万です。

料金の違いは、「調査方法」「設問数」「サンプル数」で主に変動します。
また予備調査やCMなどオプションが必要な機能もあります。

アンケート外注先の選び方

アンケート調査は、どのように選べばいいのでしょうか。
選ぶためのポイントを解説します。

外注先の得意・不得意を把握する

アンケート調査を外注するさいには、企業の得意分野を把握しておきましょう。

アンケート調査では、正確な結果を得ることが重要です。
外注先に得意分野や専門知識がある方がより効率的な質問設計や調査方法を実行してもらえます。

逆に、専門外の分野だと期待していた結果が出なかったという可能性があります。

コストパフォーマンスを計算する

外注先を選ぶさいには、コストパフォーマンスを計算しておく必要があります。

コストパフォーマンスを知っておくことで、その調査に意味があったのかや費用は適切かなどを知ることができます。

集計・分析まで依頼する

アンケート調査における、集計や分析やある程度ノウハウを知っておかないと何をやるべきか分からないという企業もあるかと思います。

そんなときは、集計・分析を外注したほうが良いです。
集計・分析をスポットで外注したりすることで求める結果を得やすいことがあります。

アンケート調査の外注について

アンケート調査の外注方法には、クラウドソーシング・リサーチ会社などがあります。

クラウドソーシングの場合は、1問あたり5円〜100円と比較的値段が安いです。
リサーチ会社の場合は、10万円以上は費用が発生します。

また、アンケート調査における集計・分析にスポットで外注する方法もあります。

方式は様々なので、費用対効果の高い方式を選ぶことが重要です。

    その他の関連する記事

    これは アンケート の製品です。
    アンケート の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【アンケート】

        コスパ抜群のセルフ型アンケートツール: freeasy

        (4.5)

        利用料金500円~無料お試しなし
        初期費用0円導入会社3,000社以上

        セルフ型のアンケートツール。業界最大規模の1300万人というモニターに対して、手軽にアンケートを行うことができ、500円からネットリサーチができる導入ハードルの低さが好評価を得ています。

        ローコストでネットリサーチができる

        Freeasyの魅力は、なんといっても手軽に利用できる導入コストの低さでしょう。 1問×1人×10円というわかりやすい料金体系で、最安500円から導入できる手軽さです。 初期費用や登録費用もかからないため、アンケートツールはコストがかかると思っている方には特におすすめできます。 本調査前のスクリーニング調査も可能なため、機能性にも優れています。

        グラフカスタムでアウトプットが自由自在

        Freeasyのアンケートは、単純に回答を集計するだけでなく、回収データをもとに、設問ごとにグラフカスタムすることが可能です。 グラフの形式や色、項目の並び順などを自由に編集して、PNG形式でダウンロードすることができるため、マーケティング資料として活用しやすいという利点があります。

        直感的操作が可能

        使いやすさも配慮されており、直感的に操作できるシンプルな設計になっています。 マルチデバイスへの対応はもちろん、外出先でも操作可能な使いやすさ、その一方で自由にカスタマイズできる汎用性の高さ、マトリクス設問やランダム表示といった詳細設定も可能など、利用者の知識やスキルに合わせた利用が可能です。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載