ウェビナーでアンケートを行う方法やメリットは?

更新日:
これは アンケート の製品です。

アンケート の製品をまとめて資料請求

ウェビナーを成功に導くためにはアンケートを活用することが重要です。アンケートを実施するタイミングや内容をしっかりと設計してからウェビナーを開催することでウェビナーの質をさらに高めることができます。

今回はウェビナーでアンケートを行う方法やメリットについて解説します。これからウェビナーの開催を考えている方はぜひ参考にしてください。

おすすめの類似アンケートツール

コスパ抜群のセルフ型アンケートツール: freeasy

(4.5)

利用料金500円~無料お試しなし
初期費用0円導入会社3,000社以上

セルフ型のアンケートツール。業界最大規模の1300万人というモニターに対して、手軽にアンケートを行うことができ、500円からネットリサーチができる導入ハードルの低さが好評価を得ています。

ローコストでネットリサーチができる

Freeasyの魅力は、なんといっても手軽に利用できる導入コストの低さでしょう。 1問×1人×10円というわかりやすい料金体系で、最安500円から導入できる手軽さです。 初期費用や登録費用もかからないため、アンケートツールはコストがかかると思っている方には特におすすめできます。 本調査前のスクリーニング調査も可能なため、機能性にも優れています。

グラフカスタムでアウトプットが自由自在

Freeasyのアンケートは、単純に回答を集計するだけでなく、回収データをもとに、設問ごとにグラフカスタムすることが可能です。 グラフの形式や色、項目の並び順などを自由に編集して、PNG形式でダウンロードすることができるため、マーケティング資料として活用しやすいという利点があります。

直感的操作が可能

使いやすさも配慮されており、直感的に操作できるシンプルな設計になっています。 マルチデバイスへの対応はもちろん、外出先でも操作可能な使いやすさ、その一方で自由にカスタマイズできる汎用性の高さ、マトリクス設問やランダム表示といった詳細設定も可能など、利用者の知識やスキルに合わせた利用が可能です。

この製品はWEBアンケートの製品です。

WEBアンケートの製品をまとめて資料請求

ウェビナーでアンケートを行う方法

ウェビナーでアンケートを行う場合、以下の通り2種類の方法があります。

・ウェビナーツールを使用する
・外部ツールを使用する

それぞれメリットとデメリットがありますので詳しく解説します。

ウェビナーツールを使ったアンケート

まず、ウェビナーツールにはアンケート機能が存在することをご存じでしょうか?

ウェビナーツールのアンケート機能を活用することで、ウェビナー終了後アンケート画面が自動で表示され回答を促すことができます。また、回答の集計機能も備わっているため、集計結果をすぐに確認することが最大の特徴です。しかし、デメリットもあるため、しっかりと理解しておきましょう。

メリット

・ウェビナーからアンケートの回収までが1つのツールで完結できる
・ウェビナーツールの操作に慣れていればスムーズにアンケート機能を利用できる

デメリット

・ツールによりアンケート機能の制限がある
・アンケート機能の利用に追加費用がかかる可能性がある

外部ツールを使ったアンケート

外部ツールを使ってアンケートを実施する場合、ウェビナーツールでセミナーを開催した後に事前に作成したアンケートを配布する流れとなります。セミナー参加者を別のツールへ誘導する必要があるため、事前にセミナー後にアンケートを実施する旨を通知しておく必要があります。

外部ツールを使ったアンケートのメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット

・回答形式の種類が豊富で分析機能も備わっている
・条件に応じて質問内容を変えることで高度なアンケートが可能になる

デメリット

・ウェビナーツールから参加者を誘導する必要がある
・導入に費用がかかる可能性がある

ウェビナーでアンケートを行うメリット

ウェビナーでアンケートを行うことで得られるメリットは主に以下の4つです。

・事前情報を収集することができる
・ウェビナーの満足度を高めることができる
・顧客のニーズを把握することができる
・収集した情報をもとにPDCAサイクルを回せる

ウェビナーにおけるアンケートは必ずしもセミナーの後だけとは限りません。事前にアンケートを実施することで参加者の事前情報を集めることができ、セミナーの内容を改善することができます。

また、セミナー後に回収したアンケートからは顧客のニーズを把握するために重要な情報を知ることができ、データを分析することができるでしょう。

ウェビナーのアンケート回収率を上げる方法

ウェビナーのアンケート回収率を上げるためにはいくつかのポイントを抑えておく必要があります。ここではアンケート回収率を上げる方法について詳しく解説します。

質問を最小限に絞る

まず、アンケートで答えてもらう質問を最小限に絞り込むことが回収率を上げるためには効果的です。質問数が多いことでたくさんのデータを得ることができますが、回答率は下がってしまいます。多数のデータを回収した場合の方がより精度が高い分析をすることができるため、必要な質問に絞り込みアンケートを実施しましょう。

インセンティブをつける

自社サービスの利用券や各種ポイントなどをインセンティブにつけることで回収率は一気に高まります。アンケート調査を行うにあたって予算があるため、事前に慎重な検討をした上でインセンティブをつけましょう。

ウェビナーでのアンケート質問例

ウェビナーでアンケートを導入する際に、どのような質問をした方が良いかわからない方も多いのではないでしょうか?質問を最小限に絞り込むことがアンケートの回収率を上げるために重要なため、以下の質問例を参考にしてください。

・Q.今回のウェビナーは満足されましたか?その理由も教えてください。
・Q.ウェビナーで実施して欲しいテーマは何ですか?
・Q.今後も当社のウェビナーに参加したいと思いますか?

アンケートを導入することでウェビナーの質が高まる

アンケートは顧客やウェビナー参加者の気持ちを把握するために重要な役割を果たします。

アンケートを導入することはメリットがある一方でデメリットもあるため、それぞれ理解した上で導入しましょう。効果的に活用することでウェビナーを成功へと導き、今後の改善も図ることができます。

ウェビナーにアンケートを導入していない方は、ぜひ本記事で解説した内容を参考にしてください。

    その他の関連する記事

    これは アンケート の製品です。
    アンケート の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【アンケート】

        コスパ抜群のセルフ型アンケートツール: freeasy

        (4.5)

        利用料金500円~無料お試しなし
        初期費用0円導入会社3,000社以上

        セルフ型のアンケートツール。業界最大規模の1300万人というモニターに対して、手軽にアンケートを行うことができ、500円からネットリサーチができる導入ハードルの低さが好評価を得ています。

        ローコストでネットリサーチができる

        Freeasyの魅力は、なんといっても手軽に利用できる導入コストの低さでしょう。 1問×1人×10円というわかりやすい料金体系で、最安500円から導入できる手軽さです。 初期費用や登録費用もかからないため、アンケートツールはコストがかかると思っている方には特におすすめできます。 本調査前のスクリーニング調査も可能なため、機能性にも優れています。

        グラフカスタムでアウトプットが自由自在

        Freeasyのアンケートは、単純に回答を集計するだけでなく、回収データをもとに、設問ごとにグラフカスタムすることが可能です。 グラフの形式や色、項目の並び順などを自由に編集して、PNG形式でダウンロードすることができるため、マーケティング資料として活用しやすいという利点があります。

        直感的操作が可能

        使いやすさも配慮されており、直感的に操作できるシンプルな設計になっています。 マルチデバイスへの対応はもちろん、外出先でも操作可能な使いやすさ、その一方で自由にカスタマイズできる汎用性の高さ、マトリクス設問やランダム表示といった詳細設定も可能など、利用者の知識やスキルに合わせた利用が可能です。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載