甲賀米粉たい焼きのフランチャイズは儲かる?開業資金や評判・年収は?

更新日:

甲賀米粉たい焼きのフランチャイズは儲かる?収益モデルや市場性について

甲賀米粉たい焼きとは?甲賀米粉たい焼きのビジネス概要

甲賀米粉たい焼きは、一般的な小麦粉の代わりに米粉を使用して作られるたい焼きのフランチャイズです。米粉を使うことで、健康や食物アレルギーに配慮する現代の消費者ニーズに応えられ、特にグルテンフリーを求める人々に適しています。

米粉の使用は、従来のたい焼きに比べて独特な風味と食感が出るため、幅広い顧客層からの注目を集めています。

甲賀米粉たい焼きフランチャイズの収益モデル・年収例

甲賀米粉たい焼きフランチャイズは、利益率25%を超える高収益ビジネスモデルの1つです。公式ページによると、営業利益は年間650万円に達する例もあり、初期投資の回収期間は約1年3ヶ月とされています。

ただし、詳しい情報は公開されておらず一般的なたい焼き店の収益モデルを挙げると以下のようなものがあります。

  • 売上(月間):300万円
  • 目安運営費合計:240万円(内訳)
  • 食材費:90万円
  • 人件費:80万円
  • 家賃:30万円
  • 水光熱費:15万円
  • ロイヤリティ:15万円
  • その他販管費:10万円
  • 目安営業利益(年間):720万円

この情報は、一般的なたい焼き店の収益構造に基づいた仮の数値によるものです。実際の運営費用や売上は、立地条件、店舗の規模、運営の効率性などによって大きく異なります。

甲賀米粉たい焼きの市場性

健康意識の高まりと食物アレルギーへの配慮が社会的に増加している中、甲賀米粉たい焼きのグルテンフリーのたい焼きは、特に注目を集めています。グルテンフリー食品市場の拡大に伴い、甲賀米粉たい焼きのような独自性の高い製品は、今後も成長が期待される市場で需要を拡大させるものといえるでしょう

甲賀米粉たい焼きフランチャイズは将来性が豊かなビジネスチャンスと考えられます。

甲賀米粉たい焼きのフランチャイズの開業資金や初期費用は?

甲賀米粉たい焼きフランチャイズの開業資金・初期費用

甲賀米粉たい焼きフランチャイズを開始するためには、加盟金に加えて、店舗タイプに応じた初期費用が必要です。これらの費用には、店舗の立地や規模、内装のデザインなどに応じた変動があり得ますが、基本的には路面店が最も高く、キッチンカーが最も低コストでの開始が可能です。

以下、初期費用の一例を紹介します。

路面店

  • 加盟金:100万円
  • テナント契約初期費用:50万円
  • 内装工事費:140万円
  • 厨房設備費:150万円
  • 費品/その他:10万円
  • 広告宣伝費(初月分):30万円
  • レジ・システム関連:10万円
  • 保証金:50万円

商業施設

  • 加盟金:100万円
  • テナント契約初期費用:30万円
  • 内装工事費:70万円
  • 厨房設備費:150万円
  • 費品/その他:10万円
  • 広告宣伝費(初月分):10万円
  • レジ・システム関連:10万円
  • 保証金:50万円

キッチンカー

  • 加盟金:100万円
  • テナント契約初期費用(車両代含む):20万円
  • 内装工事費:0円
  • 厨房設備費:20万円
  • 費品/その他:10万円
  • 広告宣伝費(初月分):0円
  • レジ・システム関連:10万円
  • 保証金:50万円

甲賀米粉たい焼きのフランチャイズの研修やサポート体制は?

充実した研修と実践教育

甲賀米粉たい焼きフランチャイズでは、加盟者が事業の核心を深く理解し、成功に必要な技術を習得できるように、綿密に設計された研修プログラムを提供しています。このプログラムは、たい焼きの製造方法から店舗の日常管理まで、幅広い内容を学ぶことができます。

本部での実技研修に加えて、研修動画を使った自学習も可能です。さらに、開業直前には、本部スタッフによる実店舗でのオン・ジョブ・トレーニング(OJT)が実施され、加盟者は実際の店舗運営に必要なスキルを身に付けることができます。

開業後の継続的サポート

開業後の加盟者に対するサポートも、甲賀米粉たい焼きフランチャイズの強みの一つです。本部からは、売上を伸ばすためのマーケティング戦略や、効果的な集客方法のアドバイスが提供されます。

また、勉強会や親睦会などのイベントを通じて、オーナー同士の交流が促され、成功事例の共有や課題解決に向けたアイデア交換が可能です。これらのサポートは、加盟店が市場で競争力を持ち、持続可能な成長を遂げるための強力な支援となります。

甲賀米粉たい焼きのフランチャイズの評判やオーナーの声

オーナー①の体験談

50代で保険業界を退職後、甲賀米粉たい焼きフランチャイズに挑戦し、2023年4月に高松で店舗を開業したオーナーは、このビジネスを通じて社会貢献ができる点に魅力を感じ、加盟を決意しました。開業以来、店舗は地域での人気が高く、年に一店舗のペースで拡大を目指しています。

研修プログラムの充実ぶりにより、未経験からでも安心してビジネスをスタートでき、オープン時には日に300人を超える客足で賑わうなど、成功の実感を得ることが可能です。

オーナー②の視点

健康志向とグルテンフリーのニーズに応える甲賀米粉たい焼きは、独自の市場を築き、多くの顧客から支持されています。フランチャイズ本部からの継続的な研修とサポートが、加盟者からの信頼を集めており、オーナー間での交流もビジネスの成功の鍵の1つです。

実際に、多くのオーナーが未経験から事業を立ち上げ、成功を収めている事例があり、甲賀米粉たい焼きフランチャイズのポテンシャルの高さと、個々のオーナーへの細やかなサポートが成功の鍵となっていることが伺えます。

甲賀米粉たい焼きのフランチャイズの失敗談や廃業率は?

甲賀米粉たい焼きのフランチャイズの廃業率については調査中です。

      その他の関連する記事

        広告

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載