Workfusionの料金·評判·機能について。どんな機能がある?

最終更新日 

企業においては多くの人材を使って毎日のように行っている定型業務があるのではないでしょうか。そのようなルーティーンになりがちな業務をAIとロボットの技術を使うことで自動化することができるRPAツールが注目されています。

今回はそんなRPAツールの中から高度な機能で業務の効率化が可能なWorkfusionというサービスをご紹介させていただきます。

Workfusionとは

Workfusionとは米国発のセルフサービスRPAツールです。専門的なプログラミングの知識が不要でRPAツールを導入することも可能で、世界中で多くの企業から導入されています。ホワイトカラーが行う事務作業に多くの人材と時間を割いているという企業にはおすすめなツールです。

Workfusionの機能·特徴

自動化に必要な機能を全て搭載

Workfusionでは業務プロセスを自動化するための機能をオールインワンに搭載しています。AIによる認識技術を用いて自動化できるプロセスを検知します。プロセス単位で業務の最小化が可能になるので効率化できないと思っていた業務が自動化によって簡単に時間と手間を省略することができるのです。ルーティーンワークは従業員のモチベーション低下だけでなく、集中力低下から人為的ミスを引き起こしかねませんが、ロボットにより自動化することで確実な業務遂行が可能になります。

ロボットが自動で学習してくれる

従来のRPAと違い、Workfusionは人からのオペレーションやデータ入力により、トレーニングが不要で業務プロセスを自動化することができます。RPAには入力データが変わる度に改めてロボットを作成しなければいけないというものもありますがWorkfusionであればこの心配はいらないので、一度作成したロボットを使い続けることで、まるで自社の社員のように業務をどんどん覚えて効率化してくれるのです。

既存システムを活かして導入可能

Workfusionは既に使っているシステムに変更を加えることなくロボットを導入することができます。小規模でも大規模でも気軽にRPAツールを導入することができるというのは大きなメリットです。セキュリティ面でも強固なセキュリティ基準のツールを使用しているので安全なデータ管理が実現できます。

Workfusionの料金·価格

Workfusionの料金は公式サイトに明記されていないので問い合わせが必要です。

2020年8月現在/詳細は公式サイトを確認

Workfusionの強み

Workfusionの強みは自動化に必要な機能がオールインワンに搭載されている点にあります。自動化が可能なプロセスを検知ツールを利用することで発見できるので今まで自動化はできないと思っていた業務プロセスを効率化したり、人の目では気づかなかった業務プロセスを自動化してBotの運用により効率化が図れるというのは大きな強みと言えます。

利用企業からの評判·口コミ

有害メディアの分析に活用

“有害メディアの分析と処理のためにインテリジェントオートメーションを活用しています。Workfusionは100人のコンプライアンスアナリストに相当する力を持っていると考えています。導入後は不利なメディア検索カバレッジが50%も増加して非常に満足しています。ニュース記事分析の精度も高まりました。”(Scotiabank様)

類似サービスとの比較

Workfusionとの類似サービスとしてはAutomation AnywhereやBizRobo!などが挙げられます。これらのサービスを料金面や機能面で比較すると以下の通りです。

サービス名料金(月額)初期費用お試し利用特徴
Workfusion要問い合わせ要問い合わせなし·自動化に必要な機能をオールインワン

·ロボットによる自動学習

Automation Anywhere要問い合わせ要問い合わせ無料トライアルあり·500種類以上のBotを利用可能

·AIによる自動化可能プロセスの検知

BizRobo!·BizRobo!Basic/要問い合わせ

·BizRobo!mini/要問い合わせ

·BizRobo!Lite/年間基本利用料金120万円

·BizRobo!DX Cloud/クラウド利用料金年間240万円

·BizRobo!Basic/要問い合わせ

·BizRobo!mini/要問い合わせ

·BizRobo!Lite/20万円

·BizRobo!DX Cloud/20万円

無料トライアルあり·1つライセンスで複数ロボットが稼働可能

·万全のサポート体制

 

料金面の比較としては明確な料金が判明しているのがBizRobo!のみになるので難しいですが、RPAツールは導入費用が高額になるサービスが多い中でもBizRobo!miniであれば試験的な価格で導入が可能です。機能面の比較としては1つのライセンスで複数のロボットを稼働させることが可能なBizRobo!が具体的な料金もわかっている上に国産ツールなので安心してサポートを受けることができます。

Workfusionで業務時間の短縮を

今回はRPAツールのWorkfusionをご紹介させていただきました。RPAツールは昨今非常に注目されており、働き方改革に伴う1人あたりの業務時間短縮を実現してくれるツールとして期待できます。専門的なプログラミングの知識が必要というイメージがありますが、直感的操作で導入できるものも多いので、ぜひ積極的に比較検討してみてください。

画像·データ出典:Workfusion公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部