acmailer(エーシーメーラー)の料金·評判·機能について。無料で利用できる?

最終更新日 

メルマガ配信は販売促進やリピーターの維持、重要なお知らせの案内など、業種を問わず幅広いニーズがあります。
定期的かつ大量に配信される面倒なメルマガ運営をスムーズに行うためのサービスを利用する企業が増えてきました。
その1つであるacmailer(エーシーメーラー)について、特徴や強み、料金プランなどの観点から分析していきます。

acmailerとは

acmailerは無料でも使えるメール配信CGIです。
インストールが必要なPC版ソフトや、事業者のサーバーを間借りするASPではなく、企業が使用しているサーバーに設置するCGIタイプです。
そのため、利用料などもかからず、独自運営で自由自在に使えます。
一方でメルマガの作成や配信設定、顧客管理などの機能が付いているため、メルマガ配信ノウハウがない企業でも便利に役立てることができます。

acmailerの特徴·機能

acmailerの特徴や機能を見ていきましょう。

簡単に使える

自社サーバーで運用ができ、クリック1つでCGIを簡単にインストールすることができます。

独自配信ができる

サーバーにCGIをインストールした後は、WEBサイトを通じて独自に思い通りのメール配信ができます。
ASP事業者のサーバーをユーザーで共有する方法とは異なり、送信数や登録アドレス数も無制限、既存の顧客管理システムとの連動も自在にできるのも便利です。

メルマガ配信に必要な機能を完備

独自配信はできますが、メルマガの作成や配信をバックアップする機能が充実しているので、配信ノウハウがない方でもさまざまなスタイルの配信ができます。
PC用メールアドレス向けに表現力の高いHTMLメールに対応するほか、モバイル向けのデコメールも作成できます。
フォーム付き空メール登録機能も搭載されているので、モバイルから簡単に会員登録を促すことや新規顧客獲得にも役立てることが可能です。
登録されたユーザー属性を元に配信するターゲットを絞り込むことや個別の名入れなどもできます。
予約配信やテスト配信ができるのも便利です。
メルマガ登録や解除のテンプレートも付いているので安心です。

acmailerの強み

acmailerはメールアドレスの一括CSV登録や一括削除、重複やエラーチェックができるので、業務の手間が省けます。
配信にあたって、管理者が内容を確認して承認しないと配信できない機能も付いており、内容ミスによりお詫びメールを送るなど、ミス配信の未然防止に役立ちます。
いつ 誰に、どのようなメルマガを送ったかが詳細に履歴として記録されるのをはじめ、履歴を元に公開バックナンバーを自動生成できるのも便利です。
メール送信スピードを自由に設定することができ、サーバーに負担をかけないスロー配信をはじめ、確実に届くようコントロールできます。
宛先不明となった不着メールをリストでピックアップできるので、不着メールを排除することで、サーバー負担を低減できるのも強みです。

acmailerの価格·料金プラン

acmailerのフリーライセンス版は無料です。
ただし、著作権表示の解除を希望する場合は、CGIライセンスを16,000円(税別)で購入することが必要です。
独自運用のように見せたい場合にはCGIライセンスの購入が必要となります。

2020年9月現在/詳細は公式サイトを確認

acmailerの注意点

acmailerはあらゆる機能を無料で使うことができますが、フリーライセンスで利用する場合は著作権表示が前提となります。
著作権表示を排除したい場合には、CGIライセンスを購入する必要があるので注意しましょう。

acmailerの導入事例·利用企業からの評判

メルマガ配信がスムーズになりました

“自社で運営するブランドの会員向けのメルマガ配信に利用しています。サーバーへのインストールも簡単にでき、既存会員にメルマガの登録を促す際も、フォームなどが用意されているのでスムーズです。最近はモバイルユーザーが増えており、店舗で配布した案内からアクセスしてもらい、空メールを通じて新規会員の登録も増やすことができました。サポートを受けなくても利用できているので、誰もが簡単に使いこなせるサービスだと感じています。”(某アパレルショップ様)

類似サービスとの比較

類似サービスであるまがシステムは買い取り形式で、自社サーバーでメルマガを独自運営できます。
配信数などの制限もないので、自社のサーバーの処理能力まで自在に利用できます。
CRONが自由に使用できるサーバーであれば、メルマガの予約配信や誕生日メールなども配信可能です。無料のRemailCGIを使用することで、空メールを受信して購読開始することもできます。
CSVファイルをアップロードによるメルマガを配信にも対応しており、全員に同じメルマガを一括送信するだけでなく、注文内容や予約日など様々なデータを差し込んで、1人ずつ異なる文面のメールも配信可能です。
まがシステムの標準ライセンス料は8,900円、バージョンアップライセンスは追加で4,450円、各ページやメール最下部の弊社著作権の表示を変更する場合には著作権表示変更使用料として追加で3,000円がかかります。
acmailerは予約配信や空メール機能が標準搭載されており、基本は無料で利用できるのです。ライセンスを購入する際も、まがシステムの合計額より若干安く抑えられます。

acmailerでメルマガのスムーズな配信実現を

acmailerは自社サーバーにCGIを設置することで、メルマガをスムーズに独自配信できるようになるサービスです。
メルマガの作成サポート、空メールや配信登録、解除フォームなどが搭載され、管理者の承認権限や履歴の記録、不着メール排除機能なども付いています。
配信速度もコントロールできるので、自社のサーバー容量に応じて使えます。
無料ライセンスでも利用できるので低コストです。

画像·データ出典:acmailer公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者  STRATE編集部