オレンジメールの料金·評判·機能について。無料で6ヶ月も使える?

最終更新日 

クラウド型メルマガ配信システムは、もはや企業だけでなく多くの自治体や個人事業主にとって欠かせない販促手段となりました。
そんな中、サービス開始から約10年で総ユーザー5万人以上を獲得するオレンジメールは、圧倒的に高い支持を得ている定番サービスと言えます。
果たしてどのような特徴や強みがあり、機能が評価されているのでしょうか。
料金プランの観点からも分析します。

オレンジメールとは

株式会社オレンジスピリッツが提供するオレンジメールは、クラウド型メルマガ配信システムの老舗であり代表格です。
サービス開始から約10年、利用者数5万人以上を獲得する評判の高いシステムです。

オレンジメールの特徴·機能

オレンジメールはシンプルでわかりやすい操作感が一番の特徴です。
はじめてメール配信を販促に取り入れる際のスターターシステムとしても、長年使い込んだ販促の主力システムとしても活用できる機能があります。

マニュアルいらずの簡単操作

配信者のマイページが非常にシンプルで、メイン項目はメールやフォーム、ログインといった5つのメニューのみです。
下層ページにはもちろん基本設定やリスト設定などがありますが、利用者を選ばないシンプルさは簡単な操作感につながっています。
メルマガ本文を作成しようとした場合、わずか5ステップで完了できるため手間がかかりません。
はじめて見ても理解しやすく、直観で操作しやすいストレスフリーな使用感が何より高い評価につながっています。

明朗会計

無料プランは半年間、100メールアドレスまですべての機能を利用して配信が可能です。
有料プランは1日あたりの配信回数が100回までとなっており、課金制ではなくメール数の制限がありません。
どれくらい送るとコスト高になるかなどユーザー側で面倒な計算が必要なく、はじめて導入する企業や店舗でも運営が簡単なのがメリットです。
そもそも低価格ですが、半年や1年単位などで一括払いを行うとディスカウントされるサービスもあります。
最大15%も割り引かれるため、明朗会計なうえに非常にリーズナブルです。

充実したメールマーケティング機能

簡単シンプルながら、効果測定によるとメルマガの到達率が高いことが特徴に挙げられています。
これは定期的にきめ細やかなメンテナンスを行っていることも理由ですし、ステップメールやターゲティング配信などメールマーケティング機能が充実していることも影響しているのです。
優秀なクリック解析機能があり、集客や販売強化に高い効果をもたらすことができます。

オレンジメールの強み

前述した通りクリック解析機能の優秀さなども挙げられますが、そもそもオレンジメールを開発した株式会社オレンジスピリッツは、マーケティング専門システム会社です。
2007年6月の創業から一貫して売上や集客につながる理想的なシステム開発にこだわっており、その結果が実直に現れていると言えます。
ですので、1時間に250万通の高速配信を可能とする数百の分散型配信を実現したり、最新技術のIPウォームアップで高い到達率を実現したりできる点が強みです。
実際にマーケティング機能の高さからオレンジメールに乗り換える企業も少なくありません。

オレンジメールの価格·料金プラン

オレンジメールはビジネス版には3つのプランが用意されています。いずれも初期費用は12,800円です。

プラン2000は月額2,480円、プラン5000は月額3,980円、プラン10000は月額7,980円の定額制です。
無料プランは半年間で、有料プランでも30日の無料体験があるので、合わない場合は1円もかけずに解約が可能です。
また、エンタープライズ版は初期費用、月額料金共に30,000円~になります。

2020年10月現在/詳細は公式サイトを確認

オレンジメールの注意点

オレンジメールでは到達率向上対策としてメール受信不可能な読者を自動的に配信停止します。
その状態を放置して届かないメールを送信し続けると、悪質なメルマガ配信者に認定され配信停止処理となりますので注意が必要です。

オレンジメールの導入事例·評判

難しいを簡単に

“セミナー開催時、以前はブログやSNSのみで告知をしていましたが、5人集めるのにも労力が必要でした。オレンジメールを使い始めてからは告知1回で30人〜50人の集客が楽にできるようになり、ブログ学校のメルマガステップメールでは3年で600人の生徒増となりました。”(株式会社ファンファーレ様)

見込み客の集客も顧客管理も

“コンサルティング業務になくてはならない配信システムですが、自動的にステップメールが配信される仕組みや無料ダウンロードへのお礼メール機能は、ネットビジネスには必須のツールです。事業拡大にともないメルマガの複数管理やリスト管理などが煩雑になりますが、オレンジメールだけで解決することができています。ほかのシステムを利用している仲間はメールの到達率に悩んでいるようですが、そのようなトラブルは経験がありません。”(ライズアップ株式会社)

類似サービスとの比較

オレンジメールの比較にはエキスパートメールが挙げられます。
機能面においては空メール機能を利用する場合、エキスパートメールがオプション料金となるのに対し、オレンジメールは追加費用の発生はありません。
また、バックナンバーメルマガの自動SEO、メルマガ配信時のTwitter自動つぶやき、アメブロサイドバー読者登録フォーム、Facebook連携などの機能がエキスパートメールにはありません。
各種メールの作成数は、オレンジメールがすべて無制限なのに対し、エキスパートメールは20個~50個の制限があります。
配信速度もオレンジメールが1時間あたり3,000通のところ、エキスパートメールは2,000通です。

オレンジメールで固定ファンの獲得を

オレンジメールは、はじめてメルマガを送る場合やシステム操作に不安がある場合に、簡単に直観で使える手軽さがあります。
低価格の定額制で明朗会計でありながら、メルマガの高い到達率を実現する理想的なシステムと言えるでしょう。
ネットビジネスにおいて、ユーザーのほとんどがスマートフォン利用の現代ではソーシャルメディアの活用が欠かせません。
名だたるプラットフォームとの連携も強いオレンジメールなら、人手が少なくても十分な販促活動が行えることでファンの獲得と売上アップを実現できるでしょう。

画像·データ出典:オレンジメール公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者  STRATE編集部