ASHIATO(アシアト)の料金·評判·機能について。1人につき30,000円で利用できる?

最終更新日 

少子高齢化や新型コロナウイルスの猛威による景気下降などにより、企業に求められるのはより確度の高い採用活動となっています。

今回紹介するASHIATO(アシアト)は、特徴があることから注目されているサービスです。

機能面や特徴、料金などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

ASHIATOとは

ASHIATOとはエン·ジャパン株式会社が運営しているリファレンスチェックサービスです。

主に中途採用において、入社候補の人材が前職でどんな働きぶりだったのか、得意なこと、不得意なこと、人間性を第三者からのヒアリングによって明らかにすることで、入社後のミスマッチを減らすことができるため、近年採用市場においては注目されています。

リリース三ヶ月で100社以上から導入されており、確かな導入効果が期待できるサービスと言えます。

ASHIATOの機能·特徴

面接ではわからない人となりがわかる

リファレンスチェックは通常の面接ではわからない候補者のそれまでの働きぶりや、周りとの協調性を知ることができます。

従来のリファレンスチェックは、候補者の弱みや欠点を探すネガティブチェックの側面が強いものでしたが、ASHIATOは15万社の採用支援を行ってきたノウハウをもとに作成されたアンケートを行うことでポジティブチェックを実現し、採用後のミスマッチを埋めることを可能とします。

スピーディーなヒアリングとレポート回収が可能

ASHIATOによるヒアリングは候補者1名あたり5分程度でヒアリングを行うことが可能です。

レポートの回収も平均で3営業日ほどで可能なので、選考フローのスピードを落とすことなく利用することができます。

また、導入企業の選考フローに合わせたカスタマイズも可能なため重要な運用を実現します。

人事担当者がアナログに行っていた部分をオンラインで完結できるようになるため、工数削減にもつながり業務効率化が進みます。

面接官のサポートも可能

ASHIATOによって作成されたレポートは、ヒアリング結果をもとに面接官向けのアドバイスも自動で作成することができます。

リファレンスチェックを元に候補者に聞くべき質問例、候補者がどんな傾向を持つ人物なのか、どんな点を確認しておくべきかがレポートとして作成されるので、より効果的な面接を行うことができるようになります。

ASHIATOの料金·価格

ASHIATOには2つの料金プランがあります。

  • チケットプラン:初期導入費200,000円/利用費30,000円(一人につき)
  • 定額課金プラン:初期導入費200,000円/利用費要問い合わせ

月によって採用人数が変わるような場合はチケットプランがおすすめです。

2021年6月現在/詳細は公式サイトを確認

無料トライアルについて

ASHIATOでは、無料トライアルについて明記がないため、問い合わせが必要となります。

ASHIATO導入のメリット

人事担当者の負担を減らして効果的な面接ができる

従来のリファレンスチェックは、人事担当者が候補者の関係者にアポイントを取り、質問事項を考えてメールや電話でヒアリングを行うといった工程が発生していました。

候補者の人数が増えるほどに人事担当者の負担も増えていましたが、ASHIATOを導入すれば担当者がやるべきことは候補者情報の登録と候補者への事前連絡のみとなります。

ASHIATO側が最適なヒアリング内容を考えてアンケートを行ってくれるため、手間をかけずに効果性の高いリファレンスチェックができるようになるのです。

ASHIATOの導入事例·評判

入社後のミスマッチが減りました

“面接だけでは候補者の素の状態がわからず、周りの人が働きやすさを感じることができるのかがわからないためASHIATOを導入しました。マイナスな評価があってもそこを次の面接で掘り下げることができるため自社にマッチするかがわかりやすくなりました。選考段階とのミスマッチもなく入社後に活躍してもらっています。”(株式会社ライナフ様)

年間144時間かかっていた作業を効率化

“ASHIATOはリファレンスチェックというより、その人がどんな人なのかを理解して入社後の育成マネジメントに活かすようにしています。年間144時間かかっていたヒアリング作業が大幅に削減できたことは大きなメリットだと感じています。候補者に誤解がないように細かい部分まで事前に説明して配慮することで候補者の方にもポジティブに捉えてもらい、回答率も高いですね。”(弁護士ドットコム株式会社様)

類似サービスとの比較

ASHIATOの類似サービスとしてはMiKiWaMeやback checkなどが挙げられます。

MiKiWaMeはSNSチェックによって候補者の人となりをチェックすることができるサービスとして注目されています。

採用リスクの高い人材をSNS、Webチェックによって未然にトラブルを防ぐことができます。

料金は初期費用0円、1件につき20,000円からとなっています。

back checkはリファレンスチェックサービスとして、豊富な実績があり採用活動における多くの課題を解消することができます。

候補者の同意を得たポジティブチェックができ、入社後のミスマッチも減らすことが可能です。

料金は非公開となっており問い合わせが必要となります。

採用管理システムについてはこちらの記事でも紹介しています。

ASHIATOでリファレンスチェックの効率化を

ASHIATOについてご紹介させていただきました。

  • 人事担当者の負担を軽減
  • 入社後のミスマッチを減らす
  • スピーディーなヒアリング

上記の点から、面接だけでは知らないその人の特性を知ることができ、業務負担を軽減することができるサービスであることがわかります。

本記事を読まれて気になった方は、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像·データ出典:ASHIATO公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載