ファクタリングについてよくある疑問

更新日:

本記事では、ファクタリングについてQ&A方式で解説しております。

ファクタリングについてよくある疑問

質問

Q.ファクタリングの種類とは?


回答

A.
【買取型ファクタリング】
買取型ファクタリングは、企業が持つ未回収の売掛債権(請求書)を、ファクタリング会社に売却することにより現金化する方法です。

売掛債権は商品やサービスの提供後に発行される請求書に基づいて顧客が支払いを行うまでの期間において、企業にとっては資金が繰り延べられた状態となります。この期間を短縮し、資金調達の手段として活用することができるのが特徴です。

【保証型ファクタリング】
保証型ファクタリングは、貸し倒れによるリスクを回避することを目的としたファクタリングの一種です。売掛債権の回収をファクタリング会社が保証することで、企業が債権回収リスクを回避できる仕組みです。確実に売掛債権を現金化することができるのが特徴です。


質問

Q.2社間ファクタリングの仕組みは?


回答

A.
2社間ファクタリングは、利用者とファクタリング会社の2社間で契約するファクタリングの方式でスムーズに売掛債権の現金化を進めることができます。2社間で取引が完結するため、取引先等にファクタリングの利用を知られることがなく、信用を失うことを避けることができるのも特徴の1つです。


質問

Q.3社間ファクタリングの仕組みは?


回答

A.
3社間ファクタリングは利用者とファクタリング会社、取引先の3社間で行われるファクタリング取引のことです。また、売掛金は取引先からファクタリング会社へ直接入金されます。また、3社間ファクタリングは2社間ファクタリングよりも手数料を安く抑えられる特徴があります。

ただし、取引先に資金繰りに苦しんでいるといった印象を与えてしまう可能性があることを理解しておきましょう。


質問

Q.ファクタリング利用時の注意点は?


回答

A.
【手数料の高さ】
資金繰りに困っている現状を改善することができる一方で手数料が高いファクタリングサービスもあるため注意が必要です。利用する前に手数料を複数社確認して、比較する必要があります。

【契約内容の確認】
ファクタリング契約を結ぶ前に、契約内容をよく確認する必要があります。ファクタリング会社の手数料、支払い条件、回収責任などの詳細を理解し、自社の事業計画と照らし合わせて契約することが重要です。

【ファクタリング会社の倒産リスク】
ファクタリング会社が倒産した場合、保証型ファクタリングを利用していた企業が保証を受けることができなくなる可能性があります。そのため、ファクタリング会社の信用力や財務状況も確認しておきましょう。

【不良債権は対象外】
支払い期日が過ぎている債権は不良債権として扱われ、ファクタリングの利用ができないケースが多いです。期日が迫っている債権などは過ぎてしまうと現金化ができない可能性が高まるため、依頼の判断は早めに行いましょう。


質問

Q.ファクタリングサービスのメリットは?


回答

A.
【売掛債権を即時現金化することができる】
ファクタリング最大のメリットは売掛債権を即時現金化できることです。金融機関から融資を受ける場合には審査の結果を待つ時間があるため、急な出費に対応することができません。ファクタリング会社によっては、申し込みの当日に現金化することができるため、急な出費がある場合にも対応することができます。

【売掛金の未回収を避けられる】
ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に売却するため、取引先からの支払いが不可能となってしまう万が一の事態に備えることができます。取引先がもし倒産してしまった場合にもファクタリング会社に対しての返済責任は負いません。

【会社の財務状態に影響がない】
ファクタリングの利用は売掛債権を現金に変える手法なため、貸借対照表において借入金に分別されません。負債の項目が増えないため、会社の財務状態に影響がなく決算前の会社にとってはメリットが大きいです。


質問

Q.ファクタリングサービスのデメリットは?


回答

A.
【手数料が高い】
ファクタリング会社へ売掛債権を売却をする際に、一定割合の手数料を支払う必要があります。

ファクタリングの手数料相場は2社間ファクタリングで10%〜20%程度、3社間ファクタリングでは1%〜9%とされています。2社間ファクタリングは即時現金化できる一方で手数料が高いので注意が必要です。

【資金調達が十分ではない可能性がある】
ファクタリングの利用には手数料が発生することは説明しましたが、そのため予定していた金額の資金調達ができない可能性があります。ファクタリングを利用すると売掛金より少ない金額しか回収できないことをあらかじめ理解してから利用しましょう。

【悪質なファクタリング会社を利用してしまう】
ファクタリング事業には現在法令による規制がありません。そのため、ファクタリング会社を装った悪徳な会社も存在します。ファクタリングを依頼する会社の実績や評判などを事前に確認することでリスクを軽減することができるため、良い条件を提示されたとしてもリサーチすることを忘れずに行いましょう。


質問

Q.ファクタリングサービスの失敗しない選び方は?


回答

A.
【複数の会社に審査を申し込む】
ファクタリング会社に支払う手数料は審査後に正式に確定します。ファクタリングを利用する際は資金繰りに困っている場合が多いので、長い時間をかけてファクタリング会社を選ぶ余裕はありません。そのため、複数社に審査を申し込み見積もりをもらうことをおすすめします。

【手数料を事前に確認する】
各ファクタリング会社には手数料の上限と下限が決められていることが多く、その手数料はホームページに記載されています。手数料を事前に確認することで契約後に想像以上に手数料が取られてしまうことが防げるほか、悪徳業者ではないか判別することができます。


質問

Q.トラブル回避のためにやるべきことは?


回答

A.
ファクタリングサービスの利用においてトラブルを回避するためには「手数料」と「現金化までのスケジュール」を事前に調べておきましょう。これにより取引先への支払い期日や従業員への給与支払いに遅れることがなくなり、調達した資金が足りないという事態も避けられます。


質問

Q.ファクタリングと手形割引の違いは?


回答

A.
【現金化の対象】
ファクタリングは売掛金の現金化、手形割引は約束手形(受取手形)の現金化です。

手形の発行には銀行の審査が必要で、さらに2回不渡りになると銀行との取り引きが難しくなるため、未回収リスクが低いといった特徴があります。

一方の売掛金は期日を過ぎても不渡りにならないので、手形よりも回収リスクが高いといえるでしょう。

【賃金業法の適用範囲】
賃金業法では金利の上限が20%と定められています。

ファクタリングは賃金業法は適用外なので手数料の上限がありませんが、適用される手形割引の手数料は20%が上限です。

【償還請求権の有無】
償還請求権とは、債権が回収不能になった場合に売却した利用者から請求できる権利のことです。

手形割引には償還請求権があるため、手形を発行した取引先から回収できなければ利用者が弁済する必要があります。

一方でファクタリングは償還請求権がないものが多く、売掛金が回収できなくても利用者は負担する必要がありません。

【現金化までのスピード】
書類提出や銀行内での手続きが必要な手形割引は、現金化までの時間がかかります。

ファクタリングは現金化までのスピードが早く、最短なら即日に入金されるでしょう。

【審査の内容】
ファクタリングは売掛金の信用力を重視しており、比較的に審査が簡単です。

一方で銀行の手形割引は融資にあたるため、利用する会社の取引情報や財務状況を審査するため、基準が厳しい傾向があります。

ただし、手形割引専門業者を利用する場合、手形を発行する側の信用力を重視するので、銀行での手形割引より審査は簡単です。

【手数料と金利】
ファクタリングの手数料は3社間で「1~10%」、2社間なら「10〜20%」です。

手形割引の金利は銀行なら「1%~5%」、手形割引専門業者で「5~20%」が目安になります。


質問

Q.ファクタリングと手形割引はどちらがお得?


回答

A.
銀行の手形割引は「1%~5%」の金利で資金調達ができるため、ファクタリングより受け取れる金額が高いです。

もっともお得なのは銀行での手形割引といえるでしょう。

一方で手形割引は融資にあたるため、自社の取引情報や財務状況に問題があれば審査に通らない可能性があります。

金利や手数料は高くなるものの、手形割引専門業者やファクタリングのほうが審査は通りやすいでしょう。

自社や取引先・売掛先の状況を考慮したうえで、どちらで資金調達をすべきか決めることが重要です。


質問

Q.ファクタリングを使用するべきケースは?


回答

A.
【すぐに現金化したい】
ファクタリングは現金化までのスピードが早いため、すぐに資金が必要なときにおすすめです。

売掛先を通さない2社間ファクタリングなら、即日で現金化ができるケースもあります。

【回収リスクを避けたい】
ファクタリングは償還請求権がないため、売掛先が倒産しても責任を負う必要がありません。

償還請求権がある手形割引と違い、未回収リスクがないのがメリットです。

【融資審査に通るか不安がある】
ファクタリングは手形割引と比較して、審査に通りやすいといった特徴があります。

自社の取引情報や財務状況に問題があっても、売掛先の信用力が高ければ現金化が可能です。


質問

Q.手形割引を使用するべきケースは?


回答

A.
【手数料・金利を抑えたい】
銀行の手形割引の金利は1~5%と低いので、受け取れる金額が多い傾向があります。

手数料や金利を抑えたいなら、銀行での手形割引がおすすめです。

【悪徳業者に騙されたくない】
銀行の手形割引なら安心して利用できるでしょう。

ファクタリング業者や手形割引事業者の中には悪徳業者が存在するので、注意してください。


質問

Q.売掛債権を現金化する買取型ファクタリングとは?


回答

A.
売掛債権を現金化する買取型ファクタリングは、企業が持つ未回収の売掛債権(請求書)を、ファクタリング会社に売却することにより現金化する方法です。

売掛債権は商品やサービスの提供後に発行される請求書に基づいて顧客が支払いを行うまでの期間において、企業にとっては資金が繰り延べられた状態となります。この期間を短縮し、資金調達の手段として活用することができるのが買取型ファクタリングの特徴です。

ただし、債券の一定割合をファクタリング会社へ現金で先に支払い、顧客からの支払いがあった場合には、残りの債権額から手数料を差し引いた金額が企業に支払われます。


質問

Q.買取型ファクタリングの注意点は?


回答

A.
【手数料の高さ】
買取型ファクタリングは、資金繰りの改善のために役立つサービスですが、手数料が高いため注意が必要です。利用する前に手数料を複数社確認して、比較する必要があります。

【契約内容の確認】
ファクタリング契約を結ぶ前に、契約内容をよく確認する必要があります。ファクタリング会社の手数料、支払い条件、回収責任などの詳細を理解し、自社の事業計画と照らし合わせて契約することが重要です。

【信用リスクの取り扱い】
ファクタリング会社が売掛債権を買い取った後、顧客からの回収を行います。しかし、顧客が支払わない場合、ファクタリング会社に買い取られた債権の回収責任は企業に戻ります。そのため、ファクタリング会社との契約前に、顧客の信用力を確認し、信用リスクの取り扱いについて話し合いましょう。


質問

Q.貸し倒れ回避ができる保証型ファクタリングとは?


回答

A.
保証型ファクタリングは、貸し倒れ回避を目的としたファクタリングの一種で、ファクタリング会社が売掛債権の回収を保証することで、企業が債権回収リスクを回避できる仕組みです。

通常の買取型ファクタリングでは、売掛債権を買い取ったファクタリング会社が、債務者からの回収を担当するため、企業は債権回収リスクを回避できます。しかし、売掛債権の債務者が財務状況が悪化し、回収が困難になる場合があります。この場合、企業はファクタリング会社に買い取られた債権の回収リスクを負うことになります。

一方、保証型ファクタリングでは、ファクタリング会社が売掛債権の回収を保証するため、企業が債権回収リスクを回避できます。


質問

Q.保証型ファクタリングの注意点は?


回答

A.
【ファクタリング会社の倒産リスク】
ファクタリング会社が倒産した場合、保証型ファクタリングを利用していた企業が保証を受けることができなくなる可能性があります。そのため、ファクタリング会社の信用力や財務状況も確認しておきましょう。

【債務者の財務状況】
保証型ファクタリングを利用するためには、ファクタリング会社が債務者の財務状況を事前に審査します。しかし、財務状況が急激に悪化するなどの変化があった場合には、回収が困難になる可能性があります。そのため、企業側でも債務者の財務状況を正確に把握しておきましょう。

    その他の関連する記事

    これは ファクタリング の製品です。
    ファクタリング の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【ファクタリング】

        中小企業の資金サポートの強い味方: ビートレーディング

        (4.5)

        月額料金要問い合わせ手数料(2社間ファクタリング)6%~15%
        初期費用要問い合わせ手数料(3社間ファクタリング)2%~5%

        ビートレディングは累計買取債権額約688億円、累計利用社数26,000社を誇る老舗ファクタリング会社です。月間契約数は約400件にのぼり、多くの中小企業の資金調達をサポートしています。

        最短5時間で資金調達が可能

        ファクタリングを利用する企業の多くは、銀行融資がなかなかおりなかったり、売掛先からの入金がスムーズに行われていないなどの状況から、なるべく早く資金を調達したいと思っています。 ビートレーディングでは、スピード重視の資金調達を実現しており、受付時間内に必要書類が揃っていれば、迅速に対応してくれます。また申込みから入金まですべてオンラインで完結させることもでき、最短5時間で資金調達が可能です。 審査に必要な書類は、「ビートレーディング社規定の申込書」、「通帳のコピー」、「成因証書(請求書や注文書など)」の3点という手軽さで、審査結果は平均30分以内に伝えられるため、無駄な待ち時間もかかりません。 遠方の方のために、出張契約や郵送契約も提供しています。

        低手数料で買取金額無制限

        ビートレーディングは、類似サービスよりも高い金額での売掛金買取を実現しており、手数料も2%からと低水準で利用することができます。 買取金額の下限上限は設けていないため、過去には10万円〜7億円という買取実績があります。 初めてファクタリングサービスを利用する方でも懇切丁寧なサポートを受けることができるため、希望金額に関わらず、まずは相談してみると良いでしょう。

        顧客ニーズに合わせたサービスを提供

        多くのファクタリングサービスでは、2社間·3社間契約が多いですが、ビートレーディングでは、それ以外に診療報酬や介護報酬、Beトレペイメント、注文書ファクタリングといった6種類のファクタリングサービスを提供しています。 これらのファクタリングサービスを利用企業の状況をヒアリングした上で適正な紹介をしてくれるため、安心して利用することができます。 また、東京·仙台·大阪·福岡に店舗があり、対面で相談することが可能なため、類似サービスより身近なファクタリングサービスとしてサポートを受けることが可能です。

        経営サポートも可能なファクタリングサービス: 日本中小企業金融サポート機構

        (4.5)

        月額料金要問い合わせ無料お試しなし
        初期費用要問い合わせファクタリング利用手数料1.5%〜10%

        ファクタリング会社の中では珍しい「非営利団体」としてファクタリングサービスを提供しているため、手数料は1.5%~と低手数料で個人事業主から中小企業まで利用しやすいサービスとなっています。

        様々な補助金が申請できる

        一般社団法人日本中小企業金融サポート機構は、関東財務局長及び関東経済産業局長が認定する経営革新等支援機関に認定されています。 そのため、認定支援機関であることが条件となる様々な補助金の申請が可能となります。 営利目的のファクタリングサービスでなく、非営利団体だからこそできる顧客に寄り添ったサービスの提供が実現できます。

        最短即日で振り込みが可能

        日本中小企業金融サポート機構のファクタリングは、印紙代や郵送代が一切発生しないため、無駄を削ぎ落とした迅速な資金調達が可能になります。 融資サービスを利用するより短期間で資金が調達できることで、経営の安定化を図ることが可能となるだけでなく、第三者の保証人や不動産担保が不要なため、企業規模を問わず利用しやすいサービスとなっています。

        低手数料で利用できる

        一般的なファクタリングサービスは、手数料が2%〜30%かかるケースが多く、せっかく資金調達ができても利用するサービスによっては手数料が大幅にかかってしまい、利益が減ってしまうことも。 日本中小企業金融サポート機構では、手数料1.5%〜10%と業界最低水準の手数料で利用できます。 初めてファクタリングを利用するという方でも、経験豊富なスタッフによる懇切丁寧なサポートがあるため、安心して利用することが可能です。 審査結果が出た後にファクタリングを辞退することもできるため、検討段階から気軽に相談することができるサービスでしょう。

        類似サービス: アクセルファクター

        (4.5)

        手数料2%〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短入金期間即日

        「アクセルファクター」は、審査突破率93%で、即日入金が魅力のファクタリングサービスです。 書類さえ揃えれば、「原則即日入金」、「特急料金なし」、「所定手数料のみ」という手厚さを強みとし、スピード対応を求めるユーザーにとって非常に使いやすいサービスとして評価されています。

        圧倒的なスピード

        半数以上の依頼に対し、即日振込を行える仕組みを構築しており、200万円までであれば、最短3時間での入金が可能です。 資料が足りない・用意できないケースにおいては、代替書類の案内を行ってくれる上に、書類提出に時間がかかりそうな場合は、メールやFAXでも対応してくれます。

        柔軟な審査

        個人もしくは親族経営の場合、本来作成すべき書類が作成されていないことも少なくありません。 「アクセルファクター」は、しっかりと調査した上で、最適な提案をしてくれるため、クライアントの目線に立った手厚いサービスを提供しています。

        赤字・税金滞納中・業歴に問わず利用できる

        ファクタリングは、売掛金を活用した資金調達方法であることは上でも述べた通りです。 よって、売掛先の信用力が重要視されます。

        類似サービス: エスコム

        (4.5)

        手数料7.4%〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ審査通過率90%以上

        株式会社エスコムは、請求書の即日資金化を可能とするファクタリング会社です。 急な資金が必要となった場合でも、短期間で売掛金を現金化できることで、資金調達を可能とすることができます。

        選べるファクタリング形式

        エスコムでは「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」ファクタリング形式を選ぶことができます。 2社間ファクタリングのメリットは、ファクタリング会社以外に取引の事実が知られることがないため、売掛先に対して経営状況を知られることがありません。

        セキュリティに優れている

        エスコムでは電子契約(オンライン契約)によって迅速な資金調達を可能とすることができます。 電子契約サービスとして高いシェア率を誇る「クラウドサイン」と連携しており、SSL/TLSによる通信の暗号化や保存ファイルの暗号化、自動バックアップなどによって万全のセキュリティ対策を実現しています。

        類似サービス: 株式会社No.1のファクタリングサービス

        (4.5)

        月額料金0円無料お試し要問い合わせ
        初期費用0円最短導入期間即日〜

        株式会社No.1のファクタリングサービスとは、請求書の即日高額買取が可能なだけでなく、業界でも最安の買取手数料が魅力的なファクタリングサービスとなっています。 審査にかかる時間は最短30分のため、急な出費で資金が必要になったという方にもおすすめです。

        業界最低水準の手数料で利用できる

        株式会社No.1のファクタリングサービスは、業界でも最低水準の手数料で利用することができます。 買取手数料は、1%〜15%となっており、初期費用やサービス登録料などの手数料以外の費用が発生することはありません。 買取可能な金額は10万円〜5,000万円と幅広く、5,000万以上の場合も対応可能な場合があるので、まずは問い合わせてみると良いでしょう。

        最短30分で振込が可能

        ファクタリングサービスを利用したいが、スピード感を持って契約できるか不安という方にこそ、株式会社No.1のファクタリングサービスはおすすめです。 審査通過率は90%と高く、最短30分で振込が可能なため、急な出費が必要になったという場合でも、短時間での現金化が期待できます。 また、2回目からの利用では、更にスピード審査・スピード契約が可能となっているため、継続利用においてもメリットがあります。

        オンライン契約で全国に対応

        株式会社No.1のファクタリングサービスは、Web会議サービスや電子契約サービスと連携しているため、オンラインで申し込みから審査、契約を完結することができます。 対面での契約が不要となるため、全国対応が可能となります。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載