フリーストレッチングのフランチャイズは儲かる?開業資金や評判・年収は?

更新日:

フリーストレッチングのフランチャイズは儲かる?収益モデルや市場性について

フリーストレッチングとは?フリーストレッチングのビジネス概要

フリーストレッチングでは、ストレッチ施術・骨盤矯正を主軸としたボディケアなどを行っています。さまざまな技術を学び、店舗・無店舗・出張とニーズに合わせた内容で安定した売上が見込まれます。FC本部との加盟店の間で最低限の取り決めはありますが、それ以外の部分は加盟店で独自のフリーストレッチングを作り上げることが可能です。未経験かつ1人で月額100万円以上の売上実績もあります。

フリーストレッチングフランチャイズの収益モデル・年収例

フリーストレッチングのフランチャイズの収益モデルは以下の通りです。

客単価を6,000円とした場合

①店舗型(ベッド数×1)
1日3人での施術で30日稼働 1×3×30×6,000=540,000円

②店舗型(ベッド数×2)
1日3人での施術で30日稼働 2×3×30×6,000=1,080,000円

③店舗型(ベッド数×3)
1日3人での施術で30日稼働 3×3×30×6,000=1,620,000円

  • 直低店舗実績(7坪)
  • 平均客単価 5,400円
  • ベッド数2台×1日4.8人の施術×27日稼働
  • 売上:3×22.8×27×5,400円=1,399,680円
  • 経費:850,000円
  • 利益:549,680円

フリーストレッチングの市場性

近年、健康への関心は若い世代にも広がっており、ジョギングやジム、ヨガなどを習慣としている人も多いです。ストレッチは、プロスポーツ選手などをケアするスポーツトレーナーという位置づけが確立され、認知を深めてきている中、2012年にはマッサージなどを含むボディケア市場規模は1,000億円市場まで拡大しています。しかし、ストレッチ専門店に関しては、まだ一般的な認知度は低く、これからどんどん広まっていくだろうと考えられます。老若男女・年齢や性別を問わず、幅広い層に支持される事業です。

フリーストレッチングのフランチャイズの開業資金や初期費用は?

フリーストレッチングフランチャイズの開業資金・初期費用

フリーストレッチングのフランチャイズの開業資金・初期費用は以下の通りです。

  • 加盟金:880,000円
  • 研修費:380,000円

同加盟店から2人以上研修を受ける場合、2人目以降は追加ごとに50,000円の研修費が別途加算されます。

フリーストレッチングのフランチャイズの研修やサポート体制は?

フリーストレッチングのフランチャイズでは以下のような研修やサポート体制が用意されています。

加盟前のサポート

現地調査から集客方法、店舗の内装・外装、備品など、多岐にわたってアドバイスをもらえます。

フォローアップ研修

開業後、毎月ZOOM会議(インターネットTV)で集客やマーケティングの勉強会があります。また、年に3回、技術研修や収益集客状況など、加盟店の抱える問題点などを本部アドバイザーが一緒に解決してくれます。

開業後のサポート

先輩オーナーによる定期的な研修が行われ、最新のノウハウを提供してもらえます。

フリーストレッチングのフランチャイズの評判やオーナーの声

本部のサポートのおかげで安心して動けた

単身で急に開業したのですが、本部がついていることで安心して動くことができました。開業当初は土地柄、繁忙期と閑散期の差が激しく、毎月の売上を平均化するのに時間がかかってしまいました。現在は多くのお客様からご紹介もいただき、閑散期でも売上がまとまるようになってきました。とても面倒見がいい本部で助かっています。

フリーストレッチングのフランチャイズの失敗談や廃業率は?

フリーストレッチングのフランチャイズの廃業率については調査中です。

      その他の関連する記事

        広告

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載