さかい珈琲のフランチャイズは儲かる?開業資金や評判・年収は?

更新日:

さかい珈琲のフランチャイズは儲かる?収益モデルや市場性について

さかい珈琲とは?さかい珈琲のビジネス概要

さかい珈琲は、高齢化社会に適した長期安定型事業を展開しています。主に郊外で営業し、”癒し・ゆとり・くつろぎ”の空間を提供する喫茶店チェーンです。

運営・管理が容易で、年商1億円を目指すことが可能なビジネスモデルを持っています。さらに、独自のメニュー開発と優れた顧客サービスで、幅広い客層から支持を受けています。

さかい珈琲フランチャイズの収益モデル・年収例

  • 営業利益:月額67万円
  • 売上高:633万円
  • その他経費 :【人件費】月額177万3000円【販売促進費】6万3000円
  • 本部へのロイヤリティ:席数×2000円

さかい珈琲のフランチャイズは、比較的低い初期投資で運営を始められ、客単価が低めでも来店頻度の高さから安定した収益を見込むことができます。

さかい珈琲の市場性

カフェ・喫茶店市場はここ数年で成長を続けており、特に郊外型喫茶店のニーズは拡大しています。さかい珈琲はこの成長市場において、独自のコンセプトと安定した経営モデルで市場の需要に応えるものです。

加えて、高齢化社会の進行はさかい珈琲の事業モデルにとって追い風となり、長期的な市場性が期待されています。

さかい珈琲のフランチャイズの開業資金や初期費用は?

さかい珈琲フランチャイズの開業資金・初期費用

  • 加盟金:300万円
  • 保証金:100万円
  • 内外装費:約2700万円
  • 設備費:約1800万円
  • 開業時商材費:480万円
  • 研修費:70万円
  • その他開業費:550万円(意匠設計料含む)

総開業資金は、約5500万円程度が必要とされています。内外装費や設備費が主なコストを占め、さかい珈琲の快適な空間提供を目指した店舗作りが反映されています。

さかい珈琲のフランチャイズの研修やサポート体制は?

総合的研修プログラムについて

さかい珈琲では、オーナーが店舗運営に必要な全てのスキルを身につけられるよう、幅広い範囲で総合的な研修を実施しています。接客や調理方法から店舗管理、マネジメント技術まで学ぶことが可能です。

特に重視しているのは、飲食業未経験の方でもスムーズに店舗運営ができるようサポートすることです。研修期間は約30日間に設定されており、実務に即した知識と技術の習得を目指します。

オープン前サポートの詳細

オープン前には、新規オーナーが安心して店舗をスタートできるよう、立地選定から店舗設計、開業に必要な準備全般に渡ってサポートを提供します。さかい珈琲のブランドイメージに合わせた店舗作りのためのマーケティング支援やデザインアドバイスを受けることが可能です。

この段階での手厚いサポートにより、オーナーは開業プロセスをスムーズに進めることができます。

開店後のフォローアップサービス

開店後は、さかい珈琲からのフォローアップサービスが継続されます。定期訪問や運営相談に応じて、店舗運営に関する問題が発生した際には迅速な対応を受けることが可能です。

また、新商品開発の情報提供や販売促進活動の支援もあり、売上の向上を促進します。

長期成長のための支援体制

さかい珈琲は、フランチャイズ加盟店の長期的な成長と発展を支援するために、経営セミナーや勉強会を積極的に開催しています。オーナーは経営に関する深い知識を得ることができ、店舗運営の質をさらに高めることが可能です。

さらに、他のフランチャイズオーナーとの交流を通じて、有益な情報交換の場を提供し、お互いの成長と刺激につながるコミュニティを形成しています。

さかい珈琲のフランチャイズの評判やオーナーの声

オーナーの声①

さかい珈琲のフランチャイズに加盟してからの売上の安定性と成長性に大きな満足感を感じています。特に、本部からの継続的なサポートと効果的な販促活動が売上向上に直結したことを実感しています。

オーナーの声②

さかい珈琲のブランド力と地域内での知名度の高さが強みです。また開業前の研修を通じて、未経験からでも安心して店舗運営をスタートできました。開業後も運営に関する細かな相談に本部が丁寧に対応してくれる点はとても安心できます。

さかい珈琲のフランチャイズの失敗談や廃業率は?

さかい珈琲のフランチャイズの廃業率については調査中です。

      その他の関連する記事

        広告

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載