イエローキャブのフランチャイズは儲かる?開業資金や評判・年収は?

更新日:

イエローキャブのフランチャイズは儲かる?収益モデルや市場性について

イエローキャブとは?イエローキャブのビジネス概要

イエローキャブとは、グラビアアイドルのマネジメントをメインとした芸能プロダクションです。芸能事務所はお店を構える必要がなく、タレントを雇用する必要もないため、固定費を抑えて展開できるビジネスです。イエローキャブのフランチャイズは、そのブランド力が武器となっています。長年の経験や知識、ノウハウをフランチャイズで提供してくれるため、新規での参入が可能になっています。マネージャー1人で複数名のタレントをマネジメントすることで、初月から黒字化も期待できるビジネスです。

イエローキャブフランチャイズの収益モデル・年収例

イエローキャブのフランチャイズの収益モデルは以下の通りです。

  • 1名体制 家賃20万円
  • タレント10名での売上:2,500,000円
  • 経費:1,500,000円
  • 利益:1,000,000円

収益シミュレーション

  • 東京都内 タレント10名の場合
  • 撮影会:1,905,000円
  • DVD:330,000円
  • デジタル写真集:30,000円
  • 雑誌グラビア:10,000円
  • イベント:180,000円
  • メディア:50,000円
  • LIVE配信:360,000円
  • レッスン:300,000円
  • その他:40,000円
  • 合計:3,205,000円

イエローキャブの市場性

芸能業界はローリスク・ハイリターンで収益性の高い事業を展開できます。流れとしては、オーディションを開催し、タレントとエージェント契約やマネジメント契約を結びます。ほとんどの場合、タレントとは雇用契約ではなく、成功報酬契約のため、仕事を行うまで費用は発生しません。店舗などの設備投資も不要で、スタッフを多く雇う必要もないため、固定費もほとんどかかりません。昨今はLIVE配信など、ネットを通じたビジネスも増えているため、これからも需要が見込まれる業界です。

イエローキャブのフランチャイズの開業資金や初期費用は?

イエローキャブフランチャイズの開業資金・初期費用

イエローキャブのフランチャイズを始める場合、加盟金として5,000,000円がかかります。また、ロイヤリティは月に150,000円となっています。契約期間は3年となっており、契約更新があります。芸能事務所は飲食店などと違い、新たに店舗を取得する必要も、新たにスタッフを雇用する必要もないため、他業種に比べ、初期費用を抑えることができます。

黒字化までの総予算は7,000,000円ほどと考えられます。

イエローキャブのフランチャイズの研修やサポート体制は?

イエローキャブのフランチャイズには以下の研修やサポートが用意されています。

ノウハウの共有

芸能プロダクションのビジネスモデルは、タレントをスカウトして、育成(レッスン)しながらテレビ局、出版社などに営業し、収益化することです。この一連の流れはイエローキャブ本部からすべて教えてもらうことができます。

案件の紹介

イエローキャブ本部には毎日案件が入ってきます。それらの案件の中から条件にあったものを紹介してもらえます。また、本部のマネージャーが案件獲得方法をしっかりレクチャーしてくれます。

講師の紹介

ポージングや演技など、仕事に必要なレッスンを月に数回実施します。専門の講師がいるため、依頼をすればどこでも開催可能です。また、講師の紹介も本部で行っています。
サポート
イエローキャブというブランドを活かして早期収益化を実現するためにサポートしてくれます。

イエローキャブのフランチャイズの評判やオーナーの声

公式HPにオーナの声に関する記載はありませんでした。

イエローキャブのフランチャイズの失敗談や廃業率は?

イエローキャブのフランチャイズの廃業率については調査中です。

      その他の関連する記事

        広告

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載