MEO対策とは?対策方法やおすすめツールを紹介

更新日:

    Webからの集客を高める手法として有名なSEOですが、大手企業からブログ運営者といった個人単位で取り組んでいるほど有名な手法のため、競合他社よりも成果を出すにはノウハウをしっかりと抑えておく必要があります。

    そこで、店舗運営をしている方に特におすすめしたいのがMEOです。

    本記事ではMEOとは何か、MEO対策を行うメリットや上位表示させるためのポイントなどを解説しますので参考にしてください。

    MEOとは?

    MEO(Map Engine Optimization)とは、Googleマップでの検索結果における上位表示を目的として行われる手法の1つです。

    ローカルSEOとも呼ばれており、主に店舗ビジネスや地域ビジネスにおいて高い効果を発揮します。

    SEO対策はユーザーが検索すると想定される自社と関連性が高いキーワードをWebサイトに折り込むことで効果を発揮しますが、MEOは主にGoogleビジネスプロフィールを活用することで効果が表れます。MEOにしっかりと対策することで、検索上位に表示されるため、店舗ビジネスを展開しているオーナーなどを中心に取り組む方が増えています。

    例えば、Googleで「美容室」と検索した場合に、今自分がいる近隣の美容室情報がマッピングされたGoogleマップとともに、リスト形式で詳細情報が表示されるでしょう。

    MEO対策を行なっていると、店舗の名前はもちろん、住所や電話番号、営業時間、星のついた口コミ評価などが表示されるようになるため、ユーザーが店舗を選ぶ際の基準とすることができます。

    つまり、MEO対策を行うことで、検索結果の上位で表示されて多くの集客につながるため、MEO対策は非常に重要な施策なのです。

    MEO対策を行うメリット

    集客効果を高めることができる

    同じ「居酒屋」と検索した場合でも東京と大阪では表示される結果が違います。

    このように地域によって同じキーワードでも検索結果が異なる結果のことをローカル検索結果といいますが、この検索結果はオーガニック検索、つまりGoogleで検索窓からキーワードを入力して検索する際の結果よりも上位に表示されるという特徴があります。

    つまり、SEO対策を行うよりも高い集客が期待できるのです。

    普段、調べ物をする際は検索結果の上位数サイト、多くても2ページ目程度までしか見ないという人がほとんどではないでしょうか。

    オーガニック検索での検索結果の1位のクリック率は30%〜40%程度と言われており、Googleマップ検索で上位3サイトまでに表示されればそれ以上のクリック率が期待できるでしょう。

    低コストで取り組むことができる

    MEO対策はSEO対策と同様に低コストで取り組むことができます。

    時間とノウハウが必要ではありますがコストを抑えることができるのは大きなメリットでしょう。

    Googleビジネスプロフィールへの登録は無料で、ホームページを作成したり広告を出稿する手間やコストがかからずに、ユーザーに訴求することが可能となります。

    MEO対策の取り組み方について具体的な方法を紹介しているサイトも多いため、業者に委託することなく、自社で対策ができる点もメリットです。

    来店見込みの高いユーザーの集客が可能に

    ローカル検索を行う場合、「カフェ 東京都」「居酒屋 渋谷」といった具体的な情報で検索しているユーザーがほとんどのため、これからその地域の店舗に行こうとしているユーザーが見込めます。

    つまり、検索結果での上位表示を実現できれば来店見込みの高いユーザーを集客することが可能となります。

    効果的にMEO対策ができれば競合店舗よりも集客率を高めることができるでしょう。

    おすすめの類似MEOサービス

    MEO対策に必要な機能をオールインワン: Gyro-n MEO

    (4.5)

    月額料金1,500円無料お試し2週間無料
    初期費用0円最短導入期間なし

    導入企業は1,000社以上、1,2店舗の個店様から店舗数1,000店を超える大チェーン店様までご利用の実績があります。また、低コストから導入できるため、個店・少数店舗でも導入しやすいサービスといえます。

    正確な順位取得が可能

    MEO対策において重要なのは、ターゲットユーザーが検索する地点で、どのように表示されるのかを正確に把握しておくことです。 検索エンジンでのキーワード順位と違い、Googleマップの検索順位は検索地点と店舗との距離によって異なるため、ユーザーが検索する地点も把握しておくことが重要となるのです。 ジャイロンMEOでは、検索順位の取得地点を番地レベルで設定でき、それぞれの検索地点における順位を、店舗までの距離と合わせて確認することができます。

    Googleマイビジネスと連携した管理・運用

    ローカルビジネスにおいては、Googleマイビジネスのビジネスプロフィールとの連携が欠かせません。 ジャイロンMEOは、ジャイロンに登録した店舗情報とGoogleマイビジネスの情報を連携して、一元管理することが可能です。 1つのツール上で、ビジネス情報やカテゴリ、特別営業時間などの属性データの最適化に必要な作業を行うことができます。 また、Googleマイビジネスのインサイトの中から、「検索表示回数」、「ビジネスを検索する方法」、「ユーザーの反応」の項目から指標を収集して、最大で過去18ヶ月分まで遡って比較分析することが可能なため、緻密な効果検証を実現します。

    多言語での検索順位計測でインバウンド向け事業にも対応

    在日外国人や旅行客などインバウンドをターゲットとする業種や店舗では、ユーザーが検索に使う際の言語での表示結果を把握しておく必要があります。 例えば、英語で検索された場合には自店舗がどのように検索結果に表示されているのか、日本語で検索した場合と比較して順位に差があるのかなどをチェックして、言語ごとに正確な情報をユーザーに伝えて、適正な順位を取ることができているのかを把握しておくことが求められます。 ジャイロンMEOは、英語だけでなく中国語(中文簡体、中文繁体)にも対応しており、今後インバウンド客が多いであろう主要言語(韓国語、タイ語、インドネシア語、ベトナム語、フランス語、ロシア語、スペイン語等)も順次追加予定となっています。

    MEO対策を行う目的

    MEO対策を行う目的は、集客率を高めることです。

    以前は飲食店や美容室など、お店を選ぶ際には雑誌や専門誌、テレビの情報などを活用することが一般的でした。

    しかし、スマートフォンの所有率が爆発的に増加した今、何か調べ物をする際はまず、インターネットから検索することが基本となっています。

    「横浜 カフェ」のように地域と業種で検索して、上位表示された店舗の中から気になる店舗の詳細情報を確認し、気になった店に来店するでしょう。

    つまり、MEO対策を行って自店舗を検索結果の上位表示させることができれば、高い集客効果につながります。

    MEOで上位表示させるためのポイント

    SEO対策では、最も重要なこととして「有益で関連性の高い情報をユーザーに提供すること」、つまりユーザビリティに優れたサイトにすることがあげられています。

    これはMEO対策においても変わらず、ユーザーにとってより親切な情報を載せることが重要です。

    ではMEO対策におけるユーザビリティとは何を表すのでしょうか。以下の3点に注目することがポイントです。

    • 距離:検索ユーザーの位置情報と店舗との距離がどれくらい近いか
    • 関連性:検索ワードに対して自社ビジネスの関連性がどれだけ高いか
    • 知名度:ビジネスの情報がどれだけネット上に取り上げられているか

    この3つの中で特に注目したいのが関連性です。ユーザーが検索したワードとの関連性が高いほどに上位表示される可能性が高まるため、Googleビジネスプロフィールを充実させて、検索ワードも自然に折り込むようにしましょう。

    また、知名度を向上させるためには来店したお客様に口コミを投稿してもらったり、SNSを活用した情報発信を行うと効果的です。

    MEO対策の具体的な方法

    MEO対策における具体的な手法を紹介していきます。

    Googleビジネスプロフィールへの登録・プロフィール情報の充実

    MEO対策ではGoogleビジネスプロフィールへの登録が必須となります。むしろGoogleビジネスプロフィールの最適化がMEO対策につながるといっても過言ではありません。

    Googleビジネスプロフィールへの登録は無料です。

    Googleビジネスプロフィールに登録したあとは、プロフィールを充実させることを心がけましょう。

    プロフィールに書いてある情報がユーザーへ伝わるため、できる限り充実させることをおすすめします。

    住所や業種など基本的な情報はもちろんのこと、SEO対策のように、自社業界で検索されるであろうキーワードを意識してプロフィールを充実させることを意識すると、検索ワードとの関連性が高まり上位表示されやすくなります。

    自社サイトがなかなか検索結果で上位表示されない際は、まずGoogleビジネスプロフィールに登録されている情報を見直すと良いでしょう。

    NAP情報の統一

    NAP情報とは、検索上の知名度と深く関わる情報で以下の頭文字をとった情報のことを指します。

    • Name:名前(店舗名・会社名)
    • Address:住所
    • Phone:電話番号

    Googleビジネスプロフィールに登録する情報は、このNAP情報が統一されていることが重要です。自社サイトやSNSに掲載している情報に差異がないかチェックしましょう。

    Webサイト・SNS・Googleビジネスプロフィールの3つで表記が異なっている場合、それぞれ違う情報として認識されてしまい、知名度が下がってしまう可能性があるため注意が必要です。

    良い口コミを集める

    住所や値段と同様に口コミも非常に重要な項目です。

    口コミが悪い店舗をわざわざ選んで行くという人はほぼいないでしょう。

    すなわち、口コミ情報が多いほどにGoogleのアルゴリズムでは知名度があるサイトと判断されます。

    もちろん、悪い口コミばかりでは逆効果となってしまうため、良い口コミ情報をなるべく集めることが重要です。良い口コミが多いほどに新規ユーザーに対する安心感を持ってもらうことができます。

    良い口コミをもらうためには、来店してくれたお客様に対して口コミの投稿をお願いしたり、普段からの接客態度やサービスの品質を向上させることはもちろん、口コミが投稿された場合は返信するといった対応も効果的でしょう。

    おすすめのMEOツール

    Gyro-n MEO

    特徴

    ジャイロンMEOとは、株式会社ユニヴァ・ジャイロンが運営しているMEOツールです。

    MEO対策に必要な機能がオールインワンで搭載されているため、これからMEO対策を始める方はもちろん、既にMEO対策を行なっているという方にもおすすめとなっています。

    これまでに1,000社以上から導入されており、低コストから導入できるので個店や少数店舗でも導入がしやすいという特徴があります。

    検索順位の取得地点を番地レベルで設定できるため、それぞれの検索地点における順位を店舗までの距離と合わせて確認することが可能です。

    また、ジャイロンに登録した店舗情報とGoogleマイビジネスの情報を連携して、一元管理することができ、1つのツール上でビジネス情報やカテゴリ、特別営業時間などの属性データの最適化に必要な作業ができるようになります。

    料金

    • 初期費用:無料
    • 月額料金:1,500円〜
    • 無料トライアル:2週間無料

    ※価格情報は2022年9月時点のもの

    MEOチェキ

    特徴

    MEOチェキはMEO対策ツールとして、2万店舗に導入されている実績があります。

    競合順位の測定に強みがあり、MEO対策に既に取り組んでいる企業からも多く導入されています。

    複数店舗向けのプランも提供されており、店舗情報の一括編集やGMBデータの横断比較機能などが搭載されているため、効率的な管理業務を実現します。

    2万店舗のデータの中から上位表示や最適化のヒントを探して、Googleビジネスプロフィールの内部評価を行うことができます。

    料金

    • 初期費用:要問い合わせ
    • 月額料金:3,278円〜
    • 無料トライアル:デモあり

    ※価格情報は2022年9月時点のもの

    Canly(カンリー)

    特徴

    Canlyは20,000店舗以上に導入されているMEOツールです。

    複数店舗のGoogleビジネスプロフィールやホームページ、SNSアカウントなどの一括管理ができ、集客率の向上や管理コストの削減などが実現できます。

    1つの画面から複数店舗の口コミ情報を確認することができるため、返信忘れや不適切な投稿の削除忘れなどが発生しません。

    また、ツールの導入支援はもとより、MEOノウハウの提供、ナレッジ共有のための勉強会開催なども実施しており、サポート体制にも定評があります。

    料金

    • 初期費用:要問い合わせ
    • 月額料金:要問い合わせ
    • 無料トライアル:要問い合わせ

    ※価格情報は2022年9月時点のもの

    MEO対策で集客率を高めよう

    MEOは店舗ビジネスを運営する方であれば、ぜひとも取り組んでいただきたい施策です。

    しかし、SEOと同様に正しい対策を実施しないと効果が見えにくい部分もあり、場合によってはお店の印象を悪くしてしまうケースもあります。

    本記事で紹介した上位表示させるためのポイントや具体的な施策も参考にしていただき、ぜひMEO対策に取り組んでみてください。

    これはMEOの製品です。
    MEOの製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【MEO】

        MEO対策に必要な機能をオールインワン: Gyro-n MEO

        (4.5)

        月額料金1,500円無料お試し2週間無料
        初期費用0円最短導入期間なし

        導入企業は1,000社以上、1,2店舗の個店様から店舗数1,000店を超える大チェーン店様までご利用の実績があります。また、低コストから導入できるため、個店・少数店舗でも導入しやすいサービスといえます。

        正確な順位取得が可能

        MEO対策において重要なのは、ターゲットユーザーが検索する地点で、どのように表示されるのかを正確に把握しておくことです。 検索エンジンでのキーワード順位と違い、Googleマップの検索順位は検索地点と店舗との距離によって異なるため、ユーザーが検索する地点も把握しておくことが重要となるのです。 ジャイロンMEOでは、検索順位の取得地点を番地レベルで設定でき、それぞれの検索地点における順位を、店舗までの距離と合わせて確認することができます。

        Googleマイビジネスと連携した管理・運用

        ローカルビジネスにおいては、Googleマイビジネスのビジネスプロフィールとの連携が欠かせません。 ジャイロンMEOは、ジャイロンに登録した店舗情報とGoogleマイビジネスの情報を連携して、一元管理することが可能です。 1つのツール上で、ビジネス情報やカテゴリ、特別営業時間などの属性データの最適化に必要な作業を行うことができます。 また、Googleマイビジネスのインサイトの中から、「検索表示回数」、「ビジネスを検索する方法」、「ユーザーの反応」の項目から指標を収集して、最大で過去18ヶ月分まで遡って比較分析することが可能なため、緻密な効果検証を実現します。

        多言語での検索順位計測でインバウンド向け事業にも対応

        在日外国人や旅行客などインバウンドをターゲットとする業種や店舗では、ユーザーが検索に使う際の言語での表示結果を把握しておく必要があります。 例えば、英語で検索された場合には自店舗がどのように検索結果に表示されているのか、日本語で検索した場合と比較して順位に差があるのかなどをチェックして、言語ごとに正確な情報をユーザーに伝えて、適正な順位を取ることができているのかを把握しておくことが求められます。 ジャイロンMEOは、英語だけでなく中国語(中文簡体、中文繁体)にも対応しており、今後インバウンド客が多いであろう主要言語(韓国語、タイ語、インドネシア語、ベトナム語、フランス語、ロシア語、スペイン語等)も順次追加予定となっています。

      • MEO

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載