POSレジの使い方・操作方法を解説

更新日:

    POSレジの使い方・機能

    一般的なPOSレジに搭載されている機能を紹介します。

    レジスター機能

    POSレジは従来のレジと同様に会計を行うことができますが、数日を手打ちする手間はかかりません。

    バーコードをスキャンするだけで登録していた商品情報が自動で入力されるため、従来のレジ業務で発生していた打ち間違いを防止することができます。

    プリンターとの連携でレシート印刷も簡単に行うことが可能です。

    売上情報の記録

    POSレジを通して販売した売上情報はリアルタイムに収集、管理されます。

    総売上だけでなく仕入れ原価とのバランス、複数店舗での売上推移など詳細な情報をグラフにして可視化することもできるため、経営における意思決定にデータを活用することが可能となります。

    販売情報の管理機能

    ポイントカードと連動することもでき、マーケティング分析に活用できる点もPOSレジの特徴です。

    商品ごとの売上推移がわかることで、発注業務の効率化や商品ラインナップの改善に役立てることができます。

    在庫管理機能

    POSレジで商品登録をすれば、販売状況ごとのリアルタイムな在庫を把握できるようになります。

    また、商品の売上推移がグラフなどで可視化できるため、適切なタイミングで発注をかけて販売機会の損失を免れることが可能です。

    複数店舗の在庫状況も簡単に把握できるため、店舗間の商品移動も効率化できます。

    POSレジ導入の手順

    見積もり・契約

    POSレジサービスによっては利用企業の状況に合わせて最適な利用料金を見積もりしてくれます。

    POSレジ設置店舗の状況や予算感などをヒアリングした上で見積もり書を作成、見積もりから契約まではサービスにもよりますが1週間前後というサービスが多いようです。

    周辺機器の設置

    POSレジの利用にはタブレット端末やレシートプリンター、キャッシュドロワー、バーコードリーダーなどの周辺機器が必要となります。

    サービスによっては機器のレンタルやリースを行なっており、予算を抑えた導入も可能です。

    商品情報などの登録

    POSレジを店舗に設置できたら商品登録を行います。商品名やメニュー名、価格、在庫数などを登録しておけばバーコードの読み取りだけで正確な会計や在庫状況の把握が可能となります。

    勤怠管理機能が搭載されているPOSレジを利用する場合は、この段階でスタッフ情報も登録しておくと便利です。

    店舗規模にもよりますが、1日程度で登録作業が完了する場合も珍しくはありません。

    利用開始

    本格的な利用の前にPOSレジを操作するスタッフへのトレーニングも必要となります。iPadなどのタブレットを活用したPOSレジも多いので、慣れ親しんだツールで直感的に操作することが可能なサービスも多いです。

      • qeee枠【POSレジ】

        高機能かつシンプルなPOSレジシステム: CASHIER

        (4.5)

        月額料金0円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用0円キャッシュレス対応可能

        クラウド型のマルチチャネルPOSレジシステム。導入する店舗の運用方式に合わせて自由自在に設計することができ、高機能ながらシンプルで使いやすく、1店舗から複数店舗まであらゆる業務の一元管理を可能とします。

        安定した稼働とシンプルな操作性を実現

        CASHIERは、その安定した稼働性とシンプルな操作性を実現したPOSレジシステムです。 トラブルの原因を徹底的に減らした専用のハードウェアのため、インターネットにつながらないといったトラブル時でも、オフラインでも操作ができるため、販売業務を止めることがありません。 また、導入店舗の規模に合わせたシステム構成で提供されるため、取引量に関わらず、シンプルな操作性で運用することができます。 その安定した稼働性は、99.95%という実績があり、万が一ハードウェアが故障した際も保守サービスつきプランでは即日発送、無料交換を行なってくれるため安心です。

        いつでも最新の状態で利用できる

        CASHIERは、クラウド型のサービスであるため、税率の改変などの税制改正や、社会情勢の変化に対応した機能の追加などが日々自動アップデートされて、いつでも最新の状態で利用することができます。

        導入店舗に合わせた柔軟なカスタマイズを実現

        POSレジシステムは、導入する店舗によって規模や運用環境に違いがあるため、一つのシステムで対応するには柔軟なカスタマイズが可能であることが求められます。 CASHIERは、豊富なカスタマイズ実績があり、導入する店舗のニーズに合わせた自由自在なカスタマイズが可能です。

      執筆者  STRATE編集部

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載