顧問紹介·顧問サービスとは?メリット·デメリット、おすすめ顧問サービス8選を紹介!

最終更新日 

企業が成長していく上では様々な経営課題に直面しますが、自社だけで解決するにはリソース不足であったり手間がかかるケースも少なくはありません。

こういったケースを解消する手段として有効なのが顧問紹介·顧問サービスです。

本記事では顧問紹介·顧問サービスとはどんなものなのか、おすすめの顧問紹介·顧問サービス、導入するメリットやデメリットなどについて解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

顧問紹介·顧問サービスとは?

顧問紹介·顧問サービスとは、大手企業·上場企業で役員、部長職以上などを勤めた経験を持つ人材と経営課題を抱える企業とをマッチングするサービスです。

登録している顧問は経験豊富な知識と幅広い人脈を持っているため、企業が抱える課題に的確なアドバイスをすることができます。

新規の営業ルートを確立したい、人脈を増やしたい、顧問を据えることで企業としてのイメージアップを図りたいといった課題を解消できることから、今後も利用者が拡大していくサービスと言えるでしょう。

おすすめ!顧問紹介・顧問サービス5社比較

顧問紹介·顧問サービスの仕組み

顧問紹介·顧問サービスは、顧問を紹介して欲しい企業がサービス提供会社に依頼することで、提供会社に登録している顧問候補の中から最適な人材をマッチングしてもらうことが可能です。

サービスによっては、登録されている顧問候補の中から経歴や実績などの条件に合う人材を自社で検索することもできます。

契約業態としては、業務委託契約となることが一般的で企業は経営課題を顧問に相談、顧問は経営課題の解消に努めます。

契約期間は提供サービスによって異なりますが、スポット契約が可能なものもあれば半年をベースとしているものもあります。

料金体系も利用する顧問紹介·顧問サービスによって異なり、月額料金が発生するものから仲介マージンが発生するもの、成功報酬型など様々です。

おすすめ顧問紹介·顧問サービス8選

顧問バンク

特徴

顧問バンクは大手企業で培った経験やノウハウを提供してくれる人材と企業を繋ぐ顧問マッチングサービスです。

登録している顧問候補は7,000名以上で、紹介可能な人脈の約55.9%が上場会社の役職者であるため、大手クライアントの獲得も期待できます。

また、営業特化の顧問も2,800名以上登録されているため、営業力の強化にもおすすめなサービスです。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 仲介手数料:0円

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

顧問バンクの料金·評判について。7,000名以上の顧問が登録している顧問マッチングサービスとは?

画像·データ出典:顧問バンク公式サイト

i-common(アイコモン)

特徴

i-commonは戦略人事を実現したい企業と経験豊富な専門家とをマッチングすることができる顧問紹介サービスで、2,700社以上で導入されています。

新規事業、人事、マーケティング、システム、経営全般/事業承継、営業などさまざまなカテゴリーにおいての豊富なノウハウを保有している顧問が登録しているため企業の経営課題を効果的に解消することができます。

料金

  • コンサルティングサービス:要見積もり
  • 職業紹介サービス:紹介手数料として理論年収の35%(最低額は180万円)
  • 人材紹介サービス:年間報酬の35%+100万円(最低額は180万円)

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

i-common(アイコモン)の料金·評判·機能について。導入事例も紹介

画像·データ出典:i-common公式サイト

マイナビ顧問

特徴

マイナビ顧問は人材採用での豊富な実績を持つ株式会社マイナビが運営している顧問マッチングサービスです。

独立系大手証券会社の常務取締役や大手証券系シンクタンクの代表取締役副社長、警視庁公安部の警部など幅広いカテゴリーにおいての豊富なノウハウを持つ顧問が登録しており、複数の顧問と契約することもできます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 手数料:要問い合わせ

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

マイナビ顧問の料金·評判·機能について。どんな経歴の顧問が登録している?

画像·データ出典:マイナビ顧問公式サイト

クラウドリンクス

特徴

クラウドリンクスは人材アウトソーシングサービスとして有名な株式会社クラウドワークスが提供している専門家マッチングサービスです。

クラウドワークスに登録している300万人以上の会員の中から上位1%というハイクラスな人材とマッチングすることができ、その豊富な人脈を活用することができます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 成約手数料:無料

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

クラウドリンクスの料金·評判·機能について。成約手数料は無料?

画像·データ出典:クラウドリンクス公式サイト

顧問名鑑

特徴

顧問名鑑は大手企業での役員経験などがある人材と企業とをマッチングさせてくれるサービスです。
メガバンクや証券会社、自動車メーカーやさらには化粧品メーカーまで幅広い業界出身の顧問が登録しているため人脈形成に貢献します。
専属の担当者がついてくれるため、企業と顧問のミスマッチも低いサービスです。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 手数料:要問い合わせ

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

顧問名鑑の料金·評判·機能について。どんな経歴の顧問がいる?

画像·データ出典:顧問名鑑公式サイト

サーキュレーション

特徴

サーキュレーションはプロフェッショナルの経験と知見で経営課題を解決できるサービスです。

登録しているプロフェッショナルは17,000名以上で、現役経営者から個人事業主から幅広く、業界や年代も様々であるため企業がそれぞれに抱える経営課題マッチしたプロとマッチングすることができます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 手数料:要問い合わせ

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

画像·データ出典:サーキュレーション公式サイト

サンカク

特徴

サンカクはディスカッション参加サービスとして、企業とビジネスパーソンのマッチングを実現します。

自身のスキルアップを望む意欲ある人材とディスカッションすることで、外部からの知見やスキルを取り入れて自社の経営課題の解消に役立てることが可能となります。

登録者の過半数が30歳前後という点も特徴的です。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 手数料:要問い合わせ

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

サンカクの料金·評判·機能について。導入事例も紹介

画像·データ出典:サンカク公式サイト

パソナ顧問ネットワーク

特徴

上場企業の元役員や専門家が豊富なノウハウや知識で企業の経営課題解消をサポートしてくれるのがパソナ顧問ネットワークです。

スタートアップ段階におけるコネクション形成や営業戦略、マーケティングなどの幅広い部門において、専門家の知見を提供してもらうことができます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 手数料:要問い合わせ

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

画像·データ出典:パソナ顧問ネットワーク公式サイト

プロフェッショナル人材バンク

 

特徴

依頼したい業界と仕事内容などを選択することで、専門性の高い分野のプロを探すことができるのがプロフェッショナル人材バンクです。

専任のアシスタントが企業にマッチしたプロフェッショナルを顧問として紹介してくれるため、契約後のミスマッチも少なく経営課題の解消に貢献してくれます。

支援実績は2,000社以上、9,000名以上のプロフェッショナルが在籍しています。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 手数料:要問い合わせ

2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

画像·データ出典:プロフェッショナル人材バンク公式サイト

DX税理士法人

 

特徴

中小企業やベンチャー企業の経営を支えるDX税理士法人は税務サポートに特化したサービスです。

LINE、メッセンジャー、Chatwork、メール、ZOOMなど様々な手段でコンタクトが取れるため迅速な対応を実現できます。

独立や企業、資金調達など幅広い経営課題を解消するために、税務のプロフェッショナルの的確なサポートを利用することが可能です。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:1万円〜5万円
  • 手数料:要問い合わせ

2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

画像·データ出典:DX税理士法人公式サイト

オフィスサポートパック

 

特徴

経営課題を抱える企業と専門家をマッチングして相談の場を設けることが可能なオフィスサポートパック。

社労士や税理士、公認会計士、行政書士など専門性の高い分野のプロが在籍しているため、経営課題の解消に貢献してくれます。

1回につき30分までであれば無料相談できる点も魅力的です。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 手数料:要問い合わせ

2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

画像·データ出典:オフィスサポートパック公式サイト

顧問紹介·顧問サービスの選定ポイント

料金体系をチェック

例えば、長期的に顧問を据える場合であれば顧問紹介サービスを利用するよりも普通に自社で顧問を採用して給与を支払う場合の方が安くなる可能性があります。

料金体系も利用するサービスによって異なり、マッチングの際に費用が発生するものや初期費用·月額料金が発生するものなど様々です。

自社の予算に対して効果が見合うサービスであるかを見極めて評価しましょう。

自社の目的にあっているか

例えば長期契約が可能な顧問を探している場合であれば、事前に長期契約が可能な顧問が登録しているかを相談しておく必要があります。

また、スポット契約などの短期間での利用を希望する場合は、短期間で課題を解消できる能力や人脈を持つ人材を登録しているのかを事前に確認しておくと良いでしょう。

また、利用しようとしている顧問紹介·顧問サービスがどんな機能を有しているのか、経歴や出身業界などで検索が可能か、電話以外のサポート体制が整備されているのかなども確認しておくとスムーズな運用が実現できます。

自社業界にマッチした人材が登録しているか

せっかく顧問紹介サービスを利用しようと思っても、自社業界にマッチした人材がいないのであれば意味がありません。

また、自社業界での実績がある人材でも、広げたいと思っているターゲットへの人脈がない人材ではコネクション形成にはつながらないでしょう。

サービスによっては営業力に特化した人材を多く登録している顧問紹介·顧問サービスもあるため、導入前にどんな人材が登録しているのかは必ず確認するべきです。

顧問紹介·顧問サービスのメリット

さまざまな経営課題を解決できる

顧問紹介·顧問サービスに登録している顧問の多くは、大手企業や上場企業の役員や部長クラスの経験があり、企業が抱える経営課題の解消に貢献することができます。

営業において高いスキルやノウハウを保有している顧問や、幅広い業界へのコネクションを持っている顧問に依頼することで、自社だけでは解決することができなかった経営課題を効果的に解決することができるようになります。

育成コストがかからない

企業が抱えた経営課題を解消するための専門家を育成するには時間がかかります。

人材を採用して一から育成するよりも、顧問紹介サービスを利用してプロを一時的に採用する方が育成コストのカットにもつながるでしょう。

費用対効果が高い

自社で顧問を採用する場合、効果が薄いとわかってもすぐにやめさせることは難しいでしょう。その間も給与などの固定費が発生しコストがかさみます。

コンサルティング会社に人材を紹介してもらい採用を行う場合も高額の費用が発生するでしょう。

顧問紹介サービスであれば短期間から利用することができ、サービス提供会社のコンサルタントと相談しながら運用段階ごとに目標を設定して進めることができるため、費用対効果を確認しやすいというメリットがあります。

顧問紹介·顧問サービスのデメリット

企業と顧問のミスマッチが起こり得る

顧問紹介サービスでは、サービス提供会社を介してマッチングを行うため、自社が抱える経営課題や希望する人物像がうまく伝わらずミスマッチが起きてしまう可能性があります。

また、一度契約した顧問を別の経営課題が発生した際に再度契約しようと思っても、すでに別の会社の顧問として契約しており契約ができないといったパターンも起こり得るため注意が必要です。

顧問紹介·顧問サービスで人脈を広げよう

顧問紹介·顧問サービスについて、意味や導入のメリット·デメリット、おすすめのサービスなどを紹介しました。

スタートアップ段階など企業としての経験が少ない場合、人脈を広げる機会も少なく経営に関するアドバイスをしてくれる人材が求められます。

顧問紹介·顧問サービスであれば豊富な人脈と経験で企業の課題に適切な解決策を提案できる顧問とつながることができるため、本記事で紹介したおすすめサービスを参考にしてサービス選定をしてみてください。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載