販売管理についてのよくある疑問

更新日:

本記事では、販売管理についてQ&A方式で解説しております。

販売管理システムの種類と機能についてよくある疑問

質問

Q.販売管理システムの種類は?


回答

A.販売管理システムの種類を5つに分類して紹介します。
【(1)クラウド型】
クラウド型は、サーバーやシステムはサービス提供会社のものを利用し、管理や運用を自社で行う方法です。
サーバー保守などの管理は提供会社が実施するため、少ない人材で管理および運用できるのが特徴です。
システムのカスタマイズは必要に応じてできますが、限度があることに注意しましょう。
【(2)オンプレミス型】
オンプレミス型は、自社のサーバーにソフトウェアを導入し自社で管理するシステムです。
自社ですべて管理するため、自社に適したシステムを構築・運用できる他、セキュリティ面が高く安心できるなどのメリットがあります。
対して、導入費用が高額になる・運用開始までに時間がかかるなどのデメリットもあります。
そのため、オンプレミス型は大規模企業を中心に利用されます。
【(3)パッケージ型】
パッケージ型は、提供された汎用的なソフトウェアに必要に応じてオプション機能をつけ、自社に適した状態で管理・運用する方法です。
導入時や毎月の利用料金にオプション分の費用がかかる場合もありますが、自社のニーズに合わせたカスタマイズができます。
【(4)サブスクリプション型】
サブスクリプション型は、月額料金を支払うことでソフトウェアを利用するシステムです。
初期費用がかからず契約後すぐにシステムを利用できるため、中小企業にとっては手軽な選択肢となっています。
ただし、サブスクリプション型の場合は機能が異なるそれぞれのプランを選択可能ですが、カスタマイズはほとんどできないと考えていいでしょう。
【(5)ERP】
ERPとは「Enterprise Resource Planning」の略で、企業全体の業務プロセスを一元管理するシステムです。
販売から調達、会計・人事・生産など、基盤業務をすべて1つのシステムで運用したい大企業などにはERPが向いています。


質問

Q.販売管理システムが持つ機能とは?


回答

A.販売管理システムが持つ機能の一例をまとめました。

機能できること
在庫管理商品の在庫数や入荷日・出荷日の管理・棚卸しの実施など
受注・注文管理受注データや注文データの管理・注文書や納品書の発行など
見積管理見積書の発行や管理
請求書管理請求書の発行や管理・入金管理
レポート作成売上や在庫、顧客の傾向などを分析し、レポートを作成


質問

Q.販売管理システムを選ぶポイントは?


回答

A.販売管理システムを選ぶときには、次のようなことをポイントにするといいでしょう。
1.機能の充実度
2.システムの使いやすさ
3.カスタマイズ性
4.セキュリティの高さ
5.コスト面
6.サポート体制
それぞれを総合的に見て、自社に適したシステムを選ぶようにすると、効率よく販売管理ができるようになります。


質問

Q.おすすめの販売管理システムは?


回答

A.おすすめの販売管理システムを3つ紹介します。
【楽々販売】
楽々販売は、業種別に最適化された販売管理システムで小売店や飲食店などにおすすめです。
POSレジ・在庫管理・売上管理などの販売に必要な機能が網羅されており、導入も簡単にできます。
また、アプリとの連携もできるため、外出先からでもシステムが利用可能です。
【アラジンオフィス】
アラジンオフィスはパッケージ型の販売管理システムで、販売・在庫・顧客管理など、基本的な機能の他にオプション機能により多種多様な業務に対応可能です。
また、ExcelやWordとのデータ連携も可能なため、直感的な操作ができるのもメリットの1つです。
【DeskAssist】
BtoBの営業活動を支援するクラウド型販売管理システムで、見積書の発行・受注管理・売上管理など、販売に必要なさまざまな機能を揃えています。
パッケージ型のシステムのため、それぞれの企業にあわせてカスタマイズができるのも大きな特徴です。
機能を組み合わせることにより、無駄なくシステムを利用できます。

販売管理システムのメリット・デメリットについてよくある疑問

質問

Q.販売管理システムのメリットは?


回答

A.販売管理システムのメリットを紹介します。まずは、業務の負担軽減と効率化です。販売管理ではお金と商品の流れを正確に把握してスムーズにする必要があります。それに、販売だけではなく仕入れ・在庫管理なども必須になっており、手作業での管理では手間がかかり負担が大きくなってしまいます。販売管理システムなら二度手間を減らし効率化を叶えるだけではなく、人件費の削減も可能です。
続いて、情報一元化によりタイムロスが削減できることです。通常なら在庫などが必要になった場合、工場に連絡して確認してもらい返事を待ったりする時間が必要となりますが、販売管理システムがあれば、他部署の情報をいつでもどこでも確認できるようになります。営業先などでも状況をリアルタイムで確認できるため、重宝している営業マンもたくさんいます。


質問

Q.販売管理システムのデメリットは?


回答

A.メリットと同時にデメリットも存在します。1つ目は業務フローの変更が必要になってしまうことです。新しいシステムを導入したことで、やり方がどのように変化したかを明確にしなくてはなりません。それだけではなく、部署内での担当者の変更や人事異動を行わなくてはならないこともあります。大きな組織の場合は大規模な変更をしなくてはならないため、最初はどうしても混乱してしまいます。ただ、最初に大きな変更があるだけで、あとは軽微な変更や修正などで済むため、最初を乗り越えれば大丈夫です。
2つ目は、販売管理システムを使いこなせるようになるまでに時間がかかる場合があることです。パソコンが苦手という人はやはり覚えるまでに時間がかかってしまいます。使いにくいと逆に時間がかかってしまい、コスト削減どころではなくなってしまいます。そのような人にも使いやすいシステムの選定が必要なのはもちろん、使い方のサポートが必要となります。


質問

Q.販売管理システムの活かせる業界や具体的な事例は?


回答

A.
【製造業】
まず挙げられるのは製造業です。ほとんどの製造業の企業では、受注・仕入・在庫管理などを各部署で行っています。そのため、各部署での情報のやり取りがどれだけスムーズに行えるかがカギとなってきます。
販売管理システムがあれば、それぞれの部署の情報が1つにまとまるので、システムを見るだけで各部署の情報を正確かつリアルタイムでチェックすることができるのです。客先からの納期の質問などにも素早く正確に回答ができるようになるので、待たせることがありません。
【医療業界】
意外かもしれませんが、医療業界でも販売管理システムが活用できます。医療機器や医薬品などの商品を、販売管理システムの在庫管理機能を使って管理します。
医療業界ならではの販売方法もあり、ヒューマンエラーが許されない現場がほとんどです。複雑な業務を可視化し、効率化するのが医療業界での販売管理システムの役割です。


質問

Q.販売管理システムの比較ポイントとは?


回答

A.様々なところが開発している販売管理システムを比較するためのポイントには、
・機能性
・操作性
があります。
販売管理システムには、インターネット上で管理するクラウド型、パソコンにインストールして使用するパッケージ型、自社にサーバーを設置するオンプレミス型があります。全部同じように思えますが、セキュリティ面やコスト面などが大きく異なるため、気になる販売管理システムがどのようなタイプなのかをチェックしておくのが重要です。
販売管理システムの中には、豊富な機能を持つものもあります。システムに不慣れであったり、他の機能を必要としていない場合にはかえって使用しにくくなってしまう場合もあります。社内の誰もが使いこなせるかどうかを選定基準にしましょう。

販売管理システムを導入する目的についてよくある疑問

質問

Q.販売管理で生じる課題とは?


回答

A.
【情報更新や閲覧が不便】
販売管理は企業によってやり方が異なりますが、それぞれで課題が生じています。販売管理システムを導入していない企業のほとんどはExcelで販売管理を行っています。Excelは情報をまとめるのに適しているソフトですが、リアルタイムで情報の更新ができず、どこかのパソコンでファイルを開いていると別のパソコンでは開くことができないため、不便を感じたり作業効率が悪くなってしまいます。
更新するタイミングがバラバラだったり、新しいファイルを作成してしまったりと、何かと不都合が多いため、もっと効率をよく、ミスを少なくしたいと考える担当者も多くいます。
【管理項目が多い】
販売管理には、見積・受注・売上・仕入・在庫など様々な業務があります。大きな企業の場合、各業務ごとに部署が分かれていることがあるほど管理する業務が多いのです。
Excelなどで管理をしていると、ただでさえ多い業務をさらに細かくする必要が出てしまい、多すぎる業務がさらに多くなってしまうのです。管理をしている製品が多いほど複雑になってくるので、より効率よく作業できる方法が求められます。


質問

Q.販売管理システムを導入する目的は?


回答

A.多くの企業が販売管理システムを導入している目的は、入力ミス、計算ミスなどのヒューマンエラーを無くすことと、計算や入力の業務を少なくし、メイン業務を行う時間を確保すること、情報を一元化して調べることに費やす時間をなるべく少なくするというような目的があります。
システムを導入することで多くのデータを正確かつ簡単に管理できるようになり、
販売管理を行っているすべての部署とより密な連携を取れるようになります。
今よりももっと仕事を楽に、効率よく行いたいという目的で導入されるのです。


質問

Q.販売管理システム導入の効果やメリットは?


回答

A.実際に販売管理システムを導入した企業では、業務効率化はもちろんですが、データの可視化ができるようになり共有しやすくなった、より生産性が向上したという効果がありました。
業務の効率が良くなり生産性が上がればコストカットが叶い、利益が今まで以上に増えることになります。残業時間の短縮もでき、労働環境の改善にも繋がります。簡単に正確なデータが共有できれば、社内の雰囲気が良くなるという結果も得られるでしょう。


質問

Q.販売管理システムを導入する際の注意点や選び方は?


回答

A.販売管理システムの選び方は、それぞれの企業で重視したいポイントで決まります。予算・機能・カスタマイズ・システムの連携などがよく重視したいポイントとして挙げられていますが、どれを1番に重視するかは企業によって違うためまず何がメインになるのかを決めておくことが大切です。
予算をメインにしたい場合は毎月のコストが予算内に入るものの中から選びますし、どうしても使いたい機能があるという場合は、その機能を搭載したシステムの中から選ぶことになります。
まず考えたいのは、現在販売管理の業務で何が課題になっているのかということです。予算や機能も大切ですが、その課題を解決できるものを中心に選ばないと、導入後に不満が残る結果となってしまいます。何で悩んでいるのかを明確にしてから、販売管理システムの検討をするようにしましょう。

販売管理システムを使った売上管理の効率化についてよくある疑問

質問

Q.販売管理と売上管理の違いとは?


回答

A.販売管理と売上管理の基礎知識と、具体的な違いを紹介します。
【販売管理とは】
販売管理とは、販売におけるお金と物・サービスの流れを管理することです。
「いつどの商品・サービスを」「どこで誰に対して」「いくらで」「いくつ」販売したのか、情報を最適化。
さらに商品の料金をいつ回収するか、仕入れた商品の代金をいつ支払うかの管理をします。
「見積り」「受注」「出荷・納品」「売上計上」「請求」「回収」までが基本の流れです。
【売上管理とは】
売上管理とは、売上目標を達成するために必要な記録や分析業務を指します。
売上達成率や仕入原価、粗利、予算・経費の消化状況を把握して、経営上の問題点を明らかにするのが目的です。
「売上データ入力」「入力データ集計」「集計結果の分析」「改善対策」「フィードバック」までが基本的な流れになっています。
【販売管理と売上管理の違い】
販売管理は販売全体の流れを管理すること、売上管理は売上目標の達成のために行う業務のことです。
販売管理では売上に関する業務も行うため、売上管理が含まれてると考えてもよいでしょう。
どちらも重要な業務なので、専用システムを使って効率化するのがおすすめです。


質問

Q.販売管理システムを使って売上管理を行う方法は?


回答

A.販売管理システムを利用して、売上管理を行う方法を解説しましょう。
【売上管理機能を使用する】
多くの販売管理システムでは、基本の機能として売上管理が備わっています。
必要なデータを入力するだけで売上管理が可能。
販売管理システムを導入すれば、売上管理や受注管理、請求管理、在庫管理などをまとめて行えるでしょう。
【売上管理の詳しい機能】
販売管理システムの売上管理には、売上や売掛情報を入力して管理したり、売上伝票や売上明細の作成したりといった機能があります。
売上検索や売上データの抽出などの機能も便利です。
販売管理システムの中には、集計した情報をもとに売上予測ができるものもあります。


質問

Q.売上管理におすすめの販売管理システムは?


回答

A.売上管理におすすめの販売管理システムを紹介します。
【楽楽販売】
楽楽販売は多機能なクラウド型販売管理システムです。
売上管理機能では見積もりや受注の情報を転記して請求データを自動作成することで、日常の業務を自動化できます。
請求や売上ルールを登録すれば自動集計ができ、請求漏れや計上ミス防止に役立つでしょう。
【弥生販売】
弥生販売を導入すれば、販売管理に必要な機能がトータルで揃います。
見積書からクリックひとつで受注伝票を作成できるため、業務効率化におすすめです
売上・仕入レポートにより集計結果の分析ができ、経営戦略立案に役立つでしょう。
【freee販売】
必要な情報を入力するだけで、売上や仕入れなどの実績や見込みが見える化。
取引先別や部門別、案件別、担当者別に表示でき、表示内容は自由にカスタマイズができます。
IDを追加すれば複数人でアクセスできて、さらにコメント機能やバージョン管理機能もあるので、チームでの利用にもおすすめです。

おすすめの販売管理システムについてよくある疑問

質問

Q.通販業で販売管理システムを利用するメリットは?


回答

A.通販業で販売管理システムを利用する主なメリットを4つ紹介します。
【(1)在庫管理がしやすくなる】
販売管理システムを利用することで、商品の在庫状況をリアルタイムに把握できます。
また、在庫数が一定数以下になった場合には、自動的に発注依頼が送信されるように設定して在庫切れを防止できます。
【(2)受注・発注管理がしやすくなる】
販売管理システムを利用することで、顧客からの受注情報や現在の発注状況がリアルタイムで把握でき、効率のいい情報管理が可能です。
リアルタイムの状況が把握できるようになると、発注漏れや受注漏れの防止につながります。
【(3)販売戦略の実施がしやすくなる】
販売管理システムを利用することで、販売戦略の実施がしやすくなります。
なぜかというと、商品の値引きやキャンペーン情報など管理しやすくなるからです。
販売管理システムは、販売戦略の大きな手助けになるでしょう。
【(4)顧客管理がしやすくなる】
販売管理システムは顧客情報の管理も可能です。
顧客情報を把握することで、購買履歴に基づくマーケティング施策を実施できるようになります。
顧客が求める商品の情報を提供することで、顧客の購買意欲アップも期待できます。


質問

Q.通販業に必要な販売管理システムの機能とは?


回答

A.通販業に必要な販売管理システムの主な機能を一覧にまとめました。

機能説明
在庫管理機能・在庫数の管理や、商品の入荷・出荷などの在庫管理機能
・在庫が少なくなったときに自動的に発注する機能があると、効率よく在庫管理ができるようになる
受発注機能・顧客からの受注情報や発注情報を管理する機能
・受注情報や発注情報を自動的に処理する機能がある、業務の効率化につながる
顧客管理機能・顧客情報の管理機能
・顧客情報を元に、購買履歴に基づくマーケティング施策を実施できるようになる
レポート・分析機能・売上や在庫数、顧客数などのデータを集計してレポートを作成し、分析する機能
・レポート、分析機能を活用することで、業務の改善点や売上向上の施策を検討できる


質問

Q.販売管理システムの選定ポイントとは?


回答

A.通販業で販売管理システムを導入する際の選定ポイントは次のとおりです。
1.必要な機能が揃っているか
2.使いやすいシステムか
3.業務にあわせてカスタマイズができるか
4.セキュリティ体制は万全か
5.サポート体制は充実しているか
6.費用的な負担は問題ないか
これらを総合的に見て、自社に適したシステムを利用するようにしましょう。


質問

Q.通販業におすすめの販売管理システムは?


回答

A.通販業におすすめの販売管理システムを3つ紹介します。
【(1)Shopify】
Shopifyは、注文管理・在庫管理・顧客管理などの機能を提供するクラウド型の販売管理システムです。
シンプルで使いやすく、豊富な機能やテーマがあるため、拡張性にも優れています。
【(2)Magento】
Magentoは、大規模な通販業に向けた販売管理システムです。
高いカスタマイズ性があり、多言語対応やマルチストア機能、顧客管理やCRM機能、在庫管理や注文管理など、通販業に必要な機能が充実しています。
【(3)EC-CUBE】
EC-CUBEは、国産の販売管理システムで日本の通販業に特化した機能を提供しています。
シンプルで使いやすく豊富なアドオンやテーマがあり、拡張性にも優れているため、非常に使いやすいシステムです。
使用できる決済方法も豊富なため、顧客の要望にも柔軟に対応できます。

中小企業に適した販売管理システムについてよくある疑問

質問

Q.販売管理システムとは?


回答

A.販売管理システムとは、商品の在庫状況や売上などを一元管理するシステムです。
販売管理システムを使うことで、企業は商品の在庫や販売状況などをリアルタイムで把握できるようになり、より効率的に販売管理ができるようになります。


質問

Q.中小企業が販売管理システムを導入する際に気を付けるべきポイントとは?


回答

A.中小企業が販売管理システムを導入する際に注意すべきポイントが4つあります。
それぞれについて詳しく説明します。
【(1)業務の流れを把握する】
販売管理システムの導入を検討する際は、現在の業務の流れを把握して、どの部分にシステムを導入するか検討する必要があります。
販売管理システムはパッケージ化されているものが多く、補えない業務に関してはオプションをつけなければならないからです。
無駄なく販売管理システムを導入・運用していくためにも、まずは今の業務の流れを把握して、改善したい部分を洗い出すようにしましょう。
【(2)費用対効果を見極める】
次に、販売管理システムを導入することでどれだけの費用対効果が期待できるのか見極めましょう。
費用対効果が見られない業務に関してシステムを導入すると、無駄になってしまいます。
費用対効果を得られそうな業務がわかると、自然にどれだけシステムを導入するのか見えてくるようになります。
【(3)システムの導入や運用コストが見合っているか確かめる】
システムを導入する際にかかる費用や、運用コストがどれくらいかかるのかを試算して、コストが見合っているか検討するのも重要なポイントです。
いくら業改善されても、費用が見合っていない場合は運用を続けられなくなります。
システムにかけられる予算や、導入を検討しているシステムにかかる費用をよく確認するようにしましょう。
【(4)社員教育・トレーニングを行う】
販売管理システムを導入する際には、社員教育やトレーニングも十分に行いましょう。
いくら自社に適したシステムを導入しても、社員が使いこなせないと意味がないからです。
また、社員教育は1度だけで終わりにせず、適度な間隔で行うのがいいでしょう。


質問

Q.中小企業向けの販売管理システムとは?


回答

A.中小企業向けの販売管理システムは、在庫管理や受注管理などの販売に必要なシステムがコンパクトにまとまっているものがいいでしょう。
費用面においても、経営の負担にならない金額のものを選びます。
また、操作性も十分に考慮するべき要素です。
中小企業は大企業ほど社員教育に費やせる時間は取れないため、インターフェースなども使いやすいものを選ぶようにしましょう。


質問

Q.中小企業におすすめの販売管理システムは?


回答

A.中小企業におすすめの販売管理システムを3つ紹介します。
【FRAM】
FRAは、クラウドとは思えないほどの高速なレスポンスを誇る販売管理システムです。
料金も非常にリーズナブルで、システムにコストをかけたくない中小企業でも負担なく導入できます。
30日間の無料トライアルもあるので、まずは使用感を試してみたい方におすすめです。
【クラウドERP ZAC】
クラウドERPZACは、中小企業向けのERPシステムです。
ビジネスのあらゆる場面で必要とされる機能を網羅しているクラウドERPで、販売管理や在庫管理などさまざまな機能を提供しています。
また、ZACは初期費用や月額費用のコストが低く、中小企業でも負担なく導入および運用が可能です。
さらに、カスタマーサポートも充実しており、システム導入に人員を費やすのが難しい中小企業でも安心と言う面でも中小企業に向いているシステムと言えます。
【TEMPOSTAR】
TEMPOSTARは、小規模から中規模の企業に向けたクラウド型の販売管理システムです。
顧客管理や受注・出荷管理、在庫管理、見積管理、売上管理など、販売に関するあらゆる業務をサポートします。
また、一括請求書作成や売上・原価の分析機能なども充実しており、財務面の管理にも役立ちます。
さらに、機能追加によって経理や人事などの業務管理も可能です。

    その他の関連する記事

    これは 販売管理 の製品です。
    販売管理 の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【販売管理】

        類似サービス: CO-NECT

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用0円最短導入期間申込日の当日

        CO-NECTとは、CO-NECT株式会社(旧株式会社ハイドアウトクラブ)が運営している受発注システムです。 直感的なインターフェースが採用されているため、初めて受発注システムを利用する方でも、マニュアルいらずに扱うことができ、カスタマーサポートも優れているため、安心して導入することができます。

        受注業務のデジタル化で業務時間の削減が可能

        従来のFAXや電話での受注業務では、文字が読み取れないことから確認のために電話をしたり、聞き間違いよる発注ミスなどが起きてしまうケースも少なくはありませんでした。

        取引先への負担なく導入できる

        CO-NECTは、取引先(発注側)は無料で利用することができます。 新しいシステムを導入する際は、取引先にも同様のシステムを使ってもらうことが多く、料金や操作面などで負担がかかってしまう場合もあります。

        充実したレポート機能で受注状況の分析が可能

        CO-NECTには、販売管理や分析に関する機能が豊富に搭載されているため、受注状況を効率的に把握することが可能です。 CO-NECT以外の受注情報も一元管理できるため、受注状況の把握がしやすく、出荷指示もCO-NECT上から行うことができます。

        類似サービス: MA-EYESnc

        (4.5)

                           
        月額費用40,000円〜無料トライアル30日間無料
        初期費用0円最短導入期間3営業日

        MA-EYESncとは、株式会社ビーブレイクシステムズが提供しているクラウド型の業務管理システムです。 「プロジェクトの収支が把握できない」「複数のシステムに情報入力をしなければいけない手間が発生している」「集計作業が手間で確認作業に時間を要している」といった課題を感じている方におすすめです。

        プロジェクトの収支をリアルタイムで確認

        MA-EYESncでは、プロジェクトに紐づく経費や、社員・外注の方の実績を登録することで、プロジェクト終了前でも予実を確認することができます。 いつでもリアルタイムにプロジェクトの進捗が確認できるようになるため、未然にプロジェクトの赤字化を防ぐことができるようになります。

        全ての情報を一元管理

        複数のシステムに同じ情報を入力しなければならず、作業に時間を要しているといった課題も、MA-EYESncであれば解消できます。 MA-EYESncに入力した情報は引き継がれるため、二重入力が発生しません。 また、「受注と購買」といった異なる業務でも、1つのシステムで管理してシームレスな情報遷移を実現します。

        分析帳票をワンクリックで出力

        MA-EYESncで業務を管理することで、売上や粗利に関する帳票など、あらゆる情報をExcelデータとして出力することが可能となります。 それぞれにピボットが組まれているため、ユーザーが知りたい情報を多角的に確認することができます。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載