業務委託におけるシフト管理の注意点やおすすめのシフト管理システム

更新日:
これは シフト管理 の製品です。

シフト管理 の製品をまとめて資料請求

業務提携先に仕事を任せている場合、慎重なシフト管理が求められます。

従業員と同じシフト管理をすると違法となるケースもあるので、注意が必要です。

この記事では、業務委託のシフト管理について注意点をまとめました。

業務委託のシフト管理に必要な機能や、おすすめのシフト管理システムとあわせて紹介します。

おすすめの類似シフト管理ツール

類似サービス: JobSuite PARTTIME

(4.5)

                   
月額費用200円×スタッフ数無料トライアル要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

obSuite PARTTIMEとは、株式会社ステラスが運営しているシフト管理システムです。 オンライン上でシフト作成が可能なため、テレワークでも効率的なシフト管理が実現でき、導入企業に合わせた柔軟な設定が可能なため、幅広い業界から導入されている実績があります。

シフトの作成〜共有までをオンラインで完結

JobSuite PARTTIMEは、それまで店長や拠点長が抱えていたシフト作成に関する課題を解消して、より高付加価値な業務に取り組めるようにサポートすることが可能です。

あらゆる事業や業種で利用できる

JobSuite PARTTIMEには、役割管理機能やユーザー管理機能、スタッフ管理機能などで柔軟な権限設定が可能なため、幅広い業種で導入、シフト管理の効率化を実現することができます。

万全のセキュリティ体制

JobSuite PARTTIMEを運営するステラスは、採用管理システムで20年以上も個人情報を守ってきた実績があり、シフト管理システムにおいても管理者、スタッフなど、誰もが安心安全に利用することが可能です。

類似サービス: freee勤怠管理Plus

(4.5)

                   
月額費用300円/ユーザー無料トライアル30日間
初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

freee勤怠管理Plusとは、freee株式会社が運営している勤怠管理システムです。 スマートフォンやフィーチャーフォンから打刻できる手軽さと、位置情報取得による管理の効率化が実現でき、直行直帰やテレワークを取り入れている企業にもおすすめの勤怠管理システムとなっています。 幅広い打刻方法が利用できるため、企業のニーズに応じた勤怠方法を導入できる点も魅力的です。

多彩な打刻方法が導入できる

freee勤怠管理Plusでは、多彩な打刻方法を導入でき、従来のタイムカードを撤廃してペーパーレス化を図ることができます。 「共有端末打刻」「ICカード打刻機」「ICカードリーダー」「指紋・静脈認証」といった幅広い打刻方法を選択でき、企業で利用しやすい打刻方法を選択することで、タイムカードや打刻機を購入するコストの削減や、紙のタイムカードによる二重打刻や印字ミスなどを防止することが可能となります。

わかりやすい画面で管理・修正が可能

freee勤怠管理Plusは、ウェブ上で打刻修正や残業届の申請・承認が可能なため、リモートワークの勤怠管理にもおすすめです。 従来であれば、申請ごとに用紙に記入して提出しなければいけなかった手間が、ウェブ上で完結するため、ペーパーレス化はもちろん、働きやすさの向上にもつながります。

勤怠状況を一覧で確認

管理者側の画面では、従業員の勤務状況がリアルタイムに一覧で確認することができます。 紙のタイムカードの時には難しかったリアルタイムでの勤怠状況把握が可能となるため、働きすぎ防止、時間外労働が45時間を超えそうな社員には、適切なタイミングで注意喚起ができるようになります

これはシフト管理の製品です。

シフト管理の製品をまとめて資料請求

業務委託のシフト管理で注意すべきポイント

業務委託のシフト管理で、注意すべきポイントをまとめました。

違法になる可能性がある

業務委託契約と雇用契約は異なるため、業務委託先に対しては指揮命令権(業務上の指示を行う権限)がありません。

業務委託として契約したにもかかわらず、労働者として働かせるのは「労働者派遣法」や「職業安定法」で禁止されています。

働く場所や時間を指定できないため、勤怠管理やシフト提出を求めるのは違法(偽装請負)になる恐れがあるので注意しましょう。

偽装請負の判断基準は?

偽装請負の判断基準は指揮命令権の有無です。

雇用した従業員の場合は指揮命令があり、拘束性があり業務依頼の諾否はできません。

一方で業務委託先に対しては指揮命令がないため、拘束性はなく業務依頼の諾否が可能です。

違法になる行為とは

委託先は働く場所や時間を自分の意思で決められます。

細かな時間指定を求めたり、休日出勤を強要したりするのはNGです。

休日に電話をかけて出なかったとしても、委託先を責められないので注意しましょう。

偽装請負を避けるためには

業務委託契約書を結ぶときに、指揮命令権がないことを具体的に明記することが大事です。

就業規則が適用されないこと、業務時間や時間配分、進め方、場所は業務委託先に委ねるむねを記載します。

現場担当者にも指揮命令権について説明して、業務委託先への指示や命令ができないことを周知しておきましょう。

偽装請負を避けるためのシフト管理とは

偽装請負を防ぐためには、業務委託先のシフト管理はできるだけ避けてください。

どうしても業務委託先のシフト管理が必要な場合でも、具体的な時間や場所の指定をするのはNGです。

「平日の月曜日から金曜日に業務ができる」というように、時間や場所の指定に該当しない形でシフト提出を求めましょう。

業務委託のシフト管理で必要な機能

業務委託先には、業務を行う時間や場所を指定できません。

一方で大まかなシフト管理は可能なので、スムーズに連絡をとれるシフト管理システムがおすすめです。

チャットなど業務委託先とのコミュニケーションに役立つ機能がある、シフト管理システムを選んでください。

業務委託のシフト管理におすすめのシステム

業務委託のシフト管理におすすめの、システムを紹介しましょう。

らくしふ

らくしふでは、シフトの回収や共有をLINEで行えます。

LINEアカウントでのチャットでやり取りできるため、情報共有にも便利です。

法定労働時間や年少者の深夜労働に対するアラート機能があり、労働違反を未然に防止できます。

oplus (オプラス)

oplus (オプラス)は無料で始められるシフト管理システムです。

シフト提出や作成、退勤管理など基本的な機能を備えています。

作成したシフト表は手軽に共有でき、さらに掲示板で連絡をとれるのがメリットです。

Airシフト

Airシフトは、さまざまな業種や業態に対応したシフト管理システムです。

シフト表と一体になったチャット機能があるのが特徴。

情報共有ができるのはもちろん、急な連絡や調整もすぐに対応できます。

業務委託でのシフト管理は違法になる可能性がある

指揮命令権がない業務委託先には、働く場所や時間を指定できません。

シフト管理の内容によっては、偽装請負になる可能性があります。

時間や場所を指定しない形ならシフト提出を求めることが可能なので、偽装請負を防ぐために基本的な知識をチェックしておきましょう。

    その他の関連する記事

    これは シフト管理 の製品です。
    シフト管理 の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【シフト管理】

        類似サービス: JobSuite PARTTIME

        (4.5)

                           
        月額費用200円×スタッフ数無料トライアル要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        JobSuite PARTTIMEとは、株式会社ステラスが運営しているシフト管理システムです。 オンライン上でシフト作成が可能なため、テレワークでも効率的なシフト管理が実現でき、導入企業に合わせた柔軟な設定が可能なため、幅広い業界から導入されている実績があります。

        シフトの作成〜共有までをオンラインで完結

        JobSuite PARTTIMEは、それまで店長や拠点長が抱えていたシフト作成に関する課題を解消して、より高付加価値な業務に取り組めるようにサポートすることが可能です。

        あらゆる事業や業種で利用できる

        JobSuite PARTTIMEには、役割管理機能やユーザー管理機能、スタッフ管理機能などで柔軟な権限設定が可能なため、幅広い業種で導入、シフト管理の効率化を実現することができます。

        万全のセキュリティ体制

        JobSuite PARTTIMEを運営するステラスは、採用管理システムで20年以上も個人情報を守ってきた実績があり、シフト管理システムにおいても管理者、スタッフなど、誰もが安心安全に利用することが可能です。

        類似サービス: freee勤怠管理Plus

        (4.5)

                           
        月額費用300円/ユーザー無料トライアル30日間
        初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

        freee勤怠管理Plusとは、freee株式会社が運営している勤怠管理システムです。 スマートフォンやフィーチャーフォンから打刻できる手軽さと、位置情報取得による管理の効率化が実現でき、直行直帰やテレワークを取り入れている企業にもおすすめの勤怠管理システムとなっています。 幅広い打刻方法が利用できるため、企業のニーズに応じた勤怠方法を導入できる点も魅力的です。

        多彩な打刻方法が導入できる

        freee勤怠管理Plusでは、多彩な打刻方法を導入でき、従来のタイムカードを撤廃してペーパーレス化を図ることができます。 「共有端末打刻」「ICカード打刻機」「ICカードリーダー」「指紋・静脈認証」といった幅広い打刻方法を選択でき、企業で利用しやすい打刻方法を選択することで、タイムカードや打刻機を購入するコストの削減や、紙のタイムカードによる二重打刻や印字ミスなどを防止することが可能となります。

        わかりやすい画面で管理・修正が可能

        freee勤怠管理Plusは、ウェブ上で打刻修正や残業届の申請・承認が可能なため、リモートワークの勤怠管理にもおすすめです。 従来であれば、申請ごとに用紙に記入して提出しなければいけなかった手間が、ウェブ上で完結するため、ペーパーレス化はもちろん、働きやすさの向上にもつながります。

        勤怠状況を一覧で確認

        管理者側の画面では、従業員の勤務状況がリアルタイムに一覧で確認することができます。 紙のタイムカードの時には難しかったリアルタイムでの勤怠状況把握が可能となるため、働きすぎ防止、時間外労働が45時間を超えそうな社員には、適切なタイミングで注意喚起ができるようになります

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載