【比較ポイントも】シフト管理システムとは?おすすめシフト管理システム30選

最終更新日 

おすすめ!シフト管理ツール5社比較

シフト管理システムとは?

  • シフト管理ツールは毎月のシフト作成業務の負担を軽減してくれるサービス
  • シフト管理システムを利用することでスマホでシフト表の作成や管理が可能になるものもある
  • 手動でのシフト管理で起きがちなヒューマンエラーもなくすことができる
  • 従業員側もシステムを使うことでスマホ等でシフトを確認することができ、利便性が向上する

飲食店やアパレルショップなどシフト制度を採用している企業にとっては、シフト作成や勤怠管理などのシフト管理は重要かつ負担の大きい業務です。

人手不足からシフトが埋まらないことや、効率的にシフトを組まないと無駄な人件費が発生してしまったり、日によって人手が足りなくなってしまい業務の生産性を落とすことになりかねません。

複数店舗での展開をするような企業の場合、本部としてもシフト管理を行うことで各店舗での人の過不足状況や人件費がどれくらいかかっているのかを把握することができるのでシフト管理は適正に行いたいと考えることでしょう。

シフト表を作成する場合、人件費と照らし合わせて予算を超えない範囲で適切な人員を配置する必要があります。シフト管理の担当者は毎月、変動的なシフト希望に頭を悩ませています。

そんなシフト管理者の負担を大きく軽減してくれるのがシフト管理システムです。シフト入力の効率化やシフト表を簡単に作成することができるようになることでシフト管理の担当者の負担を軽減してくれます。

今回はそんなシフト管理システムについて、おすすめのシフト管理システムの紹介と共に導入のメリットや比較時のポイントなどをご紹介させていただきます。

おすすめのシフト管理システム30選

サービス名料金(月額)初期費用お試し利用特徴
jinjer勤怠300円〜/1ユーザー0円無料トライアルあり
・勤怠管理も可能
・マルチデバイスに対応
ジョブカン200円〜/1ユーザー0円無料プランあり
・システム場でシフト集計が可能
・総合的な従業員の管理が可能に
KING OF TIME300円/1ユーザー0円30日間無料
・複数の打刻手段を一括管理
・低コストで運用可能
Sync Up・ストア:5,000円0円無料体験あり
・簡単操作でシフト申請が可能
・OB/OG活用機能を搭載
SHIFTEE・LIGHT版/200円〜/1ユーザー
・FULL版/400円〜/1ユーザー
0円無料トライアルあり
・複数店舗のシフト管理が可能
・個別カスタマイズも可能
幹部の右腕要問い合わせ要問い合わせお試し版あり
・大人数での利用に最適化
・シフトを完全自動化できる
アールシフト300円〜/1ユーザー500,000円なし
・月間/日別でシフトを自動作成
・直感的操作が可能
KINPIRA CLOUD・0円/30ユーザーまで
・それ以降は110円〜
0円なし
・ICカード、スマホで使用可能
・セキュリティやサポートも万全
oplus・無料
・oplus Proは100円/1ユーザー
0円なし
・直感的操作が可能
・マルチデバイスに対応
・自動でシフト表を作成
Airシフト・100円/1ユーザー0円利用開始月・利用月が無料
・シフト収集が簡単
・人件費が簡単に計算できる
シフオプ・300円/1ユーザー0円なし
・希望シフトが自動反映される機能
・作成したシフトの共有
・ヘルプ募集機能
 はたluck・300円/1ユーザー50,000円なし
・シフトの提出・収集が効率的
・スムーズに欠員調整が行える
Ramanas・11,000円380,000円要問い合わせ
・AIの力でシフトを作成してくれる
・スキル情報や条件によってシフト作成可能
ジョブスイート・200円/1ユーザー要問い合わせ要問い合わせ
・オンライン上でワンストップでシフト作成可能
・柔軟なシステム環境なのであらゆる業態に適応してくれる
Optamo・要問い合わせ要問い合わせ無料トライアルあり
・労務コンプライアンスの強化に役立つ
・多彩なシフトパターンに対応できる
らくしふ・要問い合わせ10,000円無料トライアルあり
・シフト自動回収、シフト提出の自動リマインドが可能
・シフトの予実管理が可能
CLOUZA・200円0円無料トライアルあり
・GPSによる位置情報の確認が可能
・弥生給与やマネーフォワードなどの給与管理ソフトとの連携可
スマレジ・タイムカード・要問い合わせ要問い合わせ無料トライアルあり
・人事・労務に関わる業務にオールインワンで対応
・スマートフォンやタブレットから打刻できる
ShiftMAX・300円/1ユーザー 200,000円要問い合わせ
・あらゆるシフト&勤怠管理に対応
・エクセルをそのままユーザーインターフェースに活用
おまかせシフト・7,000円、または70,000円/年
0円無料トライアルあり
・マウス一つで簡単に操作できる
・いつでもシフト申請と確認が可能
shifcare・3,000円0円要問い合わせ
・コストパフォーマンスに優れている
・シフト表の自動作成や確認、スタッフのコスト試算ができる
TeamSpirit・600円〜150,000円あり
・勤怠管理を効率化することができる
・工数を自動で計算可能
AKASHI・200円〜0円あり
・労働時間管理や年休管理簿が可能
・テレワーク機能などが充実
Touch On Time・300円0円あり
・さまざまなタイムレコーダーで打刻できる
・自社のルールに合わせて残業の計算基準を設定
GMOシフトマネージャー・1,500円20,000円無料プランあり
・シフト管理とマイナンバーの管理に対応
・欠員発生時の調整もスムーズ
eシフ得・0円(有料版は1,000円)0円あり
・ネット接続が出来ない場所でもシフトの作成・確認可能
・5種類のアプリを無料で利用可能
かえる勤怠管理・7,500円0円あり
・業種に特化したプランが用意されている
・企業独自のタイムシフトがカスタマイズできる
bizpla(ビズプラ)・75円~250円0円(2021年9月現在)要問い合わせ
・シフトの過不足が可視化され、画面上にわかりやすく表示される
・パズルゲーム感覚でシフト作成が行える
BistroMate要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ
・売り上げ、勤怠、仕入れ、日報などをオールインワンで管理できる
・店舗と本部などで情報の管理や共有も実現
ほすぴタッチ・309円0円あり
・医療・介護福祉・ヘルスケア業界に特化した勤務シフト作成管理サービス
・医療・介護業界の特殊な勤務形態や独特な勤務ルールに柔軟に対応

jinjer勤怠

  • シフト管理から勤怠管理まで総合的に人事業務を行える
  • シフト希望の申請を1クリックで収集可能
  • 日別・月別でのシフト作成、シフトの募集、収集が行える
  • シフトの希望状況の可視化を実現

jinjer勤怠の特徴

jinjer勤怠はシフト管理はもちろん勤怠管理など総合的に人事業務をサポートしてくれるシステムです。

従業員からのシフト希望の申請を1クリックで収集することができ、スマホで休暇申請・残業申請・承認が簡単に行えます。月単位だけでなく日単位でも細かくシフトを作成することができ、シフトパターンも複数作成できることで変則的なシフトにも対応することが可能です。

jinjer勤怠の機能

日別・月別でのシフト作成やシフトの募集、収集もシステム上で行うことができます。

特定の人に対してシフト提出を求めるのもシステム上ででき、申請する側はスマホやPCから簡単に希望シフトを送ることができます。jinjer勤怠を利用することでシフトの希望状況を可視化することができるので過不足がすぐに確認できるようになります。

予実の管理も可能になるので実際に働いた時間とシフト上との差異を確認することで適切な勤務時間の管理を可能とするのです。

jinjer勤怠の料金

  • 初期費用/0円〜
  • 月額費用/300円〜/1ユーザー

2020年6月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:jinjer勤怠公式サイト

ジョブカン勤怠管理

  • 複雑な勤務形態でも自動で管理できるシフト管理ツール
  • 勤怠管理や打刻に関する機能も搭載
  • 初期費用不要
  • 50,000社以上の企業が導入

ジョブカンの特徴

ジョブカンは、クラウド型の勤怠管理システムです。

複雑な勤務形態でも自動で勤務時間を管理することができ、シフト管理に関する機能も豊富に搭載しています。シフト管理以外にも勤怠管理や打刻に関する機能を有しているため総合的に従業員管理が可能になります。

初期費用がかからずユーザーあたりの月額料金も非常に安価なのでシフト管理だけではなく人材の総合管理を目的として既に50,000社以上が導入しています。

ジョブカンの機能

直感的な操作でシフト管理をすることが可能です。

作成したシフトはシステム上で公開することができるので従業員それぞれが自分のスマートフォンなどで手軽にシフトを確認することができます。

スマホや携帯電話、PCから簡単にシフト申請をすることができ、通話ツールアプリのLINEを使うことで直近7日間までのシフトを確認することができます。スタッフ間でシフトを共有することが可能なので人手が足りない部分をスタッフが自発的に調整することができます。その他にも予算や予実の管理も可能です。

ジョブカンの料金

  • 初期費用/0円
  • 月額費用/200円〜/1ユーザー

2020年6月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:ジョブカン公式サイト

KING OF TIME(キングオブタイム)

  • 様々な勤務形態に対応できる勤務管理ツール
  • シフトの申請や確認をPCやスマートフォンから行える機能搭載
  • 設定しておいたスケジュールパターンを当てはめ、スケジュールを簡単に確認できる
  • 初期費用無料で使用可能

KING OF TIMEの特徴

KING OF TIMEは低価格から利用できる勤怠管理システムです。

昨今の様々な勤務形態に対応できるように幅広いスケジュールを管理することができます。時間ごとやスケジュールごとの人数、スケジュールパターンの回数などを確認することができます。

シフトの申請や確認は手持ちのPCやスマートフォンから簡単に行うことができるので担当者はシフト表を印刷する手間を省略することができます。

KING OF TIMEの機能

所属、雇用区分ごとにスケジュールのパターンを何パターンでも作成することができます。あらかじめ設定しておいたスケジュールパターンを各従業員に当てはめるだけで簡単にスケジュールを登録することができる機能も搭載されています。

予実の管理や個人ごとの時間給や交通費といった単価を設定することが可能です。単価設定を行うことで人件費の概算を管理することもできます。

KING OF TIMEの料金

  • 初期費用/0円
  • 月額費用/300円〜/1ユーザー

2020年6月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:KING OF TIME公式サイト

Sync Up(シンクアップ)

  • 収集・作成からヘルプ調整まで、簡単に行えるシフト管理ツール
  • スマートフォンやPCから簡単にシフトや勤怠の確認が行える
  • 複数店舗でのシフト管理にも最適な機能を搭載
  • 初期費用0円で利用可能

Sync Upの特徴

Sync Upはシフトの収集・作成からヘルプ調整までを簡単に進めることができるシフト管理システムです。

スマートフォンやPCから簡単にシフトの収集と作成、調整ができます。

複数店舗でシフト管理をする場合でも人が足りないシフトをエリアで共有することができるので簡単にヘルプを募集することができます。効率的に適正なシフト管理ができるので店舗運営の工数を削減でき、スタッフの稼働向上と定着率の向上を見込めます。

Sync Upの機能

従業員のシフト希望は自動でシフト表へ反映される機能があるので管理者は転記をする必要がありません。

シフト申請はスマートフォンから簡単に提出することができ、シフト提出の期間を設定することも可能です。シフト管理者は提出されたシフトを管理画面から時間調整や必要な分だけ削れば簡単にシフトを確定することができます。

ヘルプの募集依頼も従業員へ一斉に通知を送り共有することができるのでシフト調整の依頼を個別で打診する必要がなくなりシフト管理の効率化が可能になります。

Sync Upの料金

  • 初期費用/0円
  • ストア/月額6,000円/〜50ユーザー
  • エリア/月額8,000円/〜100ユーザー
  • エンタープライズ/月額16,000円/無制限

2020年6月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:Sync Up公式サイト

SHIFTEE(シフティ)

  • 複雑なシフトスタイルにも簡単に対応できるシフト管理ツール
  • シフト希望や確認もスマートフォンで簡単に行える
  • 複数店舗のシフトや勤務管理にも最適な機能を搭載
  • 人件費計算や働きすぎ防止の機能も便利

SHIFTEEの特徴

SHIFTEEはクラウド型のシフト管理システムです。

アルバイトやパートが多い企業でも複雑なシフト表に簡単に対応することができるので多くの企業に利用されています。シフト希望も確認も手持ちのスマートフォンで簡単にできるので従業員にとっても嬉しいサービスです。

複数店舗を運営している場合でも全店舗のシフトをシステム上で管理することが可能なのでリアルタイムにシフト状況を確認することができます。

SHIFTEEの機能

スマートフォン上から簡単にシフトの申請が可能で、シフトが確定するとお知らせ通知がくるので確認忘れを事前に防ぐことができます。

1日ごとのタイムラインを表示してシフトを作成することができるラインシフト作成機能があるので時間帯ごとの人員配置や細かい作業指定をすることが可能になります。

もちろん月間でのシフト作成も可能です。シフトの希望はスマホ経由で簡単にでき、集めたシフトは自動的にシフト作成画面に反映されるので管理者はシフトをまとめる手間を削減できます。その他にもシフト表のエクセル出力やスキル登録、人件費計算や働きすぎを防止する機能などが搭載されています。

SHIFTEEの料金

  • 初期費用/0円
  • LIGHT版/月額200円〜/1ユーザー
  • FULL版/月額400円〜/1ユーザー

2020年6月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:SHIFTEE公式サイト

幹部の右腕

  • 人員配置の無駄を解消できるシフト管理ツール
  • フレキシブルな働き方にもしっかりと対応
  • 不公平感がおこならないようにシフトを偏らずに作成できる
  • 規模に合わせ、業務に必要な人員数を計算できる

幹部の右腕の特徴

幹部の右腕は人員配置のムダ・ムラ・ムリが解消できるシフト管理システムです。

フレキシブルな働き方にも対応したシフトを作成することができ、多くの従業員を抱える企業でも従業員によってシフトが偏るような不公平感がないように人材配置をすることが可能です。

幹部の右腕の機能

複雑なシフトも自動で作成することが可能で立地やサービスレベル、規模に合わせた必要な人員数を計算することもできます。

シフトの組み合わせ条件も設定できるので新人とベテランをうまく組み合わせて円滑にシフトを回していくことができます。予実管理やタスク分担表を作成することも可能です。

幹部の右腕の料金

  • 初期費用/要問い合わせ
  • 月額費用/要問い合わせ

2020年6月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:幹部の右腕公式サイト

アールシフト(R-Shift)

アールシフトの特徴

アールシフトは多機能で業務の効率化ができるシフト管理システムです。

直感的操作が可能で見やすい管理画面なのでシフト管理システムを使ったことがないという方でもシフト管理を効率化することが可能です。オプション機能も豊富で勤怠データを連携させたりPOSデータの連携などが可能になります。

アールシフトの機能

世界最高速の数理最適化エンジンによって月間シフトを自動で作成することが可能です。

スタッフのシフト希望を自動で反映してくれるので複雑な勤務形態にも柔軟に対応することができます。シフト集計の結果を素早く反映し月間勤務の内訳を作成することができるので従業員ごとの勤務状況を可視化することができます。

日別シフトでも同様のことができるので効率的にシフト管理を行うことが可能です。オプションを利用することで欠員募集システムやマンアワー管理システムを利用することもできます。

アールシフトの料金

  • 初期費用/500,000円
  • 月額費用/300円〜/1ユーザー

2020年6月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:アールシフト公式サイト

KINPIRA CLOUD(キンピラクラウド)

KINPIRA CLOUDの特徴

KINPIRA CLOUDはSCAVEが運営しているクラウド勤怠管理システムです。

SuicaやPASMOなど、交通系ICカードで打刻ができるという手軽さが人気のサービスです。打刻機を導入する必要がなく、オフィスの入り口にスマホを1台設置すれば勤怠管理が可能になります。Webブラウザやスマホ専用のアプリをインストールすることで、在宅勤務の際の打刻もできます。

KINPIRA CLOUDの機能

稼働中のスタッフを可視化することができます。氏名・所属・役職などから人事情報を簡単に検索できます。また残業時間アラートや有給失効アラートなどの機能も搭載しており、ボーダーを越えそうになると通知してくれるため、超過労働の抑止になります。

2段階認証の設定が可能なのでセキュリティ対策も万全。不明点が発生した場合のサポートも回数無制限で無料で受け付けてくれるので安心できます。

KINPIRA CLOUDの料金

  • 初期費用/0円
  • 月額費用/0円/30ユーザーまで それ以降は110円〜

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:KINPIRA CLOUD公式サイト

oplus(オプラス)

oplusの特徴

oplusはシフト作成や提出、管理がいつでもできるクラウド型シフト管理サービスです。

スマホやタブレットで使用できるので、スムーズなシフト管理が可能です。シンプルで直観的な操作が魅力的で、ITツールが苦手な人でも簡単に使いこなせるのがポイントです。東武トップツアーズや株式会社PR TIMESなどの有名企業からも多数導入されています。

oplusの機能

SMSを利用しスタッフをoplusに招待することで、スタッフ自身に基本情報の登録をしてもらうことができ管理者の負担が軽減されます。AI機能も優秀で、カスタム機能を導入することによりニーズに合わせたシフト表を自動作成することが可能です。

oplusの料金

  • 初期費用/0円
  • 月額費用/0円/ oplus Pro 月額費用/100円/1ユーザーにつき

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:oplus公式サイト

Airシフト(エアシフト)

Airシフトの特徴

Airシフト(エアシフト)は便利にシフトを管理することができるシステムです。

管理者からAirシフトに招待された従業員は、アプリから希望シフトと休み希望を提出できます。シフトの提出に電話やメールを使う必要がなくなります。また、提出を忘れている従業員にはリマインドで通知することが可能です。

Airシフトの機能

従業員が希望したシフトは自動的にシフト表へ反映され、それを見ながらシフトの作成が可能です。スタッフごとや日ごとの人件費が一目で確認することができます。また、従業員の勤怠や、休憩時間を記録する打刻機能も備わっており、労働時間を簡単に集計することができます。設定した時給・交通費と労働時間をかけ合わせた人件費の計算ができるのも嬉しいポイントです。

Airシフトの料金

  • 初期費用/0円
  • 月額費用/月額100円/1ユーザーにつき

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:Airシフト公式サイト

シフオプ

シフオプの特徴

シフオプは、株式会社リクルートジョブズが提供しているシフト作成・管理システムです。

効率良くシフトの作成や管理ができるツールとして支持されています。シフトの自動反映機能、自動締切メール送信機能などの機能で、一人一人にシフトの確認を取る手間が省けるのが特徴です。日別、週別、月別などからシフトを作成できるのもポイントです。

シフオプの機能

確定したシフトは、自動でメールやアプリで送信されるため、簡単にスタッフ全員とシフトを共有することができます。パソコンやスマートフォンを利用して、いつでもチェックが可能です。労務規定違反となるシフトには、自動で警告を表示してくれます。また、ヘルプ募集の一斉送信機能が搭載されているのも嬉しいポイントの一つ。人手が足りない際にヘルプ募集を送信することで、急いでスタッフを確保することが可能です。複数店舗管理機能も備わっており、異なる店舗同士でシフト情報を共有できます。

シフオプの料金

  • 初期費用/0円
  • 月額費用/月額300円〜/1ユーザーにつき

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:シフオプ公式サイト

 はたluck

はたluckの特徴

はたLuckは、店舗サービス業に特化したシフト管理サービスです。

シフト作成はもちろん、店舗内の情報共有やエンゲージメント改善機能等、店舗運営に関する様々な機能が搭載されているのが特徴です。シンプルで使いやすいUIが好評でシフトの申請・調整・確定・確認がより効率的に行えます。

はたluckの機能

スマホから希望シフトを簡単に申請でき、管理画⾯に⾃動的に反映されるので回収・集約の手間が省けます。確定したシフトは、スタッフのスマホに通知されるので、すぐに確認することができます。また、欠員が出た時は、スタッフに一斉通知ができ、欠員調整ができるのもポイントです。店別や曜日別に必要なポジションを設定できるので、人員を的確に配置できる機能も搭載されています。

はたluckの料金

  • 初期費用/50,000円
  • 月額費用/月額300円〜/1ユーザーにつき

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典: はたluck公式サイト

Ramanas

Ramanasの特徴

Ramanasは、難解で複雑なシフト表をAIの力で作成してくれるシステムです。全国で1,800社以上が導入しており、実績を上げています。

Ramanasの機能

シフト表を自動作成できるので、その時間を大幅に削減することが可能です。作成業務から解放されるため、本来の業務が効率的に行える利点があります。また、シフト表は条件に沿った形で完成されるため、労働環境の改善に役立ちます。シフトの作成者が代わる際も、スキル情報や条件を変更すればシフト表の作成ができるので、煩雑な引き継ぎ作業も必要ありません。

Ramanasの料金

  • 初期導入パック/308,000円
  • ライセンス・運用サポート/月額11,000円

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典: Ramanas公式サイト

ジョブスイート

ジョブスイートの特徴

ジョブスイート パートタイムは、採用管理システムで実績を上げてきたステラスが提供している、パート・アルバイトのシフト管理が効率的に行える管理システムです。シフト作成をオンラインで完結できるサービスです。

ジョブスイートの機能

シフト作成が効率的に収集・作成・調整・展開できる管理システムなので、オンライン上でシフトに関する業務をワンストップで完結できるのが特徴です。これまでアナログな方法で、手作業で集約していたシフト情報をオンラインで処理できるのが魅力です。また設定を柔軟に行えるため、幅広い業種業態の対応できるので、課題の解決に貢献してくれるのも嬉しいポイントです。

ジョブスイートの料金

  • 初期費用/要問い合わせ
  • 月額費用/月額200円〜/1ユーザーにつき

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典: ジョブスイート公式サイト

Optamo

Optamoの特徴

Optamoは作業時間の短縮や業務効率化など、働き方改革の考え方を実現に移せるクラウドサービスです。労働計画管理、加重労働対策、公平な勤務シフトによる不平不満の解消など、勤務シフトの最適化に役立ち、職場環境の改善が行えるサービスです。

Optamoの機能

シフトチェック機能が搭載されており、残業時間の罰則付き上限規制や、有給取得の義務化など、労務コンプライアンスの強化に役立ちます。シフト作成の際にも、スキルと勤務希望を加味して自動作成してくれるので、誰でも品質の高いシフトが作れます。多彩なシフトパターンに対応してくれるのも嬉しいポイントです。

Optamoの料金

  • 初期費用/要問い合わせ
  • 月額費用/要問い合わせ

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典: Optamo公式サイト

らくしふ

らくしふの特徴

らくしふは、LINEを用いて、シフト管理の効率化から利益向上までを見込めるシフト管理ツールです。外食・小売・アミューズメント業界など、幅広い業態へ、4,500店舗以上の導入実績を誇ります。シフト管理業務の90%以上を削減する事ができ、店舗業務の効率化を図れます。

らくしふの機能

LINEを使用したシフト自動回収、シフト提出の自動リマインドなど、便利な機能が様々搭載されています。シフトの作成・管理はもちろん、シフトの予実管理も行う事ができ、あらかじめ最適な人件費の算出をしておく事で、より利益向上の可能性を生み出します。

らくしふの料金

  • 初期費用/10,000円
  • 月額費用/要問い合わせ

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:らくしふ公式サイト

CLOUZA

CLOUZAの特徴

CLOUZAは、シンプルで分かりやすい機能を持つシフト管理ツールです。初めて勤怠管理システムを導入する企業や、多機能なシフト管理ツールを使いこなせない企業に向いているサービスです。リアルタイムでの勤務状況の可視化ができるのもポイントです。

CLOUZAの機能

基本的なシフト管理や集計はもちろん、リアルタイムでの勤務状況の可視化による業務の効率化や、GPSによる位置情報の確認などもできます。弥生給与やマネーフォワードなどの給与管理ソフトとの連携もでき、少人数の勤怠管理やアルバイトが多い職場におすすめです。

CLOUZAの料金

  • 初期費用/0円
  • 月額費用/200円〜

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:CLOUZA公式サイト

スマレジ・タイムカード

スマレジ・タイムカードの特徴

スマレジ・タイムカードは、勤怠管理、給与計算、日報管理、マイナンバー管理など、人事・労務に関わる業務にオールインワンで対応できます。売上金額や来店客数などをもとに、ベストなシフトを作成でき、経営状況と勤怠状況を連動して分析できるサービスです。

スマレジ・タイムカードの機能

経営判断や経営分析を得意とする勤怠管理システムです。タイムカード機能で集計されたデータをもとに時給や日給の給与計算ができるので、アルバイトやパートタイマーのスタッフを雇用する店舗に向いています。スマートフォンやタブレットなどから打刻ができるので、GPS機能との連動により、不正行為も防止できます。

スマレジ・タイムカードの料金

  • 初期費用/無料
  • 月額費用/0円〜

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典: スマレジ・タイムカード公式サイト

ShiftMAX

ShiftMAXの特徴

ShiftMAXは、ハイブリッド型のシフト・勤怠管理システムとして人気のあるサービスです。
あらゆるシフト体系や勤怠管理をきめ細かくサポートしてくれるのが特徴です。セミオーダー感覚で企業のスタイルに合わせ柔軟にアレンジすることができます。

ShiftMAXの機能

エクセルのスタイルをそのままユーザーインターフェースに採用しているので使いやすさが持ち味です。それによりスタッフの学習コストや手間を軽減することができます。場所や人数により最適な打刻方式が選択できます。またICカードやスマートフォン、タブレットなどによるモバイル打刻、指静脈認証などの生体認証にも対応できるのも嬉しいポイントです。

ShiftMAXの料金

  • 初期費用/200,000円
  • 月額費用/300円〜

2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典: ShiftMAX公式サイト

おまかせシフト

おまかせシフトの特徴

おまかせシフトは、いつでも簡単にシフト表を作成できるサービスです。マウスだけで簡単にシフト作成ができスムーズな操作性が特徴です。休憩時間や勤務パターンが簡単に登録できます。

おまかせシフトの機能

スマートフォンやPCから、24時間いつでもシフト申請や確認をすることができるので、シフト収集や提出の煩雑さから解放されます。困った時は電話やメールでしっかりと無料でヘルプ・サポートをしてくれます。

おまかせシフトの料金

  • 初期費用/無料
  • 月額費用/7,000円、または70,000円/年

2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典: おまかせシフト公式サイト

shifcare

shifcareの特徴

shifcareは、シフト表をかんたんに作成・共有できるサービスです。シフト管理を低コストでサポートしてくれるので、圧倒的なコストパフォーマンスを実現してくれます。クラウドならではのメリットが満載です。

shifcareの機能

スタッフからシフト希望を収集する希望シフト制、またスタッフがシフトに入れる曜日や時間帯を設定する固定シフト制のどちらに対しても簡単に作成できるのが魅力的です。充実したシフト管理機能を持ち、シフト表の自動作成から確認、スタッフのコスト計算も可能です。

shifcareの料金

  • 初期費用/無料
  • 月額費用/3,000円〜

2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典: shiftcare公式サイト

TeamSpirit

TeamSpiritの特徴

TeamSpiritとは、株式会社チームスピリットが運営する勤怠管理システムです。

勤怠やタスク管理を効率化できるので、業務の効率化と透明化を実現できます。1,300社以上、25万人以上の導入実績があるサービスとして人気を博しています。勤怠管理や経費精算を一元管理できるのが魅力的です。これまで手作業で行っていた業務を削減し、データの可視化が可能です。

TeamSpiritの機能

PCやスマホアプリで簡単に打刻ができるので、勤怠管理を効率化することができます。打刻したデータはリアルタイムでクラウド上の勤務表に反映され、給与計算システムと連携できます。また勤怠管理と連携して従業員のタスクを管理することができ、工数管理の効率化が実現できます。作業割合を登録することで、工数を自動で計算してくれるのでより、負担を軽減してくれます。

TeamSpiritの料金

  • 初期費用/150,000円
  • 月額費用/600円〜

2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典: TeamSpirit公式サイト

AKASHI

AKASHIの特徴

AKASHIは、ソニービズネットワークス株式会社が開発したクラウド型勤怠管理システムです。

労働時間管理はもちろん、年休管理簿やテレワーク機能などさまざまな機能が満載されており、作業がより効率的になります。操作が誰もができるほど簡単なのが特徴で、管理画面のデザインがシンプルなのも特徴です。

AKASHIの機能

AKASHIは、さまざまな方法で打刻が可能なので、利便性が高いのが特徴です。打刻はもちろん、パソコンをはじめさまざまな媒体から利用できるので、作業能率が向上します。従業員の勤怠確認をワンクリックで行えるので、従業員の勤務状況を個別管理できます。またテレワーク機能も充実しています。

AKASHIの料金

  • 初期費用/無料
  • 月額費用/200円〜

2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典: AKASHI公式サイト

Touch On Time

Touch On Timeの特徴

Touch On Timeとは従業員の勤怠を管理するためのシステムです。クラウド型のサービスとして165万人以上のユーザーが導入しており、人気のあるサービスです。

クラウド型のシステムゆえに消耗品が必要ないのが特徴です。リアルタイムで出勤状況を確認することができ、勤怠管理からシフト管理まで、高く評価されています。

Touch On Timeの機能

Touch On Timeでは独自開発のものを筆頭に、さまざまなタイムレコーダーで打刻できるのが特徴です。
指紋認証、ICカード認証、従業員ID&パスワード認証の3種類から打刻方法を選択でき、パソコンと接続しなくても使えます。また、自社のルールに合わせて残業の計算基準が設定できるので、深夜残業や休日残業などにも対応できます。休暇管理も可能なため、便利に使用できます。

Touch On Timeの料金

  • 初期費用/無料
  • 月額費用/300円〜

2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典: Touch On Time公式サイト

GMOシフトマネージャー

GMOシフトマネージャーの特徴

GMOシフトマネージャーは、シフト管理とマイナンバーの管理に対応したツールです。スタッフのアプリから希望シフトを収集しすぐに自動反映が可能なので、シフト管理が簡単に行えます。スタッフの欠員が出た場合もグループチャットを利用して、すぐに全員に通知できるので、即座にシフト調整が必要な際もスムーズです。スタッフのマイナンバーも収集から管理、廃棄まで一元的に行えます。

GMOシフトマネージャーの機能

スタッフの希望シフトは1つの管理画面で通知から調整まで行えます。リアルタイムで反映するため、紙や電話、データ化が不要になります。欠員発生時の調整もスムーズに行え、変更内容も自動的に反映されます。退職者のマイナンバーは、保管期限が経過したら自動で廃棄してくれます。

GMOシフトマネージャーの料金

  • 初期費用/20,000円〜
  • 月額費用/1,500円〜

2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典: GMOシフトマネージャー公式サイト

eシフ得

eシフ得の特徴

eシフ得は、シフト管理業務の作業時間を大幅に削減できるツールです。ネット接続が出来ない場所でもすぐにシフトスケジュールの作成・確認ができるのが特徴です。タイムレコーダ機能を使用することで、出退勤の記録や労働時間の計算も可能になります。

eシフ得の機能

eシフ得は5種類のアプリを無料で利用出来ます。アプリは、タブレット・スマートフォンに特化しており、起動が早くすぐに使えるのが特徴です。移動中でももちろん使用可能で、タッチ操作で簡単に使えるのが嬉しいポイントです。

eシフ得の料金

  • 初期費用/無料
  • 月額費用/0円〜(有料版は1,000円〜)

2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典: eシフ得公式サイト

かえる勤怠管理

かえる勤怠管理の特徴

「かえる勤怠管理」は一般業務向けの多機能プランはもちろん、介護・医療系やビル管理・飲食店向けなどの業種に特化したプランが用意されており便利に使用出来ます。リアルタイムに日々の勤怠が集計され、業務改善や、人数毎や拠点毎の課金プランも使用でき、高評価を得ているサービスです。

かえる勤怠管理の機能

業界特化型システムが用意されており、医療・介護プラン、ビル管理プラン、派遣プラン、飲食プラン、24時間交代制を考慮したアミューズメントプランなど、幅広く使えるのが魅力的です。料金体系も1ユーザ単位になっているプランも多くより効率良く利用できます。企業独自のタイムシフトもカスタマイズしてくれるのもポイントです。

かえる勤怠管理の料金

  • 初期費用/0円〜
  • 月額費用/7,500円〜

2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典: かえる勤怠管理公式サイト

bizpla(ビズプラ)

bizplaの特徴

bizplaシフトは、フューチャートが提供しているシフト作成・管理システムです。シフト作成を簡単に行えるツールとして人気を博しています。シフトの過不足が可視化され、画面上にわかりやすく表示されるので、空白のマスを埋めていくだけでシフト作成が可能です。パズルゲーム感覚でシフト作成が行えると評判を呼んでいます。パソコンが苦手な方でも安心して使用できます。

bizplaの機能

早番・遅番などの固定シフトにも対応可能で、従業員はスマホから簡単に申請できます。スタッフがシフト申請した希望の出勤日やお休みがそのまま管理画面に反映されるので、希望が揃い次第、そのままシフト作成が開始できます。自社のシフト作成ルールに沿い、ストレスなく作業ができるのも嬉しいポイントです。

bizplaの料金

  • 初期費用/200,000円(2021年9月現在、キャンペーン期間につき無料)
  • 月額費用/75円~250円

2021年9月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典: bizpla公式サイト

BistroMate

BistroMateの特徴

ビストロメイトは、飲食店に必要な業務システムをトータルサポートするサービスです。売り上げ、勤怠、仕入れ、日報などをオールインワンで管理できるツールとして人気を博しています。短期間、低コストで導入できるのも嬉しいポイント。これまで店舗スタッフの経営手腕や経験に頼っていた飲食店業務の全般をシステム化してくれます。

BistroMateの機能

店舗業務の標準化とデータの一元管理が可能になるので、店舗業務や本部管理がスムーズかつ効率的に行えます。営業日報を自動で作成できるのもポイントの一つ。本部の集計作業が必要なくなり、損益情報などが一目で把握できるようになります。店舗と本部などで情報の管理や共有も実現できます。スマートフォンやタブレットに対応でき、発注・棚卸もかんたんに行えるのも魅力的です。

BistroMateの料金

  • 初期費用/要問い合わせ
  • 月額費用/要問い合わせ

2021年9月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典: BistroMate公式サイト

ほすぴタッチ

ほすぴタッチの特徴

ほすぴタッチは、医療・介護福祉・ヘルスケア業界に特化した勤務シフトを自動作成して管理できるサービスです。AIと高度な数理モデルにより、独自の勤務ルールや複雑な条件を採用している職場でも、短時間で何千万・何億通りのシフト表を自動で作成できるのが特徴です。医療機関とのコラボレーションにより実現したシステムなので、シフト表作成と管理運用という現場の悩みや課題を、解決に導く機能が搭載されています。

ほすぴタッチの機能

医療・介護業界の特殊な勤務形態や独特な勤務ルールに柔軟に対応できるのが強みです。日本語で簡単に入力・設定ができるので、変更が強いられる場面を得意とし、勤務状況や人材の出入りがあるケースでも、シフト表をすばやく何度も組み直せるのが魅力的です。そのため、コロナ禍のような緊急時や災害時にも向いているサービスと言えるでしょう。

ほすぴタッチの料金

  • 初期費用/0円(2021年9月現在)
  • 月額費用/309円〜

2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:ほすぴタッチ公式サイト

シフト管理システムの管理者にとってのメリットは?

シフト表作成の効率化が可能に

シフト管理システムを導入することで、今まで担当者が従業員から提出されたシフト申請をエクセルに手入力でまとめていた手間から解放されます。

多くのシフト管理システムではシフト申請はスマートフォンなどから簡単に行うことができ、集計したシフトを自動で反映してシフト表を作成してくれます。

シフト管理者は自動生成されたシフト表から人員が足りない箇所の補充を募ったり、人員が余剰になっている部分を削るだけで適正なシフト表を完成させることが可能です。また、手入力の時は入力ミスや確認ミスで起こりがちだったヒューマンエラーを防止することが可能になります。

多店舗経営でもシフト管理が簡単に

シフト管理システムでは多店舗経営の企業に向けた機能が多数搭載されており、近いエリア間でのシフト状況を可視化することができたり、状況に応じて人員欠員によるヘルプ申請をだすことが可能です。

シフト状況はクラウド上で共有することができるので管理者がわざわざ本部に問い合わせをしてヘルプの申請をしたり店舗へ電話してヘルプの要請をする手間はかかりません。

業務の改善が可能に

適正なシフト表管理によって1日に必要な人数をキチンと配置することが可能になります。

システムによっては他システムとの連携を行うことで給与計算や勤怠管理も行うことができるようになり、管理担当者の業務を総合的に改善させることが可能になります。

また、ベテランと新人をうまく組み合わせてシフトを作るなどがシフトの希望状況を可視化できることにより簡単に行えます。これにより人材育成の効率もアップさせることが可能です。

シフト管理システムの従業員にとってのメリットは?

シフトの申請・確認が簡単に

多くのシフト管理システムではシフトをスマートフォンやPCから簡単に申請することができ、システムによってはシフト決定の通知を送ってくれるものもあります。これによって今まではメールや電話、または直接店舗などに行ってシフトの希望申請を行っていた手間から解放されます。

シフトの偏りが解消される

シフト管理システムではそれぞれのシフト希望状況、前回までの勤務状況をリアルタイムで把握できるので新人とベテランを組み合わせてシフトを作成するなどしてシフトの偏りを避けることができます。これによって今までシフトが希望通りにならず勤務日数が減ってしまっていたという従業員の悩みを解消することが可能になります。

シフト管理システムの選び方・比較ポイント

自社の業種や企業規模にあったシステムを選ぶ

シフト管理システムを選ぶ際は飲食店や医療系など自社の業種にあっているシステムであるかを比較することが重要です。

業種によっては日勤と夜勤に別れているものもあったり休憩時間が変則的になりがちなシフトを採用している業種もあります。これらに対応できるシフト管理システムなのかを比較検討するようにしましょう。

また、システムによっては従業員100人以上やそれ以上を対象としたものもあるので比較検討するシステムがどの程度の従業員規模に対応しているのかを確認しましょう。自社の将来的な従業員数が予測できる場合はそれも含めて比較検討することが重要です。

自社の労働形態に対応できるシステムか

1つの職場の中に正社員やアルバイト、パートといった様々な業務形態の人がいるとその分シフト管理が難しくなります。ですので複雑なシフトに対応できるようなシステムを選ぶことが重要です。

シフト管理システムの多くは複雑な勤務形態にも対応できるような機能を搭載していますが必ず確認するようにしましょう。

操作性を確認する

どんなに便利なシステムでも管理する人が使いこなせなければ意味がありません。ですので事前に数社のシフト管理システムの無料版(フリートライアル)を利用してみてシフト管理システムとはどういうものか体感した上で比較検討することをおすすめします。

初めてシフト管理システムを利用する人でも直感的に操作ができることはもちろん、引きつぎを行うことになった際に簡単にシステムの説明ができるかどうかも比較しましょう。

料金体系を確認する

シフト管理システムの多くは利用ユーザー数ごとに月額料金が発生するタイプが多いですが、中には一定のユーザー数までは固定料金で利用できるものもあるので自社の将来的な従業員数も予測した上で料金体系を比較しましょう。

また、初期費用が発生するシステムもあるのでコストを抑えてシフト管理システムを利用したいという場合はこの部分を確認しておくことも重要です。

シフト管理システムと手書きやエクセル管理の比較

時間の効率化

手書きやエクセルを使用してシフト管理をする場合は、従業員からのシフト申請を元に担当者がそれを目視で確認して紙やエクセルに手で入力していく必要があります。

エクセルは関数を使用できることで勤務時間の計算や従業員の過不足を計算するのが効率的に行うことができますが、いちいちシフト申請を確認して手で入力していかなければいけないためどうしても時間がかかりますし入力ミスなどによるヒューマンエラーが発生する危険性があります。

また、紙でのシフト管理の場合はシフト表を紛失してしまったり破損させてしまうという危険性があります。

シフト管理システムを利用することで、シフトを自動で集計してシフト表に反映するところができるので圧倒的に時間を短縮することが可能です。他システムと連携することで給与計算や人件費の計算も可能になるものも多いです。

従業員の利便性

従業員にとっての利便性を比較すると、エクセルや紙でのシフト管理をしている場合は担当者がシフトを完成させるのを待って電話やメールで連絡がくるのを待つか、自ら店舗に行きシフト表を確認する必要があります。

これに対してシフト管理システムはシフトが確定するとシステムから従業員のスマホやPCへ通知を送ることができるので従業員にとってもわざわざシフトを確認しに出歩いたり電話をする手間を省略することができます。

また、シフトの申請方法もシフト管理システムであればスマホや携帯電話を使ってテンプレートから希望を選択して簡単に申請することが可能というケースが多いです。

連携性

連携性という部分で比較すると、紙やエクセルでのシフト管理の場合シフト表の作成や勤務時間の計算といった部分までを単独で行うことになりますが、シフト管理システムでは給与計算ソフトや勤怠管理システム、人事・労務管理のシステムと連携させることでその利便性を飛躍的に向上させることが可能になります。

エクセルでも給与計算などを関数によって行うことはできますがシフト管理システムの場合デフォルトで給与計算や勤怠管理システムが組み込まれているものもあるのでシステム1つで業務効率化できることが広がります。

シフト管理システムでシフト管理を効率化

今回はシフト管理システムについてご紹介させていただきました。シフト管理はアルバイトやパートだけでなく、多様な働き方を管理する上でかかせないものです。昨今、働く時間の多様化や業務形態の多様化に合わせてシフト管理の担当者の負担は大きくなる傾向にありますが、シフト管理システムを導入することでシフトの集計からシフト作成までを自動化し、業務の効率化を図ることができます。

シフト管理が適正に行われるようになれば、新人とベテランをうまく組み合わせたりできるので人材の育成も促進することができ、働きやすい環境を作りやすくなることで従業員の働く意欲の向上や職場への定着を期待できます。また、他システムと連携することで、シフト管理だけではなく勤怠管理や給与計算など総合的に業務の生産性を向上させることができるようになります。

導入あたっては自社のシフト管理における課題を事前に明確にして、自社の業務形態に対応できるシステムを導入することが重要です。また、従業員に対しても現在のシフト管理に対するヒアリングを事前に行い、管理者にとっても従業員にとっても使いやすいシフト管理システムを導入するように注意しましょう。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載