カラオケCLUB DAMのフランチャイズは儲かる?開業資金や評判・年収は?

更新日:

カラオケCLUB DAMのフランチャイズは儲かる?収益モデルや市場性について

カラオケCLUB DAMとは?カラオケCLUB DAMのビジネス概要

カラオケCLUB DAMは、株式会社第一興商が展開するカラオケチェーンで、ビッグエコーの姉妹店として全国各地に展開しています。最新のカラオケ機器を設置し、優れた映像・音響環境により、歌う楽しさとコミュニケーションの場を提供するのが目的です。

フランチャイズとしては、第一興商がビッグエコーで培った運営ノウハウを受け継ぎ、安定した運営サポートが受けられるのが強みといえるでしょう。カラオケの室料と飲食料が主なフランチャイズの収益になります。

カラオケCLUB DAMフランチャイズの収益モデル・年収例

地方繁華街15ルームの場合

  • 売上(年間): 5,000万円
  • 目安運営費合計:4,398万円(内訳)
  • 家賃:480万円
  • 人件費:1,320万円
  • ロイヤリティ:108万円
  • その他費用:1,965万円
  • 原価滅却費:525万円
  • 目安営業利益(年間):602万円

カラオケCLUB DAMの市場性

カラオケCLUB DAMは、業務用カラオケ国内シェアNO.1を達成しています。全国に500店舗以上のカラオケボックスを展開する運営ノウハウを活用できるのが強みです。さらに、カラオケ利用者は過去15年安定的に推移しており、時代の流行にとらわれないレジャーとして今後も定着していくでしょう。

また、男女問わず、子供からお年寄りまで幅広い年代からの人気を集めており、特に60歳以上の利用者は増加傾向にあります。2024年4月にはDAMシリーズが30周年を迎えたことで、サービス強化拡充を進め、お客さまの利便性向上を図るとの意気込みを見せています。

カラオケCLUB DAMのフランチャイズの開業資金や初期費用は?

カラオケCLUB DAMフランチャイズの開業資金・初期費用

開業資金には1000万円〜や、スケルトンの場合は6000万円以上との情報もありますが、詳細については書かれていないため、本部への問い合わせが必要です。

カラオケCLUB DAMのフランチャイズの研修やサポート体制は?

商圏調査と周辺の競合店調査

カラオケCLUB DAMのフランチャイズでは、商圏調査や周辺の競合店調査を行ってくれます。調査結果をもとに、どのようなお店が人気を集めやすいのか、どのように差別化を図ればいいのかなどをアドバイスしてもらうことが可能です。

加盟前研修・グループ研修

店舗経営の基本理念や各種業務、接客、教育、クレーム対応まで加盟前研修やグループ研修で学ぶことが可能です。新規スタッフでもすぐに理解できるように、現場ですぐに役立つ実践型トレーニングもあるため、スタッフの教育にも役立ちます。

採用サポート

採用計画の策定や、求人広告の作成などをサポートしてくれる、採用サポートも受けられます。店舗にどのようなスタッフを採用すればいいのかはもちろん、やる気のあるスタッフを雇用するための手助けとなるでしょう。

運営研修

運営研修では、カラオケCLUB DAMをどのように運営し、どういったサービスを提供することで利益が得られるのか学ぶことができます。実践で必要な知識や技術も学べるため、正しい運営をしていくためにも不可欠です。

スーパーバイザーのサポート

開業後も、スーパーバイザーからのサポートを受けることも可能です。集客、収益状況などを見て、改善 ポイントや維持していくべきことを教えてもらえます。さらに、運営中にわからないことがあれば相談に乗ってくれるため、カラオケ店未経験でもオーナーを目指せるでしょう。

カラオケCLUB DAMのフランチャイズの評判やオーナーの声

メニュー決めやスタッフの教育についてのアドバイスがもらえて助かった

飲食のメニュー決めや、スタッフ教育をどのようにすればいいか悩んでいたが、本部からのアドバイスを受け対応することができた。また、最新のオーダーシステムが導入できて助かっている。他にも就業規則や、店舗の建設時の相談などができたのも良かった。

カラオケCLUB DAMのフランチャイズの失敗談や廃業率は?

カラオケCLUB DAMのフランチャイズの廃業率については調査中です。

      その他の関連する記事

        広告

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載