がブリチキン。のフランチャイズは儲かる?開業資金や評判・年収は?

更新日:

がブリチキン。のフランチャイズは儲かる?収益モデルや市場性について

がブリチキン。とは?がブリチキン。のビジネス概要

「がブリチキン。」は、骨付き鳥、からあげ、ハイボールが看板メニューとして知られる名古屋発祥の居酒屋です。フランチャイズでは、レストランやテイクアウト専門店、居酒屋などさまざまなビジネスモデルを提供しています。全国80店舗展開中で、低投資高利益モデルを採用しており、本部スーパーバイザーによる徹底サポートを受けることが可能です。

がブリチキン。フランチャイズの収益モデル・年収例

がブリチキンの高収益モデル採用のフランチャイズでは、以下のような収益モデルが例としてあげられています。

バル酒場の場合

  • 売上(月間):400万円
  • 目安運営費合計:320万円( 内訳)
  • 食材費:116万円
  • 人件費:104万円
  • 家賃:40万円
  • 水光熱費:16万円
  • ロイヤリティ:20万円
  • その他販管費:24万円
  • 目安営業利益(年間):960万円

居酒屋の場合

  • 売上(月間):700万円
  • 目安運営費合計:574万円( 内訳)
  • 食材費:217万円
  • 人件費:203万円
  • 家賃: 49万円
  • 水光熱費:28万円
  • 人件費:203万円
  • その他販管費:42万円
  • 営業利益(年間): 1,512万円

あくまでも、モデルとしての参考値となるため、店舗の大きさや運営方法などについて相談するようにしてください。また、テイクアウト比率がバル酒場と居酒屋で10%、レストランとフードコートで30%となっているため、テイクアウト販売に対応した店舗が狙い目です。

がブリチキン。の市場性

運営に必要な資金や収益モデルも詳細に計画されており、本部のサポート体制も充実しています。また、オーナー同士の意見交換や定期的な覆面調査を通じて、業績向上に努めています。さらに、1,000万円以内での出店も可能となっているため、開業のしやすさも強みとなるでしょう。

東京や大阪、横浜を中心に、地域の人々に喜ばれる居酒屋業態として市場を広げているがブリチキンは、成長性を持ったフランチャイズです。

がブリチキン。のフランチャイズの開業資金や初期費用は?

がブリチキン。フランチャイズの開業資金・初期費用

がブリチキン開業に必要な初期費用について、バル酒場と居酒屋酒場の2つのケースで紹介します。

バル酒場の場合

  • 加盟金300万円
  • 加盟保証金:100万円
  • 施工費:1,800万円
  • 厨房費:350万円
  • 設計費:100万円
  • POSレジ等:200万円
  • 開業費:200万円
  • 合計: 3,050万円

居酒屋の場合

  • 加盟金300万円
  • 加盟保証金:100万円
  • 施工費:2,000万円
  • 厨房費:400万円
  • 設計費:100万円
  • POSレジ等:200万円
  • 開業費:200万円
  • 合計:3,300万円

がブリチキン。のフランチャイズの研修やサポート体制は?

開店前のサポート

開店前のサポートでは以下のようなものが受けられます。

出店計画策定

SV ( スーパーバイザー) による店舗開店後の策定が行われ、運営方法に問題や不備がないか確認され、アドバイスや改善が受けられる。

物件売上予測

既存店の分析をもとにした売上予測を実施し、より売上を伸ばせる運営方法や売上維持を図る。

施工監修

施工業者との連携で 、地域や目的にあった店舗のクオリティの高いデザインを実現するサポートが受けられる。

店舗研修

直営店で行う、店長候補及びリーダーへの実施研修が行われる。代表としてどのように店舗を運営していけば良いのかや、スタッフの管理方法などについて学べる。

立ち上げ支援

担当SVが一定期間臨店し、オープニングスタッフの研修と立ち上げを支援するサポートがある。 まだ理解しきれていない部分や問題点、新しいスタッフの教育など、店舗を長く続けていくための情報共有やアドバイスを受けることが可能。

開店後のサポート

開店後のサポートでは以下のようなものが受けられます。

SVサポート

本部スーパーバイザーによる調理や接客、店舗の管理方法などの、運営全般の指導とサポートが受けられる。

定期臨店

SVによる2ヶ月に一度の品質・接客・清潔さを保持するためのQSC指導や、運営方法についてのアドバイスが受けられる。

オーナー会議

年に一度のFC加盟店オーナー間での運営方針の共有を行い、アイデアや効率の良い運営方法などについて情報を出し合う。

季節メニューや年間MDの提供

シーズン限定のメニューを店内MDと一緒に提供し、売上向上を図る。

広報PR・ブランディング活動

月に一度以上の公式キャラクターによるブランディング活動やプレスリリース配信 による宣伝部分のサポートが受けられる。

エリア勉強会

近隣エリアのFC加盟店長を対象にした取り組みの共有やノウハウの伝達を行い、より良い運営方法の共有ができる。

店舗覆面調査

直営店で実施しているものと同様のQSCの実態を探る覆面調査を行い、運営の評価や改善、アドバイスが受けられる。

DX管理

オリジナルの売り上げ・シフト管理システムや受注システムが使用できるため、店舗ごとで異なる管理方法を行う必要がない。

がブリチキン。のフランチャイズの評判やオーナーの声

地域の人に喜んでもらえるおもしろさがある

フランチャイズを誌上で知り、近場にかつてない居酒屋業態ができてびっくりしたと同時に、店舗の面白さもあって地域の人に喜んでもらえるとすぐに開業を決断した。

サポートが力強い

研修の合間を縫ってSVさんに相談しながら決めていたが、実際の声も教えてくれつつ細かいところまで助言してくれたので安心して進められた。

がブリチキン。のフランチャイズの失敗談や廃業率は?

がブリチキン。のフランチャイズの廃業率については調査中です。

      その他の関連する記事

        広告

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載