肉汁餃子のダンダダンのフランチャイズは儲かる?開業資金や評判・年収は?

更新日:

肉汁餃子のダンダダンのフランチャイズは儲かる?収益モデルや市場性について

肉汁餃子のダンダダンとは?肉汁餃子のダンダダンのビジネス概要

肉汁餃子のダンダダンは、特徴的な「肉汁焼き餃子」を看板商品とする居酒屋チェーンです。全席注文率100%を誇る同商品は年間約1,600万個を販売しています。

幅広い客層へのアピールとシンプルなオペレーションで、季節に左右されない安定した売上を実現しています。

肉汁餃子のダンダダンフランチャイズの収益モデル・年収例

  • 平均月商: 具体的な数字は非公開だが、大阪梅田店の例では月商1200万円超という報告がある。
  • 営業利益率: 約19%(公式サイトより)。
  • オーナー年収: 具体的な年収例は非公開だが、安定した売上と利益率を維持していることから、適切な経営管理のもとで高収益が期待できる。

肉汁餃子のダンダダンの市場性

肉汁餃子のダンダダンは、国内外で継続的に増加している日本食と居酒屋文化の人気を背景に、市場性が高い事業モデルを有しています。特に、独自性の高い「肉汁焼き餃子」は、国内外で注目される日本の食文化を代表する商品として、今後も成長を期待することが可能です。

また、テイクアウト需要の増加など新たな消費トレンドにも柔軟に対応しており、市場の拡大が見込まれます。

肉汁餃子のダンダダンのフランチャイズの開業資金や初期費用は?

肉汁餃子のダンダダンフランチャイズの開業資金・初期費用

開業に必要な資金は大きく以下のように分類されます

  • 開業資金額の目安: 約29,800,000円(物件取得費は別途必要)
  • 売上高: 月8,000,000円の例を示している。
  • 営業利益率: 19%とされており、安定した収益を見込める構造です。
  • 回収期間: 開業後約25ヵ月での回収を見込んでいる。

これらの数字はあくまで一例であり、新規開業時の予測値です。開業地域や店舗規模、市場環境によって変動があります。実際の開業にあたっては、フランチャイズ加盟を検討する際に詳細な資料を確認し、本部と十分な打ち合わせを行うことが重要です。

肉汁餃子のダンダダンのフランチャイズの研修やサポート体制は?

総合的な研修プログラム

肉汁餃子のダンダダンフランチャイズでは、加盟者が店舗運営の全般にわたって高い能力を発揮できるよう、総合的な研修プログラムを提供しています。店舗の基本的な操作方法から始まり、効率的な店舗運営に不可欠な知識と技術を段階的に学ぶことが可能です。

特に、ブランドの運営理念と顧客満足度を最大化するためのサービス提供方法に焦点を当てています。調理技術の研修では、肉汁焼き餃子をはじめとする独自のメニュー作りのノウハウを学びます。

開店前の包括的サポート

新たにフランチャイズ加盟するオーナーに対して、開店前から包括的なサポートが提供されます。この段階では、物件選定から内装デザイン、さらには開店準備全般にわたる業務が含まれます。

専門のスタッフによる一貫したサポートで、開業資金の計画から実際の開店に至るまで、詳細なガイダンスを受けることが可能です。

継続的な開店後サポート

開店後も、フランチャイズ加盟店は孤立することなく、継続的なサポートを受けることができます。マーケティングや販促活動に関するアドバイスから、運営管理の最適化、経営に関する相談まで、幅広い支援を受けることが可能です。

また、オーナー同士の情報交換の場が提供され、成功事例の共有や問題解決のためのサポートが実施されています。

肉汁餃子のダンダダンのフランチャイズの評判やオーナーの声

オーナーの声①

肉汁餃子のダンダダンの魅力に惹かれてフランチャイズ加盟を決意しました。現在は4店舗を展開し、特に出店基準の厳しさや地域に根ざした店舗作りが可能である点に良さを感じています。

出店にあたっては本部の厳しい基準をクリアする必要があり、その結果として地域社会に愛される店舗を実現することが可能です。

オーナーの声②

飲食業界未経験でしたが肉汁餃子のダンダダンの加盟を選びました。特に初期投資の回収期間の短さや、安定した収益が得られるビジネスモデルに満足しています。

加盟後のサポートも手厚く、基本に忠実な運営を徹底することで、持続可能な店舗経営が可能です。

肉汁餃子のダンダダンのフランチャイズの失敗談や廃業率は?

肉汁餃子のダンダダンのフランチャイズの廃業率については調査中です。

      その他の関連する記事

        広告

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載