丼丸のフランチャイズは儲かる?開業資金や評判・年収は?

更新日:

丼丸のフランチャイズは儲かる?収益モデルや市場性について

丼丸とは?丼丸のビジネス概要

丼丸は、寿司の老舗笹舟グループが運営する海鮮丼専門店で、2007年に1号店を出店し、その後全国に多くのオーナーが誕生しています。丼丸のフランチャイズの大きな特徴は、各オーナーが自分のマニュアルを作り全てを決定するという自由度の高さです。

また、ロイヤリティが発生せず月間3万円(税抜き)固定の暖簾代のみとなるため、余分な経費が発生することはありません。さらに、味やメニューも自由に決められるほか、ロスがあまり出ない仕組みを教えてくれるなど、オーナーを尊重したサポートとオペレーションの指導も用意されています。

丼丸フランチャイズの収益モデル・年収例

丼丸フランチャイズの収益モデルは以下です。

収益モデル①

  • 売上(月間)252万7,556円
  • 目安運営費合計184万7,010円(内訳)
  • 仕入れ(食材・包材)139万5,210円
  • 家賃:12万6,300円
  • 光熱費:6,3000円
  • 広告費:3万円
  • 消耗費:1万円
  • 人件費:18万9,500円
  • 暖簾代:3万3,000円
  • 目安営業利益(年間):816万6,552円

収益モデル②

  • 売上(月間)222万9,100円
  • 目安運営費合計166万9,825円(内訳)
  • 仕入れ(食材・包材)127万7,000円
  • 家賃:11万8,830円
  • 光熱費: 44,238円
  • 広告費:33,435円
  • 消耗費:8,922円
  • 人件費:15万5,000円
  • 暖簾代:3万2,400円
  • 目安営業利益(年間):671万1,300円

丼丸の市場性

丼丸が提供する海鮮丼は、リーズナブルな価格でありながら、その美味しさが評判を呼び、お昼時や夕方の時間には行列ができるほどの店舗も少なくありません。

人気を支えているのは、原価率50%を超える最大80品の海鮮丼を、わずか税込み550円の均一価格で提供していることにあります。「良いものを提供してこそ、お客様はリピートしてくれる」という信条のとおり、2021年に利益率が20〜30%を平均値にするほどの成長を見せました。そのような実績が評価され、着実に稼げるビジネスとして注目を集めています。

丼丸のフランチャイズの開業資金や初期費用は?

丼丸フランチャイズの開業資金・初期費用

丼丸フランチャイズのお店を開業するは以下です。

  • 目安開業資金合計:484万円(内訳)
  • 加盟金:110万円
  • 研修費:15万円
  • 保証金:9万円
  • 内装看板工事:150万円
  • 什器備品:120万円
  • 広告宣伝費:10万円
  • 店舗取得費:50万円
  • その他:20万円

丼丸のフランチャイズの研修やサポート体制は?

開業説明会

丼丸の開業前には、個別形式で行う開業説明会が開かれます。資金計画や物件、丼丸を開業する際のメリットとデメリットまで伝えた上で、契約するかどうかの判断ができる点が強みといえるでしょう。また、開業する店舗が決まっている場合は、立地や商圏確認などについてのアドバイスを受けることも可能です。

研修

最高数ヶ月または、最短14日で店舗を開業するのに必要な合格ラインとなる、知識や技術が身につけられる研修が実施されます。シャリの解き方から製造、食材の扱い方、業務のスピードアップなどについて学べるため、円滑な運営を目指してがんばりましょう。

再度研修を受けることも可能なため、もう一度学び直したいことがあれば本部に相談することをおすすめします。

広告・什器備品業者の紹介

丼丸では、広告業者と什器備品業者の紹介を行っています。オリジナルメニューの作成時にも、紹介された広告業者であれば丼丸のメニュー作成にスムーズに対応してもらえるでしょう。また、本部が所有しているメニュー画像を提供してもらうことも可能です。

什器備品業者の場合は、什器・備品選びから購入・設置までにかかるコストを抑えられる業者を紹介してもらえます。

丼丸のフランチャイズの評判やオーナーの声

開業資金を安く抑えられ、商品も安く提供できる

店舗数も増加しており、資金も安く開業できるため、安心して加盟できた。また、商品は低価格でありながら500円で美味しく食べられるため、お客様からは喜ばれると思う。加えて、店舗は基本持ち帰り専門店であるため管理もしやすい。

リピーターも増えて軌道に乗ったため2号店の開業を決断した

2週間ほどの研修を経て店を開業し、上昇の兆しが見えたのは開店から2〜3ヶ月後だった。その後、常連客も増え半年で軌道に乗れた。その結果を受けて、第2号店を持つことを決断した。

丼丸のフランチャイズの失敗談や廃業率は?

丼丸のフランチャイズの廃業率については調査中です。

      その他の関連する記事

        広告

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載