麺屋はなびのフランチャイズは儲かる?開業資金や評判・年収は?

更新日:

麺屋はなびのフランチャイズは儲かる?収益モデルや市場性について

麺屋はなびとは?麺屋はなびのビジネス概要

麺屋はなびは、台湾まぜそば発祥の店として知られ、名古屋市に本店を構えるラーメン店です。繊細な塩ラーメンから独自のキミスタ(炙りチャーシュー入りまぜそば)まで、多様なメニューを提供しています。そのユニークなコンセプトと品質の高さで、全国、さらには世界へと展開している人気店です。

麺屋はなびフランチャイズの収益モデル・年収例

公式ページやその他フランチャイズ情報サイトでは、具体的な収益モデルや年収例のが非公開とされていました。

麺屋はなびの姉妹店である麺屋はるかでは、以下のような収益シミュレーションが記載されています。

月次予想収益:52万円

・売上高:500万円(25.35坪・13席想定)
・家賃:75.2万円
・ライセンス料:16.2万円
・原価:160万円
・人件費:110万円
・光熱費:42万円
・その他:40万円

麺屋はなびの市場性

台湾まぜそばは、近年注目度が高まっているラーメンの一種で、特に名古屋地区を中心に人気があります。市場調査によると、麺類市場は年々成長しており、特に台湾まぜそばのような特色あるメニューは、市場に新しい動きを提供するものです。

健康志向の高まりや、テイクアウト、デリバリー市場の拡大により、汁なし麺の需要は今後も増えていくことが予想されます。

麺屋はなびのフランチャイズの開業資金や初期費用は?

麺屋はなびフランチャイズの開業資金・初期費用

麺屋はなびフランチャイズの開業に際して必要な資金や初期費用に関する具体的な情報は、公式ページやその他フランチャイズの情報サイトには記載されていませんでした。直接公式のフランチャイズ募集担当へお問い合わせいただくことで、最新の詳細情報を得ることが可能です。

麺屋はなびのフランチャイズの研修やサポート体制は?

研修プログラム

開業前には、加盟者に対して幅広い研修が提供されます。研修プログラムは、麺屋はなびのメニューの調理方法から顧客サービス、衛生管理に至るまで、事業運営に必要な知識と技術が全面的にカバーされるものです。

さらに、実際の店舗での勤務を通じて、業務の流れや顧客対応、スタッフ管理など、実践的なスキルを身につけることができます。

開業前サポート

開業前のサポートでは、立地選定から店舗デザイン、設備の手配まで、開業に必要な様々な面で支援が行われます。また、開業に伴う各種手続きのアドバイスも提供されるため、加盟者はスムーズに店舗を開業することが可能です。

これにより、加盟者は開業準備の過程で直面するであろう様々な課題を、フランチャイズ本部の支援を受けながら乗り越えていくことが可能になります。

開業後サポート

開業後は、運営の安定化を目指して、定期的な訪問サポートが実施されます。これには、運営改善のためのアドバイスやマーケティング支援、さらには新メニュー開発の情報提供が含まれます。

問題が生じた場合には、迅速な対応と解決策の提供も受けられるため、加盟者は安心して店舗運営に専念することが可能です。

麺屋はなびのフランチャイズの評判やオーナーの声

麺屋はなびのフランチャイズに関する具体的なオーナーの声や評判についての情報は、公式資料やウェブサイト上で直接提供されていませんでした。しかし、麺屋はなびが提供する独特の台湾まぜそばなどのメニューは顧客からの高い支持を受けており、その人気は加盟店の運営にも好影響を及ぼしていると考えられます。

またレシピを継承して作られている姉妹店も多くあるため、これからも市場拡大が期待されると考えられます。実際のオーナーの感想や考えを知ることはとても重要なので、直接公式サイトから問い合わせをすることがおすすめです。

麺屋はなびのフランチャイズの失敗談や廃業率は?

麺屋はなびのフランチャイズの廃業率については調査中です。

      その他の関連する記事

        広告

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載