Wix(ウィックス)の料金·評判·使い方について

更新日:
月額費用
0円~
初期費用
0円
無料お試し
フリープランあり
導入社数
要お問合せ

企業にとってホームページは自社の顔とも言える存在で、自社の特色や経営理念などがホームページを一目見ただけでわかることから欠かせないものとなっています。

しかし、ホームページ制作会社に依頼すると数十万円〜数百万円の費用がかかるケースも多く、スタートアップ段階の企業であったり個人事業主の方にはコストがネックとなり自社ホームページを整備することが難しいという方も少なくはありません。

今回紹介するWix(ウィックス)は無料でありながら豊富なテンプレートで簡単にホームページを作成することができます。機能や特徴、料金などを紹介しますので参考にしてください。

Wixとは

Wixとは、Webブラウザ上で利用できるホームページ作成ツールで、なんと世界で1億人以上が利用する世界最大規模のサービスです。

その最大の特徴は、ドラッグ&ドロップだけで、だれでも簡単にホームページが出来上がるところにあります。

おすすめの類似ホームページ制作ツール

類似サービス: GeNEE

(0)

         
月額費用要お見積もり最低契約期間要問い合わせ
初期費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ

クライアント企業が構想するアイデアやサービスに、GeNEEが強みとしているテクノロジーを乗算することで、強固なシステムやスケールをスピード感を持って創造することができます。

   

ビジネス推進力に強み

システム開発会社やアプリ開発会社は無数に存在します。 しかし、GeNEEには、大手金融機関の大規模システムの設計・開発力に加えて、新規事業をゼロイチで立ち上げ、サービスをスケールさせた経験値・ノウハウ、全国に拠点を持つ大手製造業や教育系企業、IT企業などのクライアントにサービスを提供したビジネス推進力があります。

プロフェッショナルが集結するプロジェクト体制

GeNEEは、クライアントからの要望に応じて、ディレクションを担うビジネス担当、信頼性や保守性の高いシステムを開発するテック・エンジニア、ユーザーを惹きつけるUI/UXデザインを考案する知識豊富なデザイナー、SEO対策、ASO対策、Web広告やSNS広告などの幅広い知見を兼ね備えたマーケター、業界業種特有の専門的な知見を持つDX/ITコンサルタントがプロジェクトに入り、チームを組成します。

圧倒的な開発速度を実現

GeNEEではPHP、Java、C言語各種、Perl、Swift、Android-Javaの他、Ruby(Ruby on Rails)、Scala、Python、Go、Kotlin、Object-Cなどといったプログラミング言語にも幅広く対応しており、クライアントとのミーティングを通して、開発案件やサービス案件の性質を的確に見極めて、最適な技術選定を行っています。

 

類似サービス: クリエイティブパートナー

(0)

         
月額費用要問い合わせ最低契約期間要問い合わせ
初期費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ

Webサイトや動画などのクリエイティブの制作を手がけていますが、いわゆる「制作会社」という枠にとらわれず、クライアント企業の経営課題や商品・サービス課題の解消を全力でサポートするパートナーと言える存在で、これまでに業界・規模に関わらず、多くの企業との取引実績があります。

   

課題のキャッチアップ

まずはクライアント企業への丁寧なヒアリングによって課題をキャッチアップします。 例えば、「動画を制作して欲しい」という依頼であれば、「なぜ動画を作りたいと思ったのか」「どのような層をターゲットとしているのか」「動画の制作によってどんな効果を期待しているのか」といった深層部分までを深掘りしてくれるため、より具体的な課題の発見につながります。

ケーススタディによる提案

rayoutでは、これまでに1,500件以上の制作実績、300社以上の取引実績があり、その経験から得たケーススタディによって、最適な企画提案を実現することができます。 クライアント側も、具体的な事例を持って提案してもらえるため、クリエイティブのイメージを持ちやすくなります。

クリエイティブによる課題解決

企業が抱える課題に対して、動画やグラフィック、Webサイト構築といった手法の中から何が最適かを選択して課題解消を実現します。

 
この製品はホームページ制作ツールの製品です。

ホームページ制作ツールの製品をまとめて資料請求


Wixの特徴

初心者でも簡単ホームページ作成

Wixの特徴として、初心者でも簡単にホームページの立ち上げが可能な点が挙げられます。

通常、サーバーを契約してWordPressを設定するなど、ホームページを立ち上げるまでに準備段階が多く、挫折してしまうほど面倒な手順が必要でした。

しかし、Wixを利用すれば、「サーバー契約が不要」「ドラッグ&ドロップだけで簡単にホームページ作成が出来る」のです。このようにWixでは、初心者でも悩むことなくホームページが作成できるよう、様々な機能が提供されています。

プランは「有料」「無料」の2種類が展開されています。
広告が自動的に表示されるなどの制約はありますが、無料でも期限なく利用することが可能で、多くの方が無料プランでのホームページ運営を行なっています。

ハイデザインで豊富なテンプレート

Wixの2つ目の特徴として、テンプレートが豊富に提供されている点が挙げられます。

テンプレートの数は全部で600種類以上あり、似たサービスと比較しても非常に豊富なため、ホームページの分野にかかわらず納得のいくテンプレートを見つけやすいのが特徴です。

Wixでは、カテゴリー分けされたデザインテンプレートの中からご自身の作成したいホームページに合ったものを選択し、カスタマイズしていくことで簡単にオリジナルホームページの作成が可能です。

また、提供されるテンプレートはレスポンシブ対応(スマートフォン対応)されており、スマホユーザーの方にも最適化された状態でホームページが表示されるよう、自動で調整する機能が提供されています。

テンプレートのカスタマイズにおいてもコードを記述するようなプログラミング作業は必要なく、画面上から直感的に操作することが可能です。

Wixの機能

Wixでは250種類以上の多彩な機能が提供されており「基本機能」「デザインツール」「ブログ&ソーシャル機能」「ネットショップ」「ビジネスツール」のカテゴリに分けられます。

基本機能

Wixの基本機能としては、ドラッグ&ドロップの簡単操作でホームページを作成可能です。
また、作成したサイトは自動でレスポンシブ対応(モバイル対応)が行われています。

デザインツール

Wixでは600種類以上のテンプレートが無料で使用可能で、写真素材も2,000点を超えます。
また、画像編集ツールも提供されているため、こだわりのホームページデザインを実現することが可能です。

ブログ&ソーシャル機能

Wixにはブログ追加機能やSNSアプリとの連携機能も提供されており、ホームページ上で手軽に日々の情報が更新出来ます。

ネットショップ

WixではEC機能と呼ばれるネットショップに必要な機能が利用出来るため、自社製品の販売も容易となります。

ビジネスツール

Wixでは「アクセス解析」や「請求書作成」「自動メール送信機能」など、ビジネスの場で頻繁に利用される機能が多く提供されています。

Wixの使い方

Wixの使い方は「ユーザー登録」→「テンプレートの選択」→「ホームページの編集」→「ドメインの設定」→「サイトを公開」と非常にシンプルな形式となっています。

ユーザー登録

ユーザー登録は「メールアドレス」「Facebookアカウント」「Googleアカウント」の3つから好きなもので登録できます。

テンプレートの選択

ご自身のWebサイトに適したデザインテンプレートを600種類以上の中から選択します。

ホームページの編集

ドラッグ&ドロップの簡単な手順でホームページを作成していきます。
ご自身で選択した画像のアップロードなどを行うことも可能です。

ドメインの設定

ドメイン名は「無料プラン」と「有料プラン」で異なります。
「無料プラン」では、「https://ユーザー名.wixsite.com/」までは固定で決まっており、後ろに「サイト名」を指定します。

有料プランでは「https://〇〇.com」のように独自ドメインでの運用が可能です。

サイトを公開

サイトを公開するのは非常に簡単で、Wixの編集画面右上に表示されている「公開」ボタンをクリックするだけです。

ドメインで設定したアドレスに作成したサイトが公開されます。

WixのSEO対策

WixではSEO対策として「Wix SEO Wiz」と呼ばれるサービスを提供しています。

SEOレポート

Wix SEO Wizでは、サイト情報を入力することで「SEOレポート」を作成出来ます。
「SEOレポート」には対策すべきチェックリストが出力されます。

チェックリストに従ってサイトのSEO対策を実施

レポート出力前に入力した項目によって、ご自身のサイトでSEO対策が必要な箇所、既にSEO対策実施済みの箇所が明らかになります。
「SEO対策が必要」と表示された箇所を修正し、全てのチェックリストがOKとなるように改善を加えていきます。

成果を確認・改善

チェックリストに沿って改善したサイトへのアクセスが増えているかを確認します。
サイトの改善は常に行い、ユーザーが必要とする情報を加えていくことが重要です。

Wixの料金プラン

Wixの料金プランは「無料プラン」と「プレミアムプラン(有料プラン)」に分かれます。

無料プラン

無料プランは月額料金はかかりませんが、「広告が自動挿入される」と「独自ドメインが利用出来ない」デメリットがあります。

基本的な機能自体は問題なく利用出来るため、個人利用では十分とも言えます。

プレミアムプラン

プレミアムプランは「ホームページ」プランに4種類と「ビジネス&Eコマース」プランに3種類の合計7種類の料金体系でサービス提供されています。

ホームページプランの料金は以下の通りです。

ホームページプラン
VIPアドバンスベーシックドメイン接続
月額2,500円1,300円900円500円
独自ドメイン
独自ドメイン初年度無料
✖️
Wixの広告非表示
✖️
常時SSLセキュリティ
帯域幅無制限無制限2GB1GB
データ容量35GB10GB3GB500MB
動画アップロード
5時間1時間30分✖️
Site Boosterアプリ✖️✖️
Visitor Analyticsアプリ✖️✖️
ビジネス用のロゴ作成✖️✖️✖️
SNS用ロゴファイル✖️✖️✖️
カスタマーケア24時間優先24時間24時間24時間

ビジネス&Eコマースプランの料金は以下の通りです。

ビジネス&Eコマース
ビジネスVIPビジネスプラスビジネス
月額3,800円2,600円1,800円
安全なオンライン決済
プラン&定期払い
顧客アカウント
独自ドメイン
独自ドメイン初年度無料
Wixの広告非表示
帯域幅無制限無制限無制限
データ容量50GB35GB20GB
動画アップロード無制限10時間5時間
カスタムレポート✖️✖️
カスタマーケア24時間優先24時間24時間

2021年1月現在/詳細は公式サイトを確認

Wixと他サービスとの比較

Jimdoとの比較

WixとJimdoでどちらを選ぶべきかの基準を本記事の独自意見としてご紹介します。

まずWixは「簡単にホームページを作成したいけれど色々自分でカスタマイズもしたい」といった方におすすめします。

デザインテンプレートがWixは600種類以上に対し、Jimdoは40種類と選択肢の幅はWixの方が広くなります。

反対にJimdoは、「よりシンプルにより簡単に」ホームページ作成をしたい方におすすめします。
テンプレートや提供機能が少ない分、Jimdoの方がより分かりやすくホームページ作成を行うことが可能です。

WordPressの比較

WixとWordpressでどちらを選ぶべきかの基準も同様にご紹介します。

Wixに関しては、商用目的以外の、閲覧する人が限られたような個人サイトを作成したい人におすすめします。
カスタマイズが豊富な上に、簡単にホームページを作成でき、無料で運用出来ることは大きなメリットです。

WordPressに関しては、商用利用で利用するのであれば間違いなくWixよりもおすすめします。
Wixはカスタマイズ性が高いとは言ってもあくまでWix提供範囲内での話となりますが、Wordpressはほぼ制限がないと言って良いほど自由にカスタマイズ可能です。

またサーバー代は別途掛かりますが、無料で利用可能な上に広告が付かない点も商用向きと言えます。

Wixの注意点(弱み)

Wixを利用する上での注意点としては、長期的・ビジネス的な運用には不向きであることが挙げられます。

まず一度選択したテンプレートは変更することが出来ません。
最初に選択したテンプレートを使い続ける必要があるため、長期的な運用を考えた際に融通が効きにくい面があります。

また、Wixで作成したサイトは表示速度が少し遅いデメリットがあります。
画面表示が遅いサイトはユーザー離脱の可能性が高くなってしまうため、ビジネス面で不向きと言えます。

SEO対策についてもWordPressで提供されているテーマと比べると劣ってしまいます。
ビジネス面での利用を考えた場合には、Google検索で上位を獲得することは重要なポイントになりますので、少し不安が残るのが現状です。

この製品に関連する動画を紹介

Wixの口コミ・利用企業の評判

実際にWixを利用して作成されたWebサイトの口コミや評判を確認すると、個人利用のサイトとしては十分な機能ですが、ビジネス用途としては不十分との意見が大半を占めています。

実際に企業のWebサイトをWixで制作された「オリエンタルチエン工業株式会社」様では下記のような感想を持っているようです。

“各メニューの使い方が分かりやすく、編集もしやすいです。ただ、自動返信メールの一部など、変更できない箇所があったのは少し残念でした。”

総合的には満足されているようですが、テンプレートのカスタマイズに限界があるため完全に思い通りの実装が出来ないところに少し不満が残ってしまうようです。とはいえ、全体的に完成度がとにかく高いサービスと言えるので、ホームページ制作をお考えの際は、ぜひWixの使用を検討してみてはいかがでしょうか?

画像・データ出典:Wix公式サイト

Wixのいい評判・口コミ

Wixでは、以下のような良い口コミ・評判がありました。

Wixの良い口コミ・評判

・直感的な操作で分かりやすく、簡単にホームページが作れる。
・使えるテンプレートが多く、カスタマイズ性が高いため好みのホームページが作成できる。
無料プランがあり、コストをかけなくても、ある程度のホームページを制作することができる。

このようにWixでの良い口コミでは、手順に従いながら直感的な操作で簡単にホームページが作れるという声や、使えるテンプレートが多く、カスタマイズ性が高いため好みのホームページが作成できるという声があります。
また、無料プランでも、ある程度のホームページを制作することができるためコストをかけずに済むという声もあるようです。

Wixのその他評判・口コミ

Wixでは、その他に、以下のような口コミ・評判がありました。

Wixのその他口コミ・評判

・自己所有しているドメインを利用したい場合は、追加で費用がかかってしまう。
・SEOなどの調整が、メタタグ以外なにもできないため不便。
・PCとスマホで構図がズレていたり、色味が少し変わったりすることがあるため交互に確認する手間がかかり不便。

このようにWixの悪い口コミには、自己所有しているドメインを利用したい場合は、追加で費用がかかってしまうという声や、SEOなどの調整がメタタグ以外なにもできないため不便という声がありました。
また、PCとスマホで構図がズレていたり、色味が少し変わったりすることがあるため交互に確認しながら制作する必要があり不便という声があるようです。

Wixを導入した結果は?

Wixを導入した結果に関しては、以下のような評判・口コミがありました。

Wixを導入した結果に関する評判・口コミ

・多額な費用をかけることなく、ホームページの制作・運用をすることができました。
・業種、業態別のデザインプレートを利用することで、短期間でミニサイトが構築できました。
・Web制作未経験者でも制作と管理ができるため、専用の担当者をアサインする必要がなくスムーズに管理することができました。

このように、Wixを導入することで、ホームページの制作・運用が多額な費用をかけることなくできたという声や、業種、業態別のデザインプレートを利用することで、短い期間でミニサイトが構築できたという声がありました。
またWeb制作未経験者でも制作と管理ができるため、専用の担当者をアサインする必要がなくスムーズに管理することができ、コストも削減できたという声もあるようです。

Wixの改善希望ポイントは?

Wixに関しては以下のような、改善希望ポイントがあるようです。

Wixで改善して欲しいポイント

・海外ユーザー向けの作りのため、フォントやテンプレートなど日本ユーザー向けのものを増やしてほしい。
・スマートフォンアプリの操作性が悪いため、改善して欲しい。
・ステップアップしたい際に、転送や引っ越しができないため引っ越しできるようにして欲しい。

このように、Wixの改善希望ポイントには、海外ユーザー向けの作りのため分かりにくい部分があり、フォントやテンプレートなど日本ユーザー向けのものを増やして欲しいという声や、スマートフォンアプリの操作性が悪いため、使いやすくして欲しいという声があるようです。
また、ホームページをステップアップしたい際に、転送や引っ越しができないためできるようにして欲しいという声もありました。

      その他の関連する記事

        • qeee枠【ホームページ制作ツール】

          類似サービス: GeNEE

          (0)

                   
          月額費用要お見積もり最低契約期間要問い合わせ
          初期費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ

          クライアント企業が構想するアイデアやサービスに、GeNEEが強みとしているテクノロジーを乗算することで、強固なシステムやスケールをスピード感を持って創造することができます。

             

          ビジネス推進力に強み

          システム開発会社やアプリ開発会社は無数に存在します。 しかし、GeNEEには、大手金融機関の大規模システムの設計・開発力に加えて、新規事業をゼロイチで立ち上げ、サービスをスケールさせた経験値・ノウハウ、全国に拠点を持つ大手製造業や教育系企業、IT企業などのクライアントにサービスを提供したビジネス推進力があります。

          プロフェッショナルが集結するプロジェクト体制

          GeNEEは、クライアントからの要望に応じて、ディレクションを担うビジネス担当、信頼性や保守性の高いシステムを開発するテック・エンジニア、ユーザーを惹きつけるUI/UXデザインを考案する知識豊富なデザイナー、SEO対策、ASO対策、Web広告やSNS広告などの幅広い知見を兼ね備えたマーケター、業界業種特有の専門的な知見を持つDX/ITコンサルタントがプロジェクトに入り、チームを組成します。

          圧倒的な開発速度を実現

          GeNEEではPHP、Java、C言語各種、Perl、Swift、Android-Javaの他、Ruby(Ruby on Rails)、Scala、Python、Go、Kotlin、Object-Cなどといったプログラミング言語にも幅広く対応しており、クライアントとのミーティングを通して、開発案件やサービス案件の性質を的確に見極めて、最適な技術選定を行っています。

           

          類似サービス: クリエイティブパートナー

          (0)

                   
          月額費用要問い合わせ最低契約期間要問い合わせ
          初期費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ

          Webサイトや動画などのクリエイティブの制作を手がけていますが、いわゆる「制作会社」という枠にとらわれず、クライアント企業の経営課題や商品・サービス課題の解消を全力でサポートするパートナーと言える存在で、これまでに業界・規模に関わらず、多くの企業との取引実績があります。

             

          課題のキャッチアップ

          まずはクライアント企業への丁寧なヒアリングによって課題をキャッチアップします。 例えば、「動画を制作して欲しい」という依頼であれば、「なぜ動画を作りたいと思ったのか」「どのような層をターゲットとしているのか」「動画の制作によってどんな効果を期待しているのか」といった深層部分までを深掘りしてくれるため、より具体的な課題の発見につながります。

          ケーススタディによる提案

          rayoutでは、これまでに1,500件以上の制作実績、300社以上の取引実績があり、その経験から得たケーススタディによって、最適な企画提案を実現することができます。 クライアント側も、具体的な事例を持って提案してもらえるため、クリエイティブのイメージを持ちやすくなります。

          クリエイティブによる課題解決

          企業が抱える課題に対して、動画やグラフィック、Webサイト構築といった手法の中から何が最適かを選択して課題解消を実現します。

           

        このページには広告が含まれます

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載