ISM CloudOne(アイエスエム クラウドワン)の料金·評判·機能について

更新日:

    Windows95の爆発的なヒット以降、パソコンおよびインターネットはあらゆる企業で導入されるようになりました。
    現在ではこれらIT技術を活用していない企業のほうが稀なほどです。
    しかし、テクノロジー技術を悪用して情報を盗み出そうとする者も確かに存在します。
    大事なデータを守るべくあらゆる企業がセキュリティサービスを導入していますが、今回はその中の一つであるISM CloudOneについて解説していきます。

    ISM CloudOneとは

    ISM CloudOneとはクラウド型のパソコン管理・セキュリティ対策サービスです。
    遠隔地にあるパソコンに関しても一元管理できるので、テレワークを行う方が増えた今日、特に注目が集まっています。

    おすすめの類似IT資産管理ツール

    類似サービス: 漏洩チェッカー

    (4.5)

    月額料金100円〜/台無料お試し要問い合わせ
    初期費用0円最短導入期間2週間程度

    漏洩チェッカーとは、情報漏洩を未然に防ぐIT資産管理サービスです。 人的ミスなどの内部からの情報漏洩を防ぎ、企業や従業員の重要情報を管理するための機能を備えています。

       

    自社の理想とするIT資産管理が可能

    漏洩チェッカーは、1機能単位で契約することができるため、導入リスクを抑えて、企業が実現したい理想の情報管理体制を構築することが可能です。

    管理者の負担を減らしつつセキュリティレベルを向上

    漏洩チェッカーでは、あらかじめ通知基準を設定しておくことで、基準を超えた際には、自動で管理者にアラートが通知されるため、管理者が常に見張っておく必要がなくなります。

    導入後の運用負担が少ない

    漏洩チェッカーは、クラウド型のサービスのため、自社で運用のためのサーバーを用意する必要がなく、バージョンアップはワンクリックで行われ、サーバーの保守点検費用が不要で、導入後の負担が少ない点が特徴的です。

    ISM CloudOneの特徴・機能

    それでは ISM CloudOneの特徴や機能を見ていきましょう。

    セキュリティ対策

    ISM CloudOneには社内環境のセキュリティを強化するためのさまざまな機能が備わっています。
    その一つである「自動脆弱性診断」では、ネットワーク上のパソコンに脆弱性がないか、つまりサイバー攻撃の対象になりそうなところがないかを診断してくれます。
    また、プログラムの特徴やプロセスを見てそれが脅威ではないかどうかをチェックする「ふるまい探知」も非常に有用です。
    そのほか、不信サイトへのアクセスを制御する「URLフェルタリング」、社内規定で認められていないソフトウェアを起動しようとした際にストップをかける「禁止ソフトウェア起動制御」、不信な操作があったときにそれを早期に発見してアラートを出す「操作ログ取得」など、あらゆる機能が用意されています。

    IT資産管理

    IT資産とはプリンターやスマートデバイスのことであり、ISM CloudOneならそれらもまとめて管理が可能です。
    たとえば、社内で利用している端末のOSやメモリ、さらにはハードウェアを一覧表示し、レポート化することができます。
    また、リースやレンタルしている端末がある場合、その契約日や終了日そして金額などを登録することで管理が可能です。
    解約予定のものをうっかり更新してしまった、という事態もISM CloudOneに登録しておけば避けられるでしょう。

    グローバル対応

    世界に目を向けないとビジネスが成立しない現在、もしグローバル化に悩んでいるのならISM CloudOneがおすすめです。
    ISM CloudOneは日本語だけでなく英語と中国語にも対応しています。
    もちろん海外拠点のセキュリティ対策も可能です。

    ISM CloudOne導入のメリット

    ひと昔前のサービスの場合、運用するにはまず自社内にサーバーを用意し、それにソフトウェアをインストールしなければなりませんでした。
    しかし、2010年代にクラウド型サービス、インターネット上のサーバーからソフトウェアを使う形態のサービスが普及し、現在では多くのサービスがこのクラウド型になっています。
    もちろん ISM CloudOneもクラウド型なので自社サーバーを用意する必要がありません。
    手軽に導入できる点はISM CloudOneが持つ強みと言えるでしょう。

    ISM CloudOneの価格・料金プラン

    ISM CloudOneでは「疑似体験サイト」「無料トライアル」の2つが用意されており、本格的な導入前に無料で試用できます。
    疑似体験サイトでは1週間の間シミュレーションを行うことが可能です。
    手順も簡単で、会社名・氏名・メールアドレスを登録したらすぐに試せます。
    実際の自社環境で試してみたいという方には無料トライアルがおすすめです。
    開始までの手順は疑似体験サイトより複雑ではあるものの、アカウント発行後30日間使用できます。
    これらを試し、本格的に導入したくなったら公式HPより価格表をダウンロードしてみましょう。
    2021年5月現在/詳細は公式サイトを確認

    ISM CloudOneの注意点

    ISM CloudOneには対応OSが定められており、種類によっては使用できなかったり一部機能に制限がかかったりします。
    たとえば、Windows Vistaの場合はふるまい検知が正常に機能しません。
    しかし、それ以外に注意する点はありませんので、おすすめのサービスです。

    ISM CloudOneの導入事例・評判

    iPadでも問題なく管理できています

    “これまで使っていたサービスではパソコンとiPadを別々に管理しなくてはならず、それが不安でした。しかし、ISM CloudOneならパソコンとiPadを一元管理できるので非常に便利です。また、ユーザーインターフェースが非常に使いやすいのが気に入っています。弊社の場合は海外拠点もあるのですが、ISM CloudOneならそれも管理できるので助かりました。”(株式会社キナン様)

    類似サービスとの比較

    ISM CloudOneと同じセキュリティサービスとして挙げられるのがScutumです。
    Scutumもクラウド型のサービスであるため、自社サーバーを用意することなく使用できます。
    また、Scutumではサポートを行っており、セキュリティソフトをはじめて導入するという方でも安心して使用可能です。
    料金は初期費用が107,800円から、月額料金が32,780円からで、大規模な環境で使用する場合は初期費用217,800円から、月額料金162,800円からになります。
    手厚いサポートと強固なセキュリティ性、さらに独自開発されたAIを搭載していることが評判を呼び、ScutumはSaas型WAFとして10年連続でシェアNo.1となりました。

    ISM CloudOneの導入で安心安全なビジネスを

    ISM CloudOneの強みは導入までの障壁の少なさ、あらゆる端末の一元管理、多言語対応などです。
    機能が豊富であり、かつ使い勝手も良いISM CloudOneはあらゆる企業におすすめできるでしょう。
    この記事を読んで興味を持たれた方はぜひ導入を検討してみてください。

    画像·データ出典:ISM CloudOne公式サイト

    この製品はIT資産管理の製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    IT資産管理の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【IT資産管理】

        類似サービス: 漏洩チェッカー

        (4.5)

        月額料金100円〜/台無料お試し要問い合わせ
        初期費用0円最短導入期間2週間程度

        漏洩チェッカーとは、情報漏洩を未然に防ぐIT資産管理サービスです。 人的ミスなどの内部からの情報漏洩を防ぎ、企業や従業員の重要情報を管理するための機能を備えています。

           

        自社の理想とするIT資産管理が可能

        漏洩チェッカーは、1機能単位で契約することができるため、導入リスクを抑えて、企業が実現したい理想の情報管理体制を構築することが可能です。

        管理者の負担を減らしつつセキュリティレベルを向上

        漏洩チェッカーでは、あらかじめ通知基準を設定しておくことで、基準を超えた際には、自動で管理者にアラートが通知されるため、管理者が常に見張っておく必要がなくなります。

        導入後の運用負担が少ない

        漏洩チェッカーは、クラウド型のサービスのため、自社で運用のためのサーバーを用意する必要がなく、バージョンアップはワンクリックで行われ、サーバーの保守点検費用が不要で、導入後の負担が少ない点が特徴的です。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載