Assetment Neo(アセットメントネオ)の料金·評判について

更新日:

    現場で作業をする上で欠かせないのが資産の現物管理です。現物管理ができていないと、いざ作業に出たときなどに物が足りないということが起こります。そこで現物管理に特化したツール「Assetment Neo」をご紹介します。Assetment Neoならば資産の管理が簡単になり手間が省けます。この記事ではAssetment Neoのメリットや特徴、料金プランなどについてご紹介します。

    Assetment Neoの特徴・機能

    棚卸し作業が簡単になる

    Assetment Neoの特徴の1つ目が棚卸し作業が簡単になるという点です。どうしても避けられないのが棚卸し作業。棚卸し作業には膨大な時間がかかり正確性も重要視されます。しかし何時間もかかる棚卸しをミスなくするのは困難ですよね。Assetment Neoを導入すれば、ハンディスキャナー、スマートフォンのどちらかを使うことでバーコードやQRなどを読み取ればそれだけで完了します。

    台帳管理もまとめて

    2つ目の特徴が台帳管理がまとめて行われるという点です。台帳管理には150種類以上の予備項目があり、カスタマイズもできます。画面一つで管理できるので管理業務の負担減らせます。情報が変わっても簡単な操作で最新の情報へと更新できるので、古い情報のままということはありません。

    デモ機の貸し出し状況もリアルタイムで

    新製品などのPRをするためにデモ機を貸し出したり、展覧会に出店するため手元にないという状況もあるでしょう。そのときにデモ機が返っていないということがあっては大変です。Assetment Neoならばデモ機の貸し出し状況もリアルタイムでわかるので、情報のやり取りが削減できます。

    Assetment Neoのメリット

    Assetment Neoを導入するメリットは主に以下の2つです。

    業務効率化
    素早い情報把握

    先ほども述べたように担当者と連絡しなくとも、デモ機の現在状況がわかります。これによりコミュニケーションを取る必要がなく、それに当てていた時間を別のことに使えます。在庫状況もすべてAssetment Neoからわかりますので、素早い情報把握が可能です。

    Assetment Neoの価格・料金プラン

    機能によって異なるため詳細は公式サイトへお問い合わせ

    2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

    Assetment Neoの注意点

    注意点は特にありません。価格も機能の組み合わせによって異なるので無駄な費用がかかるという心配もいりません。

    Assetment Neoの導入事例・評判

    新規購入した資産の情報登録からラベル貼り付けなど全て順調におこなています。また、資産の写真も登録でき物品が特定できないなどの事態がなく非常に役立っています。
    LINE株式会社様

    棚卸しにかかる時間を8割ほど削減でき、電子台帳になったことでとても助かりました。個体管理もしっかりとでき、大腸の精度も格段に上がりました。資産管理の社内ルールも確立でき、さまざまなメリットが得られました。
    富士通クラウドテクノロジーズ株式会社様

    類似サービスとの比較

    サービス名月額料金特徴
    IT資産運用最適化サービスお問い合わせ照合作業を大幅に短縮できる
    MCore お問い合わせIT資産管理に必要な機能が十分備わっている
    e-Survey+お問い合わせ専門知識が不要

    IT資産運用最適化サービスは照合作業を大幅に短縮できるのが特徴です。照合作業に大きく時間を取られている企業は導入することでメリットを感じるでしょう。MCoreはIT資産管理に必要な機能が備わっています。e-Survey+は専門知識不要なのが特徴です。誰でも使えるというのが魅力的でしょう。

    Assetment Neoで棚卸し作業を短縮

    Assetment Neoはスマートフォンやハンディスキャナーを使いバーコードやQRコードを読み取るだけで棚卸し作業ができます。実際に導入したことで棚卸し作業にかかる時間を大幅に短縮できたという声もあるので棚卸し作業に時間がかかっている企業は是非導入を検討してみて下さいね。

      • qeee枠【IT資産管理】

      執筆者  STRATE[ストラテ]編集部

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載