HRTechとは?人事に役立つサービス、メリット、事例を解説

最終更新日 

企業における人事担当者の方はHRTechという言葉を耳にする機会が増えたのではないでしょうか。

HRTechは使いこなすことができれば、労務管理の効率化や効率化的な人材育成を実現できることから昨今多くの企業から注目を集めています。

HRTechという言葉は聞くけれど、どんなことができるのか、そもそもどんな意味を持っているのか、導入することでどんなメリットが得られるのかと疑問に思っている方のために、本記事ではHRTechについて基本的な意味や事例などを解説しますので参考にしてみてください。

HRTechとは何か?意味を解説

HRTechとは、Human Resources(人事)とTechnology(技術)を組み合わせて作られた造語です。

クラウド技術やAI技術などを活用して人事に関する業務を効率化する際に用いられることが多いですが、昨今では人事業務だけでなく、給与計算や勤怠管理、採用管理など労務管理の効率化にも用いられるケースが増えています。

人事労務業務を効率化して生産性をサポートしてくれる手法として捉えるパターンが一般的です。

なぜHRTechは注目されている?

HRTechが注目されている背景としては以下の点が考えられます。

  • 人事労務業務の効率化が求められている
  • IT技術の発展
  • 人材管理の重要性が向上

少子高齢化や働き方の多様化によって、企業への定着率や雇用率が低下し、人材獲得に課題を抱える企業が増えてきました。

限られた人材で今まで同様、それ以上の生産性を生み出すには、既存の業務の効率化が必須と考えられています。業務の効率化によって生まれた時間を人材獲得、育成に注ぐことで生産性の向上が見込めるため、HRTechを用いてこの課題を解決しようと試みる企業が増えているのです。

また、クラウド技術やAI技術が発展したことにより、これまでになかったサービスが登場するようになり、人事労務の領域においても勤怠管理システムなど様々な効率化ツールが各社から提供されるようになりました。

従来のオンプレミス型と違い、専用サーバーを用意しなくても安価に利用できるクラウド型のサービスが増えたこともHRTechの導入を後押ししました。

そして、終身雇用制度が崩壊したと言われる現代においては、人材管理の重要性が向上し一人ひとりに合わせたマネジメントが求められています。ビッグデータを活用して、人材の分析や管理を効率化することができるサービスが求められた結果、HRTechが注目されているのです。

人事に役立つHRTechサービスとは?

HRTechは幅広い人事労務の業務を効率化することができますが、ここでは代表的なHRTechサービスの例を紹介していきます。

勤怠管理システム

勤怠管理システムを導入することで、それまで手作業で集計していた勤怠情報を一元管理することが可能となります。

エクセルに集計したタイムカードの情報を手入力していたという場合も、勤怠管理システムを導入すればこれらの手間を自動化することができ、給与計算も自動的に算出してくれるので、大幅な業務効率化が実現できます。

また、外部サービスとの連携ができる点も特徴的で、シフト作成やWeb給与明細の発行など幅広い業務を効率化することができるようになります。

勤怠管理システムについてはこちらの記事も参考にしてください。

人事評価システム

人事評価システムを導入することで、従業員情報を適切に管理し人材評価を効率的に行うことができるようになります。

人事評価は、経歴や能力、成績など従業員一人ひとりの情報を正確に把握した上で適切行わなければ従業員のモチベーション低下に繋がるだけでなく、離職率を高めてしまうという危険性もある重要な業務です。

それ故に、人事評価に費やす時間や手間は大きなものとなっていました。

人事評価システムは従業員情報の一元管理を行い、評価プロセスの設定、評価基準の設定がツール上で行うことができるので、効率化だけでなく人事評価の透明性も実現できるという特徴があります。

人事評価システムについてはこちらも参考にしてみてください。

採用管理システム

人材の管理がより重要視されるようになった現代においては、採用活動にかかる労力も一入です。

採用管理システムは、様々な経路の情報を一元管理して採用活動に関する業務を効率化することができます。

紙での管理と比べ、1つの画面で応募者情報やエントリーシート、履歴書データ、面接日程など採用活動に関する情報を一元管理することができるというのが最大の特徴です。

求人募集に対して、応募者が多いという企業ほど採用管理システムの導入によって得られる恩恵は大きいでしょう。

採用活動におけるデータの分析も可能なので、より求人効果の高い媒体への掲載や求人文章の作成が可能な点も特徴的です。

採用管理システムについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

労務管理システム

労務業務においては、社会保険の加入や脱退手続き、年末調整手続き、マイナンバー管理など専門性が求められる業務が多く労務未経験の方や前任者から引き継いだばかりの方にとっては大きな負担となってしまいます。

労務管理システムを導入することで、これらの労務に関する業務を効率的に管理することが可能となり、労務経験が浅い方でもスムーズな業務を実現できます。

労務管理において煩雑になりがちな書類管理もペーパーレスに行うことができるので、紛失や盗難の心配がいらないということも労務管理システムの特徴です。

労務管理システムについてはこちらの記事も参考にしてください。

HRTechを導入することで得られる企業のメリット

HRTechには様々なサービスがあることを紹介しましたが、では実際にHRTechを導入することでどのようなメリットが生まれるのでしょうか。ここでは企業側にフォーカスして導入のメリットを説明します。

人事労務に関する業務を効率化できる

HRTechサービスを導入することで、多くの人事労務に関する技術で自動化が実現できます。

例えば、勤怠管理システムを導入すれば、手入力で行っていた部分の多くを自動化することが可能ですし、打ち間違いなどの人的ミスも防ぐことが可能です。給与計算ソフトを導入すれば最新の税法に対応した給与を勤怠状況から自動で算出してくれるなどのメリットがあります。

人事労務に関する業務では、時間や手間がかかる業務が多く、HRTechによって業務効率化ができれば空いた時間を別の業務に注力することができるようになるというメリットが生まれます。

従業員のモチベーション向上

HRTechの中でも人材管理システムを利用することで、適正な人材配置・評価が行えるようになります。

自分の能力を活かせる部署に配置されることで、チームの生産性は向上し働きやすい環境で仕事ができることで従業員のモチベーションも向上します。

また、人材管理システムでは、目標管理が可能なシステムもあるので従業員の目標における進捗状況が可視化できるようになるというメリットも生まれます。

コストカットの実現

例えば、HRTechの中でも勤怠管理システムや労務管理システムを導入することで、それまで紙で管理していた部分をデータで管理することが可能となるのでペーパーレス化によるコストカットが可能になるというメリットが生まれます。

また、労務管理など専門性が求められる業務でも、システムがサポートしてくれるので労務の経験が浅い方でも短い期間で業務に慣れることができ、教育コストを抑えることができるようになるというメリットもあります。

HRTechの具体的な活用事例は?

採用

採用活動において、HRTechのサービスを活用する企業が増えており、有名通信事業会社でも採用管理システムを導入して採用活動を行っているという事例が挙げられています。

大手企業になるほど求人に対する応募数も多く、年間で数万件という様々な流入経路のエントリーを手動で捌くのは膨大な手間がかかります。

AIが搭載されている採用管理システムを導入することで、予め設定しておいた選考基準に満たしているエントリーシートを自動で判別してくれるようになり、選考にかかっていた時間が大幅に削減できたという成功例が誕生しています。

また、リファラル採用やスクラム採用に特化した採用管理システムも登場しているので、今後はより幅広い採用管理システムの活用が各社で行われていくでしょう。

人事評価

ホテル業を営む某社は、求める人材育成のために人事評価サービスを導入しました。

人事評価サービスは、評価指標を自社オリジナルのものに設定することができるので、企画提案数や企画の採用数などを評価指標として設定し、評価する制度を構築した結果、自社が求める提案型のスタッフ育成が実現できました。

自社が求める人材を育成するために柔軟に目標設定、評価指標を設定することができる人事評価サービスは、多くの企業で導入が進められているサービスです。

勤怠管理

全国で駐車場を運営する某社は、それまでの手作業での残業時間の集計方法に課題を感じ、勤怠管理システムを導入しました。

従来の紙での勤怠管理に比べ、簡単な打刻方法や集計機能が備わっていることで大幅な業務効率化が可能となり、丸二日かかっていた作業工数が0分まで短縮されるという効果をもたらしました。

簡単に打刻ができるのに正確な打刻時間を把握することができ、ランニングコストも安価なものが多い勤怠管理システムはHRTechサービスの中でも導入企業数が多いサービスです。

人事の仕事のこれからについて

HRTechサービスによってもたらされるメリットは非常に多く、クラウド型のサービスも多いことから企業規模を問わず幅広い業界で導入が進めれています。

今後もAI技術やデータ分析技術の発展により、新しいHRTechサービスが登場することも期待されており、乱立するサービスの中から自社にマッチするサービスを選ぶことが人事の仕事をどれだけ効率化できるのかということに繋がっていくと言えます。

人事の業務を効率化できるだけでなく、従業員の健康管理やモチベーション向上につながるHRTechサービスも登場していることから、今後のHRTechサービスの活用は人事だけでなく企業の経営をサポートするテクノロジーとして活用されることが増えるでしょう。

人事担当者は、人事業務の課題だけでなく経営層とも相談し、企業としての課題を明確にした上で自社にマッチしたHRTechサービスを導入することが重要です。

多彩なサービスの中から自社にマッチしたサービスを選定するのは難しいですが、無料のトライアルを提供しているサービスも多いので、実際の操作感を試しながら比較検討すると良いでしょう。

HRTechの活用がパフォーマンスの向上を実現する

今後も多くの企業で導入が進められるであろうHRTechを活用したサービスは、自社にマッチしたシステムを選定することで、人事業務の効率化や従業員のパフォーマンス向上をサポートしてくれる力強い味方になることでしょう。

AI技術を活用したHRTechサービスの発展により、従業員が本当に注力しなければいけない業務にだけ集中できる環境が構築され、企業本来の力が試されることとなります。

自社の課題をしっかりと明確にし、HRTechサービスの比較検討を行うようにしましょう。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載