YMYLとは?その意味とSEOにおける重要性、対象ジャンルや主な対策方法について詳しく解説

更新日:

    SEOを成功させて、Webサイトへのアクセス数を増やすためには、「YMYL」を理解することが大切です。
    YMYLのことを知らずにWebサイト運営を行うと、Googleからの評価が下がってしまい、検索順位や集客率の低下につながるリスクがあるのです。
    本記事で、YMYLの意味、対象ジャンル、具体的な対策方法、YMYLとEATなどをわかりやすく解説していきます。

    YMYLとは何か?その意味を詳しく解説

    最初に、YMYLがどんなものなのかについて見ていきましょう。

    YMYLの意味

    YMYLは、「Your Money or Your Life」の略語です。
    日本語に訳すと、あなたのお金と人生といった意味になります。

    YMYLの定義について

    YMYLの提唱しているのは、検索エンジンで有名なGoogleです。
    Google社は検索品質評価ガイドライン上で、YMYLに関して以下のように定義しています。

    “ページやトピックの中には、個人の将来の幸福、健康、経済的安定、安全などに影響を与える可能性があるものがあります。当社では、このようなページを「Your Money or Your Life」ページ(YMYL)と呼んでいます。”
    (General Guidelinesの 2.3 Your Money or Your Life (YMYL) Pagesより引用)

    Google社はこのYMYLを提唱することで、個人の将来の幸福、健康、経済的安定、安全などに影響を及ぼすWebコンテンツに対して、より高いクオリティを求めているのです。

    YMYLのSEOにおける重要性

    次は、YMYLがなぜSEOにおいて重要なのかについて解説します。

    SEOとは?

    その前に、SEOについて簡単に見ていきましょう。
    SEOは、「Search Engine Optimization」の略語です。
    日本語では、検索エンジンを最適化という意味になります。
    このSEOは、検索エンジン上で、Webサイトを上位に表示させることを目的としています。
    上位に表示されることで目立ちやすくなり、Webサイトへのアクセス数が増えやすくなるのです。

    YMYLが重視される理由

    SEOでは、キーワードの選定や被リンクを増やすなど、さまざまな対策を行い、上位に表示させることを目指します。
    ただ、SEOを重視しすぎると、Webサイトの内容が疎かになってしまう可能性があるのです。
    たとえ、上位に表示させることに成功してアクセス数が増えたとしても、肝心のWebサイトの内容が薄っぺらくなってしまう場合や検索用のテキストや広告だらけのアフィリエイトサイトだったら、ユーザーはすぐに離脱してしまうことでしょう。
    反対に、Webサイトの内容が良質なものならば、ユーザーが長く留まることやリピーターになる確率が高くなります。
    アクセス数が増えていき、見込み客も集まりやすくなることでしょう。
    つまり、YMYLはWebサイトを訪問したユーザーを惹きつけるために、とても重要なものなのです。

    YMYLとEATの違いについて

    Googleは、YMYLのほかに、EATについても重視しています。

    EATの意味

    EATは、以下の3つ単語の頭文字を取った造語です。

    • Expertise(専門性)
    • Authoritativeness(権威性)
    • Trustworthiness(信頼性)

    Google社は、Webサイトのクオリティを正しく評価するために、これら3つをSEO対策における重要な概念としているのです。

    YMYLとEATの違いはジャンル

    YMYLは、ニュース、金融、健康など特定のジャンルに関するWebコンテンツのクオリティが重視されています。
    YMYLのジャンルについては、次の項目で触れていきます。
    一方、EATでは、特定のジャンルに限らず、全般において専門性や信頼性が重視されているのです。
    YMYLとEATのどちらも、Google社やユーザーから信頼されるWebページを作っていくうえで必須のものとなっています。

    YMYLの対象ジャンルはどんなものか詳しく解説

    YMYLの対象ジャンルは、以下の7つです。

    ニュースと時事問題(News and current events)

    国際的なイベント、ビジネス、政治、科学などいった重要なトピックに関するニュースです。
    スポーツ、エンターテイメント、日常生活などの話題は含まれません。

    公民·政府·法律(Civics,government, and law)

    選挙、政府や公共機関、法律問題に関することなど、市民生活に関わる重要な情報のことです。

    金融(Finance)

    銀行、保険、投資、税金など、お金に関わるアドバイスや情報のことです。

    ショッピング(Shopping)

    商品やサービスの調査や購入、オンラインショップなどの情報やサービスのことです。

    健康と安全(Health and safety)

    医療、緊急時の備えなど、人々の健康や安全に関する情報のことです。

    人々の集団(Groups of people)

    人種、民族、宗教、ジェンダーなど世界のさまざまな人に関する情報のことです。

    その他(Other)

    フィットネス、住宅情報、大学や就職先選びなど、生活の重要な側面に関連する情報のことです。

    YMYLへの具体的な対策方法について

    最後に、YMYLの具体的な対策方法について見ていきましょう。

    正しい情報を発信する

    最も大事なことは、Webサイト上で正しい情報を発信することです。
    アクセス数を増やしたいからといて、嘘の情報を伝えるのはNGです。
    誤った情報の発信は、Google社からの評価を一気に下げてしまいます。
    一次情報、専門家の意見などを参考にして、間違った情報を発信しないように細心の注意を払わなくてはなりません。
    また、メリットだけでなく、デメリットや注意点なども正直に記載することで、Webサイトの信頼性をより高めることができます。

    Webサイト運営者や著者情報を開示する

    Webサイトの運営者情報、記事や写真などコンテンツ作成者の情報などを開示して、誰が発信しているのかを明確にしておくことが大切です。

    カスタマーサービスを用意する

    YMYLの対象ジャンルとなる金融や政治などのWebサイトは、専門用語が多くなるため、ユーザーには難しく感じてしまうリスクがあります。
    そのため、ユーザーからの疑問に対応できるように、Webサイト上にお問い合わせフォームやチャットサポートなどを用意しておくことが望ましいです。

    YMYLを理解してサイトの評価を高めよう

    今回は、YMYLの意味、対象ジャンル、具体的な対策方法ついてご紹介しました。
    YMYLは、「Your Money or Your Life」の略語です。
    Google社は、「ニュースと時事問題」、「金融」、「ショッピング」、「健康と安全」など計7つの項目をYMYLの対象ジャンルとしています。
    さらに、Google社は、EAT(Expertise、Authoritativeness、Trustworthiness)についても、重視しているのです。
    YMYLやEATについてよく理解し実行することで、Google社からの評価が高くなり、アクセス数アップも目指せるようになります。
    正しい情報の発信、発信者情報の開示、カスタマーサービスを用意するなどの対策を行い、信頼性の高いWebサイトづくりや運営を目指してみてください。

    この製品はSEOの製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    SEOの製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【SEO】

        SEO対策に必要な機能がオールインワン: Gyro-n SEO

        (4.5)

        月額料金500円〜無料お試しあり
        初期費用0円最低導入期間1ヶ月〜

        SEO対策において課題となりがちな、「複数のツールを使うことで起きる煩雑化」を1つのツールで課題の洗い出しから分析・検証までを行えるようにすることで解消しているため、管理作業を効率化してSEOの効果を高めたい方には、特におすすめのツールとなっています。

        優秀なキーワード候補機能を搭載

        ジャイロンSEOにはキーワード候補機能が搭載されており、手動では候補を探すことが難しい掛け合わせワード、ミドル・ロングテールのキーワードを抽出することが可能です。 Google(スマホ検索を含む)やYahoo!で検索した際に表示される関連キーワードを日々保存、抽出して一覧で確認することができます。 関連キーワードがサジェストされた期間もわかるため、最新のキーワードトレンドも把握できる点が優秀です。 表示されたキーワード候補はワンクリックで登録することができるため、より手軽にSEO対策を強化することができます。

        順位変動の流れを正確に把握

        SEO対策においては、日々のランキング順位は常に把握しておかなければいけないものです。 しかし、ただ前日比を眺めているだけでは、どうして順位に変動が起きたのか分析しにくく、改善施策も打ち出しにくいものです。 ジャイロンSEOでは、前日比だけでなく、直近の順位の動きを検索結果画面に一覧表示することで、より注力すべきキーワードや改善を行うべきワードなどが把握できるようになるため、継続したSEO対策を実現します。

        競合分析ができる

        自社が属する業界において、ベンチマークとなる企業を設定すること、競合サイトの動向を把握していることは非常に重要です。 ジャイロンSEOは各キーワード、グループごとに競合サイトとの比較ができます。 どんなキーワードで順位が負けているのか、また優位に立っているキーワードは何かが簡単に把握できるため、順位アップを目指すべきキーワードに対して注力できるようになります。

        MEO対策に必要な機能をオールインワン: Gyro-n MEO

        (4.5)

        月額料金1,500円無料お試し2週間無料
        初期費用0円最短導入期間なし

        導入企業は1,000社以上、1,2店舗の個店様から店舗数1,000店を超える大チェーン店様までご利用の実績があります。また、低コストから導入できるため、個店・少数店舗でも導入しやすいサービスといえます。

        正確な順位取得が可能

        MEO対策において重要なのは、ターゲットユーザーが検索する地点で、どのように表示されるのかを正確に把握しておくことです。 検索エンジンでのキーワード順位と違い、Googleマップの検索順位は検索地点と店舗との距離によって異なるため、ユーザーが検索する地点も把握しておくことが重要となるのです。 ジャイロンMEOでは、検索順位の取得地点を番地レベルで設定でき、それぞれの検索地点における順位を、店舗までの距離と合わせて確認することができます。

        Googleマイビジネスと連携した管理・運用

        ローカルビジネスにおいては、Googleマイビジネスのビジネスプロフィールとの連携が欠かせません。 ジャイロンMEOは、ジャイロンに登録した店舗情報とGoogleマイビジネスの情報を連携して、一元管理することが可能です。 1つのツール上で、ビジネス情報やカテゴリ、特別営業時間などの属性データの最適化に必要な作業を行うことができます。 また、Googleマイビジネスのインサイトの中から、「検索表示回数」、「ビジネスを検索する方法」、「ユーザーの反応」の項目から指標を収集して、最大で過去18ヶ月分まで遡って比較分析することが可能なため、緻密な効果検証を実現します。

        多言語での検索順位計測でインバウンド向け事業にも対応

        在日外国人や旅行客などインバウンドをターゲットとする業種や店舗では、ユーザーが検索に使う際の言語での表示結果を把握しておく必要があります。 例えば、英語で検索された場合には自店舗がどのように検索結果に表示されているのか、日本語で検索した場合と比較して順位に差があるのかなどをチェックして、言語ごとに正確な情報をユーザーに伝えて、適正な順位を取ることができているのかを把握しておくことが求められます。 ジャイロンMEOは、英語だけでなく中国語(中文簡体、中文繁体)にも対応しており、今後インバウンド客が多いであろう主要言語(韓国語、タイ語、インドネシア語、ベトナム語、フランス語、ロシア語、スペイン語等)も順次追加予定となっています。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載