CMSの導入方法や導入時のポイントは?メリットも詳しく解説

更新日:
これは CMS の製品です。

CMS の製品をまとめて資料請求

CMSを導入すれば、サイトの作成や管理が簡単にできるようになります。

しかし、スムーズに導入するためには、選び方や方法をチェックする必要があるでしょう。

この記事では、CMSを導入する際に検討すべきポイントと、具体的な方法をまとめました。

CMSを導入するメリットも機能面とビジネス面に分けて紹介するので、ぜひ参考にしてください。

おすすめの類似CMSツール

特色を活かした採用サイト構築 Story Stocker

(4.5)

月額費用3万円最低契約期間1年
初期費用要問い合わせ特徴ノーコードで編集可能

最新情報を発信することができるオウンド記事エリアを含め、TOPページ+最大6コンテンツカテゴリ構成が可能なオウンドメディア型CMSです。デザイン会社に依頼するより大幅なコストカットと工数削減が見込めます。

より充実したコンテンツが作成できる

Story Stockerは、コンテンツ重視のCMSのため、一般的な採用サイトに必要なコンテンツは標準で用意された上で、より自社の特色をアピールできるコンテンツを追加することが可能となります。 企業が学生を選ぶ側の時代から、学生が企業を選ぶ側の時代になった昨今においては、自社が他社とどのような違いがあるのか、魅力と感じてもらえる部分はどこなのかを、採用サイトに織り込むことができるのは大きなメリットです。

更新や修正に伴うコストをカット

従来の採用サイトであれば、毎年度、ATSへのリンク変更を行う際や、年次に伴う文字修正、社員変更等を行う度に高額の費用が発生していました。 Story Stockerでは、定額を支払うことで、採用担当者自らが簡単操作で更新作業が可能となり、社員の追加や変更も制限なくできるようになるため、コストカットへとつながります。

集客力の高い採用サイトの構築 JobSuite STUDIO

(4.5)

汎用
パッケージ
20万円無料お試し要問い合わせ
オリジナル
プラン
要お見積もり特徴採用に特化したCMS

「WEB広告」による母集団形成から、採用力を高める「Webサイト制作」までをワンストップ(制作・管理・運用)で行えます。見栄えだけではなく効果的なコンテンツ制作ができます。

効果的なコンテンツ制作が可能に

JobSuite STUDIOは、効果的なコンテンツ制作を実現します。 ・企画·設計:求職者に的確な情報を届けるために、どのようなコンテンツを織り込めば良いかを企画、設計 ・Webデザイン:求職者に対して、わかりやすくコンテンツを伝えるためのデザインを構築 ・プロライターによる取材·原稿作成:訴求力のある記事を制作 ・プロカメラマンによる写真撮影:綺麗かつリアリティーのある写真で社内の雰囲気をアピール ・動画制作:現役社員からのメッセージなど、よりメッセージを伝えやすく ・コーディング:W3Cやアクセシビリティも対応可能 上記のようなコンテンツを制作することができ、採用業務に関する豊富な実績を持つステラスのノウハウがあるため、見栄えだけでなく、求職者に確かなメッセージを届けることができるのです。

サイト公開後もしっかりとサポート

JobSuite STUDIOでは、専門スタッフによるアクセス解析、結果のフィードバックが可能なため、確かなデータに基づく改善が可能となります。 また、継続的な運営のためのコンサルティングも行ってくれるため、サイト運用の経験がないという方でも、安心して効果的な採用サイトを運用していくことができます。 メンテナンスは即時対応で、2名体制によるチェック強化を行なっているため安心です。

セキュリティ対策も万全

JobSuite STUDIOで制作した採用サイトは、 ASP/SaaSの開発·運用に基づく実績に裏付けされた万全のセキュリティ対策が施されているため、安心してサイトを運用することができます。 個人情報の保護体制に対する第三者認証制度であるプライバシーマークの取得や、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の取得を行なっているため、堅牢性の高いセキュリティが保証されています。

この製品はCMSの製品です。

CMSの製品をまとめて資料請求

CMS導入時に検討するポイント

CMSを導入する際に、チェックしておきたいポイントを紹介します。

目的にあったCMSを探す

CMSを導入する目的と現状の課題を見える化しましょう。

目的の達成や課題の解決に必要な機能をリストアップします。

そのうえでCMSの機能や得意分野を比較して、適したものを選ぶことが大事です。

コストパフォーマンスを考える

有料のCMSを導入する場合、見積もりをとって費用や機能をチェックします。

費用の詳しい内訳を確認して比較することが重要です。

オープンソース型など無料や安価で使えるCMSもありますが、セキュリティやサポート体制が不十分な可能性があります。

目的やWebサイト規模をふまえたうえで、コストパフォーマンスがよいCMSを選んでください。

CMS導入方法

CMSの導入方法を、独自開発とオープンソース型に分けて解説します。

独自開発CMSを導入する場合

要件定義

独自開発CMSを構築するときは、Web制作会社に依頼しましょう。

Web制作会社と打ち合わせをして、必要なシステムや機能を明確化する要件定義を行います。

仕様書と見積書の確認

仕様書と見積書の内容をチェックします。

複数の会社から見積もりをとって、費用や内訳を比較するのがおすすめです。

開発

独自開発CMSの設計・開発をしましょう。

外観にあたるフロント側と、データの格納方法や情報処理のサーバー側に分けて作業をします。

公開

運営を想定してテストを実施して、動作状況やバグの有無をチェック。

問題がなければ公開します。

オープンソース型CMSを導入する場合

サーバー・ドメインの契約

自社専用サーバーを立ち上げるか、レンタルサーバーを契約します。

自分で名称を変更したいなら、有料の独自ドメインを取得してください。

CMSをインストール

サーバーにCMSをインストールしましょう。

CMSによって対応しているレンタルサーバーは異なるため、事前に確認しておくと安心です。

テンプレートからテーマを選択

テンプレートから好きなデザインのテーマを選択。

専門知識がなくてもデザインの設定や変更ができます。

初期設定

タイトルの設定や背景・トップ画像の挿入など、初期設定を行えば導入は完了です。

必要に応じて機能を追加できる、プラグイン(拡張機能)をインストールしてください。

CMSのメリット|機能面

CMSの機能面でのメリットをまとめました。

共通部分の更新は自動で行われるため手間が激減

ヘッダーやフッター、メニューなど、共通部分はテンプレート化されています。

ページの追加のたびに自動で更新されるため、手間や時間が削減できるでしょう。

レスポンシブ対応が容易になり、更新時の二度手間もなし!

レスポンシブとは、PCやスマホなどデバイスによってレイアウトが変わるWebサイトのことです。

CMSを導入すれば動作検証をすることなく複数のデバイスに対応でき、更新の二度手間もなくなります。

複数PC、複数担当者で管理が可能

CMSのIDとパスワードを共有すれば、複数のPCや担当者で管理が可能。

アクセス制限によって、操作範囲をユーザーごとに設定できるのも特徴です。

CMSのメリット|ビジネス面

CMSを導入する、ビジネス面でのメリットを紹介しましょう。

迅速に情報の最新化が行える

CMSを導入すればすぐにコンテンツが更新でき、迅速に情報の最適化が行なえます。

情報に間違いが発覚した際にも、すぐに修正できるのがメリットです。

制作会社に依頼する際の待ち時間や雑務がなくなる

CMSならWeb制作会社への依頼と違って、業務の完了まで待つ必要がありません。

打ち合わせや見積もり、修正対応などの雑務もなくなるため、手間を軽減できるでしょう。

引継ぎや分業が容易なため、更新が安定してできる

CMSは基本の操作を覚えれば誰でも使用できるので、引き継ぎが簡単です。

複数人で作業を分担できるため業務が効率化でき、安定して更新ができます。

CMSの導入には準備が必要

CMSを導入するなら、まず検討の際のポイントをチェックしましょう。

導入するCMSを決めたあとは、具体的な導入方法を確認します。

メリットも紹介したので、CMSを導入に迷ったときの参考にしてください。

    その他の関連する記事

    これは CMS の製品です。
    CMS の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【CMS】

        特色を活かした採用サイト構築 Story Stocker

        (4.5)

        月額費用3万円最低契約期間1年
        初期費用要問い合わせ特徴ノーコードで編集可能

        最新情報を発信することができるオウンド記事エリアを含め、TOPページ+最大6コンテンツカテゴリ構成が可能なオウンドメディア型CMSです。デザイン会社に依頼するより大幅なコストカットと工数削減が見込めます。

        より充実したコンテンツが作成できる

        Story Stockerは、コンテンツ重視のCMSのため、一般的な採用サイトに必要なコンテンツは標準で用意された上で、より自社の特色をアピールできるコンテンツを追加することが可能となります。 企業が学生を選ぶ側の時代から、学生が企業を選ぶ側の時代になった昨今においては、自社が他社とどのような違いがあるのか、魅力と感じてもらえる部分はどこなのかを、採用サイトに織り込むことができるのは大きなメリットです。

        更新や修正に伴うコストをカット

        従来の採用サイトであれば、毎年度、ATSへのリンク変更を行う際や、年次に伴う文字修正、社員変更等を行う度に高額の費用が発生していました。 Story Stockerでは、定額を支払うことで、採用担当者自らが簡単操作で更新作業が可能となり、社員の追加や変更も制限なくできるようになるため、コストカットへとつながります。

        集客力の高い採用サイトの構築 JobSuite STUDIO

        (4.5)

        汎用
        パッケージ
        20万円無料お試し要問い合わせ
        オリジナル
        プラン
        要お見積もり特徴採用に特化したCMS

        「WEB広告」による母集団形成から、採用力を高める「Webサイト制作」までをワンストップ(制作・管理・運用)で行えます。見栄えだけではなく効果的なコンテンツ制作ができます。

        効果的なコンテンツ制作が可能に

        JobSuite STUDIOは、効果的なコンテンツ制作を実現します。 ・企画·設計:求職者に的確な情報を届けるために、どのようなコンテンツを織り込めば良いかを企画、設計 ・Webデザイン:求職者に対して、わかりやすくコンテンツを伝えるためのデザインを構築 ・プロライターによる取材·原稿作成:訴求力のある記事を制作 ・プロカメラマンによる写真撮影:綺麗かつリアリティーのある写真で社内の雰囲気をアピール ・動画制作:現役社員からのメッセージなど、よりメッセージを伝えやすく ・コーディング:W3Cやアクセシビリティも対応可能 上記のようなコンテンツを制作することができ、採用業務に関する豊富な実績を持つステラスのノウハウがあるため、見栄えだけでなく、求職者に確かなメッセージを届けることができるのです。

        サイト公開後もしっかりとサポート

        JobSuite STUDIOでは、専門スタッフによるアクセス解析、結果のフィードバックが可能なため、確かなデータに基づく改善が可能となります。 また、継続的な運営のためのコンサルティングも行ってくれるため、サイト運用の経験がないという方でも、安心して効果的な採用サイトを運用していくことができます。 メンテナンスは即時対応で、2名体制によるチェック強化を行なっているため安心です。

        セキュリティ対策も万全

        JobSuite STUDIOで制作した採用サイトは、 ASP/SaaSの開発·運用に基づく実績に裏付けされた万全のセキュリティ対策が施されているため、安心してサイトを運用することができます。 個人情報の保護体制に対する第三者認証制度であるプライバシーマークの取得や、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の取得を行なっているため、堅牢性の高いセキュリティが保証されています。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載