サブウェイのフランチャイズは儲かる?開業資金や評判・年収は?

更新日:

サブウェイのフランチャイズは儲かる?収益モデルや市場性について

サブウェイとは?サブウェイのビジネス概要

サブウェイは世界最大級のサンドイッチチェーンとして知られ、100カ国以上で4万店舗以上をフランチャイズ展開しています。1965年にアメリカで創業し、日本には1982年に上陸しました。サブウェイのビジネスモデルは、フランチャイズ制を主体としたものです。

サブウェイフランチャイズの収益モデル・年収例

サブウェイフランチャイズの収益は、主に以下の3つで構成されます。

  • サブウェイサンドイッチの販売による売上
  • ドリンクやトッピングなどのサイドメニューの販売による売上
  • ロイヤルティ

サブウェイフランチャイズの年収は、店舗の立地や運営状況によって大きく異なりますが、一般的には1000万円~2000万円程度と言われています。

サブウェイの市場性

サブウェイは高い市場性が評価されており、理由として以下のようなポイントが挙げられます。

健康志向の高まり: サブウェイは、野菜をたっぷり使ったサンドイッチを提供しており、健康志向の高まる現代社会のニーズに合致しています。

手軽さ: サブウェイは、注文してから数分でサンドイッチを受け取ることができるため、忙しい現代人にとって手軽な食事として人気があります。

グローバルブランド: サブウェイは世界的なブランドであり、認知度が高く、安心感があります。

サブウェイのフランチャイズの開業資金や初期費用は?

サブウェイフランチャイズの開業資金・初期費用

サブウェイの公式サイトには、フランチャイズに関する具体的な収益モデルや運営費の詳細は記載されていませんでした。サイトは主にメニュー紹介、店舗情報、キャンペーン情報、フランチャイズ募集に関する概要情報を提供しています。

サブウェイのフランチャイズに関心がある場合、具体的な収益モデルや開業に必要な投資額、運営に関する詳細情報を知るには、直接フランチャイズ募集セクションから資料請求を行うか、公式に問い合わせる必要がありそうです。

サブウェイのフランチャイズの研修やサポート体制は?

説明会 と ヒアリング

サブウェイフランチャイズへの加盟に興味を持った方は、まず説明会に参加する必要があります。説明会では、サブウェイのビジネスモデルやフランチャイズ制度について説明されます。

説明会に参加後、サブウェイ本部との個別面談が行われます。面談では、加盟希望者の経験や資金力などを確認します。

本部面談

個別面談では、加盟希望者の経験や資金力などを確認します。また、サブウェイのフランチャイズ経営に必要な資質や熱意などを評価します。

物件の選定と出店審査

本部との面談で問題がなければ、物件の選定に入ります。サブウェイ本部は、加盟希望者の希望エリアに基づいて、候補となる物件をいくつか提案します。候補物件が決まったら、サブウェイ本部による出店審査が行われます。出店審査では、物件の立地や競合状況などを調査します。

研修店舗での店長研修

物件が決まり、出店審査に合格したら、研修店舗で店長研修が行われます。店長研修では、サンドイッチの作り方や接客スキルなど、サブウェイの店舗運営に必要な知識やスキルを習得します。研修期間は約2週間です。

開店後のサポート

開店後は、サブウェイ本部から様々なサポートを受けることができます。主なサポート内容は以下の通りです。

マーケティングサポート: サブウェイ本部は、加盟店に対して、販促活動や広告宣伝活動などのマーケティングサポートを提供しています。

商品開発サポート: サブウェイ本部は、定期的に新しいメニューを開発しており、加盟店はこれらのメニューを販売することができます。

運営指導: サブウェイ本部は、加盟店に対して、店舗運営に関する指導やアドバイスを行っています。

トラブル対応: サブウェイ本部は、加盟店がトラブルに遭遇した場合、解決に向けてサポートします。

サブウェイのフランチャイズの評判やオーナーの声

サブウェイのフランチャイズの評判は、加盟者によって様々です。

良い評判

  • サブウェイは世界的なブランドなので、認知度が高く、顧客が入りやすい。
  • 本部からのサポートが充実しており、安心して経営できる。
  • サンドイッチの作り方が簡単なので、飲食店の経験がなくても始められる。

悪い評判

  • ロイヤリティや初期費用が高額。
  • 食材の原価率が高く、利益率が低い。
  • 競合店が多く、顧客獲得が難しい。

サブウェイのフランチャイズのオーナーの声については調査中です。

サブウェイのフランチャイズの失敗談や廃業率は?

失敗談

サブウェイのフランチャイズの失敗談は、以下のようなものが挙げられます。

  • 立地が悪く、顧客が少なかった。
  • 経営ノウハウが不足しており、赤字が続いた。
  • 競合店に顧客を奪われた。

廃棄率

サブウェイ のフランチャイズの廃業率については調査中です。

      その他の関連する記事

        広告

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載