市場規模拡大中の健康管理システム!効果的な選び方を紹介

更新日:
これは健康管理システムの製品です。

健康管理システムの製品をまとめて資料請求

現在、健康管理システムの市場規模がどんどん拡大してきています。様々な企業が健康管理システムをリリースしているだけではなく、導入している企業も増えてきているのです。

そんな健康管理システムはどうして市場拡大しているのでしょうか。選び方も合わせて紹介します。

おすすめの類似健康管理システム

類似サービス: Wity

(4.5)

料金年額500円/人無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

Wity(ウィティ)とは、ユナイテッド・ヘルスコミュニケーション株式会社が運営しているストレスチェックツールです。 ワンタッチでストレスチェックができる手軽さと、その後の継続的なフォローまでがワンストップに実現できる利便性の高さから、多くの企業で導入されています。

   

ストレスチェックで充実した組織診断を実施

Wity(ウィティ)は、ストレスとの因果関係が強い、組織運営に関わる重要な要因を、厚生労働省の推奨尺度に準拠した形跡でチェックできるように独自開発されています。 組織診断が合わせて可能なWity(ウィティ)オリジナルの尺度から、厚生労働省指定の57項目に対応したものまで、導入企業の用途に合わせて選ぶことができます。

わかりやすいレポート

Wity(ウィティ)は、組織改善に活かしやすい、わかりやすいレポートでストレスチェックの結果を共有してくれるため、初めてストレスチェックツールを導入するという方にもおすすめです。 わかりやすい分布図で、部署ごとの高ストレス者の人数・割合を表示してくれるため、改善に取り組むべき箇所をすぐに把握することができます。

使いやすいシステム

Wity(ウィティ)は、わかりやすい画面で設計されており、ツールの扱いに不安がある方にとっても使いやすいシステムです。 従業員番号や誕生日などのわかりやすいIDを利用したログイン設定がワンタッチで実現でき、AIによる不正回答の検知機能も搭載されています。

類似サービス: LEBER

(4.5)

月額料金100円〜/人無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

LEBERとは、CBC株式会社が運営サポートしている医療相談アプリです。 アプリを活用してお持ちのスマートフォンから、チャット形式で24時間365日医師に相談することができます。 一人あたり月額100円~で実際に医療機関に行かなくても手軽に相談ができるため、テレワークを取り入れている企業での健康経営促進にも貢献します。

       

手軽に問診票を作成

LEBERでは、チャットボットを活用して手軽に問診票を作成することができます。 調子の悪い箇所や症状内容などを選ぶだけという手軽さで、煩わしい操作も必要なく、短時間で問診票を作成することができるため、利用者がストレスを感じることがありません。

症状に合わせた適切なアドバイスをもらえる

LEBERは、いつでも手軽に医師へ相談することができ、最短3分で実名登録された医師からのアドバイスが得られます。 症状に応じた市販薬の推奨もしてくれるため、夜間や週末などの病院が空いていない時間帯でも自己解決することが可能となります。

日本最大級の医師ネットワーク

LEBERには、約400名の医師が登録しています。 内科や外科、産婦人科、小児科、精神科をはじめとした26診療科の医師がサポートしているため、症状に合わせたアドバイスが可能です。

類似サービス: ストレスチェッカー

(4.5)

月額料金0円〜無料お試し要問い合わせ
初期費用0円〜最短導入期間要問い合わせ

ストレスチェッカーとは、株式会社HRデータラボが運営しているストレスチェックツールです。 日本最大級の5,300社以上での導入実績があり、官公庁、大学などでも活用されています。

       

用途に合わせたプランを提供

ストレスチェッカーでは、導入企業の課題や用途に合わせた複数のプランを提供しています。 コストを抑えてストレスチェックを実施したい方には、無料プランがおすすめです。 Web代行プランは、社外にストレスチェック業務を委託できるため、社内のスタッフにストレスチェックの結果を見られてしまうリスクがなく、安心して受検することができます。

柔軟なカスタマイズが可能

ストレスチェックツールは、導入企業それぞれに課題や環境が異なるため、柔軟なカスタマイズ性が求められます。 ストレスチェック実施画面の文言変更 メール送信者名、文言変更等

堅牢性の高いセキュリティ

従業員の個人情報を取り扱う性質上、ストレスチェックツールにおけるセキュリティ対策は必須です。 ファイヤーウォール WAF IDS(不正侵入検知システム) 等

     

LEBERには、約400名の医師が登録しています。

これは健康管理システムの製品です。

健康管理システムの製品をまとめて資料請求

健康管理システムの市場規模が拡大している理由

健康管理システムの市場規模が拡大している理由としては、人事労務担当者の負担が増加している点や、健康管理の重要性が見直されている点が挙げられます。

コロナ禍により大きく生活様式が変わり、精神的な不調をきたす人が増えました。ある調査で、コロナ禍により悩みやストレスが増えたと感じている人は、なんと全体の60%にも上るという結果が出ています。

そして、テレワークを取り入れる企業が増えたこともあり、人事労務担当者がオフィス以外の場所から業務を遂行していく必要性がでてきたことから、クラウドで利用できる健康管理システムの需要が拡大していきました。

また、従業員側も長く働けるように健康管理に取り組む事例が増えていることから、健康管理システムで様々な健康情報を管理し、分析することで、最適な健康増進施策に結びつけることができるという点も需要拡大の要因と言えるでしょう。

健康管理システムの機能を比較

続いて、実際の健康管理システムを比較し、どんなものがあるのかを見ていきましょう。

Carely

Carely(ケアリィ)は、490社もの導入企業がいるだけではなく継続利用率99.4%の実績を持つ健康管理システムです。多くの機能が備わっていますが、オプションを導入することで紙で発行された健康診断の結果をデータ化するというような機能を追加することができます。自社で必要な機能を選択し、導入することが可能です。中小企業から大企業まで、どんな企業にもおすすめです。

Be Health

Be Healthは、複数の健診結果を統一することができ、業務の効率化ができる健康管理システムです。データの取り込みはワンクリックで完了するのでパソコンが苦手という人でも簡単に扱えます。機能も、本当に必要な機能だけが搭載されているので、コストも抑えられています。

リモート産業保健

ストレスチェックを中心に行いたいという企業にぴったりなのがリモート産業保健です。ストレスチェックを代行し、医師の面談まで任せることができるシステムです。コストも、月額3万円〜という低価格なのも、ストレスチェックに的を絞った健康管理システムだからこそ叶う金額です。

市場規模が拡大する中での健康管理システムの選び方

自社の健康管理業務を明確にすること

健康管理システムと一言で言っても、様々な機能に特化したものがあるため、現在健康管理業務で何を行っているのか、システムに何を頼りたいのかを明確にしておきましょう。すると、必要な機能によって健康管理システムが厳選されるので、より選びやすくなります。

従業員の数もチェックポイント

健康管理システムを導入する上で重視したいものの1つに毎月の利用料があります。従業員数によって変わる従量課金制と月額固定料金制のものがあり、コスト面での損得が大きく変わります。従業員の人数が多いと月額固定料金制、少ないと従量課金制がおすすめです。

オプションの有無も確認しよう

健康管理システムの中には、健康管理以外にも様々な機能を持つものがあります。健康管理のためのヨガやウォーキングのレッスンが受けられたり、何種類もの優待が用意されているシステムもあります。自社の従業員により使ってもらえるものはどれかチェックしてみましょう。

他システムとの連携もチェックポイント

健康管理システムだけではなく、人事システムなどを導入・活用している企業は多くあります。健康管理システムに連携機能がついていると、より業務を効率化することができるのです。例えば勤怠システムとの連携なら、労働時間と健康状態についてを把握しやすくなります。システムによって連携できるかどうかは違うので、事前に確認しておきましょう。

急速に拡大している市場の中から、適した健康管理システムを選ぼう

同じようなシステムでも企業によって合う合わないが激しいのが現実です。急速に市場が拡大し、どんどん増えている健康管理システムでも同じことが言えます。選択する上で重要なのは、候補を絞って比較することです。使いこなし、継続できる健康管理システムを選びましょう。

    その他の関連する記事

    これは 健康管理システム の製品です。
    健康管理システム の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【健康管理】

        類似サービス: Wity

        (4.5)

        料金年額500円/人無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        Wity(ウィティ)とは、ユナイテッド・ヘルスコミュニケーション株式会社が運営しているストレスチェックツールです。 ワンタッチでストレスチェックができる手軽さと、その後の継続的なフォローまでがワンストップに実現できる利便性の高さから、多くの企業で導入されています。

           

        ストレスチェックで充実した組織診断を実施

        Wity(ウィティ)は、ストレスとの因果関係が強い、組織運営に関わる重要な要因を、厚生労働省の推奨尺度に準拠した形跡でチェックできるように独自開発されています。 組織診断が合わせて可能なWity(ウィティ)オリジナルの尺度から、厚生労働省指定の57項目に対応したものまで、導入企業の用途に合わせて選ぶことができます。

        わかりやすいレポート

        Wity(ウィティ)は、組織改善に活かしやすい、わかりやすいレポートでストレスチェックの結果を共有してくれるため、初めてストレスチェックツールを導入するという方にもおすすめです。 わかりやすい分布図で、部署ごとの高ストレス者の人数・割合を表示してくれるため、改善に取り組むべき箇所をすぐに把握することができます。

        使いやすいシステム

        Wity(ウィティ)は、わかりやすい画面で設計されており、ツールの扱いに不安がある方にとっても使いやすいシステムです。 従業員番号や誕生日などのわかりやすいIDを利用したログイン設定がワンタッチで実現でき、AIによる不正回答の検知機能も搭載されています。

        類似サービス: ストレスチェッカー

        (4.5)

                           
        年間料金0円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

        ストレスチェッカーとは、株式会社HRデータラボが運営しているストレスチェックツールです。 日本最大級の導入実績があり、官公庁、大学などでも活用されています。

           

        用途に合わせたプランを提供

        ストレスチェッカーでは、導入企業の課題や用途に合わせた複数のプランを提供しています。 コストを抑えてストレスチェックを実施したい方には、無料プランがおすすめです。

        柔軟なカスタマイズが可能

        ストレスチェック実施画面の文言変更、メール送信者名・文言変更、未実施者への受検勧奨メールの送信、リアルタイムで受検状況確認、ストレスチェック期間の延長、医師面接希望取得フォームなど、柔軟なカスタマイズが可能で、導入企業にあった運用を実現することができます。

        堅牢性の高いセキュリティ

        ストレスチェッカーでは、ファイヤーウォール、WAF、IDS(不正侵入検知システム)、ADS(不正侵入検知システム)、SSL、Web改ざん検知といったセキュリティ対策を実施しており、非常に堅牢性の高いサービスです。

        類似サービス: Be Health

        (4.5)

                           
        月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

        Be Healthとは、株式会社エヌ・エイ・シーが運営している健康管理システムです。 使いやすさと柔軟性に優れ、かんたん、やさしい健康管理システムとして幅広い企業や大学、官公庁で導入されている実績があります。

               

        煩雑な作業時間を大幅に削減

        社内の健診データの単位や表記がバラバラで、書類作成やデータ整理に時間がかかり、コア業務に注力できないという課題は、健康管理における代表例です。 Be Healthには、「健診データ統一ツール」が付属しており、バラバラの健診データを統一フォーマットに変換し、一元管理することができます。

        誰でも使いこなせる操作性

        Be Healthは、使いやすさを追求した健康管理システムです。 10年以上産業保健に寄り添ってきた経験と、現場の声を汲み取り、本当に必要な機能だけを搭載したシンプルなデザインとなっているため、PC操作やITツールの扱いに不安がある方でも直感的に使いこなすことができます。

        低価格での導入が可能

        Be Healthは、「働く人が一人でも健康であってほしい」という理念をもとに、安さにチャレンジしています。 5年間導入した際のトータルコストの安さ、従業員1人あたりのコストにおいて、最安値にチャレンジしており、類似サービスと比較しても圧倒的なコストメリットがあります。(従業員規模:250名以上におすすめ)

        類似サービス: LEBER

        (4.5)

        月額料金100円〜/人無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        LEBERとは、CBC株式会社が運営サポートしている医療相談アプリです。 アプリを活用してお持ちのスマートフォンから、チャット形式で24時間365日医師に相談することができます。 一人あたり月額100円~で実際に医療機関に行かなくても手軽に相談ができるため、テレワークを取り入れている企業での健康経営促進にも貢献します。

               

        手軽に問診票を作成

        LEBERでは、チャットボットを活用して手軽に問診票を作成することができます。 調子の悪い箇所や症状内容などを選ぶだけという手軽さで、煩わしい操作も必要なく、短時間で問診票を作成することができるため、利用者がストレスを感じることがありません。

        症状に合わせた適切なアドバイスをもらえる

        LEBERは、いつでも手軽に医師へ相談することができ、最短3分で実名登録された医師からのアドバイスが得られます。 症状に応じた市販薬の推奨もしてくれるため、夜間や週末などの病院が空いていない時間帯でも自己解決することが可能となります。

        日本最大級の医師ネットワーク

        LEBERには、約400名の医師が登録しています。 内科や外科、産婦人科、小児科、精神科をはじめとした26診療科の医師がサポートしているため、症状に合わせたアドバイスが可能です。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載