健康管理システムのメリットデメリットを学んで必要な健康管理システムを選ぼう

更新日:
これは健康管理システムの製品です。

健康管理システムの製品をまとめて資料請求

従業員の健康状態を向上させるために導入が推奨されている健康管理システムですが、導入することでどのようなメリットやデメリットがあるかわからないという方も多いのではないでしょうか?

通常、健康診断を従業員に実施させることが企業にとっての義務ですが、身体的な健康状態だけではなく精神状態も良好な状態でいられるよう企業が管理することも大切です。ストレスを感じながら働いていると生産性も下がってしまうでしょう。

そこで今回は、健康管理システムを利用することで得られるメリットやデメリットについて解説します。健康管理システムの導入を検討している方は本記事をぜひ参考にしてください。

おすすめの類似健康管理システム

類似サービス: Wity

(4.5)

料金年額500円/人無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

Wity(ウィティ)とは、ユナイテッド・ヘルスコミュニケーション株式会社が運営しているストレスチェックツールです。 ワンタッチでストレスチェックができる手軽さと、その後の継続的なフォローまでがワンストップに実現できる利便性の高さから、多くの企業で導入されています。

   

ストレスチェックで充実した組織診断を実施

Wity(ウィティ)は、ストレスとの因果関係が強い、組織運営に関わる重要な要因を、厚生労働省の推奨尺度に準拠した形跡でチェックできるように独自開発されています。 組織診断が合わせて可能なWity(ウィティ)オリジナルの尺度から、厚生労働省指定の57項目に対応したものまで、導入企業の用途に合わせて選ぶことができます。

わかりやすいレポート

Wity(ウィティ)は、組織改善に活かしやすい、わかりやすいレポートでストレスチェックの結果を共有してくれるため、初めてストレスチェックツールを導入するという方にもおすすめです。 わかりやすい分布図で、部署ごとの高ストレス者の人数・割合を表示してくれるため、改善に取り組むべき箇所をすぐに把握することができます。

使いやすいシステム

Wity(ウィティ)は、わかりやすい画面で設計されており、ツールの扱いに不安がある方にとっても使いやすいシステムです。 従業員番号や誕生日などのわかりやすいIDを利用したログイン設定がワンタッチで実現でき、AIによる不正回答の検知機能も搭載されています。

類似サービス: LEBER

(4.5)

月額料金100円〜/人無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

LEBERとは、CBC株式会社が運営サポートしている医療相談アプリです。 アプリを活用してお持ちのスマートフォンから、チャット形式で24時間365日医師に相談することができます。 一人あたり月額100円~で実際に医療機関に行かなくても手軽に相談ができるため、テレワークを取り入れている企業での健康経営促進にも貢献します。

       

手軽に問診票を作成

LEBERでは、チャットボットを活用して手軽に問診票を作成することができます。 調子の悪い箇所や症状内容などを選ぶだけという手軽さで、煩わしい操作も必要なく、短時間で問診票を作成することができるため、利用者がストレスを感じることがありません。

症状に合わせた適切なアドバイスをもらえる

LEBERは、いつでも手軽に医師へ相談することができ、最短3分で実名登録された医師からのアドバイスが得られます。 症状に応じた市販薬の推奨もしてくれるため、夜間や週末などの病院が空いていない時間帯でも自己解決することが可能となります。

日本最大級の医師ネットワーク

LEBERには、約400名の医師が登録しています。 内科や外科、産婦人科、小児科、精神科をはじめとした26診療科の医師がサポートしているため、症状に合わせたアドバイスが可能です。

類似サービス: ストレスチェッカー

(4.5)

月額料金0円〜無料お試し要問い合わせ
初期費用0円〜最短導入期間要問い合わせ

ストレスチェッカーとは、株式会社HRデータラボが運営しているストレスチェックツールです。 日本最大級の5,300社以上での導入実績があり、官公庁、大学などでも活用されています。

       

用途に合わせたプランを提供

ストレスチェッカーでは、導入企業の課題や用途に合わせた複数のプランを提供しています。 コストを抑えてストレスチェックを実施したい方には、無料プランがおすすめです。 Web代行プランは、社外にストレスチェック業務を委託できるため、社内のスタッフにストレスチェックの結果を見られてしまうリスクがなく、安心して受検することができます。

柔軟なカスタマイズが可能

ストレスチェックツールは、導入企業それぞれに課題や環境が異なるため、柔軟なカスタマイズ性が求められます。 ストレスチェック実施画面の文言変更 メール送信者名、文言変更等

堅牢性の高いセキュリティ

従業員の個人情報を取り扱う性質上、ストレスチェックツールにおけるセキュリティ対策は必須です。 ファイヤーウォール WAF IDS(不正侵入検知システム) 等

     

LEBERには、約400名の医師が登録しています。

これは健康管理システムの製品です。

健康管理システムの製品をまとめて資料請求

健康管理システムに期待される効果

健康管理システムは従業員の潜在的なストレスや抱えている悩みなどをアンケートなどを利用して聞きだし、状況の改善を図ることができます。従業員の健康状態は身体的、精神的に良好な状態でいることで初めて最大のパフォーマンスを発揮し、企業に貢献してもらえるでしょう。

また、診断結果などの情報を産業医へ提出する際に、システムを使用して書類をまとめることができるため、人事の業務の一部を効率化させることも可能です。

健康管理システムを利用するメリット

健康管理システムを利用することで得られるメリットは主に以下の3つです。

  1. 健康診断の予約をシステム上で行える
  2. 健康診断の結果をデジタル管理できる
  3. 健康経営優良法人の認定を得られる

それぞれ詳しく解説します。

メリット1.健康診断の予約をシステム上で行える

1つ目のメリットは健康診断の予約を健康管理システム上で行えることです。健康診断の予約はこれまで電話をかけて、クリニックに予約をとるなどアナログな方法が取られていました。従業員数が多い企業では日程調整やコースの選別が複雑になり、人事の業務の負担が増えてしまいます。

健康管理システムでは、このような予約の代行をしてくれるサービスもあります。

メリット2.健康診断の結果をデジタル管理できる

2つ目のメリットは、健康診断後の事務処理をデジタル化できる点です。従来、健康診断の結果は紙で管理され、個人情報管理の観点からも従業員それぞれの自宅に配送される形式が取られてきました。この書類を回収し、データ化するには時間がかかり、業務負担が増えてしまいます。

また、この診断結果は産業医に提出をし、一部従業員に対しては面談を実施する必要があります。健康診断を実施後、3ヶ月以内と期限が決められているため、紙を回収してデータ化していては間に合いません。このような無駄な業務も健康管理システムを利用することで減らすことが可能です。

メリット3.健康経営優良法人の認定を得られる

3つ目のメリットは、健康経営をしている企業に与えられる「健康経営優良法人認定」を取得できることです。近年「健康経営」は注目を集めており、企業のブランドイメージに繋がるほか、採用率や従業員の定着率も向上します。

また、健康経営優良法人認定を受けるためには、申請書類を準備する必要がありますが、その書類に必要な情報も健康管理システムで管理しているデータから簡単に抽出することができます。

健康管理システムにはデメリットが大きくなることも

健康管理システムを導入することでメリットがある一方、デメリットもあります。健康管理は法律に関する専門的な知識が必要となるため、健康管理システムのサービスを活用した方が効率的ですが、サービスを活用しきれない場合、業務負担がよりかかってしまうでしょう。

また、健康管理システムについて理解をしていなければ、サービスの全てを使いこなすことができないでしょう。このような状況にならないよう、健康管理システムの提供元のサポートを積極的に活用しましょう。

メリットデメリットを理解して、必要な健康管理システムを選ぶ

健康管理システムはプランがパッケージ化されているのが一般的です。そのため、利用できるサービスをしっかりと理解した上で、自社が抱えている問題を明確にし検討する必要があります。

不要なサービスを契約していたり、予算内で必要なサービスを利用できないとなると費用対効果は下がり、企業にとってマイナスとなってしまいます。健康管理システムを導入して、従業員の健康状態を向上させるためにも、業務の効率化を図るためにも本記事で紹介したメリットとデメリットを理解しておきましょう。

    その他の関連する記事

    これは 健康管理システム の製品です。
    健康管理システム の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【健康管理】

        類似サービス: Wity

        (4.5)

        料金年額500円/人無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        Wity(ウィティ)とは、ユナイテッド・ヘルスコミュニケーション株式会社が運営しているストレスチェックツールです。 ワンタッチでストレスチェックができる手軽さと、その後の継続的なフォローまでがワンストップに実現できる利便性の高さから、多くの企業で導入されています。

           

        ストレスチェックで充実した組織診断を実施

        Wity(ウィティ)は、ストレスとの因果関係が強い、組織運営に関わる重要な要因を、厚生労働省の推奨尺度に準拠した形跡でチェックできるように独自開発されています。 組織診断が合わせて可能なWity(ウィティ)オリジナルの尺度から、厚生労働省指定の57項目に対応したものまで、導入企業の用途に合わせて選ぶことができます。

        わかりやすいレポート

        Wity(ウィティ)は、組織改善に活かしやすい、わかりやすいレポートでストレスチェックの結果を共有してくれるため、初めてストレスチェックツールを導入するという方にもおすすめです。 わかりやすい分布図で、部署ごとの高ストレス者の人数・割合を表示してくれるため、改善に取り組むべき箇所をすぐに把握することができます。

        使いやすいシステム

        Wity(ウィティ)は、わかりやすい画面で設計されており、ツールの扱いに不安がある方にとっても使いやすいシステムです。 従業員番号や誕生日などのわかりやすいIDを利用したログイン設定がワンタッチで実現でき、AIによる不正回答の検知機能も搭載されています。

        類似サービス: ストレスチェッカー

        (4.5)

                           
        年間料金0円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

        ストレスチェッカーとは、株式会社HRデータラボが運営しているストレスチェックツールです。 日本最大級の導入実績があり、官公庁、大学などでも活用されています。

           

        用途に合わせたプランを提供

        ストレスチェッカーでは、導入企業の課題や用途に合わせた複数のプランを提供しています。 コストを抑えてストレスチェックを実施したい方には、無料プランがおすすめです。

        柔軟なカスタマイズが可能

        ストレスチェック実施画面の文言変更、メール送信者名・文言変更、未実施者への受検勧奨メールの送信、リアルタイムで受検状況確認、ストレスチェック期間の延長、医師面接希望取得フォームなど、柔軟なカスタマイズが可能で、導入企業にあった運用を実現することができます。

        堅牢性の高いセキュリティ

        ストレスチェッカーでは、ファイヤーウォール、WAF、IDS(不正侵入検知システム)、ADS(不正侵入検知システム)、SSL、Web改ざん検知といったセキュリティ対策を実施しており、非常に堅牢性の高いサービスです。

        類似サービス: Be Health

        (4.5)

                           
        月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

        Be Healthとは、株式会社エヌ・エイ・シーが運営している健康管理システムです。 使いやすさと柔軟性に優れ、かんたん、やさしい健康管理システムとして幅広い企業や大学、官公庁で導入されている実績があります。

               

        煩雑な作業時間を大幅に削減

        社内の健診データの単位や表記がバラバラで、書類作成やデータ整理に時間がかかり、コア業務に注力できないという課題は、健康管理における代表例です。 Be Healthには、「健診データ統一ツール」が付属しており、バラバラの健診データを統一フォーマットに変換し、一元管理することができます。

        誰でも使いこなせる操作性

        Be Healthは、使いやすさを追求した健康管理システムです。 10年以上産業保健に寄り添ってきた経験と、現場の声を汲み取り、本当に必要な機能だけを搭載したシンプルなデザインとなっているため、PC操作やITツールの扱いに不安がある方でも直感的に使いこなすことができます。

        低価格での導入が可能

        Be Healthは、「働く人が一人でも健康であってほしい」という理念をもとに、安さにチャレンジしています。 5年間導入した際のトータルコストの安さ、従業員1人あたりのコストにおいて、最安値にチャレンジしており、類似サービスと比較しても圧倒的なコストメリットがあります。(従業員規模:250名以上におすすめ)

        類似サービス: LEBER

        (4.5)

        月額料金100円〜/人無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        LEBERとは、CBC株式会社が運営サポートしている医療相談アプリです。 アプリを活用してお持ちのスマートフォンから、チャット形式で24時間365日医師に相談することができます。 一人あたり月額100円~で実際に医療機関に行かなくても手軽に相談ができるため、テレワークを取り入れている企業での健康経営促進にも貢献します。

               

        手軽に問診票を作成

        LEBERでは、チャットボットを活用して手軽に問診票を作成することができます。 調子の悪い箇所や症状内容などを選ぶだけという手軽さで、煩わしい操作も必要なく、短時間で問診票を作成することができるため、利用者がストレスを感じることがありません。

        症状に合わせた適切なアドバイスをもらえる

        LEBERは、いつでも手軽に医師へ相談することができ、最短3分で実名登録された医師からのアドバイスが得られます。 症状に応じた市販薬の推奨もしてくれるため、夜間や週末などの病院が空いていない時間帯でも自己解決することが可能となります。

        日本最大級の医師ネットワーク

        LEBERには、約400名の医師が登録しています。 内科や外科、産婦人科、小児科、精神科をはじめとした26診療科の医師がサポートしているため、症状に合わせたアドバイスが可能です。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載