オフィスコンビニの市場規模は?注目されているサービスの概要を解説

更新日:
オフィスコンビニのサービス資料を無料ダウンロード

オフィスコンビニの製品をまとめて資料請求

オフィス内で食品や飲料を無人で販売するオフィスコンビニは、近隣にコンビニがない地域やビルの高層階を中心に、需要が高まってきています。

この記事では、オフィスコンビニの概要と市場規模についてまとめました。なぜ市場規模が拡大しているのか詳しい理由とあわせて紹介しますので、参考にしてください。

オフィスコンビニとは

オフィスコンビニとは、オフィス内で利用できる無人タイプのコンビニです。

オフィスの一部に専用のケースや冷蔵庫、自販機を設置し、事業者が定期的に商品を補充する仕組みとなっています。

食品や飲料、お菓子、日用品などさまざまな商品を取り扱っており、24時間いつでも購入できます。

スーパーやコンビニと比較して、商品を安く購入できるのがオフィスコンビニのメリットです。

オフィスコンビニを利用することで、店舗まで行く必要がなくなりオフィス内で買い物ができるため、時間の節約につながります。

商品のラインナップをカスタマイズできるサービスも多く、社員の需要にあわせられるのが魅力です。

オフィスコンビニは、ファミリーマートやセブンイレブン、ミニストップなど、大手のコンビニ企業がサービスを展開しています。

その他にも、お惣菜やお弁当など独自の商品を提供する事業者も増えており、市場規模は拡大傾向にあります。

おすすめの類似オフィスコンビニサービス

社内で栄養バランスの良い食事が取れる: オフィスおかん

(5.0)

                   
月額費用要問い合わせ無料お試し無料サンプルあり
初期費用要問い合わせ導入会社累計導入実績3,000拠点以上※ ※2021年11月時点

職場に専用冷蔵庫とお箸やお皿など入ったボックスを設置し、電子レンジを用意するだけで手軽に開始できるオフィスコンビニ型の社食サービスです。商品はすべて1品100円(税込)※、24時間温かい食事を取ることが可能。数十名の規模の小さな拠点から利用できます。 ※100円は想定利用価格です

管理栄養士監修の美味しいお惣菜が格安で食べられる

オフィスおかんのお惣菜は、専任の管理栄養士監修の美味しくて健康的なお惣菜です。 国産食材を極力優先して使用し、添加物の使用も極力控えているため、小さなお子さんでも安心して食べることができます。 冷蔵(チルド)保存されているため、1分程度温めるだけですぐに食べることができます。また、そのまま食べられるお惣菜もあるそうで、忙しい日のランチ休憩にもぴったりです。

幅広い規模の企業に対応できる!

企業の規模に合わせた冷蔵庫が3タイプ用意されているので、自社のスペースを圧迫することもありません。自動販売機バージョンを置くことも可能です。 テレワークを導入している企業には「オフィスおかん仕送り便」がおすすめで、個人宅でもオフィスおかんの栄養バランスが考えられた惣菜を届けてもらうことができるようになります。

使い方のバリエーションが豊富

オフィスおかんは従来の社食とは違い、24時間利用することができ、ランチ以外にも早朝勤務の方の朝ごはん、夜勤や残業時の夜ご飯として使えるため、シフト勤務の企業でも導入できる点が魅力的です。

類似サービス: nonpi Chef’s LUNCH

(5.0)

月額費用要問い合わせ無料お試し試食あり
初期費用要問い合わせ導入会社2ヶ月〜3ヶ月程度

nonpi Chef’s LUNCHとは、株式会社ノンピが運営している社食サービスです。 本格的なキッチン設備や食堂のような大きな空間がなくても、ケータリングのノウハウを活かして最小限の設備でランチをお届けすることができます。 オフィス移転やリニューアルに伴い、新たにランチやカフェを導入したい企業からも多くの導入依頼を受けている実績があります。

   

社内コミュニケーションの活性化を実現できる

リモートワークが浸透するにつれて、多様な働き方を取り入れる企業が増えている一方で、部署を横断した社内コミュニケーションが減っていることが課題となっているという声が聞かれます。 nonpi Chef’s LUNCHを導入することで、食事を通して自然と人が集まる環境を構築し、何気ない会話や雑談を通して社内コミュニケーションの活性化を実現します。

いつでも美味しい料理が楽しめる

社内コミュニケーションを活性化させるノンピのランチを、いつでも一番美味しい状態で提供しています。 セントラル製造のノウハウを活かして、温製料理は温かい状態で、冷製料理は冷たい状態で提供しているため、いつでも一番美味しい温度で食事を楽しむことができます。

毎日行っても飽きないくらいの豊富なメニュー数

ノンピには、幅広いジャンルのシェフが在籍しているため、多彩な料理をご提供でき、いつでも飽きのこない美味しい食事を楽しむことができます。 「フレンチ・ヴィーガン料理」「イタリアン」「洋食全般」「創作和食・寿司」といったジャンルの専属シェフがセントラルで調理を行っています。

これはオフィスコンビニの製品です。

オフィスコンビニの製品をまとめて資料請求

オフィスコンビニの市場規模

オフィスコンビニの市場規模は、約100万台です。

10年くらい前から増加しており、現在でも規模が増え続けています。

オフィス以外では、病院やホテル、病院、商業施設、工場にも導入されている実績があります。

たとえば、ミニストップ株式会社が提供する「ミニストップポケット」は、2022年に1,000台まで増加しています。

このことから、オフィスコンビニの市場規模は、これからも拡大していくと考えられるでしょう。

オフィスコンビニの市場規模が拡大している理由

福利厚生として取り入れる企業が増えている

近年では、福利厚生を重要視している企業が増加しています。

オフィスコンビニは、健康面のサポートにつながるため、福利厚生の一環として導入する企業が増えています。

社員が好きなときに低予算で食事ができる点も魅力的です。

働く環境をよくしようという考えの広がりが、オフィスコンビニの市場規模拡大につながっていると考えられるでしょう。

マイクロマーケットの開拓

コンビニが全国に一大店舗網を築いている一方で、1店舗あたりの対象としている人口は少なくなっています。

そこで、新たな商圏の獲得として注目されたのが、オフィスや病院、工場などのマイクロマーケット(極小商圏)です。

オフィスコンビニは、オフィスなど小さな商圏でも出店しやすく、コストや人件費の削減ができます。

コンビニの出店適格地が少なくなるなか、マイクロマーケットとしてのオフィスコンビニが注目を集めています。

少ない費用で導入できる

手軽に導入できる点もオフィスコンビニのメリットです。

導入コストや運用コストがかからず、電気代の負担のみで運用できるサービスも増えてきています。

コストや手間をあまりかけずに職場環境を向上できるという特徴から、オフィスコンビニの人気が高まっているのです。

ビルの高層化と食堂の減少

現在では、社員食堂や売店が減少しています。

さらに、オフィスビルの高層化により、買い物に行くための手間や時間が増加している点も問題です。

そのため、オフィス内で食べ物や飲み物を購入できる、オフィスコンビニの需要が高まっています。

買い物にかける時間を減らすことで、休み時間を有効に活用でき、効率的な働き方ができるのがメリットとなります。

便利で手軽なオフィスコンビニの市場規模は、これからも拡大していくと思われます。

オフィスコンビニの市場規模は拡大傾向

オフィスコンビニは、新たな商圏として注目を集めています。

人材不足の解消などのメリットもあり、大手コンビニを始めとする多くの事業者が参入しています。

福利厚生や効率的な働き方の一環として導入する企業が増えており、現在の市場規模は約100万台ですが、これからも増加が見込まれるでしょう。

大市場への成長が期待されるオフィスコンビニに、ぜひ注目してください。

    その他の関連する記事

    これは オフィスコンビニ の製品です。
    オフィスコンビニ の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【オフィスコンビニ】

        社内で栄養バランスの良い食事が取れる: オフィスおかん

        (5.0)

                           
        月額費用要問い合わせ無料お試し無料サンプルあり
        初期費用要問い合わせ導入会社累計導入実績3,000拠点以上※ ※2021年11月時点

        職場に専用冷蔵庫とお箸やお皿など入ったボックスを設置し、電子レンジを用意するだけで手軽に開始できるオフィスコンビニ型の社食サービスです。商品はすべて1品100円(税込)※、24時間温かい食事を取ることが可能。数十名の規模の小さな拠点から利用できます。 ※100円は想定利用価格です

           

        管理栄養士監修の美味しいお惣菜が格安で食べられる

        オフィスおかんのお惣菜は、専任の管理栄養士監修の美味しくて健康的なお惣菜です。 国産食材を極力優先して使用し、添加物の使用も極力控えているため、小さなお子さんでも安心して食べることができます。 冷蔵(チルド)保存されているため、1分程度温めるだけですぐに食べることができます。また、そのまま食べられるお惣菜もあるそうで、忙しい日のランチ休憩にもぴったりです。

        幅広い規模の企業に対応できる!

        企業の規模に合わせた冷蔵庫が3タイプ用意されているので、自社のスペースを圧迫することもありません。自動販売機バージョンを置くことも可能です。 テレワークを導入している企業には「オフィスおかん仕送り便」がおすすめで、個人宅でもオフィスおかんの栄養バランスが考えられた惣菜を届けてもらうことができるようになります。

        使い方のバリエーションが豊富

        オフィスおかんは従来の社食とは違い、24時間利用することができ、ランチ以外にも早朝勤務の方の朝ごはん、夜勤や残業時の夜ご飯として使えるため、シフト勤務の企業でも導入できる点が魅力的です。

        類似サービス: nonpi Chef’s LUNCH

        (5.0)

        月額費用要問い合わせ無料お試し試食あり
        初期費用要問い合わせ導入会社2ヶ月〜3ヶ月程度

        nonpi Chef’s LUNCHとは、株式会社ノンピが運営している社食サービスです。 本格的なキッチン設備や食堂のような大きな空間がなくても、ケータリングのノウハウを活かして最小限の設備でランチをお届けすることができます。 オフィス移転やリニューアルに伴い、新たにランチやカフェを導入したい企業からも多くの導入依頼を受けている実績があります。

           

        社内コミュニケーションの活性化を実現できる

        リモートワークが浸透するにつれて、多様な働き方を取り入れる企業が増えている一方で、部署を横断した社内コミュニケーションが減っていることが課題となっているという声が聞かれます。 nonpi Chef’s LUNCHを導入することで、食事を通して自然と人が集まる環境を構築し、何気ない会話や雑談を通して社内コミュニケーションの活性化を実現します。

        いつでも美味しい料理が楽しめる

        社内コミュニケーションを活性化させるノンピのランチを、いつでも一番美味しい状態で提供しています。 セントラル製造のノウハウを活かして、温製料理は温かい状態で、冷製料理は冷たい状態で提供しているため、いつでも一番美味しい温度で食事を楽しむことができます。

        毎日行っても飽きないくらいの豊富なメニュー数

        ノンピには、幅広いジャンルのシェフが在籍しているため、多彩な料理をご提供でき、いつでも飽きのこない美味しい食事を楽しむことができます。 「フレンチ・ヴィーガン料理」「イタリアン」「洋食全般」「創作和食・寿司」といったジャンルの専属シェフがセントラルで調理を行っています。

        類似サービス: パンフォーユーオフィス

        (5.0)

                 
        月額管理費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        パンフォーユーオフィスとは、株式会社パンフォーユーが運営する社食サービスです。 お弁当や惣菜を社食としてデリバリー・提供するサービスは多いですが、パンに特化している社食サービスは珍しく、オフィスワーカーから人気のサービスとなっています。

               

        職人が作るこだわりのパン

        パンフォーユーオフィスで提供しているパンは、百貨店でも取り扱っているクオリテイの高いパンです。 クロワッサンやシナモンロールのような定番パンから、天然酵母、国産小麦など、素材にこだわったパンなど幅広いラインナップが用意されています。

        コミュニケーションの活性化を実現

        パンはお弁当と違い、片手間に食べられることがメリットとして挙げられます。 そのため、ランチミーティングを行う際でもミーティングを邪魔することがなく、美味しいパンは、社員間のコミュニケーション活性化を促してくれることでしょう。

        社内カフェテリアの実現

        パンフォーユーオフィスを導入すれば、手軽に社内カフェテリアを実現することが可能となります。 置きカフェプランを選べば、パンフォーユーオフィスが厳選した美味しいスープをオプションで用意することが可能なため、コーヒーやスープと一緒に美味しいパンを楽しむことで、気持ちのリフレッシュやコミュニケーションの活性化が期待できるでしょう。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載