ECサイト構築の手順は?立ち上げに失敗しないためのコツも紹介

更新日:
これはECサイト構築の製品です。

ECサイト構築の製品をまとめて資料請求

「ECサイトの構築方法が分からない、、」

「サイト構築に関して、どんな事を抑えるべきかを知りたい、、」

本記事では、ECサイトの立ち上げ方法を解説しています。

加えて、立ち上げに関する失敗事例とその対策について載せていますので事前に確認をしておきましょう。

失敗のリスクを限りなく減らしつつECサイト構築方法について知ることができます。

おすすめの類似ECサイト構築ツール

類似サービス: W2 Unified

(4.5)

月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最低導入期間要問い合わせ

W2 Unifiedとは、W2株式会社が運営しているDX/OMO対応型総合ECサイト構築システムです。 フロント画面管理、バックオフィス管理、CRMマーケティングなど、業界TOPの多種高度で豊富な機能が標準で搭載されており、セキュリティ性にも優れています。

開発〜保守まで100%自社対応

W2 Unifiedは、導入して終わりではなく、専門チームがサイト構築から支援、トレンドに合わせた情報提供までを行ってくれるため、高度なシステム運用を実現することができます。

業界TOPの機能性

W2 Unifiedは、サイト分析や広告分析、SEOといったマーケティング機能、リピーター施策に活用できるCRM機能など、販促〜業務効率化まで、実に幅広いニーズに応える950以上の機能を標準で搭載しています。

日々の業務工数を削減

W2 Unifiedには、自動受注ワークフロー機能(※特許申請中)が搭載されており、自由にセグメント化した顧客グループに対して定型的な処理をボタン1つで一括で実行することが可能です。

類似サービス: 楽楽リピート

(4.5)

         
月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ導入実績要問い合わせ

楽楽リピートとは、株式会社ネットショップ支援室が運営しているECカートシステムです。 D2Cビジネスの施策・分析などに必要な機能をオールインワンで搭載しており、広告や物流など、多数の他社システムと提携しています。 「広告をかけても売上が伸びない」、「購入情報の管理が煩雑化している」、「LTVが上がらない」といった課題を感じている方におすすめのサービスです。

フォーム一体型のLPでCVR向上

楽楽リピートは、これまでに自社で50店舗以上のECサイト運営をしてきた定期通販・リピート通販のノウハウだけでなく、700社以上のD2C事業社の声をカートシステムに落とし込んでいます。

アップセル・クロスセル施策で売上拡大

楽楽リピートでは、購入フローの確認画面で定期コースやより上位の商品をおすすめ表示することで、アップセル施策を実施することができます。

パーソナライズ診断でCRM施策が可能

パーソナライズ診断機能を利用することで、サイト訪問者にいくつかの質問を投げかけ、回答をもとに自動でスコアリングすることができます。 スコアリングの数値によって、回答者の好みや傾向に合わせた商品を同一ページ上で提案できるようになります。

この製品はECサイト構築の製品です。

\30秒でダウンロード可能/

ECサイト構築の製品をまとめて資料請求

ECサイト構築の基本的な手順

ECサイトを構築する基本的な手順は以下の通りです。

1.ビジネスプランの決定:まずはECサイトで何を販売するのか価格の設定をどうするのかなどマーケティング戦略を決定します。

2.要件定義:ECサイトでコンセプトにあった構築を実現するために必要なシステムを選定します。

3.ECサイト構築の準備:要件定義にあったドメインやサーバーといったホスティングサービスを選びます。さらに、ECサイトのプラットフォームも選定します。

4.決済システムの設定:ECサイトの支払い手段である決済システムを設定します。

5.デザインの作成:ECサイトでデザイン作成し、商品の画像や説明文を付け加えます。

6.商品登録:販売する商品をカートシステム上に登録します。

7.テスト注文:顧客と同じ方法で、商品が購入できるかを確認します。

8.ECサイトオープン:ECサイトとして運用がスタートします。

ECサイト構築の手順で押さえておくべきポイント

ECサイト構築のさいのポイントを以下にいくつか紹介をします。

ユーザが利用しやすいデザイン

ECサイトにおける機能性は、大事ですが最も大切なのはユーザが簡単に利用できるということです。ユーザーにとって使いやすくスムーズに購入できるサイトの方が売上を上げることができます。

セキュリティ対策

ECサイトではクレジットカード情報など個人情報を取り扱うため、セキュリティ対策が重要です。セキュリティ対策には、脆弱性の対策・情報漏洩対策・不正アクセス対策等があります。

売れる商品ページを意識する

商品ページにおいて、商品情報を充実させることは重要です。顧客は、商品を実際に手に取って確認することができないため説明文や商品画像に頼ることになります。

この商品ページのクオリティが高いほど購買意欲が高まり商品が売れやすいです。

ECサイト構築に失敗しないための注意点

ECサイトの構築においてよくある失敗とどのようにすれば良いのかを解説します。

複数のECサイトを立ち上げて管理が大変に

ECサイトにおける多店舗展開は多くの業者が行っていることですが、注文や在庫の管理がその分大変になってしまいます。初めは、1店舗からスタートし徐々に販路拡大をしましょう。

とはいえ、一元管理が望ましいのでECサイトの管理ツールを利用することで多店舗での運用が楽になります。

社内で意見がまとまっておらず、サイトのオープンが遅れる

当然ECサイトを作成するのは、ワンマンで実装することは難しいと思います。
事前に、サイトのコンセプトや要件定義を共有することで意見の相違を減らすことが可能です。

ECサイトの構築に、思ったより時間がかかってしまう

通常webサイトの構築には、1.2ヶ月程度を要します。
ECサイトの場合は、商品ページの準備・決済方法の準備・配送手段の準備など多くの前作業が必要です。

リリースに間に合うためには、少なくとも3ヶ月前からの準備が必要です。
さらに構築手法が、オープンソースやスクラッチになるとさらに多くの時間を要するので計画段階から余裕をもっておくことをおすすめします。

ECサイト構築に関するまとめ

ECサイト構築手順は、大まかに分けると準備・構築・公開の3つの要素であらわすことができます。

サイトの構築手順で抑えるべきポイントは、ユーザビリティの高いデザイン・セキュリティ対策といったユーザー目線で考えなければならないことです。
よくある失敗例では、納期が遅れたり管理が大変になったという事例を挙げました。

いずれも、事前に社内共有することで防げることかと思います。要件定義や、各システムの選定といった構築に関することはもちろん、将来的にどうやって運用をするのかというところまで決めておくことで失敗のリスクを減らすことができます。

    その他の関連する記事

    これは ECサイト構築 の製品です。
    ECサイト構築 の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【ECサイト構築】

        類似サービス: W2 Unified

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最低導入期間要問い合わせ

        W2 Unifiedとは、W2株式会社が運営しているDX/OMO対応型総合ECサイト構築システムです。 フロント画面管理、バックオフィス管理、CRMマーケティングなど、業界TOPの多種高度で豊富な機能が標準で搭載されており、セキュリティ性にも優れています。

        開発〜保守まで100%自社対応

        W2 Unifiedは、導入して終わりではなく、専門チームがサイト構築から支援、トレンドに合わせた情報提供までを行ってくれるため、高度なシステム運用を実現することができます。

        業界TOPの機能性

        W2 Unifiedは、サイト分析や広告分析、SEOといったマーケティング機能、リピーター施策に活用できるCRM機能など、販促〜業務効率化まで、実に幅広いニーズに応える950以上の機能を標準で搭載しています。

        日々の業務工数を削減

        W2 Unifiedには、自動受注ワークフロー機能(※特許申請中)が搭載されており、自由にセグメント化した顧客グループに対して定型的な処理をボタン1つで一括で実行することが可能です。

        類似サービス: W2 Repeat

        (4.5)

                 
        月額料金49,800円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用49,800円〜導入実績700社以上

        W2 Repeatとは、W2株式会社が提供しているD2C/定期通販特化型カートシステムです。 売上の低下、業務の煩雑化、デザインの制約など、ECサイト運営で起こるさまざまな課題を解決へ導く機能が用意されています。

        豊富な機能を搭載

        W2 Repeatは、定期通販に特化した豊富な機能を標準搭載しています。その機能数は950種類を超えており、定期通販での売上アップにつなげることが可能です。

        フォーム一体型LPでCVRを向上

        W2 Repeatの特徴は、フォーム一体型LPとなっていることです。 フォーム一体型LPは、商品の説明と入力フォームが1つのページに集約されており、カゴ落ち防止や売上アップが期待できます。

        自動受注ワークフローで大幅な業務効率化

        W2 Repeatには、受注処理を自動化させる機能が搭載されており、これによって大幅な業務効率化が可能となります。 これまで40分以上かかっていた作業がボタン1つ、1分で完了するようになったというケースもあり、日々の作業が効率化することで、担当スタッフの負担軽減も軽減できます。

        類似サービス: 楽楽リピート

        (4.5)

                 
        月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ導入実績要問い合わせ

        楽楽リピートとは、株式会社ネットショップ支援室が運営しているECカートシステムです。 D2Cビジネスの施策・分析などに必要な機能をオールインワンで搭載しており、広告や物流など、多数の他社システムと提携しています。 「広告をかけても売上が伸びない」、「購入情報の管理が煩雑化している」、「LTVが上がらない」といった課題を感じている方におすすめのサービスです。

        フォーム一体型のLPでCVR向上

        楽楽リピートは、これまでに自社で50店舗以上のECサイト運営をしてきた定期通販・リピート通販のノウハウだけでなく、700社以上のD2C事業社の声をカートシステムに落とし込んでいます。

        アップセル・クロスセル施策で売上拡大

        楽楽リピートでは、購入フローの確認画面で定期コースやより上位の商品をおすすめ表示することで、アップセル施策を実施することができます。

        パーソナライズ診断でCRM施策が可能

        パーソナライズ診断機能を利用することで、サイト訪問者にいくつかの質問を投げかけ、回答をもとに自動でスコアリングすることができます。 スコアリングの数値によって、回答者の好みや傾向に合わせた商品を同一ページ上で提案できるようになります。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載