ECサイト構築に必要な費用は?内訳や相場についても解説

更新日:
これはECサイト構築の製品です。

ECサイト構築の製品をまとめて資料請求

「ecサイトを構築したいが、実際にどの程度費用がかかるのか分からない、、」

「ecサイトにはどんなお金がかかるのかを知りたい、、、」

本記事では、ECサイトにおける「費用面」にフォーカスをして解説をしています。

おすすめの類似ECサイト構築ツール

類似サービス: W2 Unified

(4.5)

月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最低導入期間要問い合わせ

W2 Unifiedとは、W2株式会社が運営しているDX/OMO対応型総合ECサイト構築システムです。 フロント画面管理、バックオフィス管理、CRMマーケティングなど、業界TOPの多種高度で豊富な機能が標準で搭載されており、セキュリティ性にも優れています。

開発〜保守まで100%自社対応

W2 Unifiedは、導入して終わりではなく、専門チームがサイト構築から支援、トレンドに合わせた情報提供までを行ってくれるため、高度なシステム運用を実現することができます。

業界TOPの機能性

W2 Unifiedは、サイト分析や広告分析、SEOといったマーケティング機能、リピーター施策に活用できるCRM機能など、販促〜業務効率化まで、実に幅広いニーズに応える950以上の機能を標準で搭載しています。

日々の業務工数を削減

W2 Unifiedには、自動受注ワークフロー機能(※特許申請中)が搭載されており、自由にセグメント化した顧客グループに対して定型的な処理をボタン1つで一括で実行することが可能です。

類似サービス:ecforce

(4.5)

月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

ecforceとは、株式会社SUPER STUDIOが運営しているECプラットフォームです。 幅広い企業のEC化を支援してきた実績があり、スタートアップから大手企業の新規D2C事業など幅広いクライアントが利用しています。

柔軟なサイト設計が可能

ecforceは、自社で思い描いた柔軟なショップ開設が可能です。 単一の商品をランディングページで販売したい場合や、ブランドイメージを表現した商品販売など、用途に合わせて最適なオンラインショップの開設が実現できます。

費用対効果を最大化

ecforceには、ビジネスの立ち上げにインパクトがあるCVRを引き上げる豊富なマーケティング機能を搭載しています。 CVR向上に効果的なEFO(入力フォームの最適化)を標準で搭載しており、非会員でも1クリックで決済ができるなど、購入導線にこだわったマーケティング機能を利用することができます。

業界最高品質のサポート体制

ecforceでは、1ショップあたり平均2人〜3人のカスタマーサポート担当者がアサインされており、その誰もがオンラインショップの運営知識を保有しています。

 

類似サービス: ショップアシスト

(4.5)

月額費用成功報酬型無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最低導入期間要問い合わせ

ショップアシストとは、株式会社エスアイアソシエイツが運営しているECサイトの構築・運用サービスです。 自社でネットショップを10年以上運営してきた実績があり、ノウハウを活かしたサポートを提供しています。自社のネットショップ展開で得た効果の良い試作をすぐに横展開することができます。

一気通貫のサポート体制

ショップアシストは、商品企画からマーケティングまで、全体戦略を選任のECコンサルタントが統括、Web制作チームやサポートチームなどとシームレスに連携して、スピーディーかつ効果的な戦略を実現しています。

成果報酬型の価格形態

ショップアシストは、必要最低限の初期費用となっており、月額の費用は成果報酬型です。 売上に比例して業務範囲を拡大してくれるため、選任の担当者を雇うよりもコストとリスクを抑えて、自社ECサイトの運用を開始することができます。

柔軟な対応が可能

ショップアシストでは、これまで多数のクライアントのネットショップを開発してきたノウハウと、自社のネットショップ運営をしてきた経験をもとに「EverCart」というオリジナルカートシステムを開発・販売しています。 そのため、1からECサイトを開発する場合と比べて、コストと納期を大幅に削減することができます。

この製品はECサイト構築の製品です。

\30秒でダウンロード可能/

ECサイト構築の製品をまとめて資料請求

ECサイト構築に必要な費用内訳

まずは、ECサイトに必要な費用内訳について解説をします。

ECサイトの費用内訳は、大きく分けて下記の4つがあります。

・初期費用

・月額費用

・維持費

・販売手数用

初期費用は、ECサイト立ち上げの際に発生するお金のことです。

月額費用は、ECサイトを運用するにあたって月々支払わなければいけないお金のことです。イメージは、NetflixやAmazonPrimeのようなサブスクリプションと考えられます。

維持費は、月額費用とは別にECサイトを維持するために必要なお金です。
維持費の中には、サーバー利用料・ドメイン利用料・セキュリティ対策費用が含まれます。

最後に、販売手数料ですが商品が売れた際にECサイトの運営会社に一定割合支払わなければいけないお金のことです。

ECサイト構築費用の相場

ECサイトの費用は、厳密にいうと規模やサービスによって大きく値段が変動します。

構築方法は大きく分けて5つあり、構築費用の相場は以下の通りです。

構築手法構築費用代表的なサービス
ECモール無料~数十円Amazon, 楽天市場
ASP無料~数十万円ショップジャパン
オープンソース数十万円~数百万円Magento, EC-CUBE
パッケージ数百万円Shopify, BASE
フルスクラッチ数億円ZOZO, ユニクロオンライン

ECサイト構築を抑えるコツ

ECサイトの費用を抑えるためのコツは、テンプレートを利用することです。
各ECサイトのテンプレートを利用することで、デザイン・機能性が簡単に設定できます。

ただし、開発費用をかけない分独自性が無いというデメリットがあります。

また、費用を抑えるために不必要な機能を削除することが挙げられます。機能ごとに開発費用が発生する場合があるので見直すことで費用を抑えることができます。

ECサイト作成の際には、どんな機能が必要なのかということを事前に決めておくことで開発費用を抑えることができます。

その際、資金の有無で必要かどうかを判断するためにお金の管理が必要です。

ECサイトにおける勘定科目を適切に管理することで、収益管理ができ経営戦略に役立てることができます。

ECサイトを構築する際に考慮すべき費用以外の要素

構築費用以外にも、下記の点を考慮すべきです。

決済方法

ECサイトの決済方法は、クレジットカード・コンビニ決済・キャリア決済等ありますが充実させておくべきです。

なぜなら、決済方法の有無で商品の購入をためらう消費者がいるためです。もちろん、決済方法を増やすことで費用は増えますが、選択肢が多いほど多くのニーズに答えることができます。

集客方法

ECサイトにおいて、集客方法はかなり重要です。閲覧者の母数が多いほど、商品が購入される可能性は高いと言えるからです。

代表的な集客方法には、SEO対策・web広告・SNS利用があります。運用するECサイトをどんな方法で集客するのかは事前に考えておくべきです。

業務委託

業務委託は、外部の会社や個人に仕事を代わりにやってもらうことをさします。

ECサイトにおける業務委託は、以下のようなものが考えられます。

・物流業務

・ささげ業務

・SNS代行

自社で行うには、作業コストがかかるようですと業務委託で効率化を図ることが可能です。

ECサイト構築費用におけるポイント

ECサイトを立ち上げるためには、初期費用や維持費といった様々な費用が発生し、サイトの規模や機能性で変動します。

サイトの構築手法によって費用は大きく変わっていき、安いものでは無料から高いものでは数億円で構築が可能です。

また不必要な機能を、省くことで費用を抑えることができるのでサイトの構築手法や、機能性については事前に検討する必要があります。

    その他の関連する記事

    これは ECサイト構築 の製品です。
    ECサイト構築 の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【ECサイト構築】

        類似サービス: W2 Unified

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最低導入期間要問い合わせ

        W2 Unifiedとは、W2株式会社が運営しているDX/OMO対応型総合ECサイト構築システムです。 フロント画面管理、バックオフィス管理、CRMマーケティングなど、業界TOPの多種高度で豊富な機能が標準で搭載されており、セキュリティ性にも優れています。

        開発〜保守まで100%自社対応

        W2 Unifiedは、導入して終わりではなく、専門チームがサイト構築から支援、トレンドに合わせた情報提供までを行ってくれるため、高度なシステム運用を実現することができます。

        業界TOPの機能性

        W2 Unifiedは、サイト分析や広告分析、SEOといったマーケティング機能、リピーター施策に活用できるCRM機能など、販促〜業務効率化まで、実に幅広いニーズに応える950以上の機能を標準で搭載しています。

        日々の業務工数を削減

        W2 Unifiedには、自動受注ワークフロー機能(※特許申請中)が搭載されており、自由にセグメント化した顧客グループに対して定型的な処理をボタン1つで一括で実行することが可能です。

        類似サービス: W2 Repeat

        (4.5)

                 
        月額料金49,800円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用49,800円〜導入実績700社以上

        W2 Repeatとは、W2株式会社が提供しているD2C/定期通販特化型カートシステムです。 売上の低下、業務の煩雑化、デザインの制約など、ECサイト運営で起こるさまざまな課題を解決へ導く機能が用意されています。

        豊富な機能を搭載

        W2 Repeatは、定期通販に特化した豊富な機能を標準搭載しています。その機能数は950種類を超えており、定期通販での売上アップにつなげることが可能です。

        フォーム一体型LPでCVRを向上

        W2 Repeatの特徴は、フォーム一体型LPとなっていることです。 フォーム一体型LPは、商品の説明と入力フォームが1つのページに集約されており、カゴ落ち防止や売上アップが期待できます。

        自動受注ワークフローで大幅な業務効率化

        W2 Repeatには、受注処理を自動化させる機能が搭載されており、これによって大幅な業務効率化が可能となります。 これまで40分以上かかっていた作業がボタン1つ、1分で完了するようになったというケースもあり、日々の作業が効率化することで、担当スタッフの負担軽減も軽減できます。

        類似サービス:ecforce

        (4.5)

        月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        ecforceとは、株式会社SUPER STUDIOが運営しているECプラットフォームです。 幅広い企業のEC化を支援してきた実績があり、スタートアップから大手企業の新規D2C事業など幅広いクライアントが利用しています。

        柔軟なサイト設計が可能

        ecforceは、自社で思い描いた柔軟なショップ開設が可能です。 単一の商品をランディングページで販売したい場合や、ブランドイメージを表現した商品販売など、用途に合わせて最適なオンラインショップの開設が実現できます。

        費用対効果を最大化

        ecforceには、ビジネスの立ち上げにインパクトがあるCVRを引き上げる豊富なマーケティング機能を搭載しています。 CVR向上に効果的なEFO(入力フォームの最適化)を標準で搭載しており、非会員でも1クリックで決済ができるなど、購入導線にこだわったマーケティング機能を利用することができます。

        業界最高品質のサポート体制

        ecforceでは、1ショップあたり平均2人〜3人のカスタマーサポート担当者がアサインされており、その誰もがオンラインショップの運営知識を保有しています。

        類似サービス:リピスト

        (4.5)

        月額料金14,800円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用29,800円〜最短導入期間要問い合わせ

        リピストとは、株式会社PRECSが運営しているECカートシステムです。 「広告管理が煩雑化している」、「媒体別の効果を把握しきれていない」、「定期継続率が低い」、「カゴ落ちが多い」といった課題を解消して、顧客体験の最大化を実現します。

        フォーム一体型LPでCV率を向上

        リピストでは、フォーム一体型LPの構築が可能で、フォーム入力アシスト機能が標準搭載されています。 ランディングページからそのままフォーム入力へ誘導できることで、ユーザーの離脱ポイントをできる限りなくし、ユーザーにストレスを与えることなく、購入まで導くことが可能となります。

        定期通販に必要な機能を標準搭載

        リピストでは、日付や曜日、価格といった柔軟な定期サイクル設定が可能です。 また、初回のみ料金オフといった定期コースの初回オファーのような施策を実施することもでき、回数毎に価格や送料無料の設定を行なうこともできます。

        独自デザインのLP構築が可能

        リピストでは、smartyテンプレートエンジンを採用しており、データベースの値を変数として利用できるため、独自デザインかつ高いカスタマイズ性を備えたLP構築が可能です。

        類似サービス: ショップアシスト

        (4.5)

        月額費用成功報酬型無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最低導入期間要問い合わせ

        ショップアシストとは、株式会社エスアイアソシエイツが運営しているECサイトの構築・運用サービスです。 自社でネットショップを10年以上運営してきた実績があり、ノウハウを活かしたサポートを提供しています。自社のネットショップ展開で得た効果の良い試作をすぐに横展開することができます。

        一気通貫のサポート体制

        ショップアシストは、商品企画からマーケティングまで、全体戦略を選任のECコンサルタントが統括、Web制作チームやサポートチームなどとシームレスに連携して、スピーディーかつ効果的な戦略を実現しています。

        成果報酬型の価格形態

        ショップアシストは、必要最低限の初期費用となっており、月額の費用は成果報酬型です。 売上に比例して業務範囲を拡大してくれるため、選任の担当者を雇うよりもコストとリスクを抑えて、自社ECサイトの運用を開始することができます。

        柔軟な対応が可能

        ショップアシストでは、これまで多数のクライアントのネットショップを開発してきたノウハウと、自社のネットショップ運営をしてきた経験をもとに「EverCart」というオリジナルカートシステムを開発・販売しています。 そのため、1からECサイトを開発する場合と比べて、コストと納期を大幅に削減することができます。

        類似サービス: 楽楽リピート

        (4.5)

                 
        月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ導入実績要問い合わせ

        楽楽リピートとは、株式会社ネットショップ支援室が運営しているECカートシステムです。 D2Cビジネスの施策・分析などに必要な機能をオールインワンで搭載しており、広告や物流など、多数の他社システムと提携しています。 「広告をかけても売上が伸びない」、「購入情報の管理が煩雑化している」、「LTVが上がらない」といった課題を感じている方におすすめのサービスです。

        フォーム一体型のLPでCVR向上

        楽楽リピートは、これまでに自社で50店舗以上のECサイト運営をしてきた定期通販・リピート通販のノウハウだけでなく、700社以上のD2C事業社の声をカートシステムに落とし込んでいます。

        アップセル・クロスセル施策で売上拡大

        楽楽リピートでは、購入フローの確認画面で定期コースやより上位の商品をおすすめ表示することで、アップセル施策を実施することができます。

        パーソナライズ診断でCRM施策が可能

        パーソナライズ診断機能を利用することで、サイト訪問者にいくつかの質問を投げかけ、回答をもとに自動でスコアリングすることができます。 スコアリングの数値によって、回答者の好みや傾向に合わせた商品を同一ページ上で提案できるようになります。

      広告

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載