• 企業と動画クリエイターがマッチングできる『VideoWorks』とは、どのようなサービスなのか?

    最終更新日 

    紙や文章での広告よりも、視覚的にモノやサービスをアピールすることができる動画広告。

    ネット文化が発展し、スマホの普及率が増えた昨今だからこそ、動画媒体での広告は非常に効果的です。しかし、自社で動画制作を行おうとすると専用の機材が必要になったり、スタジオを手配しなければいけなかったりと手間と費用が膨大にかかってしまいます。

    そこで注目されているのが動画制作サービスです。

    利用することで、プロが手掛けたような高品質の動画・映像コンテンツを作成できることから、多くの企業がこのサービスを利用しています。

    今回はそんな動画制作サービスの中でも、これから注目の『VideoWorks』というサービスについて、運営元であるCrevo株式会社様にインタビューさせていただきました。

    『VideoWorks』とは、どのようなサービスなのか

     

    ――『VideoWorks』のメインターゲットや事業内容を教えていただけますか ?

    Crevo株式会社様:メインターゲットと言いますか、1番使っていただきやすいのは、動画制作会社やデザイン会社、代理店の動画制作ディレクターやプロデューサーの方々だと思います。動画制作においては、制作に必要な役割の中で、ピンポイントに一部の人員だけ足りないという場面が良くあります

    例えば、YouTubeの編集だけお願いしたい、ナレーションの方だけが足りない場合や、地方ロケーション撮影だけお願いしたいというようなケースです。そんな時に、様々なスキルを持ったクリエイターを素早く探すことができて、ピンポイントでお願いできるサービスが『VideoWorks』です。

     

    ――『VideoWorks』の強みや特徴を教えていただけますか

    Crevo株式会社様:『VideoWorks』の一番の強みは、「登録クリエイターの多さ」です。

    様々なスキルを持った、多くのクリエイターの方々にご登録頂いているため、お客様の幅広いニーズにも応えることが可能なんです。

    クリエイターへの依頼価格についても、スケジュールに空きがあるクリエイターが、ある程度低価格で依頼を受けてくれる場合があるため、他サービスよりもリーズナブルに依頼することができます。

    弊社にご登録頂いているクリエイターの豊富さが、そのままリーズナブルな価格や、対応できるスキル・依頼内容の幅に繋がっているのが特徴ですね。

    『VideoWorks』はどのように生まれたのか

    ――なぜ『VideoWorks』を始めようと思ったのですか?

    Crevo株式会社様:元々、私自身が動画制作の商流に疑問を持っていました。

    つまり、一般的な動画制作においては、クライアントとクリエイターの間に、代理店様が関わるのが普通です。ただ、クライアントとクリエイターの間に第三者が関わることで、やりとりに時間がかかったり、中間コストが発生する場合が多々あります。

    動画制作に本当に必要な登場人物は、動画を作りたいクライアントとクリエイターだけでよいのではないかと思い、「スピードもコストも無駄のない動画制作ができる世界を作りたい」と考えるようになり、『VideoWorks』を始めてみようと思いました。

    『VideoWorks』のビジネスモデルとは

    ――『VideoWorks』のビジネスモデルについて教えていただけますか?

    Crevo株式会社様:ビジネスモデルとしては、動画制作を依頼するクライアントと、制作案件に応募して仕事をするクリエイターのマッチングプラットフォームです。

    動画制作の案件を獲得する側であるクリエイターから手数料という形で報酬をいただいています。

    これまでの動画制作業界は、多重下請け構造により代理店手数料が多くかかっており、クリエイターに適切な報酬が支払われていませんでした。

    『VideoWorks』では、この部分を”直依頼”ができることで、クリエイターに正当な報酬が還元され、業界の適正化に繋げられると思っています。

    『VideoWorks』は何を見据えているのか

    ――貴重なお話をありがとうございます。最後に今後の展開を教えていただけますか?

    Crevo株式会社様:まずは、プラットフォームとしてより多くの企業様とクリエイターの方々に認知され、使っていただくことが目標です。

    クライアントとクリエイターのマッチング数を増やし、流通総額を増していきます。

    インタビューから見えた『VideoWorks』とは

    今回、Crevo株式会社様にインタビューさせていただき、『VideoWorks』について貴重なお話を伺うことができました。

    スマートフォンが急激に普及し、もはや1人1台が当たり前になりつつある日本。さらに、YouTubeやInstagramのような動画による視覚にアピールするコンテンツの利用ユーザーが増えていることから、動画制作における市場もますます拡大していくことが予測されます。

    こうした中で、『VideoWorks』はユーザーとクリエイターの双方に寄り添えるサービスになると感じました。

    高額な費用がかかることを懸念して動画制作の依頼が出せなかった企業を、納得のいく価格と品質で結びつけることができるだけでなく、品質に見合った報酬を受け取ることができなかったクリエイターにも、適正な報酬を受け取れるような環境を構築することができる『VideoWorks』は、一度利用すればその利便性の高さをきっと実感できるサービスです。

    今回お話を伺ったサービス:『VideoWorks

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部