magicConnect(マジックコネクト)の料金·評判·機能について。年間12,000円から利用できる?

最終更新日 

働き方改革やコロナ禍の影響を受けて、在宅ワークやリモートワークが注目されるようになってきました。
そこで、本記事では、リモートワークを実現するのに最適なツールとして評判のmagicConnect(マジックコネクト)についてご紹介していきます。
主な特徴や機能、料金プランのほかに、類似サービスについても解説しますので、リモートワークの導入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

magicConnectとは

magicConnectは、NTTテクノクロス株式会社が提供しているリモートアクセスサービスです。
USBキー一つで手軽に利用できるのにもかかわらず、高いセキュリティとなっているのが特徴で、保険会社や会計事務所など10,000社以上の企業が導入しています。

magicConnectの特徴・機能

magicConnectの特徴は、セットアップがとても簡単で、在宅ワークやモバイルワークがすぐに実現できることです。
主な特徴、機能については、以下の通りです。

自宅や外出先でもオフィスと同じように仕事ができる

magicConnectは在宅ワークやモバイルワークに特化しているのが特徴です。
離れた環境からでもオフィスパソコンの画面を呼び出すことや操作が可能なので、わざわざ資料を用意する手間がかかりません。
また、社内データの持ち出しも不要なので、情報漏えい対策にもなります。

わずか3分セットアップできる

セットアップが簡単なのも、magicConnectの特徴です。
専用のプログラムをオフィス用のパソコンへインストールするだけなので、わずか3分ほどでセットアップが完了できます。

スマートフォンなどマルチデバイスに対応

magicConnectは、マルチデバイス対応にも対応したサービスなので、パソコンのほかにスマートフォンやタブレット端末などでも利用可能です。

仮想マウスを搭載

magicConnectには、仮想マウスが搭載されています。
この仮想マウスは操作性に優れているため、iPhoneやAndroidなどのモバイル端末であっても、オフィスのパソコンと同じようにストレスなく扱うことができます。

magicConnectの強み

magicConnectの強みは、大手のNTTグループ会社が提供しているサービスなので、信頼性が高いことです。
ハードウェア固有情報や電子証明書などを用いた多要素認証を導入するなど、セキュリティ性も非常に高いので安心して利用できます。
また、のぞき見やウイルス侵入を防ぐことやファイル転送禁止機能なども搭載されており、情報漏えい対策がしっかりしている点も、magicConnectの強みとなっています。

magicConnectの価格・料金プラン

magicConnectの料金プランは、USB型、端末認証型、モバイルの3種類があります。
USB型はUSBキーを挿すことで利用できるプランとなっており、初期費用は15,000円~、年間使用料は18,000円です。
端末認証型はUSBキー不要のプランで、初期費用は10,000円~、年間使用料は18,000円になっています。
モバイルはタブレットやスマートフォンを使用する場合に適したプランで、初期費用は5,000円、年間使用料は12,000円です。

2020年9月現在/詳細は公式サイトを確認

magicConnectの注意点

magicConnectの注意点は、使用するOSのエディションに制限があることです。
Windows 10 HomeやWindows 7 Home Premiumなどは、対象機器として利用できないので導入前にOSのバージョンをよく確認しておく必要があります。

magicConnectの導入事例・評判

状況に合わせて使い分けができるのが便利

“営業担当や出張者が利用しています。海外出張の場合はUSB型というように使い分けができるのが便利です。”(株式会社シブタニ様)

どこでも社内と同じようにパソコン操作が可能

“会社のパソコンを操作可能なので、どこにいても社内と同じように仕事ができます。テレワークによって通勤時間が減らせるので、社員のプライベートの時間も確保できるようになりました。”(メタウォーター株式会社様)

類似サービスとの比較

magicConnectと類似したサービスとしては、LAPLINKがあります。
LAPLINKは、株式会社インターコムが提供しているリモートコントロールソフトです。
高速リモートコントロールなどの機能を搭載しており、遠隔地からでもオフィスのパソコン画面の操作が可能となっています。生体認証や電子証明書などセキュリティ対策もしっかり行われているので、magicConnectと同様に安心して導入できます。
国産品のソフトなので、トラブルなど困ったときにはすぐに日本人スタッフによる丁寧なサポートが受けられるのもLAPLINKの特徴です。
LAPLINKの料金プランは、パッケージ版、ダウンロード版が用意されており、ライセンス数や利用年数によって料金が異なります。
企業向けライセンスのLAPLINK 14 ライセンス(通常版)は、最安で70,000円からです。
magicConnectはモバイルプランだと、初期費用5,000円、年間使用料12,000円となり、場合によってはLAPLINKよりも安く導入できる可能性があります。

magicConnectで在宅ワークの実現を

magicConnectを導入すれば遠隔地からでもオフィスのパソコンが操作が可能です。
万全のセキュリティ、サポートシステムが整っているmagicConnectなら安心して在宅ワークやモバイルワークが実現できます。

画像・データ出典:magicConnect公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者  STRATE編集部