医療機関における安否確認システムの重要性や役割

更新日:
これは安否確認システムの製品です。

安否確認システムの製品をまとめて資料請求

近年、大規模な災害が頻繁に起こるようになり、安否確認システムを導入する病院が増えています。また、政府からもBCP(事業継続計画)対策を病院に求めており、災害時に事業をいち早く再開するための体制を整えている動きが見られます。

災害が発生すると医療機関では負傷者の治療などを行う必要があるため、いち早く復旧し医療需要に応える必要があるでしょう。そのような時に安否確認システムは役立ちます。

今回は、医療機関における安否確認システムの重要性や役割について解説します。

おすすめの類似安否確認システム

災害時に素早く安否確認が可能: バーズ安否確認+

(4.5)

月額料金1,250円〜無料お試し要問い合わせ
初期費用0円最低利用人数1人〜

実際にバーズ安否確認+を導入した企業からは、「短時間で90%以上の回答率が達成できた」、「携帯からも利用できるので、従業員からの不満も解消された」、「手軽に導入できた」といった声が挙げられており、価格だけでなく、導入のしやすさや利便性にも優れていることがわかります。

低価格から導入できる

バーズ安否確認+は、月額1,250円から利用でき、安否確認サービスの中でも低価格から導入することが可能です。 1名から導入でき、1,250円で50名まで利用できるため、スタートアップ段階の企業でも導入することができます。 初期費用は不要なため、コストを抑えて安否確認システムを導入したいという方には、特におすすめのサービスとなっています。 1,000名以上での利用も可能なため、大企業で利用することも可能です。

普段から連絡網として活用できる

災害時のみならず、バーズ安否確認+は、普段から一般のメールと同様に連絡手段として活用することができます。 テンプレート機能やアンケート機能があるため、会議の出欠確認や社内イベントへの参加確認など、幅広く利用することが可能です。 また、Webメールとしてだけでなく、ショートメールの送信も可能なため、確実な連絡が可能となっています。

ホワイトボードで情報共有を効率化

バーズ安否確認+には、ホワイトボード機能が標準で搭載されています。 緊急時はもちろん、平常時からメッセージを書き込んで情報共有を行うことが可能となります。 書き込みは、タイムラインとして履歴で表示することもでき、タイトルをつけて複数のページを登録することが可能です。 実際のホワイトボードのように自由に書き込みをすることができるため、会議の際に利用したり、掲示板として活用することもできます。

類似サービス: ANPiS

(4.5)

月額料金6,600円〜無料お試し要問い合わせ
初期費用0円最低利用人数1ヶ月程度

ANPiSとは、関西電力株式会社が提供している安否確認システムです。 必要な機能だけに絞ったシンプルな設計のため、コストを抑えて導入できる点が魅力的です。

あらゆる気象情報をリアルタイムに取得

ANPiSは、気象庁と専用線で直結しており、地震や津波などの自然災害における注意報や警報といった、あらゆる気象情報を24時間365日リアルタイムに取得することができます。

高い回答率を実現

安否確認システムにおいて課題となりがちなのが、安否確認に対する回答率です。 システムの使い方がよくわからなかったり、回答を後回しにして忘れてしまったりすることで、高い回答率が得られない場合があります。 ANPiSは、安否確認に未回答の従業員を判別してメールやLINE※を自動で再配信することができるため、回答率を高めることができます。

パンデミックにも対応

ANPiSの回答フォームの内容は、導入企業で自由に設計することが可能です。 新型コロナウイルスといった感染症の罹患状況などについても、柔軟にフォームを設計して把握することができます。

類似サービス: 安否LifeMail

(4.5)

                                       
月額料金80円〜/1人無料お試し30日間
初期費用150,000円最低契約期間なし

安否LifeMailとは、株式会社コム・アンド・コムが運営している安否確認システムです。 日本で最初に開発された安否確認システムとして、確かな実績があり、社会状況の変化やユーザーからのニーズに応じた度重なる改良で、使いやすく機能性にも優れたシステムとなっています。

       

安心の実績

安否LifeMailは、これまでに大手企業や医療機関、地方自治体など、幅広い企業・団体から導入されており、約200万人に利用されています。

コストパフォーマンスに優れている

安否LifeMailは、その安定性や機能性はもちろん、コストパフォーマンスにも優れています。 初期設定費用が初月に発生しますが、月額費は無料となっており、初月以降は、毎月の人数分課金となっているため、必要最低限のコストで運用することができます。

複数の連絡手段を利用できる

安否LifeMailでは、メール・LINE・GPSを活用することで、災害時でも安定した安否確認ができるだけでなく、位置情報を使用した救援も可能としています。 LINEと連携することで、LINEアプリから安否確認通知を受け取れるようになるだけでなく、訓練メールや業務連絡もLINEに通知することが可能です。

これは安否確認システムの製品です。

安否確認システムの製品をまとめて資料請求

安否確認システムでできること

安否確認システムでは主に、登録している人の生存や位置情報の確認を行うことができます。また、生存の確認をメール等で知らせることができるため、患者さんのご家族に自動的に連絡することも可能です。

医療機関における安否確認システムの役割

医療機関における安否確認システムの役割として主に以下の3つが挙げられます。

1.医療スタッフや職員の安否確認
2.患者の安否確認
3.設備の安全確認

災害後、医療機関は一早く復旧し医療体制を整えなければなりません。また、すでに入院をしている患者の安否確認も必要です。それぞれの役割について詳しく解説します。

医療スタッフや職員の安否確認

災害発生後は、負傷者が医療機関に運ばれるため、一早く医療体制を整えることが大切です。また、手術が必要となるケースもあるため、医療スタッフと職員の確保が必要不可欠です。

このような状況下で迅速に医療スタッフと職員全員の安否を迅速に確認するため、安否確認システムを使って連絡を迅速に行います。

患者の安否確認

医療機関には健常な方だけではなく、寝たきりの状態や自由に体を動かすことができない患者もいます。災害が発生すると瓦礫や棚などの下敷きとなってしまうケースがよくありますが、自分で助けを求めることができない患者にとっては安否確認システムが必要不可欠です。

また、人工呼吸器を装着している患者など、治療を継続的に行わなければならない場合、いち早く治療の再開をする必要があります。このように安否確認システムは患者の命を助ける役割があります。

設備の安全確認

医療機関では様々な機器を使用するため、設備が問題なく作動するかいち早く確認することが災害時では求められます。安否確認システムの位置情報機能を使えば、停電が起きている暗い通路でも方向が分かるほか、医療機関の職員以外の人でも位置を簡単に把握することができます。

医療機関向け安否確認システムの選び方

医療機関向け安否確認システムを選ぶ際には、以下のポイントを確認しておきましょう。

  • 機能性
  • 災害時の耐久性
  • セキュリティ
  • 価格
  • サポート体制

とくに災害時の耐久性は災害時にシステムが問題なく作動する上で重要になりますので、事前に確認しておく必要があります。また、位置情報や名前、住所など個人情報を管理しているため、セキュリティも重要です。

医療機関向けのおすすめ安否確認システム

ここからは医療機関向けのおすすめ安否確認システムを紹介します。

安否確認サービス2

トヨクモ株式会社が提供する安否確認サービス2は導入実績3,000社を誇り、顧客満足度もNo.1です。緊急時に必要な一斉送信機能やログインせずに使用できる掲示板など重宝する機能が備わっています。

オクレンジャー

オクレンジャーは医療分野において多数の導入実績があります。災害に強いインフラを整えており、セキュリティ対策も万全です。災害時にはシステムの機能を使って安否確認の連絡を取ることができます。

Cuenote安否確認サービス

Cuenote安否確認サービスは災害時に職員の安否確認を迅速に行うことを目的として作られた安否確認システムです。月間63億通の配信実績がある、メールの配信サービスを使い職員の安否確認を行います。

安否確認システムは医療機関にとって重要な機能

安否確認サービスは医療機関の現場において、災害時医療スタッフや職員の安否を確認する上でとても重要です。政府からもBCP対策として体制を整えるよう指示があるように、重要性が今後も高まるでしょう。

安否確認システムの導入を検討している方は本記事を参考にしてみてください。

    その他の関連する記事

    これは 安否確認システム の製品です。
    安否確認システム の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【安否確認サービス】

        災害時に素早く安否確認が可能: バーズ安否確認+

        (4.5)

        月額料金1,250円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用0円最低利用人数1人〜

        実際にバーズ安否確認+を導入した企業からは、「短時間で90%以上の回答率が達成できた」、「携帯からも利用できるので、従業員からの不満も解消された」、「手軽に導入できた」といった声が挙げられており、価格だけでなく、導入のしやすさや利便性にも優れていることがわかります。

        低価格から導入できる

        バーズ安否確認+は、月額1,250円から利用でき、安否確認サービスの中でも低価格から導入することが可能です。 1名から導入でき、1,250円で50名まで利用できるため、スタートアップ段階の企業でも導入することができます。 初期費用は不要なため、コストを抑えて安否確認システムを導入したいという方には、特におすすめのサービスとなっています。 1,000名以上での利用も可能なため、大企業で利用することも可能です。

        普段から連絡網として活用できる

        災害時のみならず、バーズ安否確認+は、普段から一般のメールと同様に連絡手段として活用することができます。 テンプレート機能やアンケート機能があるため、会議の出欠確認や社内イベントへの参加確認など、幅広く利用することが可能です。 また、Webメールとしてだけでなく、ショートメールの送信も可能なため、確実な連絡が可能となっています。

        ホワイトボードで情報共有を効率化

        バーズ安否確認+には、ホワイトボード機能が標準で搭載されています。 緊急時はもちろん、平常時からメッセージを書き込んで情報共有を行うことが可能となります。 書き込みは、タイムラインとして履歴で表示することもでき、タイトルをつけて複数のページを登録することが可能です。 実際のホワイトボードのように自由に書き込みをすることができるため、会議の際に利用したり、掲示板として活用することもできます。

        類似サービス: ANPiS

        (4.5)

        月額料金6,600円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用0円最低利用人数1ヶ月程度

        ANPiSとは、関西電力株式会社が提供している安否確認システムです。 必要な機能だけに絞ったシンプルな設計のため、コストを抑えて導入できる点が魅力的です。

        あらゆる気象情報をリアルタイムに取得

        ANPiSは、気象庁と専用線で直結しており、地震や津波などの自然災害における注意報や警報といった、あらゆる気象情報を24時間365日リアルタイムに取得することができます。

        高い回答率を実現

        安否確認システムにおいて課題となりがちなのが、安否確認に対する回答率です。 システムの使い方がよくわからなかったり、回答を後回しにして忘れてしまったりすることで、高い回答率が得られない場合があります。 ANPiSは、安否確認に未回答の従業員を判別してメールやLINE※を自動で再配信することができるため、回答率を高めることができます。

        パンデミックにも対応

        ANPiSの回答フォームの内容は、導入企業で自由に設計することが可能です。 新型コロナウイルスといった感染症の罹患状況などについても、柔軟にフォームを設計して把握することができます。

        類似サービス: 安否LifeMail

        (4.5)

                                               
        月額料金80円〜/1人無料お試し30日間
        初期費用150,000円最低契約期間なし

        安否LifeMailとは、株式会社コム・アンド・コムが運営している安否確認システムです。 日本で最初に開発された安否確認システムとして、確かな実績があり、社会状況の変化やユーザーからのニーズに応じた度重なる改良で、使いやすく機能性にも優れたシステムとなっています。

               

        安心の実績

        安否LifeMailは、これまでに大手企業や医療機関、地方自治体など、幅広い企業・団体から導入されており、約200万人に利用されています。

        コストパフォーマンスに優れている

        安否LifeMailは、その安定性や機能性はもちろん、コストパフォーマンスにも優れています。 初期設定費用が初月に発生しますが、月額費は無料となっており、初月以降は、毎月の人数分課金となっているため、必要最低限のコストで運用することができます。

        複数の連絡手段を利用できる

        安否LifeMailでは、メール・LINE・GPSを活用することで、災害時でも安定した安否確認ができるだけでなく、位置情報を使用した救援も可能としています。 LINEと連携することで、LINEアプリから安否確認通知を受け取れるようになるだけでなく、訓練メールや業務連絡もLINEに通知することが可能です。

         

        類似サービス: 安否確認プライム

        (4.5)

                                                         
        月額料金13,500円〜/100名まで無料お試しあり
        初期費用60,000円〜最低契約期間要問い合わせ

        安否確認プライムとは、株式会社エクスリンクが運営している安否確認システムです。 迅速な安否確認を実現する利便性の高い機能が搭載されていながらも、低価格から利用することができます。 メールや専用アプリを使用する安否確認システムが多い中で、安否確認プライムは電話番号を活用したSMSを送信するため、アドレス管理や専用アプリが不要となっており、高い到達率・開封率を実現します。

               

        SMSで高い到達率・開封率を実現

        安否確認プライムは、携帯電話番号を活用したSMS(ショート・メッセージ・サービス)によって高い到達率・開封率で安否確認をすることができます。

        SMSが届いたかを確認できる

        ただSMSを送信するだけでなく、従業員の端末まで届いたのか、届いていない場合の圏外や電源切れなどのエラー理由までを把握することが可能です。 圏外・電源切れ・端末エラーであったかなどの理由がわかることで、再送するタイミングも把握しやすくなります。

        平常時の連絡手段としても活用可能

        安否確認プライムは、安否確認以外にも平常時の連絡手段として活用することもできます。 掲示板機能が搭載されており、掲示板ごとに閲覧できる方を指定できるため、部署ごとの情報共有ツールとしても活用することが可能です。

         

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載