類似サービスと何が違う?楽楽明細の料金・評判・使い方について

最終更新日 

楽楽明細とは?

「楽楽明細」とは、インターネット上で請求書や納品書、広告や各種お知らせなどを発行することができるクラウドシステムのことです。

導入すると、これまで郵送にかかっていた費用が不要になるだけでなく、経理部門で発生している間接コストを削減することにつながります。

楽楽明細の特徴

帳票なら何でも作成することができる!

楽楽明細では、請求書だけでなく帳票であれば何でも作成をすることができます。

納品書や残高確認書、新製品のお知らせなどもWEB上で送ることができます。縦型や横型といったレイアウト調整もでき、今利用しているフォーマットを変えることなく作成することができますので、帳票へのこだわりをそのままに紙からWEBに移行することができます。

操作方法が簡単!

WEBでの帳票作成というとハードルが高いイメージを持たれている方が多いかもしれませんが、楽楽明細は操作方法がとても簡単でシンプルです。そのため導入してから運用開始までストレスなく進めることができ、得意先や仕入先がITに精通していなくても簡単に利用を開始していただけます。

受取側企業への到着が早い!

帳票を作成する企業だけでなく、受取側企業にもメリットがあります。

これまで月末に発行された請求書を1日後に受け取っていた企業は、作成後すぐに楽楽明細から取り出すことができるようになるのです。

受取側企業の経理処理スピードが上がるだけでなく、過去の帳票はいつでも参照することができますので管理が容易になるメリットがあります。

楽楽明細の機能紹介

データ取り込み機能

今利用しているシステムから出力されたデータを楽楽明細に取り込むことができます。例えば販売管理システムから請求データをCSVで出力すれば、楽楽明細に取り込むだけで請求書データが作られます。

無駄なシステム投資が不要なので、低コストで利用を開始することができます。

帳票送付選択機能

楽楽明細はWEBでの送信だけではなく、郵送やFAXにも対応しています。受取先企業がWEBでダウンロードすることに抵抗がある場合、これまで通り郵送する方式を選ぶことができるのです。帳票の作成は1回で済みますので、得意先に合わせて作成する必要がありません。

また、郵送した受取側企業から再発行の依頼があった場合、個別に郵送を実施することも可能です。

日々発生する経理業務のイレギュラーに対応することができるため、経理社員の業務コストを削減できるだけでなく、受取側企業への信頼を落とすこともありません。

個別ファイル送信機能

見慣れたフォーマットで送ってほしいという受取側企業のニーズに合わせて帳票のフォーマットを個別に設定することができます。また、他の帳票を同封することができるため、複数回送付する手続きをする必要がありません。住所変更のお知らせや新製品のご案内なども同封してお伝えすることができるようになるのです。

料金プランについて

低価格でシンプルな料金設定になっているのが楽楽明細の魅力の1つです。

初期費用が100,000円〜、月額費用が24,000円〜となっていて、基本機能だけで年間40万円ほどで利用することができます。目に見える郵送コストを抑えることができるだけでなく、帳票を作成して印刷する費用や封入コストも削減することができます。

ただし複雑なフォーマットの帳票を作成する場合は初期費用が変わります。その場合は、楽楽明細のコンサルタントと綿密に打ち合わせをして費用を算出するようにしてください。

口コミ・利用企業の評判

小売業の方の口コミで、”請求書を紙で出力して郵送する手間がなくなって助かっている”といったものや、IT系の方の口コミでは”楽楽明細を導入したことで、作業量は半分以下になり、郵送コスト削減できた”といったものがあるようです。

類似サービスとの違いについて

マネーフォワードクラウド請求書

あらゆる業界に合わせたテンプレートを準備しているため、ITリテラシーが高くない業種の方や個人事業主の方でも導入できるメリットがあります。ただし、マネーフォワードの統合システムを導入する必要があるため、トータルコストで見ると高めの設定になっています。会計ソフトなども見直しをかけている企業には合うかもしれません。

freee請求書作成

個人事業主の方が多く利用しているfreeeにWEB請求書発行機能が搭載されています。個人事業主の方であれば、月額1,078円とかなり安く導入することができます。ただし、過去の請求書を見たり多くの帳票データを送りたいとなれば、プランが高くなっていきます。大企業での利用にはマッチしておらず、中小企業や個人事業主の方のためのシステムです。

画像・データ出典:楽楽明細公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部