ビジネスシーンでの正しい手紙の書き方は?例文とともに解説

更新日:

正しい手紙の書き方とは?

昨今、ビジネスシーンにおいても、電話で用件を済ませることが多くなったと思われます。

しかし、お礼・お詫び・挨拶・お知らせ・案内などに関しては、手紙やハガキを送るのが正式なマナーとされています。

また、メールでやり取りする場合でも、手紙の書き方の知識は大いに参考になるはずです。手紙の書き方の例文

ビジネスで付き合いのある方に手紙を書く場合、書き慣れていないと戸惑ったり、正しく書けているか不安になったりすることでしょう。

そこで、基本のルールをしっかりと知っておくことにより、正しく失礼のない手紙を書くことができるようになります。

ビジネスシーンにおける手紙は、正しいものであれば、好感度・信頼度が一気にアップするはずです。

おすすめの手紙営業サービス

類似サービス: レタル

(4.5)

         
月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ導入社数要問い合わせ

レタルとは、株式会社Yui’sが運営している手紙マーケティングを活用した営業代行サービスです。 手紙を活用しているため、テレアポやDMなどの新規開拓営業と異なります。 具体的には、決裁者などの届けたい相手に直接届けることができ、開封率も高い点が特徴です。

高品質なリストを抽出

闇雲に手紙を出しても、コストがかかるばかりで思うような成果は得られません。 レタルでは、680万社という豊富なリストから、業界・従業員数・資本金といった情報でリストを精緻化しています。 また、公開情報に基づき、決済者情報を決定するため、品質の高いリスト作成が可能です。

高品質な手紙を作成

レタルで作成する手紙は、セールスライティングを活用しており、トップ営業マンのトークを複製するため、高い品質を実現することができます。 1枚の手紙で終わることなく、効果的なセールス文章で3枚〜4枚の手紙を作成し、潜在層〜顕在層にまでアプローチしてリードを獲得することが可能です。

手紙DXによる見込み顧客の可視化

アナログな手法である手紙は、効果測定が難しいのが大きな課題でした。 その点レタルでは、一社一社にパラメータを付与する「効果測定・追跡機能」によって、CVした顕在客はもちろん、CV前に離脱した潜在客を可視化して取りこぼしのない営業を可能としています。

 
これは手紙営業の製品です。

手紙営業の製品をまとめて資料請求

時候の挨拶

例えば、

「早春の候 貴社におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます」などといった具合に、まずは先方の安否について述べ、その後に主文に繋げていく書き方が一般的です。

主文 

用件・気持ちをしっかりと伝えます。

目的に応じてなるべく具体的に書くことが重要です。

起語(用件を知らせるための書き起こしの言葉)から書き始めると、文章がスムーズになります。

起語の例

(さて・ところで・実は・このたびは・さっそくですが・突然ですが)

結びの挨拶

今後の厚情・指導・相手の発展・繁栄を願う内容、もしくは、伝言などを記すのが一般的です。

例えば、

  • 引き続きご指導を賜りますようお願い申し上げます。
  • 末筆ながら貴社のますますのご発展を祈念いたしております。
  • 書中をもちましてお礼とさせていただきます。

などが挙げられます。

まとめ

以上、ビジネスシーンにおける手紙文の書き方のポイントを、例文も交えて簡単に解説いたしました。

ポイントをしっかりと抑えて正しい手紙の書き方の知識を持っていれば、、あらゆるシーンで重宝されるはずです。

ぜひ、ビジネススキルの一環として、正しい手紙の書き方を覚えましょう。

      その他の関連する記事

      これは 手紙営業 の製品です。
      手紙営業 の製品をまとめて資料請求

        広告

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載