Contract Oneの料金・評判・口コミについて

    契約業務の効率化やペーパーレスによるコスト削減を目的として、契約書の管理サービスを導入するケースが増えています。

    しかし、様々なベンダーから契約書の管理サービスが登場していることもあり、どのようなサービスが自社にマッチするのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

    Contract Oneは、紙と電子の契約書を正確にデータベース化し、全社で活用することでビジネスを強くする契約DXサービスです。アナログな業務をデジタル化し、多様な働き方を実現できます。

    本記事では、Contract Oneの特徴や料金、おすすめのポイントなどを紹介しますのでサービス選定の参考にしてください。

    Contract Oneとは

    Contract Oneとは、Sansan株式会社が提供している契約DXサービスです。

    Sansanのテクノロジーとオペレーションを用いて全ての契約書を正確にデータ化し、契約データベースを構築します。契約内容の横断的な検索や契約期限の管理、契約書の関連付けが可能になることで契約情報をタイムリーに参照でき、類似の契約を確認して契約内容を最適化したり、スピーディーな契約締結を実現します。

    また、紙の契約書の締結に必要な印刷・製本、発送、受け取りなどの作業は、すべてContract Oneが代行します。

    契約締結から管理・活用までContract One上で行うことで、契約書の紛失や破損を回避できるだけでなく、契約業務の効率化、契約情報の活用を実現できるとして、業種や企業規模を問わず様々な企業から導入されている実績があります。

    既に電子契約サービスを導入している場合も、混在する紙の契約書と電子契約書を一元管理できることから、おすすめのサービスとなっています。

    Contract Oneのおすすめポイント

    紙の契約書の押印から保管までをオンラインで完結

    印刷・製本、押印、発送、受け取りといったアナログな作業をContract Oneが代行するため、業務効率化を実現することができます。

    これまでオフィスで行なっていた業務がオンラインで完結できることで、大幅な業務効率化やテレワークの推進を実現します。

    また、紙の契約書を電子化し、データベースで管理することで、契約書の紛失や盗難、破損といったリスクを回避することも可能です。

    クラウド上で契約書を一元管理

    Contract Oneは、クラウド上に契約書のデータベースを構築して、紙と電子の契約書を一元管理することが可能です。

    Sansanが培ってきたAIと人力を組み合わせた独自のテクノロジーによって正確にデータ化し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での電子保存を可能とします。

    管理している契約書は、素早く簡単に検索することができるため、必要な契約書を探す手間がかかりません。

    契約期限の管理もできるため、再契約忘れなどを防止することが可能です。

    多様な働き方を実現

    Contract Oneによって契約業務をオンラインで完結できるようになれば、契約業務のためにその都度オフィスへ出社する必要がなくなります。

    紙の契約業務に触れることなく契約業務ができるため、テレワークの推進やペーパーレス化の実現、BCP(事業継続計画)対策として有事の際の事業継続につなげるなど、多様な働き方を実現します。

    Contract Oneの主要な機能

    Contract Oneに搭載されている主な機能を紹介します。

    • 印刷・製本代行
    • 押印・印紙の貼付を代行
    • 契約書の送付と受領
    • ステータス管理
    • 外部サービス連携
    • スキャン代行
    • 契約書のデータ化
    • 契約内容の検索
    • 契約期限の管理
    • 契約書の関連付け
    • 契約書原本の保管

    機能の詳細については、資料をダウンロードの上、ご確認ください。

    Contract Oneの料金·価格

    Contract Oneは、初期費用と月額料金が発生する料金構成となっています。

    詳細な料金については、導入企業の状況をヒアリングした上で最適な見積もりを提案してもらうことができるため、まずはSansanへお問い合わせください。

    よくある質問

    どのような企業で利用できますか?

    大規模から中小規模まで幅広くご利用いただけます。電子契約サービスをご利用いただいている場合は、サービス連携も可能です。

    申し込みから利用開始までどれくらいかかりますか?

    最短で1営業日から利用を開始できます。専任のコンサルタントによる導入支援を提供させていただきます。

    どのような契約書を管理することができますか?

    基本契約書から秘密保持契約書、覚書など様々な契約書をデータ化して一元管理することが可能です。

    他のサービスとの連携は可能ですか?

    電子契約サービスをはじめとした様々なサービスとの連携が可能です。その他サービスについても順次連携を予定しています。

    電子帳簿保存法に対応していますか?

    対応しています。取引年月日・取引金額・取引先を正確にデータ化するため、「真実性」と「可視性」を確保する点で、電子帳簿保存法の要件を満たしています。

    どんなセキュリティ対策をしていますか?

    Sansan株式会社のサービスと同様のセキュリティ対策(暗号化やPMSの構築)などを行なっています。

    Contract Oneの詳細について

    Contract Oneについて、おすすめのポイントや機能などを紹介させていただきました。

    紙や電子の契約書が混在していることで、契約書管理が煩雑化し、アナログ作業にも対応しなければいけない状況が担当者の負担を大きなものとしています。

    Contract Oneであれば、アナログだった契約業務をDXすることで、さまざまな経営課題の解決につなげ、ビジネスを強くします。

    Contract Oneのサービス詳細については、ぜひ資料ダウンロードをお願いします。

    無料

    Contract One
    資料ダウンロードはこちら

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載