WAN-Sign(ワンサイン)の料金·評判·機能について

更新日:

    新しいサービスを導入する際や、取引先との業務を行う際には契約業務がつきものです。

    ペーパーレス化、業務効率化が重視される昨今においては、この契約業務においても改善が求められています。

    今回紹介するWAN-Signは、特徴があることから注目されているサービスです。

    機能面や特徴、料金などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

    WAN-Signとは

    WAN-Signとは株式会社ワンビシアーカイブズが運営している電子契約サービスです。

    従来の紙での契約方式と比べて、電子化によるペーパーレスな契約業務が実現できるため、コストカットや業務効率化を目的として広い業界から導入されています。

    おすすめの類似電子契約システム

    類似サービス: ジンジャーサイン

    (4.5)

    月額費用8,700円〜無料お試し2週間無料
    初期費用50,000円〜契約期間12ヶ月〜

    紙と印鑑の契約書で課題とされる「在宅で対応不可」「不要なコスト」を解消し、WEB上で契約業務を完結できる電子契約サービス。契約業務の工数と費用を削減できます。

    最短10分で契約業務が完了

    ジンジャーサインは従来の郵送や対面での契約業務と比べ、非常に手軽でスムーズに契約を行うことができます。 管理画面から契約書をアップロードし、署名箇所の指定や氏名、住所などの入力箇所を設定、取引先に署名依頼メールを送り相手方が必要事項をWeb上で記入すれば契約は完了です。 特別難しい操作はないため、慣れれば10分程度で契約を締結することができます。

    セキュリティ面も安心

    ジンジャーサインでは、電子署名とタイムスタンプによって契約書の安全性を担保しています。 また、電子化された契約書は大手企業も利用しているAWS(Amazon Web Services)を活用しているため安全に保管され、万が一の際にもバックアップが自動で保存されているためすぐに復旧することができます。 また、全ての通信においてSSL/TLSを利用した暗号化がされているため外部からの情報漏洩にも万全の対策がされています。

    電子契約以外にも使用可能

    ジンジャーサインは、電子契約以外の場面でも使えるツールです。 例えば納品書や検収書、社内向けの宣誓書などにも使用できます。 ジンジャーサインを使える文書が増える可能性を見越して、様々なシーンで活用できるようになることが期待されています。

    類似サービス: SATSIGN

    (4.5)

    月額費用5万円~無料お試し要お問合せ
    初期費用30万円社内ユーザー1,000名

    紙も電子も様々なタイプの契約書を一元管理して、契約業務の効率化が実現できるサービス。取引先が多く、契約書が大量に発生する場合でも、契約書の高速作成が可能なため安心で、紙の契約書のデータ化にも対応。

    全ての契約を統合管理

    ATSIGNは、紙の契約書も電子契約も統合管理することが可能です。 特に優れているのは、他社の電子契約も管理することが可能な点で、紙も電子も全ての契約書を検索·関連表示することができるため、テレワークのような在宅勤務でも必要な情報がすぐに見つかります。

    大量の契約書でも効率的かつスピーディーに作成

    SATSIGNの契約書作成機能(オプション)を利用することで、大量の契約書作成でもスピーディーに作成することが可能です。 条文が一定で、条件項目を変更する程度の定型的な契約書であれば、事前に登録したテンプレートを活用することで、契約書の作成から社内決裁、電子契約締結までが高速化できるため、大きな業務効率化に繋がります。

    証拠能力も万全

    SATSIGNで利用できる署名方法は、「当事者型電子署名」と「立会人型電子署名」で、AATL(※)に登録された電子認証局から発行された認定スタンプを使用できるため、法的にも認められた信頼性の高い署名が可能になります。

    この製品は電子契約の製品です。

    電子契約の製品をまとめて資料請求


    WAN-Signの機能·特徴

    ハイブリッドな契約が可能

    WAN-Signでは、電子証明書での締結とメール認証での締結を柔軟に使い分けて契約内容に合わせた契約締結を行うことが可能です。

    電子証明書での締結の場合、電子認証局によって発行された電子証明書を使って署名が可能になります。

    メール認証で締結する場合は、より手軽な電子的署名が可能になり、これらを組み合わせたハイブリッドな契約ができるので、相手方には負担の少ない契約が実現できるのです。

    書面も電子も一元管理できる

    WAN-Signの契約管理機能は電子書面だけでなく、書面契約も管理することが可能です。

    文書ごとに書類名や契約の相手方の名前、締結日などの情報を登録することができ、電子署名済みPDFに関しては他社で締結したものであってもWAN-Signで一元管理することができます。

    堅牢性の高いセキュリティ

    WAN-Signでは、国際的なセキュリティ水準であるISO/IEC27001・ISO9001を取得しています。

    セキュリティに関して言えば、フォルダごとに閲覧制限をかけることができるので、内部からの不正なアクセスを防止することが可能なだけでなく、IPアドレス制限もできるので外部からの不正アクセスへの対策も万全です。

    脆弱性の診断も定期的に行っているので、常に高いセキュリティ状態を維持しています。

    WAN-Signの料金·価格

    WAN-Signには「電子契約無料プラン」と「電子契約有料プラン」が用意されています。

    初期費用や基本サポート料金は無料でユーザー発行数は無制限です。

    無料プランでは、電子契約締結、電子契約送信、電子データ管理料が無料となります。

    有料プランは電子契約の締結が1件につき300円、電子証明書の発行料1件につき8,000円の費用が発生します。電子契約送信は1件につき100円です。電子データの管理料として月額10,000円の費用が発生し、5,000件追加するごとに追加の課金が必要となります。

    2021年2月現在/詳細は公式サイトを確認

    無料トライアルについて

    WAN-Signでは、無料トライアルの提供については明記されていませんが、無料プランが提供されているので、本格的な運用前のトライアルはもちろん、少量の契約であればコストを抑えて利用することが可能です。

    WAN-Sign導入のメリット

    相手方に負担の少ない契約ができる

    電子契約というと契約の相手方にもセキュリティ保守のため複雑な認証が必要になる手間が懸念されますが、WAN-Signでは電子証明書とメール認証を組み合わせることができます。

    そのため、自社では証拠力も高い電子署名を利用し、相手方にはメール認証による本人確認のみを行ってもらうことで電子契約における負担を軽減できるというメリットが生まれます。

    WAN-Signの導入事例·評判

    契約業務におけるコストカットを実現

    “以前は紙での契約業務を行っていたので、管理コストも人件費も嵩んでいました。WAN-Signは費用感や取引先が導入しやすいことが導入の決め手でした。印紙代や紙の印刷代、ファイリングのための人件費などを大きくカットすることができたので、導入効果は予想以上です。”(株式会社デザイントランスメディア様)

    契約管理機能が優れている

    “契約書類が増加してきたことに伴い、更新管理や契約業務の効率化が課題になると思い電子化を決めました。WAN-Signを導入したことで、すでに締結していた契約書類の保管状態を整理することができ、事業スピードの加速に繋がっています。WAN-Signは契約管理機能が充実しているのが良いですね。”(株式会社マネースクエア様)

    類似サービスとの比較

    WAN-Signとの類似サービスとしては、クラウドスタンプやNINJA SIGNなどが挙げられます。

    クラウドスタンプは契約書を完全ペーパーレスにすることができる電子契約サービスです。

    法的な証拠力を持った電子契約があるので、初めて電子契約サービスを利用するという方でも安心して利用することができます。

    料金面としては、ライトプランとベーシックプランがありますがどちらも料金は非公開となっています。

    NINJA SIGNはテレワーク環境でも利用することができる電子契約サービスです。

    有料プランの機能を制限した無料プランが提供されているので、コストを抑えて電子契約を導入することができるという特徴があります。

    有料プランは月額4,980円から利用できるプランが最安となります。

    WAN-Signを含むおすすめの電子契約サービス比較

    電子契約サービスについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

    WAN-Signで契約管理の効率化を

    WAN-Signを導入すれば、高いセキュリティ性を持った電子契約が可能になるので、初めて契約業務を電子化するという企業でも安心して使うことができるようになります。

    無料プランも提供されているので、本記事を読まれて気になった方は是非この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

    画像·データ出典:WAN-Sign公式サイト

    これは電子契約の製品です。
    電子契約の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【電子契約】

        類似サービス: ジンジャーサイン

        (4.5)

        月額費用8,700円〜無料お試し2週間無料
        初期費用50,000円〜契約期間12ヶ月〜

        紙と印鑑の契約書で課題とされる「在宅で対応不可」「不要なコスト」を解消し、WEB上で契約業務を完結できる電子契約サービス。契約業務の工数と費用を削減できます。

        最短10分で契約業務が完了

        ジンジャーサインは従来の郵送や対面での契約業務と比べ、非常に手軽でスムーズに契約を行うことができます。 管理画面から契約書をアップロードし、署名箇所の指定や氏名、住所などの入力箇所を設定、取引先に署名依頼メールを送り相手方が必要事項をWeb上で記入すれば契約は完了です。 特別難しい操作はないため、慣れれば10分程度で契約を締結することができます。

        セキュリティ面も安心

        ジンジャーサインでは、電子署名とタイムスタンプによって契約書の安全性を担保しています。 また、電子化された契約書は大手企業も利用しているAWS(Amazon Web Services)を活用しているため安全に保管され、万が一の際にもバックアップが自動で保存されているためすぐに復旧することができます。 また、全ての通信においてSSL/TLSを利用した暗号化がされているため外部からの情報漏洩にも万全の対策がされています。

        電子契約以外にも使用可能

        ジンジャーサインは、電子契約以外の場面でも使えるツールです。 例えば納品書や検収書、社内向けの宣誓書などにも使用できます。 ジンジャーサインを使える文書が増える可能性を見越して、様々なシーンで活用できるようになることが期待されています。

        類似サービス: SATSIGN

        (4.5)

        月額費用5万円~無料お試し要お問合せ
        初期費用30万円社内ユーザー1,000名

        紙も電子も様々なタイプの契約書を一元管理して、契約業務の効率化が実現できるサービス。取引先が多く、契約書が大量に発生する場合でも、契約書の高速作成が可能なため安心で、紙の契約書のデータ化にも対応。

        全ての契約を統合管理

        ATSIGNは、紙の契約書も電子契約も統合管理することが可能です。 特に優れているのは、他社の電子契約も管理することが可能な点で、紙も電子も全ての契約書を検索·関連表示することができるため、テレワークのような在宅勤務でも必要な情報がすぐに見つかります。

        大量の契約書でも効率的かつスピーディーに作成

        SATSIGNの契約書作成機能(オプション)を利用することで、大量の契約書作成でもスピーディーに作成することが可能です。 条文が一定で、条件項目を変更する程度の定型的な契約書であれば、事前に登録したテンプレートを活用することで、契約書の作成から社内決裁、電子契約締結までが高速化できるため、大きな業務効率化に繋がります。

        証拠能力も万全

        SATSIGNで利用できる署名方法は、「当事者型電子署名」と「立会人型電子署名」で、AATL(※)に登録された電子認証局から発行された認定スタンプを使用できるため、法的にも認められた信頼性の高い署名が可能になります。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載