• Ad Effective(アドエフェクティブ)の料金·評判·機能について。316,800円で導入できる?

    最終更新日 

    自社のコンバージョン率をあげる施策としてリスティング広告や純広告などに取り組み企業は多数あるでしょう。

    しかし広告は出せば必ず効果がでるというものではなく、正しい効果測定と改善を行っていかないと費用ばかりがかかり逆効果になる場合もあります。

    自社で効果測定がしっかりとできていればいいですが、それが難しいという企業の方におすすめなのが広告効果管理システムです。

    今回はそんな広告効果測定・管理システムの中からアドエフェクティブというサービスについてご紹介させていただきます。

    アドエフェクティブとは

    Ad Effective(アドエフェクティブ)とは株式会社リーフワークスが提供する広告配信から媒体データまでを一元管理できるオールインワンの広告効果測定・管理システムです。

    WEB系広告代理店に向けて顧客・媒体を一元管理し、広告がマッチしているか、進捗の管理、効果測定、レポート作成、支払い・管理など多数の機能を搭載しているオールインワンのシステムです。

    コンバージョン数、クリック数から広告が効果的に打ち出せているかを検証することができるだけでなく、CPA(1成約にかかった費用)やROAS(広告にかけた費用回収率)の計算もすることができるので正しい効果測定ができているかどうかを明確にすることが可能になります。

    アドエフェクティブの機能・特徴

    管理機能の充実

    アドエフェクティブでは広告主・広告媒体のデータをシステムに登録することで案件に応じたマッチング、掲載履歴の確認などの情報をシステムに蓄積することが可能になります。

    もちろん蓄積したデータは社内で共有することが可能なので複数担当者で運営している場合でも安心です。広告掲載を開始する際には専用のタグを利用することで進捗管理も可能になります。

    掲載保証、クリック保証、imp(表示回数)保証、成果保証の4種類に対応していて組み合わせも可能です。広告素材は無制限に登録・管理が可能で、ローテーション広告・広告素材単位でも進捗管理をすることができます。

    リアルタイムでのimp、クリック数、成約の状況が把握可能になります。

    費用対効果の計算

    アドエフェクティブでは様々な効果指標をリアルタイムに計算することが可能です。CPAやCPC(1クリックにかかった費用)、CTR(クリック率)、CVR(成約率)などが計算可能です。

    また、効果指標を計算することによりサイトからの新規獲得、継続課金・従量課金の計算に対応することができ、ROASの計算をすることが可能になります。

    広告単位での稼働状況の確認も可能で、広告別・媒体別にデータを絞り込めます。月別・日別での広告指標、広告費の確認も可能なので広告単位の稼働状況、費用対効果の見える化を実現することができるのです。

    レポート機能

    広告の効果測定を行う上でレポートの作成はかかせませんが定期的なレポート作成・送信は手間がかかるものです。

    アドエフェクティブを導入すれば広告主別、媒体主別のレポート画面を伝えることで効率化が可能です。

    レポート画面では掲載中の案件はもちろん、掲載前・掲載後の案件も確認することができ、トラッキングタグの取得やレポートの閲覧が可能になります。

    掲載終了後の請求・支払額を確認することも可能で代理店からの連絡前に費用を確認しておくことができます。

    アドエフェクティブの価格・料金プラン

    アドエフェクティブではダウンロード版のみ提供しており価格は316,800円になります。設置が難しいという方のために設置代行オプションもあり、そちらを利用する場合はダウンロード料金に別途16,500円の費用が発生するので注意が必要です。また、サーバーも自社で用意する必要があります。

    2020年5月現在/詳細は公式サイトを確認

    活用事例

    WEB広告代理店の進捗確認

    顧客・媒体データの管理機能を使えば顧客リストを事前に確認することが可能になるので同じクライアントに営業をかけてしまうというトラブルも事前に防止することができます。広告スケジュール履歴を確認することで媒体の相性を確認することも可能なので広告掲載後の成果が思わしくない場合でも次回改善が可能となります。進捗状況の確認、請求データの管理の明確化も可能になりますので安心です。

    自社メディアの広告管理

    アドエフェクティブは広告代理店向けのサービスではありますが、自社メディアでの運用も可能です。あらかじめスタッフ画面から媒体データを登録しておき、広告が入稿されたタイミングで広告主を登録して掲載スケジュールを開始することで計測が可能となります。後払いでの成果保証、クリック保証にも請求額の自動計算が可能なので効率化が可能です。

    類似サービスとの比較

    アドエフェクティブとの類似サービスとしてはWebAntennaやアドエビスなどが挙げられます。これらのサービスを料金面や機能面で比較すると下記のようになります。

    サービス名料金(月額)初期費用特徴

    アドエフェクティブ

    0円316,800円・効果指標の自動計算が可能

    ・WEB広告代理店向けサービス

    WebAntenna20,000円〜

    0円

    ・全ての広告効果をまとめて見ることが可能

    ・間接効果も把握できる

    アドエビス要問い合わせ要問い合わせ・プライバシー強化に強み

    ・わかりやすいレポート作成機能

    料金面ではWebAntennaが月額20,000円〜とコスト面に優れています。機能面では複数の担当者で運用する場合、わかりやすいレポート作成が可能なアドエビスもおすすめと言えます。

    アドエフェクティブで広告管理の効率化を

    今回は広告効果測定・管理システムのアドエフェクティブをご紹介させていただきました。WEB広告代理店にとっては効果測定と広告管理が1つでできるシステムは非常に魅力的と言えるでしょう。広告の効果測定、管理システムは他にも多数のサービスがリリースされているので導入に際しては予算はもちろんですが、自社での広告管理業務において必要な機能、抱えている課題、複数メンバーで運用するのかどうかなどを明確にしてから検討することをおすすめします。

    画像・データ出典:アドエフェクティブ公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部