Mouseflow(マウスフロー)の料金·評判·機能について

    近年は、Webサイトの分析を効率良く行うために、専用の分析ツールを活用する企業が増えてきました。
    そこで、本記事では、世界中の企業が利用しているMouseflow(マウスフロー)について取り上げて、主な機能、特徴、料金プランなどをご紹介いたします。

    Mouseflowとは

    Mouseflowとは、世界中で利用されているヒートマップツールです。

    セッションリプレイ機能とヒートマップを用いて自社サイト内のデザインを最適化することができ、必要なものが全てわかりやすく配置されている状態を実現することができます。

    ユーザービリティに優れたサイトデザインを実現することで、CVRの向上と売上増加を促進します。

    Mouseflowの実績

    Mouseflowは、全世界で19万社以上に採用されている実績があります。

    • Hubspot
    • SAMSUNG
    • Microsoft
    • PHILIPS
    • dyson

    上記以外にも、世界的に有名な企業から導入されています。

    Mouseflowの特徴

    では、ここからMouseflowの特徴や機能を見ていきましょう。

    ユーザーの行動を記録できるセッションリプレイ機能

    Mouseflowの特徴は、セッションリプレイ機能が搭載されていることです。
    クリックやマウスの動きなど、Webサイトを訪問したユーザーがどのように行動しているのかを録画して、動向を把握することができます。
    フィルター機能を使えば、特定のユーザーに限定して行動をチェックすることも可能です。

    ユーザーの動向を表示するヒートマップ機能

    ヒートマップ機能が利用できることも、Mouseflowの特徴です。
    Webサイト上でのユーザーの動向をさまざまな色で可視化することができます。
    この機能を活用すれば、ユーザーがどんなことに興味を持っているのかなど、さまざまな分析が行えます。

    フォーム分析

    Mouseflowには、フォーム分析機能もあります。
    離脱数、未入力数、エラー数など、Webサイトに設置したフォームの利用状況を細かく計測することができます。

    サイト訪問者の離脱点を分析

    Mouseflowには、ファネル分析機能が搭載されており、この機能によってサイト訪問者の動きを検証することができます。

    サイトを訪れた人が、意図した通りにページを遷移しているか、コンバージョンに至るまでのプロセスなどを検証することができ、途中で離脱してしまった訪問者の動きをセッションリプレイ機能を利用して把握することで、潜在的な課題発見につながります。

    フィードバックの取得も可能

    サイト訪問者からフィードバックを取得することも可能です。

    目的に合わせたアンケートを作成することで、自社サイト改善に役立つターゲットからのフィードバックが手軽に取得できます。

    訪問者がどのような部分にストレスを感じたのか、トラブルはあったのかなど、サイト改善に有効な情報をフィードバックで取得して、CVR向上につなげることが可能です。

    Mouseflowの主要な機能

    • セッションリプレイ:クリックやマウスの動き、スクロール等を記録
    • フィルター&セグメント:国、言語、IPアドレス、滞在時間など、さまざまな要素でセッションを整理
    • 高度な互換性:PC、スマートフォン・タブレットといったデバイスに対応
    • 各種ヒートマップ:ページ上のユーザーの動きや興味を把握

    Mouseflow導入のメリット

    Mouseflowの強みは、導入が簡単なことです。
    分析を行いたいWebサイトのbodyタグ内に、Javascriptのソースコードを埋め込むだけで、簡単にインストールすることができます。
    また、オンラインマニュアルがたくさん用意されていることも、Mouseflowの強みです。
    インストールガイド、ヒートマップの基礎、レコーディングレート設定などいろいろなマニュアルがあり、動画を見ながら操作方法を学ぶことができます。
    そのほか、導入後に機能に満足できなかった場合に30日以内であれば払い戻しができるというメリットもあります。

    Mouseflowの価格·料金プラン

    Mouseflowでは、月間のレコーディング可能数が異なるさまざまなプランが提供されています。

    • トライアルプラン
    • スタータープラン
    • グロースプラン
    • ビジネスプラン
    • プロプラン
    • エンタープライズプラン

    それぞれのプランの料金詳細については、資料ダウンロードをお願いします。

    ※価格情報は2022年6月時点のもの

    Mouseflowの導入までの流れ

    Mouseflow導入までの流れはシンプルです。

    1. 見積もり:サイト内での導入範囲を定義した上で見積もり
    2. 契約:契約後2営業日程度でアカウントを開設
    3. 導入:Mouseflowのタグを自社サイトへ設置
    4. 活用:データの計測が開始され次第、活用が可能

    よくある質問

    独自の情報を計測することはできますか?

    カスタム変数やタグを使用して、追加情報をセッ ションやページに関連づけることができます。

    個人情報を計測しないようにすることはできますか?

    サイト全体でのキー入力計測を、設定により有効/無効化することが可能です。

    ユーザー数やサイト数の上限はありますか?

    ユーザー数の制限はございません。サイト数は、契約プランにより異なります。

    類似サービスとの比較

    Mouseflowと類似したサービスとしては、株式会社Ptmindが提供しているPtengineが挙げられます。
    Ptengineの月額料金は、Economyプランが14,800円、Businessが29,800円、Firstプランが49,800円です。
    そのほかには、大規模サイト対応のEnterpriseプラン、無料で利用できるFreeプランもあります。
    機能としては、ヒートマップ、ページグルーピング分析、キャンペーン分析などを搭載しています。
    リアルタイム分析が行えることも、Ptengineの特徴です。

    MouseflowでWebサイト分析をしてコンバージョンアップを

    Mouseflowは、セッションリプレイ、ヒートマップ表示、フォーム分析機能などウェブサイト分析に役立つ機能がいろいろと搭載されています。
    無料で利用できるトライアル版もありますので、ウェブサイト分析ツールの導入を検討されている方はお試ししてみてはいかがでしょうか。

    画像·データ出典:Mouseflow公式サイト

    Mouseflow の 口コミをみる

    業界:IT業 会社規模:31人~50人

    満足度

    行動録画機能がついたヒートマップツール

    良い点

    ユーザーの行動録画機能があり、ユーザーによって色分けされていて分析しやすいところです。

    改善点

    ヘルプが英語表示なので、日本語にも対応して欲しいです。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    ユーザーの動きを把握でき、分析を行うことで広告の位置を最適なところに設置することができ、サイトの課題が明確になりました。
    無料で使えるので、おためし感覚で気軽に使えます。

    業種:IT 会社規模:31人〜50人

    満足度

    自社メディアサイトの課題分析に利用しています

    良い点

    クリックやマウスの動きをしっかり記録して分析できるところ
    無料でも本格的な分析ツールとして使えるところ

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    行動録画が何より便利で、コンバージョンに向けてどの部分がネックになっているかを分析したり、ABテストの結果をリアルな行動記録から分析したりと役立っています。
    ちょっとしたボタンやコピーの変更にも活用しています。

    無料

    Mouseflow
    資料ダウンロードはこちら

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載