eKYCの安全性は保障されているのか?

更新日:
これは eKYC の製品です。

eKYC の製品をまとめて資料請求

eKYCは本人確認手段の一つであり、完全なオンライン手続きを実現しています。eKYC導入の導入を検討すr際、安全性に関して懸念している方もいるかもしれません。

この記事では、eKYCの仕組みやセキュリティ上の注意点、必要なリスク対策まで詳しくご紹介します。

おすすめの類似eKYCツール

類似サービス: ネクスウェイ本人確認サービス

(4.5)

月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最低導入期間3ヶ月〜

ネクスウェイ本人確認サービスは、オンラインで本人確認から書類の目視によるチェック、その他KYC業務に必要な工程をワンストップでサポートしてくれるため、本人確認作業に人員を割くことが難しい方という方にもおすすめです。

スムーズなオンライン確認を実現

ネクスウェイの本人確認サービスでは、スマートフォンで撮影した本人確認書類と顔写真だけでスピーディーな本人確認を実現します。

チェック業務をアウトソーシングできる

ネクスウェイ本人確認サービスでは、これらの業務をアウトソーシングすることができ、BPOセンターの専任スタッフが犯収法に準拠したフローで、eKYC後の本人確認業務を代行してくれます。

eKYCに対応できない顧客もフォロー

「本人確認・発送追跡サービス」を利用することで、セキュリティに配慮した迅速な本人確認書類の郵送を可能とし、顧客との取引開始までにかかる時間を短縮させることができます。

これはeKYCの製品です。

eKYCの製品をまとめて資料請求

eKYCの安全性を確立している要因

ここからはeKYCの安全性を確立している要因について詳しく解説していきます

なりすましへの対策

eKYC(電子的な顔認証)を導入する際には、次のリスクが予測されます。まず、個人情報を保護するために、写真付き本人確認書類や顔写真の偽造となりすましが存在します。

ただし、なりすましを防止するために、eKYCシステムには多層的なセキュリティシステムが採用されているのです。

顔画像データについては、一般的に、保存されたデータや外部データを使用せず、直接カメラから画像または動画を取り込む仕様が採用されています。

また、写真を撮る際に、リアルタイムでまばたき、首振り、うなずきといった動きを指示することで、不正なアクセスをしている可能性があるなりすましに対して対策を行っているのです。

運転免許証などの写真付き本人確認書類についても、表面や裏面だけでなく、厚みなどをチェックし、現物を所有していることを確認します。

当人認証と身元確認のダブルチェック

eKYCにおける本人確認は、2つの項目によって行われます。その1つが「身元確認」で、この方法では、マイナンバーカードや運転免許証などの公的身分証を使用して、氏名・住所・生年月日などの個人を特定する属性情報を確認します。

もう1つの項目が「当人認証」で、この方法では、ID・パスワードや生体認証により、認証を行っている人物が本人であることを確認します。

不正利用例とその対策について

ここではeKYCの不正利用例とその対策について詳しく解説していきます。

本人確認書類の悪用例・対策方法

2022年5月に発生したマイナンバーカードの偽造事件では、専用のネット銀行の口座を開設し、詐欺行為に及んだ犯罪者が検挙されました。

今後、このような事件を回避するために、各サービスに対して同一の顔情報が何度も使用されていないか検出することも重要です。

また、ICチップの偽装は技術的に難しいため、今後のサービス開発において「ワ」方式などの方式を検討してみることが求められます。

画像生成による悪用例・対策方法

ディープフェイクは、現代の高度な画像生成技術を駆使し、本物と見分けがつかないほどの偽物の動画を作成する技術のことです。

この技術が悪用されることで、他人の顔になりすまして認証を突破することが可能になるため、顔認証技術の信頼性が損なわれる恐れがあります。

このようなディープフェイクの問題に対して、モニター画面を撮影していないかどうかの対策が取られることがあるでしょう。

しかし、より安全な方法として、人による審査やソフトを使用した検出方法があります。

ただし、ディープフェイク技術は精度や速度が極めて高く、悪質な手口も発展しています。そのため、常に最新の手口に対する対策が求められています。

eKYCがはらむリスクについて

ここからはeKYCがはらむリスクについて解説していきます。

情報漏洩の可能性はゼロではない

eKYCによっては、本人確認完了後に顔写真、住所、氏名、勤務先などの個人情報が残ります。さらに、公的サービスの暗証番号など、属性情報だけでなくより貴重な情報も把握される可能性があることも覚えておかなければなりません。

しかしながら、これらの個人情報は個人情報保護法によって厳しく保護されており、不正にアクセスされた場合には法律による罰則が適用されます。それでも、サイバー攻撃や情報の不正利用などによって、個人情報漏洩の被害を受ける可能性は否定できません。

誤判定となってしまうことがある

最近、電子証明書の利用が拡大している中で、eKYCにはいくつかのリスクがあることが知られるようになってきました。例えば、eKYCは本人以外でも認証突破が可能であることや、本人であっても正しい認証がされないことが問題としてあげられるでしょう。

そのため、eKYCの誤判定を防ぐために、企業の中にはデジタル判定と目視の判定を合わせた「ダブルチェック」で誤判定を防いでいる例があります。さらに、eKYCシステム自体の精度が年々向上しているため、これまでよりも誤判定のリスクは少なくなっていると考えられます。

eKYCの安全性を理解しよう

今回は、eKYCの仕組みや安全性について解説しました。この電磁的な方法を使った本人確認は、高い安全性とスピーディーさが特徴的です。

オンラインで完結するため、最短即日でサービスを利用することが可能です。

    その他の関連する記事

    これは eKYC の製品です。
    eKYC の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【eKYC】

        類似サービス: ネクスウェイ本人確認サービス

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最低導入期間3ヶ月〜

        ネクスウェイ本人確認サービスは、オンラインで本人確認から書類の目視によるチェック、その他KYC業務に必要な工程をワンストップでサポートしてくれるため、本人確認作業に人員を割くことが難しい方という方にもおすすめです。

        スムーズなオンライン確認を実現

        ネクスウェイの本人確認サービスでは、スマートフォンで撮影した本人確認書類と顔写真だけでスピーディーな本人確認を実現します。

        チェック業務をアウトソーシングできる

        ネクスウェイ本人確認サービスでは、これらの業務をアウトソーシングすることができ、BPOセンターの専任スタッフが犯収法に準拠したフローで、eKYC後の本人確認業務を代行してくれます。

        eKYCに対応できない顧客もフォロー

        「本人確認・発送追跡サービス」を利用することで、セキュリティに配慮した迅速な本人確認書類の郵送を可能とし、顧客との取引開始までにかかる時間を短縮させることができます。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載