OCRの識字率は何%?識字率を上げるポイントは?

更新日:
これは OCR の製品です。

OCR の製品をまとめて資料請求

OCRは紙に印刷された文字を自動で読み取りテキストデータに変換してくれる技術で、ペーパーレスが進む近年、導入を進めている企業が増えています。

従来は手作業で紙に書かれた文字をデータ化していましたが、OCRを導入することで大幅に業務の削減ができる一方で識字率が低いことで余計な業務が発生してしまう事例もあるようです。

今回はOCRの導入にあたり、気になる識字率や識字率をあげるポイントについて解説します。OCRの導入に迷われている方は本記事を参考に検討してください。

おすすめの類似OCRツール

類似サービス: スマートOCR

(4.5)

         
月額費用3万円〜無料お試し要問い合わせ
初期費用10万円〜最短利用開始期間要問い合わせ

スマートOCRとは、株式会社インフォディオが運営しているAI-OCRサービスです。 書類や帳票をスキャン・撮影して画像データからテキストデータを抽出、簡単操作で書類を電子化することができます。

       

非定型帳票の読み取り精度

定型帳票だけでなく、取引先ごとにレイアウトがバラバラな非定型帳票でも柔軟に対応。エリア指定する必要はなく汎用性が高いデータの抽出が可能。

歪んだ写真の読み取り精度

プロジェクションマッピング技術を用いた歪み・たわみ補正機能により写真で撮影した歪んだ書類、台形の書類も整形します。そのためスマートフォンで撮影した写真も高精度で読み取りが可能です。

OCRテンプレート自動振り分け

アップロードした帳票から文字列を認識し、適用するテンプレートを自動で振り分けることが可能です。 自動でテンプレートが適用されるため、手作業でテンプレートを選択する手間を省くことができます。

この製品はOCRの製品です。

OCRの製品をまとめて資料請求

OCRの識字率はどれくらい?

一般的なOCRの識字率は約95%と言われており、近年識字率の向上が進んでいます。OCRに対して識字率の低さを気にされる方も多いと思いますが、文字を誤認識する事例は少なく企業でも導入が進められています。

ただし、事前に構築されたアルゴリズムに沿って文字の認識を行うため、新しく生まれた言葉や対応していないフォントなどを認識することが難しく、誤った認識をしてしまうことが全く無いとは言えません。

AI OCRの出現による識字率の変化

AI OCRの出現によりOCRの識字率は大幅に向上しました。AI技術により、OCRが自ら学習を行うため、一度認識を間違えたものを自動的に習得します。そのため、現在提供されているAI OCRの識字率は約99%の識字率をほこり、認識間違いを起こす可能性は低いでしょう。

OCRの識字率を向上させるポイント

OCRの識字率を向上させるポイントは主に以下のようなものがあります。

・高解像度でスキャンを行う
・薄い紙のスキャンをする際は裏紙を当てる
・画像データのノイズはあらかじめ消しておく

OCRを使用する場合、ポイントを抑えておくことで識字率を向上させることが可能です。精度の高い文字認識を実現することで、修正や訂正の手間を省くことができるため、業務の負担を削減することができるでしょう。

ここでは、識字率を向上させるためのポイントについて詳しく解説します。

高解像度でスキャンを行う

書類をスキャンする際、高解像度で読み込みを行うと識字率が向上します。ただし、高解像度で読み込みを行う場合、スキャン速度が低下してしまう可能性があるため、300dpi以下の解像度で読み取ることをおすすめします。

薄い紙のスキャンをする際は裏紙を当てる

スキャンする書類の紙が薄い場合や両面印刷など本のように綴じられている場合、スキャナーは強い光を照射して読み込みを行うため、透けてしまうことにより誤認識を起こしてしまうでしょう。

薄い紙をスキャンする際は裏紙をあてるなど透けない対策をすることで、識字率を高めることが可能です。

画像データのノイズはあらかじめ消しておく

すでに画像として保存しているデータをスキャンする際は、画像データのノイズをあらかじめ取り除いておくことで識字率が向上します。

ただし、OCRの中にはノイズ除去機能が搭載されているものもあるため、軽度なノイズの場合は問題なく読み取りを行うことができるでしょう。一度スキャンを行い、問題なく認識できているか確認した上で、ノイズ除去を行うことをおすすめします。

識字率の高いOCRはある?

現在、多くの企業がOCR技術を開発しており、それぞれのOCR技術の識字率は異なります。ただし、最近のOCR技術は、ディープラーニングなどの機械学習アルゴリズムを使用することで、高い識字率を実現することができます。

識字率の高いOCRとして以下のようなものがあります。

・Google Cloud Vision OCR
・Microsoft Azure OCR
・Tesseract OCR

これらのOCRは高い識字率を実現できるだけではなく、APIやSDKとして提供されているため、開発者が簡単に組み込むことができます。

OCRの識字率は向上し続けている

OCRの識字率は低いものが多いと思われている方も少なくないと思いますが、近年のOCRの識字率は向上し続けており、AI技術を導入したOCRは誤認識を起こすことは無いでしょう。

OCRを導入することで社内業務の効率化を図ることができます。導入を検討している方は本記事を参考に検討してみてください。また、現在利用しているOCRの識字率でお悩みの方は、識字率を向上させるポイントを抑えておきましょう。

    その他の関連する記事

    これは OCR の製品です。
    OCR の製品をまとめて資料請求
      • OCR

        類似サービス: スマートOCR

        (4.5)

                 
        月額費用3万円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用10万円〜最短利用開始期間要問い合わせ

        スマートOCRとは、株式会社インフォディオが運営しているAI-OCRサービスです。 書類や帳票をスキャン・撮影して画像データからテキストデータを抽出、簡単操作で書類を電子化することができます。

               

        非定型帳票の読み取り精度

        定型帳票だけでなく、取引先ごとにレイアウトがバラバラな非定型帳票でも柔軟に対応。エリア指定する必要はなく汎用性が高いデータの抽出が可能。

        歪んだ写真の読み取り精度

        プロジェクションマッピング技術を用いた歪み・たわみ補正機能により写真で撮影した歪んだ書類、台形の書類も整形します。そのためスマートフォンで撮影した写真も高精度で読み取りが可能です。

        OCRテンプレート自動振り分け

        アップロードした帳票から文字列を認識し、適用するテンプレートを自動で振り分けることが可能です。 自動でテンプレートが適用されるため、手作業でテンプレートを選択する手間を省くことができます。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載