AI OCRでOCRが進化している!AI OCRの種類とポイントを解説

更新日:
これは OCR の製品です。

OCR の製品をまとめて資料請求

PDFや画像の文字を読み取って出力することができるOCR機能ですが、従来の機能に加えて人工知能を搭載した「AI OCR」が増えてきています。

従来のOCR機能との違いや、AI OCRの機能や種類などを紹介します。

おすすめの類似OCRツール

類似サービス: スマートOCR

(4.5)

         
月額費用3万円〜無料お試し要問い合わせ
初期費用10万円〜最短利用開始期間要問い合わせ

スマートOCRとは、株式会社インフォディオが運営しているAI-OCRサービスです。 書類や帳票をスキャン・撮影して画像データからテキストデータを抽出、簡単操作で書類を電子化することができます。

       

非定型帳票の読み取り精度

定型帳票だけでなく、取引先ごとにレイアウトがバラバラな非定型帳票でも柔軟に対応。エリア指定する必要はなく汎用性が高いデータの抽出が可能。

歪んだ写真の読み取り精度

プロジェクションマッピング技術を用いた歪み・たわみ補正機能により写真で撮影した歪んだ書類、台形の書類も整形します。そのためスマートフォンで撮影した写真も高精度で読み取りが可能です。

OCRテンプレート自動振り分け

アップロードした帳票から文字列を認識し、適用するテンプレートを自動で振り分けることが可能です。 自動でテンプレートが適用されるため、手作業でテンプレートを選択する手間を省くことができます。

この製品はOCRの製品です。

OCRの製品をまとめて資料請求

AI OCRとOCRは何が違う?

OCR機能とは、画像やPDFに含まれている文字をテキストデータとして
抽出する機能です。AI OCRは、この OCR機能に人工知能であるAIを取り入れたシステムなのです。

大きな差は、AIがあるかどうかなのですが、読み取りの精度に差が出ます。AI OCRは読み取りを繰り返すことによりどんどん学習していくため、使えば使うほど読み取り精度が上がっていくのです。

ただのOCR機能は設定をしない限りは初期の状態から認識精度が高くなることはありません。より使いやすくなったOCR機能がAI OCRということになります。

AI OCRの種類とは

AI OCRには大きく分けると3種類のものがあります。
・汎用×定型フォーマット型
・汎用×非定型フォーマット型
・業務特化×非定型フォーマット型
です。

汎用×定型フォーマットは様々な種別の帳票に対応できますし、汎用×非定型フォーマットは事前の学習が必要ですがより多様なフォーマットに対応可能です。業務特化×非定型フォーマットは、事前学習なしで様々なフォーマットに対応し、業務に必要なデータの意味づけができます。

AI OCRの活用メリット

非定型の文書の読み取りが可能

非定型の文書の読み取りにも対応しているのがAI OCRです。AIの学習機能を利用して任意の箇所のテキストを読み取ることができるのです。

ただのOCRの場合は規則として設定されている文字しか正確に読み取ることができず、規定範囲外の書類は精度が落ちてしまうことがデメリットであるため、AI OCRの導入で解消ができます。

用語や文脈を考慮した読み取りができる

AI OCRは、専門用語・前後の文脈などを考慮した読み取りもできます。例えば、「力」という表記がある場合、通常の OCRはカタカナなのか漢字なのかを判別することができません。AI OCRなら前後の言葉や文章からカタカナか漢字か判別した読み取りができます。

読み取り精度の改善ができる

学習機能が搭載されているAI OCRは、どんどん読み取っていくうちに読み取り精度がどんどん改善されていきます。業種により頻出する言葉などが多くありますが、読み取っていくうちにAIが学習をするので、認識精度が改善されていくのです。

AI OCRを選ぶポイント

手書き向きなのか、活字向きなのか

企業や業種により、手書きの文字か活字か、読み取る種類が違うことがあります。活字は多くのAI OCRが高い精度を誇りますが、手書きの場合だとソフトにより精度に大きく差が出ます。

何を読み取るのか、目的を整理して、ぴったりなAI OCRを導入しましょう。

日本語だけに対応しているのか、多言語対応しているのか

同じようなAI OCRにも対応言語が違うことがあります。日本国内のみでのやり取りの場合は日本語対応のみのソフトでも大丈夫ですが、海外に拠点があったり、やり取りが多いという場合は多言語対応のものがいいでしょう。

RPAなどの外部システムと連携できるかどうか

文書の読み取り後、システムへデータを蓄積したいという場合などは、RPAやAPIとの連携が便利です。連携できるのかどうかはもちろんですが、連携の方法やRPAへの適応などをチェックしておきましょう。

AI OCRを上手く活用して更なる効率化を目指そう

AI OCRにはツールごとに種類や特徴があるため、それを見極めて自社に合うものを導入することが重要なポイントです。導入して使いこなすことができれば、更なる作業効率化が目指せるでしょう。

    その他の関連する記事

    これは OCR の製品です。
    OCR の製品をまとめて資料請求
      • OCR

        類似サービス: スマートOCR

        (4.5)

                 
        月額費用3万円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用10万円〜最短利用開始期間要問い合わせ

        スマートOCRとは、株式会社インフォディオが運営しているAI-OCRサービスです。 書類や帳票をスキャン・撮影して画像データからテキストデータを抽出、簡単操作で書類を電子化することができます。

               

        非定型帳票の読み取り精度

        定型帳票だけでなく、取引先ごとにレイアウトがバラバラな非定型帳票でも柔軟に対応。エリア指定する必要はなく汎用性が高いデータの抽出が可能。

        歪んだ写真の読み取り精度

        プロジェクションマッピング技術を用いた歪み・たわみ補正機能により写真で撮影した歪んだ書類、台形の書類も整形します。そのためスマートフォンで撮影した写真も高精度で読み取りが可能です。

        OCRテンプレート自動振り分け

        アップロードした帳票から文字列を認識し、適用するテンプレートを自動で振り分けることが可能です。 自動でテンプレートが適用されるため、手作業でテンプレートを選択する手間を省くことができます。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載